Building asp.net core blazor and elasticsearch elasticsearch using visual studio 2022 for mac private preview 4

433 Views

September 25, 21

スライド概要

https://dotnetlab.connpass.com/event/223621/
「Visual Studio 2022 for Mac Private Preview 4 で作る ASP.NET Blazor & Elasticsearch アプリケーション」
Elastic Technical Product Marketing Manager/Evangelist デジタル庁プロジェクトマネージャ 鈴木 章太郎

先日 PublicKey の Blog でも"これから学びたい技術" NoSQL 編上位に選んで戴いた Elasticsearch を使ってデータを検索する Blazor アプリを開発し Elastic Cloud on Azure に展開します。出来上がった index を用いて App Search の機能を用いて React クライアントを自動生成します。

profile-image

ヴイエムウェア株式会社 ソリューションアーキテクト本部 プリンシパルエンタープライズアーキテクト。 Microsoft で13年間、テクニカルエバンジェリストとして .NET、Visual Studio、Windows、iOS、Android、Microsoft Azure 等の開発者向け最新技術啓発活動を実施。その後、Dell、Accenture、Elastic で開発者向け技術啓発活動等を経て現職。 モダンアプリケーション開発、マルチクラウド対応、アーキテクチャ策定等を中心に、技術者向けに最新技術の啓発活動を実施中。 2019年4月〜2021年8月迄、内閣官房 IT 総合戦略室 政府 CIO 補佐官を兼務、2021年9月〜2024年3月迄、デジタル庁 PjM ユニット ソリューションアーキテクトを兼務。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Visual Studio 2022 for Mac Private Preview 34 で作る ASP.NET Blazor & Elasticsearch アプリケーション 鈴⽊ 章太郎 Elastic テクニカルプロダクトマーケティングマネージャー/エバンジェリスト デジタル庁 プロジェクトマネージャー

2.

Shotaro Suzuki Twitter : @shosuz Elastic Technical Product Marketing Manager/Evangelist デジタル庁 プロジェクトマネージャー 元 Microsoft Technical Evangelist

3.

l l アジェンダ l l l Elastic 概要 Microsoft Azure と Elastic 7.14 統合 Blazorサーバーアプリと Elastic Client 作成、 APM 追加 Index からの React アプリ⾃動⽣成と Azure Static Web Apps デプロイ まとめ

4.

Elastic 概要

5.

結果報告︓Publickey 読者調査2021。読者の中⼼は40代 の IT エンジニア。JavaScript や Linux や AWS に仕事で 関わり、Rust や PotgreSQL に興味 - Publickey ”興味を持っているデータベースについて尋ねた ところ(複数回答)、トップになったのは PostgreSQL でした。Elasticsearch や Redis、MongoDB といった NoSQL が上位 に⼊っているのは興味深いところです。” https://www.publickey1.jp/blog/21/publickey2021.html

6.

About Elastic Elastic 会社概要 Distributed by design 2012 年設⽴ IPO 2018, NYSE: “ESTC” 40 カ国以上で 2,000 ⼈の従業員 3 億 5,000 万以上のダウンロード、 12,000 以上の企業での採⽤ 世界の #1 データベース検索エンジン (DB-Engines)

7.

3 Solutions, 1 Stack, Deploy Anywhere 3 つのソリューション Elastic エンタープライズサーチ Elastic オブザーバビリティ Elastic セキュリティ 可視化 & 管理 Kibana Elastic スタックで実現 Beats 豊富なデプロイ選択肢 蓄積、検索、分析 Elasticsearch Logstash Elastic Cloud Elastic Cloud Enterprise SaaS (AWS/Azure/GCP) IaaS (クラウド & オンプレ) Elastic Cloud on Kubernetes Kubernetes (クラウド & オンプレ) 収集

8.

事例︓三井住友 DS アセット マネジメント株式会社 アナリストが利⽤する資産運⽤での⾼速情報検索に向け Elasticsearch を導⼊。 35 種類のデータソースを Elasticsearch に集約し、圧倒的な検索パフォーマンスで業務を⽀援 https://www.elastic.co/jp/customers/smd-am

9.

