firebaseはじめました

タグ
スライド概要

profile-image

yuma

@yuma0528

作者について:

フロントエンドエンジニア

スライド一覧
シェア
埋め込む

作成日

2021-05-18 01:25:51

各ページのテキスト

1. はじめました firebase

2. ⾃⼰紹介 名前 : ゆーま rails使ってました 最近フロントエンドエンジニアに転⽣

3. 今回作ったもの(途中経過)

4. ⾳楽のアルバムを⾃分で作れる

5. サーバーサイド firebase authentication firestore cloud functions cloud strage

6. フロントエンド next.js + typescript

7.

8. firebase って何が良いの?

9. リアルタイム同期、認証、アナリティクスの導 ⼊が簡単 クライアントから直接dbにセキュアに書き込め る

10. で書き込み、取得のAPIを作る場合 rails 1. 2. 3. 4. 5. モデル作る マイグレーションする コントローラ作る ルーティング設定する データ取得や書き込みのロジック書く

11. firebase だとこれだけ!

12. match /post/{postId} { allow read: if true; allow create: if isValidPost(request.resource.data) && request.auth.uid != null; } function isValidPost(post) { return 'title' in post && post.title.size() <= 30 && 'author' in post && post.author.size() <= 30 && 'contents' in post && post.contents.size() <= 3000 } ※ 書

13. セキュリティールールを書くだけで実質APIを作 成したことに カスタムクレームを利⽤すれば簡単な権限管理 も可能

14. 所感 プロトタイピングやプロダクトの初期フェーズ にとても使えそう firebaseの⽬⽟機能を使う(リアルタイムチャッ トなど) + 複雑なビジネスロジックが存在しな いプロダクトに相性が良さそう db設計についてはまだまだ枯れてない感がある ので思わぬところでつまづきそう

15. イマイチと感じたところ とfirestoreが同⼀のトランザクショ ンで処理できない。 セキュリティールールを1つのファイルに書か ないといけない 複雑なロジックを書くのには向いていない? → セキュリティールールやfirestoreトリガーで表 現できることが⽬安か cloud storage

16. どんなユースケースで使えるか引き続き調査し たい めざせfirebaseマスター!

17. ご清聴ありがとうございました