20170629 技術者向けazure stack_paas

>100 Views

July 12, 17

スライド概要

Azure Stack Technical Seminar at Fukurashia Shinagawa on 20170629

profile-image

ヴイエムウェア株式会社 プリンシパルエンタープライズアーキテクト。 Microsoft で13年間、テクニカルエバンジェリストとして .NET、Visual Studio、Windows、iOS、Android、Microsoft Azure 等の開発者向け最新技術啓発活動を実施。その後、Dell、Accenture、Elastic で開発者向け技術啓発活動等を経て現職。 モダンアプリケーション開発、マルチクラウド対応、アーキテクチャ策定等を中心に、技術者向けに最新技術の啓発活動を実施中。 2019年4月〜2021年8月迄、内閣官房 IT 総合戦略室 政府 CIO 補佐官を兼務、2021年9月〜現在、デジタル庁 PjM ユニット ソリューションアーキテクトを兼務。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

15:10 – 16:00

4.

Azure Stack PaaS の 全体像

5.

Web Apps Mobile Apps API Apps Azure Functions App Service on Azure Stack フルマネージドな PaaS エンタープライズ 対応 • オートスケール • フレームワークへのパッチ運⽤ • ロードバランス 開発者に最⾼の 経験を提供 • 複数⾔語とフレームワーク • DevOps を上位レイヤーで実現 • 開発者へのセルフサービス提供 各種テンプレート ・Cloud Foundry ・Blockchain Azure Container Service Azure Service Fabric

6.

Web アプリの ハイブリッド展開

7.

Web サーバー (IaaS) WEB サイト (PaaS) アプリ アプリ Web サーバー Web サーバー ゲスト OS ゲスト OS Azure Stack Azure Stack フル コントロール 管理が容易 ユーザーが管理 MAS 側で管理 利⽤可能⾔語 • ASP.NET • ASP • PHP • Node.js • Java • Python

11.

デル 株式会社 テクノロジーエバンジェリスト 鈴⽊ 章太郎 @shosuz Mobile Apps Cloud Foundry

12.

PaaS - Azure App Services on Azure Stack TP3 Refresh

13.

ハイブリッドアプリのユースケース: Azure と Azure Stack PaaS Describe RESOURCE GROUP Azure Resource Manager Portability App Database Compute Deploy Network Storage Control Azure Resource Manager Microservices Container MICROSOFT AZURE STACK 13 MICROSOFT AZURE HCI Serverless Computing © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved

14.

ハイブリッドアプリ開発環境の⼀貫性 • 同一のアプリモデル、セルフサービスポータル、API • Visual Studio による統合された開発エクスペリエンス • 統合された CI/CD パイプライン • Jenkins • Visual Studio Team Services • Azure Marketplace on Azure Stack • 多様な Linux ディストリビューション • Docker 統合コンテナ、Mesos • Cloud Foundry • 14 Azure Stack 上での稼働によりポータビリティのある PaaS アプリ開発が可能に © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved

15.

mBaaS (mobile Backend as a Services) 求められる共通機能をサービスとして提供 SDK で容易に サービスに アクセス 15 ⼀般的な機能は 実装済みの サービス プッシュ通知 Web API 認証 データ操作

16.

Mobile Apps : モバイルアプリに必要な全ての要素を集約 Offline Sync Blob Storage Mongo Hybrid DB Connections Offline Sync 16 REST API Facebook Twitter WNS & MPNS Microsoft Google Azure Active Directory APNS GCM Notification Hubs Node.Js / .NET Table Storage クライアント/サーバーのように クラウドを意識せずに開発できる Windows iOS Android HTML 5/JS Xamarin PhoneGap Sencha SQL

17.

Mobile Apps データ処理(CRUD) • クラウドを意識せずに開発できる • 標準装備の API • バックエンドは Node.js または .NET 17

18.

Demo Azure Mobile Apps in Hybrid Development

19.

Dell EMC が提供する付加価値 Pivotal Cloud Foundry Azure Azure Stack 19 Azure Cloud Services Data Protection Site Recovery Backup Test/Dev Labs Avamar VE Cloudboost CloudTier Networker PowerEdge サーバ ストレージアレイ Active Tiering Security CloudArray Isilon Cloud Tier Cloudlink SecureV RSA SecureWorks ラップトップと ワークステーション ネットワーキング © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved Cloud Management Software Services Virtualization Management Software Services xStream ViewTrust SAP Federal vCloudAir Foundations vRealize vSphere エンタープライズ サービスと保守

20.