膨⼤なデータ処理とリアルタイム性を要求 される配⾞マッチング検索で Elastic を活⽤ 1 秒あたりのデータ投⼊件数︓ 85 万から 130 万メッセージ 1 ⽇あたりのデータ投⼊量︓ 12 TB 1 秒あたりのドキュメント スキャン︓1 億から 40 億のドキュメント数 データサイズ︓ 1 PB クラスター サイズ︓ 700 台の Elasticsearch インジェスション パイプライン︓100 + Data パイプライン ジョブ 2018 年 4 ⽉の Qcon での Uber 様 講演より https://www.infoq.com/presentations/uber-elasticsearch-clusters/

10.

なぜ Elasticsearch なのか︖ 企業では主にリレーショナル データベースを使⽤して データを格納 • • • • テーブルを簡単に結合し必要なデータベースからこのデータを取得できる しかし、時間の経過とともに、データベースとテーブルが肥⼤化して、数百万のデータセットを 含む⼤規模なデータベースになると、操作を実⾏できなくなる ⼀⽅、Elasticsearch は、数百万のドキュメントを数秒で簡単に検索できる Elasticsearch は柔軟で強⼒、オープンでフリーな 分散型リアルタイム検索及び分析エンジン • • • • Elasticsearch はドキュメントベースのデータベースでデータを JSON 形式で保存(⾮正 規化) Elasticsearch は、アプリケーションの強⼒な検索ツールとして使⽤できる インデックス、ドキュメント、フィールド等を作成し、データを Elasticsearch にプッシュで、検 索の準備が整う Elasticsearch の 2 つのユニークで重要な機能 • • • ⽔平スケール ⾼可⽤性 Elasticsearch

11.

Elasticsearch の概念 - インデックス・ドキュメント・フィールド Elasticsearch 具体例 の概念 • • • • • • Elasticsearch は分散ドキュメント ストア 保存されるデータの最⼩単位が ドキュメント ドキュメントは、フィールドと呼ばれる 複数の属性を持つ インデックスはドキュメントの集合 SQL Server, MySQL, postgreSQL 等 インデックス 書籍データが格納 される場所 テーブル ドキュメント 書籍データ レコード フィールド 書籍タイトル、著者、 カラム ISBN、出版⽇、等 RESTful Web サービスの設計原則に従って設計 HTTP メソッドを使って CRUD による⼀通りのドキュメント操作が可能 https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/index.html

12.

CQRS(コマンドクエリー責任分離)との関係 • • 「コマンド クエリ責務分離 (CQRS)パターンは、データ ストアの読み取り操作と更新操作を分離します。 アプリケーション内に CQRS を実装すると、そのパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティが最⼤化される場合があります。 CQRS への移⾏によって⽣ まれる柔軟性により、システムは時間の経過と共にさらに進化し、更新コマンドでドメインレベルのマージ競合が発⽣することを防ぐこと ができます。」 Elasticsearch はこのアーキテクチャに極めて整合性⾼い Azure Functions https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/patterns/cqrs

13.

⽇本語のサジェスト機能を実装する際の課題と Elasticsearch を使⽤してこれらの課題を克服する⽅法 https://www.elastic.co/jp/blog/implementing-japanese-autocomplete-suggestions-in-elasticsearch … ⽇本語のサジェストの例 詳細な説明に⼊る前に、⽇本語のサジェスト機能の実装例を⾒ てみましょう。 主な要件 •ユーザーが検索キーワードを⼊⼒すると、関連する候 補が表⽰される。例︓「⽇本」と⼊⼒すると、「⽇本」、 「⽇本 地図」、「⽇本 ⼈⼝」などが提案される。 •不完全な検索キーワードを⼊⼒した場合でも、関連 する候補が表⽰される。例︓「にほn」と⼊⼒すると、 「⽇本」、「⽇本 地図」、「⽇本の⼈⼝」などが提案さ れる。 •タイプミスした場合でも、意味の通る候補が提案され る。例︓「にhん」、「にっほん」、「⽇本ん」と⼊⼒すると、 「⽇本」、「⽇本 地図」、「⽇本の⼈⼝」などが表⽰さ れる。 •候補となる単語が、キーワードが検索された回数が多 い順に⼀覧表⽰される。 ...

