レイ・フロンティア株式会社(会社説明資料/採用向け)

タグ
スライド概要

レイ・フロンティア株式会社の採用向け会社説明資料です。

profile-image

レイ・フロンティア株式会社

@reifrontier

作者について:

レイ・フロンティア株式会社の資料公開ページです

スライド一覧
シェア
埋め込む

作成日

2021-08-19 18:16:37

各ページのテキスト

1. 株式会社レイ・フロンティア 会社紹介資料 2021年8月19日更新 http://www.rei-frontier.jp/

2. 会社概要・役員紹介 社名 レイ・フロンティア株式会社 代表取締役プロフィール 田村 建士(代表取締役) 設立 2008年5月27日 2002年、川田テクノシステム(現:川田テクノロジーズ:東証一部)に、橋 代表取締役 所在地 従業員数 資本金 主要株主 提携研究室 田村 建士 東京都台東区台東2-26-8 KSビル301 12名(2021年7月6日 現在) 1億円(資本準備金を除く) 経営役員 、三井物産株式会社、 株式会社環境エネルギー投資、 インクルージョン・ジャパン株式会社 、 ゼンリンフィーチャーパートナーズ株式会社 株式会社アドウェイズ 、みずほキャピタル株式会社、 株式会社イード、いわぎん事業創造キャピタル株式会社 、 須田 仁之 東京大学(谷川・鳴海研究室/情報理工学) 東京大学(小池研究室/精神神経学) 東京都市大学(塩本研究室/知識情報工学) 九州大学(荒川研究室/ヒューマノフィリックシステム) 梁設計ソフトに関わるエンジニアとして入社。2007年、ゲーム開発会社 (京都)へ入社。東京開発室室長。2011年、代表取締役に就任。企業・ 自治体向けの大規模イベントでの位置情報技術、およびAR技術に関する多 数の講演実績。複数社の大手企業への位置情報系サービスの導入を支援。 岩手県出身。東北学院大学 土木工学科卒(構造工学)。 取締役プロフィール 大柿 徹(取締役/技術責任者/創業者) 1975年生まれ。1997年、川田工業に入社。エンジニアとして、アプリケ ーションの開発およびマネジメントに従事。開発したアプリケーションは 業界1位のシェアを獲得。2008年にレイ・フロンティア株式会社を立ち上 げ、代表取締役に就任。ARアプリケーションの開発を足がかりに行動情報 の取得・分析事業を始める。情報処理学会会員。人工知能学会会員。 澤田 典宏(取締役/事業責任者/クリエイティブ統括) 1968年生まれ。1988年よりデザイナー/プランナーとしてビデオゲームの 開発に携わる。役職も含めた約25年の期間に開発したゲームは60タイトル 超。ゲームの要素を他分野に応用するゲーミフィケーションへの知見も高 く、日経主催の講演など多数。グロービス経営大学院MBA。米国PMI認定 PMP。

3. 組織体制

4. 私達が実行すること 仮想と現実をつなぐ世界⼀のサービスを創る 4

5. 製品紹介 人間の無意識を、行動データで見える化する SilentLog BigData 独自で収集した 緻密な移動データ SilentLog Analytics SilentLog OEM APP (データマネージメントシステム) (スマートフォンOEMアプリ) 移動情報分析基盤 自社アプリのノウハウを活用した パッケージアプリ 自社アプリ(SilentLog)、及び 自社製品が導入済アプリ(※1) より収集した緻密な移動分析データ を提供 多量な移動情報をセキュアな環境で 収集(※2)、分析、管理、出力(API) 、広告配信が実現できるミドルウェア 移動/健康ポイント事業を検討する 法人・自治体様に特化した アプリケーション開発基盤 (※2)緻密な移動情報を省電力で収集 200億点以上の緯度経度情報を保有 主要機能が事前準備されていることで できる専用SDKモジュール 安価なアプリ提供を実現 (※1)利用許諾を得た企業・自治体

6. 事業モデル / データを公平に集めて社会へ活かす 1)行動情報サービス開発・運用支援 2)行動データ収集、管理、活用、分析、販売支援 自社サービス(アプリ)を提供 行動データを公平に預かる AIにて行動推定・予測 サービス開発支援 分析データ提供 サービス提供 企業 行政 管理 する サービス利用料・開発費用 (健康、移動、観光等) 個人 (アプリ利用者) 活⽤ する 行動(ライフログ)データの獲得 集める

7. 事業モデル(詳細) 大手企業への導入実績があるデータマネジメントシステム(DMS)強みを活用しつつ(セキュアな環境や個人情報 保護の信用を獲得しつつ)、信用を元に自治体向けを中心としたOEMアプリを展開。継続した収集した独自データ の蓄積により販売や分析を進め、他産業へ製品の水平展開を行う。 ⾃治体向けポイントアプリ開発 を中⼼ / アプリ利⽤者との信頼 を盤⽯とするサービス設計 サービス利⽤・データ提供 OEM APP インセンティブ 主な開発実績 ・SilentLog ・宇都宮市(健康ポイントアプリ) ・三陸鉄道(鉄道型ポイントアプリ) SDK 分析データ (推定/予測) ライフログデータ (移動情報/ヘルス ケアデータ) ポイント 情報 頼獲得のための開発 主な開発実績 ・三菱UFJ信託銀⾏(情報銀⾏システム) ・⼤⼿リサーチ会社(情報銀⾏システム) 主なデータ提供実績 ・宇都宮市(⼈流データ/COVID19・防災) ・⼤⼿都市開発調査会社(⼈流データ/防災・都市開発) ・⼤⼿都市開発会社(⼈流データ/都市開発) API セキュアな環境と個⼈情報保護 強化した仕組み / 法⼈顧客の信 アプリ利⽤者 データ出⼒ DMS (データ分析基盤) (リアルタイム出⼒) 利⽤者状況の確認 政府機関/⾃治体 /企業

