202009 のの会@関数Talk 24th | Talks around @Functions in Notes and Domino

129 Views

November 17, 20

スライド概要

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆきます。
第24回は @IsUnavailable と @IsAvailable と @IsNull について。

profile-image

Notes/Domino worker - Formula language ♡er, #IBMChampion '15 & #HCLAmbassador '20 - '23, Nature Game (Sharing Nature) leader

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

@ -notes knows community- 2020/09/10 @関数Talk 第24回 公開版 @ 阿部 覚 (tw:) @abesat

2.

@ まず、前回の復習を短めに: @DeleteField と @Unavailable @

3.

@ 前回の復習 @DeleteField と @Unavailable 使い方は FIELD FieldA := @DeleteField FIELD FieldA := @Unavailable @ ヘルプにはないけど、 @SetField("FieldA"; @DeleteField ) @SetField("FieldA"; @Unavailable ) という使い方もどうやら可能

4.

@ 前回の復習 @DeleteField と @Unavailable FIELDキーワードにせよ、@SetField関数にせよ、 基本的機能は 「フィールドに指定した値をセットする」 なのですけど 指定した値が @DeleteField・@Unavailable の場合は @ 「フィールドに"フィールドが消えた状態"を セットする」 要するに、そのフィールドを消します

5.

@ 以上、復習でした 今回は、ヘルプにこんなことが書かれている関数から 「@Unavailable と混同しないようにしてください。 」 「@Unavailable を誤って使用すると、フィールドが削除されて しまい、重大な損傷を招くおそれがあります。 」 @

6.

@ @IsUnavailable で放談 @

7.

@IsUnavailable @ @Unavailable Is なので、端的に言えば 「フィールドが 消えた状態だよね?」 という関数ですね @

8.

@IsUnavailable @ ヘルプの表現としてはこんな感じ ● ● フィールド名が文書にない場合は 1 (True) が返されます。 フィールド名が文書にある場合は 0 (False) が返されます。 @

9.

@IsUnavailable @ なお、前回からの流れで気になったのですが、 @IsUnavailableと同じ機能を持つ、 @IsDeleteField ってあるの? @ …無いようです

10.

@ というわけで、 同じ機能のもう一つの関数っていうのはありませんけど @

11.

@ @IsAvailable で放談 @

12.

@IsAvailable @ 端的に言えば 「フィールドが 存在する状態だよね?」 という関数ですね @

13.

@IsAvailable @ ヘルプの表現としてはこんな感じ ● ● 1 (True) はフィールドが文書にあることを意味します。 0 (False) はフィールドが文書にないことを意味します。 つまり、 @IsUnAvailable の真逆の関数のようです @

14.

@ いずれの関数も書式は同じで @

15.

@IsAvailable と @IsUnavailable @ 対象となるフィールドを指定します @IsAvailable(FieldA) @IsUnavailable(FieldA) FieldAあるよね? FieldAないよね? フィールド名は引用符「"」で囲みませんので注意 ということは変数として使用できないので少々不便 @

16.

@IsUnavailable と @Unavailable @ ところで、先にご紹介したヘルプの記述 注意 @IsUnavailable を @Unavailable と混同しないようにしてく ださい。@IsUnavailable ではなく @Unavailable を誤って使用する と、フィールドが削除されてしまい、重大な損傷を招くおそれがあり ます。 …それ、杞憂じゃないの? と、最近気づきました だって、構文が違うんだから FIELD FieldA := @Unavailable @IsUnavailable(FieldA) @

17.

@IsUnavailable と @Unavailable @ @IsUnavailable FIELD FieldA := @Unavailable @Unavailable @IsUnavailable(FieldA) たとえ取り違えて使ったとしても @ 構文のせいでエラーになるだけ、のはずです 😬

18.

@ フィールドとしての有無と比較する意味で この関数にも触れようと思います @

19.

@ @IsNull で放談 @

20.

@IsNull @ 端的に言えば 「ヌルだよね?」 という関数ですね Nullとは要するに値がない状態 なお、フィールドだけではなく 他の変数や定数にも使用できます @

21.

@IsNull @ でも、それだったら別にこの関数、要らなくない? @IsNull(FieldC) ってやらなくても (FieldC = "") これでいいじゃん? @

22.

@IsNull @ 実はヘルプにはこんなことも書かれています Null 値かどうかを調べます。1 つの文字列値で値が Null の場 合にのみ True を返し、そうでない場合は False を返します。 値がエラーのときも False を返します。 @

23.

@IsNull @ たとえばある文書で、FieldCがこんなだったとして こちらのビュー 見出しと同じ列式が 設定されています @ @IsNullなら FieldCのエラーを 引きずらないわけです

24.

@IsAvailable と @IsUnavailable と @IsNull @ こんなビューで補足のひとことふたこと… @

25.

@IsAvailable と @IsUnavailable と @IsNull @ こんなビューで補足のひとことふたこと… @IsAvailable と @IsUnavailable やはり結果は常に逆 @

26.

@IsAvailable と @IsUnavailable と @IsNull @ こんなビューで補足のひとことふたこと… 左上のボタンを実行した文書 @

27.

@IsAvailable と @IsUnavailable と @IsNull @ こんなビューで補足のひとことふたこと… FieldAが""で存在 @

28.

@IsAvailable と @IsUnavailable と @IsNull @ こんなビューで補足のひとことふたこと… @ Bodyはリッチテキスト 値があってもなくても 右上のボタンで消されていても 列式では表示されず

29.

@ 今回もお付き合い ありがとうございました 😀 @