14.

無料かつオープンな アプリケーションパフォーマンス監視 https://www.elastic.co/jp/apm https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/rum-js/5.x/react-integration.html

15.

今回のデモアプリの全体像 ASP.NET 5 Blazor App Azure Web Apps 検索・更新 UI APM .NET Agent ・VSCode ・VS for mac 2022 Preview 3 APM SPA Agent Elastic Cloud ・Reference UI ・Search UI ・Reactive Search 検索専⽤ UI https://f79...c67.japaneast.azure.elastic-cloud.com:9243/ Azure Static Web Apps 東⽇本リージョン マスターノード x 1 データノード x 2 ML ノード x 1 https://brave-ocean-06f61b600.azurestaticapps.net/ Azure サブスクリプション

16.

Microsoft Azure と Elastic 7.14 統合

17.

Elastic による検索、展開、管理が簡単 • Azure ポータル内での Elasticsearch の デプロイの表⽰と管理が可能 • ログの取り込みプロセスを⾃動化し、数回 のクリックで環境を迅速に監視可能 • 既に使⽤されている Microsoft Azure サービスに検索機能と可視化機能を簡単 に追加 • Azure コンソールと Elastic コンソール間 のシングルサインオン (SSO) による認証の 合理化 • 展開を管理するのではなくインサイトに集中

18.

Azure にネイティブに統合 された Elastic Elastic Cloud 仕組み ● マイクロソフトはミドルウェアを使⽤して、マーケットプレースの オファーとクラウド API と統合された Azure の API を提供 ● Azure のお客様は、Elastic Cloud (アカウント、デプロイ) で必要なオブジェクトを作成するネイティブの Elasticsearch リソースを作成 ● Azure ユーザーは、⾃分の Azure アカウントを使⽤して、 Kibana とクラウド コンソールに SSO を使⽤できる ● 請求は、「従来の」マーケットプレイスと同様で、マーケットプ レイスサブスクリプションを介して発⽣ ●

19.

Azure にネイティブに統合 された Elastic Elastic Cloud 統合 ● ● サブスクリプションおよびリソース イベントの Azure プラットフォームログを簡単に収集するネイティブ統合 Elastic VM 拡張機能を使⽤して仮想マシンのログ とメトリックを簡単に収集できるように統合 ○ お客様は VM 拡張機能を有効にする ○ Elastic は Agent と Beats を設定し、システム ログとメトリックのストリーミングを開始する ○ 顧客は Fleet 経由で Agent を管理できる ● Azure Private Link をサポート ● 更に追加予定︕︕

20.

Elastic Cloud デプロイ (Elastic & 各 Marketplace) Elastic https://www.elastic.co/jp/ AWS https://aws.amazon.com/marketplace/ Azure https://portal.azure.com/#create/hub GCP https://console.cloud.google.com/marketplace

21.

Elasticsearch エンドポイントデータをコピー ID : (固定) elastic Password : (デプロイ時に取得 → DL) (例) RHGj80iJUO6CF7WBUMiwyu1x Endpoint : (デプロイ後に取得) (例) 8009bf958b6w5923b3c56983d4048df8 24.japaneast.azure.elasticcloud.com:9243

22.

Elasticsearch for VSCode https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ria.elastic http://user:pass@host:9200 https://elastic:RHGj80iJUO6CF7WBUMiwyu 1x@8009bf958b6w5923b3c56983d4048df 824.japaneast.azure.elasticcloud.com:9243

23.

Visual Studio 2022 for Mac Private Preview 4 https://docs.microsoft.com/en-us/visualstudio/releases/2022/mac-release-notes-preview#17.0.0-priv-pre.1.4 ・Support for .NET 6 RC1 and C# 10. ・Xamarin project support. ・Configuring common project options. ・Pushing changes using the Git Changes feature. https://qiita.com/uikou/items/196ffdd4eeff0e2cd6ed

24.