Pivotal Cloud Foundry ⾼品質なクラウドネイティブアプリケーション向けのクリティカルな PaaS プラットフォーム 素晴らしい開発体験 シームレスに統合された構築、 CI、展開ツール </> 幅広い開発⾔語及びフレーム ワークのサポート 堅固なCLI とスクリプトAPI ⾃動化されたオペレーション 状態管理、 ロードバランシング、 ⾼可⽤性 ユーザーロール及び 権利管理の特定 広範囲なサービスの選択肢 モバイルサービス– プッシュ、 データシンク、APIゲートウェイ データサービス – RDB, NoSQL, Graph, IMDG 統合サービス – エンタープライズシステム、API、 データソース どのようなインフラストラクチャーでも可能なシステム展開、運⽤、更新、スケール 20

21.

Pivotal Cloud Foundry on Microsoft Azure https://pivotal.io/microsoft https://azure.microsoft.com/ja-jp/marketplace/partners/pivotal/pivotal-cloud-foundryazure-pcf/ 21 © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved

22.

Dell EMC コンサルティングによる Application Transformation 実現ステップ Workshop Plan Scoping Skill Transfer Pilot アジャイル体験 アジャイル対象 アプリケーション選定 アジャイル道場の スコープ定義 アジャイル道場 パイロット開発 Ø ペアプログラミング Ø テスト駆動型開発 1 Day workshop Ø 着⼿すべき対象アプリ ケーションの選定 DevOps/Agile 実現性検討 Ø 前提認識・考え⽅の 共有(アジャイル、 DevOps、MicroServices など) Ø ⼀般的な課題、効果の 整理 22 Ø アプリケーションの 仕分け Ø 対象アプリケーション の中で開発機能の優先 順位付け Ø ⼈数、期間の決定 Ø アジャイル開発の スキル修得 Ø アジャイル型プロジェ クト管理⼿法の修得 DevOps計画⽴案 Ø DevOps検討、体制 構築の移⾏計画検討 Ø PaaS技術検討、PoC など Ø 効果検証(定性効果 中⼼) © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved Ø お客様によるアジャイ ル型でのアプリ開発の 実⾏ Ø 開発フェーズでの リモート⽀援

23.

Dell EMC コンサルティングによる Application Transformation ⽀援サービス 現状分析/実現性検討 Agile 開発 ①アプリケーション プロファイリング 企画/計画 実⾏ ④Agile 道場 ②Agile 体験トレーニング ⑤DevOps 導⼊計画策定 DevOps/ PaaS ③DevOps ワークショップ ⑥PaaS 環境 ToBe モデル策定 ⑦PaaS ツール検証 23 © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved ⑧Agile / DevOps プロジェクトアドバイザリ

24.

シングルノードの Microsoft Azure Stack (開発/テスト⽤) Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack Azure Stack アドミ & テナントの体験 Dell EMC PE R630 4 8 12 ARM テンプレートを用いた DevOps/Infrastructure-as-Code 16 コア数: E5-2630 (10C, 20T) あるいは E5-2650 (12C, 24T) メモリ容量: 128GB あるいは 256GB SSD: 2 x 480GB SAS SSD HDD: 6 x 1TB SAS HDD Web/Service ファブリックサービスのお試し (GA時にサービス追加予定) Visual Studio と PowerShell の体験 IaaS Azure Stack の PoC や開発/テスト環境として直ぐに取り組める 24 © 2017 デル株式会社 All Rights Reserved

25.

