ca-1. プロセッサ,マシン語

267 Views

December 23, 21

スライド概要

コンピュータ・アーキテクチャ演習
URL: https://www.kkaneko.jp/cc/ca/index.html

profile-image

金子邦彦(かねこくにひこ) 福山大学・工学部・教授 ホームページ: https://www.kkaneko.jp/index.html 金子邦彦 YouTube チャンネル: https://youtube.com/user/kunihikokaneko

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

ca-1. プロセッサ,マシン語 (コンピュータ・アーキテクチャ演習) URL: https://www.kkaneko.jp/cc/ca/index.html 金子邦彦 1

2.

アウトライン 1-1 プロセッサ 1-2 マシン語と実行型ファイル 1-3 ソースファイルとビルド 1-4 Visual Studio でビルドと実行 2

3.

1-1 プロセッサ 3

4.

コンピュータの入力と出力 人間や 他のコンピュータ 入力 出力 コンピュータ 4

5.

ハードウエアとソフトウエア ソフトウエア アプリケーション オペレーティングシステム ハードウエア プロセッサ,メモリ その他,入力装置,出力装置など 5

6.

1-1 プロセッサ • プロセッサは,コンピュータの中で,計算,制御 を担う 6

7.

1-2 マシン語と 実行型ファイル 7

8.

実行型ファイルの例 Word のプログラム のファイル 8

9.

マシン語とは プログラム のファイル 実行型ファイルの中身は マシン語 マシン語とは プロセッサで実行される命令の言語 9

10.

1-2 マシン語と実行型ファイル • マシン語とは,プロセッサが実行できる言語のこ と.プロセッサごとに異なる • 実行型ファイルは,マシン語が格納されたファイ ル.実行ファイル,実行形式ファイルともいう 10

11.

1-3 ソースファイルとビルド 11

12.

ソースファイルとビルド • ビルドとは,一般のプログラミング言語のソース ファイルから,マシン語の入った実行型ファイル を生成すること ビルド ソースファイル C言語などの プログラミング言語 実行型ファイル マシン語 12

13.

1-3 ビルド • ビルド(コンパイルともいう)とは,ソースファ イルから,実行型ファイルを生成すること ソースファイルがエラーを含むときは,実 行型ファイルは生成されない 13

14.

1-4 Visual Studio でビルドと 実行 14

15.

Visual Studioの起動手順 ・スタートメニューを使って,Visual Studioを起動 ・初回起動設定に数分かかる 15

16.

Visual Studioの初回起動設定(初回起動時の み) ① 「後で行う。」 を選んでおく ② 「Visual Studio の 開始」をクリック ③ Visual Studio の画 面が開く 16

17.

Visual Studioで Win 32 コンソールアプリ ケーション用プロジェクトの新規作成 (1/2) 名前は変えなくてもよい ① 「ファイル」→ 「新規作成」 →「プロジェクト」 ② 「Visual C++」→ 「Win32コンソールア プリケーション」→ 「OK」 ③ 「次へ」 ※ 次ページに続く Win32コンソールアプリケーションとは,起 動すると,Win32コンソール(例えば右図) が開くアプリのこと 17

18.

Visual Studioで Win 32 コンソールアプリ ケーション用プロジェクトの新規作成 (2/2) ④ 「完了」をク リック ⑤ プロジェクトが新規作 成されるので確認 18

19.

Visual Studioの Win 32 コンソールアプリ ケーション用プロジェクト 2つのソースファイルが 自動で作成されている ※ ここでは,stdafx.cpp は(システム用なので) 編集することはない。もう1つの方を使う。 19

20.

Visual Studioの Win 32 コンソールアプリ ケーション用プロジェクト 編集中のファイル名が表示 エディタが 自動で開く ソースファイルを クリックすると ※ Win32 コンソールアプリケーション用プロジェクトを新 規作成したとき,エディタが自動で開くので,そのまま 使ってよい 20

21.

Visual C++ のソースファイル例 ← 1行追加 ← 2行追加 自動生成されたソースコードを活用(追加するだけ) 21

22.

Visual C++ のソースファイル例 変数 d に,値 2.0 をセット 変数 d の平方根の計 算。結果の表示 ※ 「d = 2」と書かずに「d = 2.0」と書くのは, 小数付きの数として計算したい(整数ではない)ときの C, C++ 言語での流儀 22

23.

Visual Studioでのビルド手順 ① 「ビルド」 → 「ソリューションのビルド」 ② 必ず「1 正常終了, 0 失敗」の表示を確認 ビルド:1 正常終了,0 失敗 23

24.

Visual Studioでの実行手順 ① 「デバッグ」 → 「デバッグなしで開始」 ② Win32 コンソールが開く (何かキーを押して終了) ビルドが正常終了したら, 実行できる 24

25.

演習 • Visual Studioのエディタを使って,ソースファイルを編集 しなさい ← 1行追加 ← 2行追加 • ビルドしなさい. • ビルドのあと「1 正常終了,0 失敗」の表示を確認し なさい → 表示されなければ,プログラムのミスを自分 で確認し,修正して,ビルドをやり直す • 実行しなさい. • 実行結果を確認したら,Win32 コンソールで任意のキーを 25 押して,Win32 コンソールを閉じなさい