Blazor サーバーアプリと Elastic Client 作成、APM 追加

25.

新しい Blazor サーバーアプリを作成 • .NET 6.0 / 認証なし 6.0.100-preview.7.21379.14 VS 2022 for Mac Private Preview 4

26.

Elasticsearch への接続を作成 • NEST ライブラリ追加 dotnet add package NEST

27.
[beta]
appsettings.json の編集
• 取得したクレデンシャルを使⽤して Elasticsearch ブロックを構成
{
//Configure here or better in your secrets.json
"ElasticSearch": {
"Uri": "https://8009bf958b6w5923b3c56983d4048df824.japaneast.azure.elastic-cloud.com:9243",
"Username": "elastic",
"Password": "RHGj80iJUO6CF7WBUMiwyu1x"
},
"Logging": {
"LogLevel": {
"Default": "Information",
"Microsoft": "Warning",
"Microsoft.Hosting.Lifetime": "Information"
}
},
"AllowedHosts": "*"
}

28.
[beta]
Elasticsearch クライアントの作成
NESTクライアントからのすべての要求と応答
を処理
ElasticSearchClient.cs クラスを作成
Startup.cs に登録
コンストラクターで構築
デフォルトのインデックス名 quotes

•
•
•
•
•
•

•
•
•
•
•

各呼び出しでのそれぞれの指定は不要

処理内容
インデックスの作成
Index ドキュメント の挿⼊
クエリからドキュメントを返す = 著者名で
名⾔を得る
インデックスの削除(例︓クリーンアップ)

public Startup(IConfiguration configuration)
…
public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
{
services.AddRazorPages();
services.AddServerSideBlazor();
services.AddSingleton<IElasticSearchClient, ElasticSearchClient> ();
services.AddSingleton<IElasticSearchDataSeeder, ElasticSearchDataSeeder>();
}
…

29.
[beta]
DataSeeder の作成
データシーダーを作成する

•
•
•

•
•
•
•

歴史上の⼈物からの名⾔を検索
インターネット上に多くのデータ、JSON ファイルとしても
存在

DataSeeder (Blazor ページ) を作成し
それをデフォルトメニューにリンク
QuotesModel (POCO クラス) を作成
ElasticSearchDataSeeder クラス作成
ElasticSearchDataSeeder を
Startup.cs に登録

using System.Text.Json.Serialization;
using Nest;
namespace elasticsearch_aspnet_blazor.Model
{
public class QuotesModel
{
[JsonPropertyName("quoteText")] //Attribute name in json
[Keyword] //Attribute for ElasticSearch
public string Text { get; set; }
[JsonPropertyName("quoteAuthor")] //Attribute name in json
[Keyword] //Attribute for ElasticSearch
public string Author { get; set; }
}
}

public Startup(IConfiguration configuration)
…
public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
{
…
services.AddSingleton<IElasticSearchDataSeeder, ElasticSearchDataSeeder>();
}
…

• SeedAsync で最初にインターネットリポジトリから名⾔を取得
し、次いでそれらの名⾔を POCO オブジェクトに逆シリアル化
• その後、クリーンアップのために既存のインデックスを削除し、
新しいインデックスを作成
• 最後に、値をサービスにプッシュ
• アプリケーションを実⾏し、新しい DataSeed ページに移動し、
そこにシードを開始

30.
[beta]
検索ページの作成
単純な検索マスクを使⽤し結果をテーブルに表⽰
Search Blazorページを作成、メニューにページを登録
アプリケーションを実⾏し検索ページに移動

•
•
•

DataSeeder.Razor.cs
using System.Threading.Tasks;
using elasticsearch_aspnet_blazor.ElasticSearch;
using Microsoft.AspNetCore.Components;
namespace elasticsearch_aspnet_blazor.Pages
{
public partial class DataSeeder
{
[Inject]
public IElasticSearchDataSeeder ElasticSearchDataSeeder
{ get; set; }
private async Task SeedData()
{
await ElasticSearchDataSeeder.SeedAsync();
}
}
}