7/27 セミナーご案内 Windows Server 2016 記憶域スペースダイレ クトではじめるハイ パーコンバージド ご挨拶 ●日時 ●会場 ●主催 ●協賛 : : : : 2017年7月27日(金) 13:30 ~ 16:30 (受付 13:00~) 秋葉原コンベンションホール歩1分 Dell EMC (デル株式会社、EMCジャパン株式会社) 日本マイクロソフト株式会社 Dell.co.jp/S2D/Q2 正⽥三四郎 代表取締 仮想化専⾨コンサルタントが教え ⽇本仮想化技術株式会社 役社⻑兼CEO る成功するHCI導⼊のポイント 宮原 徹 様 S2D⚡RN 開催概要 Dell EMC インフラストラクチャ・ ソリューションズ事業統括 ソリューション本部⻑ Windows Server 2016だけで実 現するHCIの魅⼒と価値 ⽇本マイクロソフト株式会社 インテリジェントクラウド テクノロジー本部 テクノロジーソリューション プロフェッショナル ⾼添 修 様 設計構築リスクを最⼩化しビジネ Dell EMC Product Manager DIPAK PRASAD ススピードを加速するReady ソリューション本部 津村賢哉 Node S2Dソリューション マルチクラウド時代の運⽤管理 株式会社野村総合研究所 クラウドサービス本部 ご登壇者様調整中

26.

© 2017 デル株式会社 All Rights Reserved

27.

Azure Container Service Azure Service Fabric on Azure Stack (GA 後) ※ Azure と同等と仮定した場合

28.

Service Tooling Container Tooling Layer Containers Supported Technologies Configuration as Code ARM, Dockerfile, Docker Compose, Marathon.json Host cluster VM Scale Sets management Container Docker Swarm, Chronos, orchestration Marathon, Apache Mesos Monitoring OMS, App Insights

29.

Application Orchestrator (OSS only) Infrastructure

31.

App1 App2

32.

モノリスのアプローチ アプリ 1 • モノリス (モノリシック アプリ) には、ドメイン固有の機能が 含まれている • 通常、機能レイヤー (Web、 ビジネス、データ) で分割される • アプリを複数のサーバー/VM/コンテナーに 配置することで、スケーリング マイクロサービスのアプローチ • マイクロサービス アプリは、 機能を⼩さいサービスに分割 • 各サービスを独⽴して デプロイし、複数のサーバー/ VM/コンテナーにわたって サービスのインスタンスを 作成することで、スケール アウト アプリ 1 アプリ 2

33.

Service Fabric on Service Fabric on Linux in Azure Linux in Azure Preview Dev Box Service Fabric for Linux Azure Service Fabric Windows SDK Service Fabric in Azure Stack GA Coming Soon Service Fabric on Windows in Azure Service Fabric for Windows Server On-Premise Data centers Other Clouds

34.

その他のシナリオの 可能性の考察

35.

--- オンプレミス AI with Python --- ハイブリッド IoT 基盤構築 ※ Azure Stack Marketplace からの迅速な展開 ※ IoT Edge on Container Service で容易に展開 35

37.

IoT Hub Devices Azure IoT Edge Azure Machine Learning (Container) Azure Stream Analytics (Container) Azure Functions (Container) Cognitive Services (Container) Custom Code (Container) Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Container Management Functions Runtime Local Storage Device Twin Device Twin Module Module Twin Module Twin Module Twin Module Twin Twin

38.

• • • Application infrastructure defined as code: fewer errors Insanely fast deployment time: software delivers more value to end users Requirements can freely dictate Azure/Azure Stack: all apps leverage a DevOps workflow

39.

まとめ

42.

PCF Structured PaaS Framework Culture Tools Application Framework Dev Contract: Cloud Native App Spring Boot Runtime Platform Dev IT Ops Contract: BOSH Release Infrastructure Automation IT Ops Contract: Cloud Provider Interface Infrastructure 42 IT Ops BOSH

43.

Pivotal Cloud Foundry Architecture Service Brokers によるマルチクラウド連携 Service Brokers サービス フレームワーク ( Buildpack & Containers ) データベース 12 Factor Apps Microservices RESTful Services Circuit Breakers ビッグデータ Spring Boot Ruby on Rails Node.js オブジェクト ストレージ .NET モバイル プラットフォーム (Elastic Runtime) ルーティング サービス ディスカバリ ロギング & メトリックス 運用 ゼロダウンタイムでの (Operations Manager/BOSH) 展開 VMware 43 OpenStack コンテナ スケジューリング 継続的 インテグレーション ユーザ定義 サービス 構成管理 メッセージング フェイルオーバ、 リカバリ AWS インフラストラクチャ スケール セキュリティ パッチ Azure 更新管理 GCP