Search.razor
@page "/search"
<h1>ElasticSearch quotes search</h1>
<p>This component demonstrates searching data from ElasticSearch.</p>
<div class="form-group row">
<input @bind="SearchValue" />
<button class="btn btn-primary" @onclick="SearchQuotesAsync">Search</button>
</div>
@if (Quotes == null)
{
<p><em>Please type in your search...</em></p>
}
else
{
<table class="table">
<thead>
<tr>
<th>Author</th>
<th>Text</th>
</tr>
</thead>
<tbody>
@foreach (var quote in Quotes)
{
<tr>
<td>@quote.Author</td>
<td>@quote.Text</td>
</tr>
}
</tbody>
</table>
}

31.
[beta]
Elasticsearch クエリー - Match

ユーザーにテキストを⼊⼒し、そのテキス
トをドキュメント内のコンテンツの任意の
部分と⼀致させる

/// <summary>
///
著者名で名⾔を得る
/// </summary>
/// <param name="author"></param>
/// <returns></returns>
public async Task<IReadOnlyCollection<QuotesModel>> GetQuotesByAuthorAsync(string author)
{
var searchResponse = await Client.SearchAsync<QuotesModel>(s => s
.From(0)
.Size(25)
.Query(q => q
.Match(m => m
.Field(f => f.Author)
.Query(author)
)
)
);
//クエリからドキュメントを返す
var documents = searchResponse.Documents;
return documents;
}
…

32.

Application Performance Monitoring (APM) • • ログ、APM、インフラメトリックは監視の3⼤要素 • 3つの領域には重なり合う部分もあり相互に関連付ける際に 役⽴つ • ログはエラーが⽣じた痕跡のみでエラーの理由までは⽰さない • メトリックはサーバー上で CPU 使⽤量にスパイクがあったこと を⽰すかもしれないが、何が原因だったかは⽰さない • ログやメトリックは、インフラや複数のコンポーネントを扱う横断 的なデータ • うまく組み合わせて活⽤すれば、はるかに広い範囲の問題を 解決できる可能性がある APM はメトリックとログのギャップに橋を架ける存在

33.

Elastic Application Performance Monitoring • マルチページ、シングルページ、双⽅のアプリで有効 • Node.js、Python、Ruby、.NET、 Java、Go Real User Monitoring(JavaScript) • 対応⾔語のさらなる追加も予定 • Elasticがサポートする⾔語はこちら • Jaeger や OpenTelemetry 等各種のオープン スタンダードもサポート • インストルメンテーション済みのアプリから Elastic APM へ驚くほど簡単にデータを送れる • 必要なモジュールが⾒つからなくても独⾃に開発も、 オープンソースコミュニティの成果物の活⽤も可能 • APM から応答時間ベース Machine Learning ジョブを作成する機能もあり

34.

ログと APM とで得られる情報を⽐較 264.242.88.10 - - [22/Jan/2018:16:38:53 -0800] "POST /checkout/addresses/ HTTP/1.1" 500 5253 APMが捉えた内容︓最終発⽣⽇時、 発⽣頻度、アプリケーションで処理された か否か、という情報が表⽰ たとえば NumberParseException を 使って例外処理の詳細を⾒ると、エラーが 発⽣した回数の分布がウインドウで視覚 的に表⽰される ⼀定の時間に数回起きているということ、⼀⽇中 発⽣していることがわかる ログで⾒ても、ログファイルの1つに対応するスタック の痕跡が⾒つかるはず しかし APM のようにそのコンテクストや メタデータ まで⾒つかる可能性は⾼くない ⾚い部分はこの例外処理を実施したコード⾏ APMが提供するメタデータが問題の正確な 内容 プログラマーでない⼈間が⾒ても問題が正確 に理解でき、チケットをオープンのために必要 ⼗分な情報がある

35.

Transactions パフォーマンスのダッシュボード •Request Per Minute •HTTP レスポンスステータ スコード単位での 1分毎の リクエスト数が表⽰ •リクエスト数が急増したこと が原因でレスポンスタイムが 悪化したかここで判断できる •Transaction's duration, Transaction •URL パス単位での平均、95%タイルのレスポンスタイムが表⽰される •特定のパスの処理が遅い時はここを⾒ればすぐに分かる

36.
[beta]
Elastic APM for ASP.NET Core
https://www.elastic.co/jp/apm/

Configuration on .NET Core
https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/dotnet/current/configuration-on-asp-net-core.html
ASP.NET Core Quick Start
https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/dotnet/current/setup-asp-net-core.html
// .NETアプリへの Nuget パッケージインストール
dotnet add Elastic.Apm.NetCoreAll
// Startup.cs への追加
--dotnet add Elastic.Apm.NetCoreAll
using Elastic.Apm.AspNetCore;
using Elastic.Apm.DiagnosticSource;
--public void Configure
(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
{
--// adding Elastic APM Agent for .NET Core
app.UseElasticApm(Configuration,
new HttpDiagnosticsSubscriber());
/* Enable tracing of outgoing HTTP requests */
app.UseHttpsRedirection();
app.UseStaticFiles();
---

// appsettings.json の更新
--{
"Logging": {
"LogLevel": {
//"Default": "Information",
//"Microsoft": "Warning",
//"Microsoft.Hosting.Lifetime": "Information"
"Default": "Warning",
"Elastic.Apm": "Debug"
}
},
"AllowedHosts": "*",
//Elastic ポータルから APM エンドポイントと Secret をコピー&ペースト
"ElasticApm": {
"ServerUrl": "https://
7d39255475bg8e8e0j99fm870kj48v88.apm.
japaneast.azure.elastic-cloud.com",
"SecretToken": ”f6p81KJytBcGMK2JKS4",
"TransactionSampleRate": 1.0
}
}

37.

Index からの React アプリ⾃動⽣成と Azure Static Web Apps デプロイ

38.

今回のデモアプリの全体像 ASP.NET 5 Blazor App Azure Web Apps 検索・更新 UI APM .NET Agent ・VSCode ・VS for mac 2022 Preview 3 APM SPA Agent Elastic Cloud ・Reference UI ・Search UI ・Reactive Search 検索専⽤ UI https://f79...c67.japaneast.azure.elastic-cloud.com:9243/ Azure Static Web Apps 東⽇本リージョン マスターノード x 1 データノード x 2 ML ノード x 1 https://brave-ocean-06f61b600.azurestaticapps.net/ Azure サブスクリプション

39.

EC サイトを例にした検索のエクスペリエンス フリーワード検索 絞り込み ソート 集計 ハイライト サジェスト ページング

40.

Reference UI ⽣成が容易 数回のクリックで検索インターフェイスを 設定するだけ 統合が容易 ZIP パッケージをダウンロードし、 アプリケーションでコードを使⽤する 最初の出発点 新しい検索を開始しておいて、 後でカスタマイズすることが可能

41.

優れた React 検索エクスペリエンスを迅速に構築する⽅法 https://www.elastic.co/jp/blog/how-to-build-great-react-search-experiences-quickly Elastic AppSearch または ElasticSite Search 特徴 •Elastic によって管理 •迅速な実装 - 数⾏のコードで完全な検索エクスペリエ ンスを構築 •カスタマイズ可能 - コンポーネント、マークアップ、スタイ ル、および動作を好みに合わせて調整 •スマート URL - 検索、ページング、フィルタリングなどが URL に取り込まれ、結果を直接リンク •ヘッドレス-アプリケーションロジックを活⽤して、独⾃のコ ンポーネントまたはビューを提供 •柔軟なフロントエンド – React のみならずあらゆる JavaScript ライブラリで使⽤可能 •柔軟なバックエンド – ElasticAppSearch のみなら ず 任意のバックエンドで使⽤可能 https://github.com/elastic/search-ui

42.

ReactiveSearch https://opensource.appbase.io/reactivesearch/

43.

Azure Static Web Apps • 静的サイトに最適化されたホスティング環境 • CI/CD を GitHub Actions と統合 • Azure Functions によるサーバーレス API の統合 Microsoft Azure www

44.

Azure Static Web Apps の機能 Web API + リッチな Web UI を実現する機能を提供 • • • • • • GitHub 統合 統合 API サポート Web アプリケーションの構築 静的サイトの発⾏ Web アプリケーションのデプロイ 認証プロバイダーの統合 • Azure Active Directory、Facebook、 Google、GitHub、 Twitter

45.

JavaScript / C# による静的 Web サイトの開発・ホスト https://... + JS https://... + Blazor

46.

Elastic Cloud に CORS を設定 • elasticsearch.yml # Note that the syntax for user settings can change between major versions. # You might need to update these user settings before performing a major version upgrade. # # Slack integration for versions 7.0 and later must use the secure key store method. # For more information, see: # https://www.elastic.co/guide/en/elasticsearch/reference/current/actionsslack.html#configuring-slack (中略) # from: Watcher http.cors.enabled: true http.cors.allow-credentials: true http.cors.allow-origin: "*" http.cors.allow-headers: X-Requested-With, X-Auth-Token, Content-Type, Content-Length, Authorization, Access-Control-Allow-Headers, Accept # # HipChat and PagerDuty integration are also supported. To learn more, see the documentation.

47.

まとめ

48.

まとめ • • • Microsoft Azure と Elastic 7.14 統合試してみてください Blazor Server App + Elastic は簡単(ASP.NET 5版と同様) Reference UI/Search UI による React アプリ構築も簡単

49.

リソース • 公式ドキュメント • APM https://www.elastic.co/guide/index.html https://www.elastic.co/jp/apm/ • クラウドネイティブ アプリでの Elasticsearch • Configuration on .NET Core https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/architecture/cloudnative/elastic-search-in-azure https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/dotnet/current/co nfiguration-on-asp-net-core.html • Azure での検索データ ストアの選択 • ASP.NET Core Quick Start https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/dataguide/technology-choices/search-options • Elastic APM Agent https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/index.html • Reactivesearch https://opensource.appbase.io/reactivesearch/ • 優れた React 検索エクスペリエンスを迅速に構築する ⽅法 https://www.elastic.co/jp/blog/how-to-build-great-reactsearch-experiences-quickly • Search UI Elastic GitHub レポジトリ https://github.com/elastic/search-ui https://www.elastic.co/guide/en/apm/agent/dotnet/current/set up-asp-net-core.html • K8s Observability サンプルソリューション GitHub レポジトリ https://github.com/michaelhyatt/k8s-o11y-workshop • 関連ブログ https://www.elastic.co/jp/blog/kubernetes-observabilitytutorial-k8s-cluster-setup-demo-app-deployment https://www.elastic.co/blog/kubernetes-observability-tutorialk8s-log-monitoring-and-analysis-elastic-stack https://www.elastic.co/blog/kubernetes-observability-tutorialk8s-metrics-collection-and-analysis https://www.elastic.co/blog/kubernetes-observability-tutorialk8s-monitoring-application-performance-with-elastic-apm

50.

Azure Static Web Apps リソース︓ Microsoft Lean • Azure Static Web Apps を使⽤してBlazor WebAssembly アプリと.NET API を 公開する • Azure Static Web Apps を使⽤してAngular、React、Svelte、または Vue の JavaScript アプリを発⾏する • Azure Static Web Apps にAPI を発⾏する • Gatsby とAzure Static Web Apps で静的 Web アプリを作成して発⾏する

51.

Qiita Blazor 記事(2020.12.25) https://qiita.com/shosuz/items/1994b69201f25fefb213

52.

アプリケーション開発 オンデマンド ウェビナー特集 • • • Elastic の Search API を Visual Studio Code でコーディングする (1) - (3) Elastic Cloud で Azure Kubernetes Serviecs の様々な Log/Metrics/APM を 可視化する ASP.NET Core 3.x Web アプリのログを Elastic Cloud で収集・分析してみよう︕ https://www.microsoft.com/ja-jp/events/top/apps-innovation-webinars.aspx

53.

Microsoft Japan Digital Days (10/12-14) https://www.microsoft.com/ja-jp/events/top/digital-days.aspx

54.

Thank you for your attention!

55.

Elastic NEST Query

56.
[beta]
(参考)
Elasticsearch クエリー ① MatchAll

インデックス内の全てのドキュメントを返す
クエリ
≒ RDBMS の "SELECT *" クエリ

private readonly ElasticClient _client;
public HomeController(ILogger<HomeController> logger, ElasticClient client)
{
_logger = logger;
_client = client;
}

public IActionResult Index()
{
var results = _client.Search<Book>(s => s
.Query(q => q
.MatchAll()
)
);
return View(results);
}

57.
[beta]
(参考)
Elasticsearch クエリー ② Term
public IActionResult Index()
{
ISearchResponse<Book> results;
if (!string.IsNullOrWhiteSpace(query))
{
var results = _client.Search<Book>(s => s
.Query(q => q
.Term(t => t)
.Field(f => f.Isbn)
.Value(query)
)
)
);
}
else
{
.Query(q => q
.MatchAll()
)
);
…

⽤語クエリ
正確なクエリに⼀致するドキュメントを
⾒つける

58.
[beta]
(参考)
Elasticsearch クエリー ③ Match
public IActionResult Index(string query)
{
ISearchResponse<Book> results;
if (!string.IsNullOrWhiteSpace(query))
{
results = _client.Search<Book>(s => s
.Query(q => q
.Match(t => t
.Field(f => f.Title)
.Query(query)
)
)
);
}
else
{
…

ユーザーにテキストを⼊⼒し、そのテキス
トをドキュメント内のコンテンツの任意の
部分と⼀致させる
[重要な点]
• 複数のドキュメントを照合
• すべての⼀致する⽂書には、タイトルに、
当該テキストが含まれる
•
•
•

⼩⽂字で指定したのにマッチする
この動作はカスタムアナライザーで上書き
可能
これは別の⾼度なトピック

•

Elasticsearch でサポートされる
エリは他にも多数

ク

•

Term クエリと Match クエリは基本的
ユースケース

59.

(参考) Elasticsearch Aggregations ー 集計

60.

(参考) Elasticsearch Aggregations ー 範囲集計 … results = _client.Search<Book>(s => s .Query(q => q .MatchAll() ) .Aggregations(a => a .Range("pageCounts", r => r .Field(f => f.PageCount) .Ranges(r => r.From(0), r => r.From(200).To(400), r => r.From(400).To(600), r => r.From(600) ) ) … [重要な点] • MatchAll クエリに加えて、集計メソッ ドを使⽤ • "範囲" 集計を指定 • Index.cshtml も編集必要

61.

(参考) Elasticsearch Aggregations ー 条件集計 • • • タグバブルやファセットUIシステム のユースケース ⽤語集計 ≒ RDBMS の“GROUP BY”句 ドキュメント間でさまざまな単語(ま たは「⽤語」)に関する統計を取 得可能 • Index.cshtml も編集必要 • … ) .Aggregations(a => a .Range("pageCounts", r => r .Field(f => f.PageCount) .Ranges(r => r.From(0), r => r.From(200).To(400), r => r.From(400).To(600), r => r.From(600) ) ) .Terms("categories", t => t .Field("categories.keyword") ) ) … フィールド値が⽂字列 “categories.keyword” に 設定されているのは、⽤語の集計は負荷の⾼い操 作であり、通常は "text" フィールドでは実⾏されな いため

62.

Add Map Styles の追加 • OpenStreetMap / GoogleMaps を使⽤するには、インデックスにスタイルを 追加 • index.html またはコードベースにインポート可能 <link rel="stylesheet” href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/ leaflet/1.3.4/leaflet.css"/>

63.

Elastic Cloud のセットアップ • • • • • Elastic Stack を起動して実⾏ 新しい GPU モニタリングデータ⽤のホームが必要なため、Elastic Cloud に新しいデプロイメントを作成 Elastic Cloud を初めて使う場合は、14⽇間の無料トライアルにサインアップ 独⾃の展開をローカルで設定することも可能 ElasticCloud に新しい ElasticObservability デプロイメントを作成