8. 利用者との信頼を構築してデータを収集 ①SilentLog ②うつのみや健康ポイントアプリ 毎日の振り返りをもっと楽しくするアプリ ユーザー数 3〜4万MAU リリース時期 2014/10〜 開発期間 non-public 歩いて・貯めて・使える ユーザー数 リリース時期 2018/04〜 導入期間 導入目的 思い出の振り返り 特徴 30日アプリ継続率50% URL https://silentlog.com OS ユーザー数 健康の情報発信 主な機能 URL OS ポイントで景品交換 ユーザー毎の自動目標設定 https://utsunomiyapoint.com/ 1千MAU リリース時期 2020/08/31〜 導入期間 non-public 三陸鉄道の利用者増加 導入目的 地域コミュニティの活性化 利用メリット 忘れ物探しの糸口 過去の会食場所の確認 8ヶ月 さんてつポイントが貯まるアプリ 医療費削減 営業の訪問記録 従業員の行動管理 1万MAU ③さんてつアプリ 輸送の情報配信 利便性の向上 解決 URL OS ポイントで景品交換 列車走行位置の表示 https://santetsu.reifrontier.jp/

9. 技術優位性 / データ収集と分析技術 自らでデータ収集し、データ管理・分析することによる状態推定 移動ログからの行動推定 移動ログの収集 ♪ 移動者の状態推定 レ イ ・ フ ロ ン テ ア ・自らデータを収集(著作権保有) ・最短5秒間隔の高頻度収集 ・省電力性の確率に成功 (OS全体の2%程度) 加速度・ジャイロセンサーにより性 別・年代の判定実績 ・年齢:81%(5歳間隔の推定) ・性別:83% 移動手段の判定実績 省電力と高頻度収集を確立 ※電車乗り換え一時的な立ち寄り判定を実現 ・自転車:84%、車:90% ・飛行機:84% 建物階層別移動判定:80% 研究開発中 ・勤務地の特定 ・立ち寄り施設 ・移動目的判定 ・バスと自転車の区別 等 ※複数大学で共同研究 / 論文での活用実績 地図DBとの連携により 精度向上が可能 5年間の研究開発による 精度向上を達成 他 社 ・数分〜数時間ごとの収集 ・著作権の制約 (仕入先による供給不可) ・ユーザー登録のみ ・他社実績なし

10. 導入実績 20以上の大手企業、自治体、大学を中心としてご利用をいただいています モビリティ データマネジメント ⼤⼿⾃動⾞メーカー 都市開発/人流調査 行動管理 自治体 ヘルスケア 実証実験 大学

11. 将来構想 / 社会課題解決型サービスを拡大 データの収集・管理・活用で収益化を進め、 事 業 規 模 分析の多様化で付加価値を高めながら、事業領域を拡大 行動 データ 管理 スマートシティ (都市管理サービス) 保有データを活用した、都市管理向けの ヘルスケア・情報銀行 移動管理・広告 データ販売・分析 データ収集 自社アプリ内 課金 SaaSサービスの展開 (行政と法人を対象) 行政の電子化、地域活性、デジタルヘ GAFA等のデータホルダーに依存しな ルスケア(ポイントアプリ)サービス い、法人・行政向けが自由に利用できる の展開からの、市民データの獲得 データ管理サービスの拡大 位置情報分析を技術を活用したローカ 交通サービス事業者のMaaSサービスの ル広告配信サービスの開始 開発支援 。ライフログデータ販売/管理 法人向けの、利用者の安心・安全で /分析の技術支援 移動データ販売、分析 データ保護を実現する情報銀行等の アプリOEMライセンス データマネージメントシステム(DMS) の構築 地方創生に向けたSDGsを促進するサー ビス開発支援 独自で獲得するBtoCユーザ/BtoB顧客から収集・分析されるライフログデータ基盤 基本技術開発 社会課題解決型サービスを展開 事業

12. 将来構想 / 各市場へのサービス展開 自社の行動分析技術で、ユニークなデータ収集と分析技術を基盤として、各市場へ競合優位性が高いサービスを展開する 独自性を持つ競争力が高いサービスにより、社会へ最適な行動機会を提供 Mobbility Frontier Research Frontier Health Care Frontier Manegement Frontier City Development Frontier 産業別サービス MaaS マーケティング リサーチ ヘルスケア 行動範囲 SilentLog Analytics SDK / DB / API (分析基盤/独自で生成した学習データを活用した分析・出力) ・レイ・フロンティアが独自で保有するデータ(SilentLog) ・お客様からお預かりしている行動情報(ポイントアプリ等) ・地図情報データ 都市開発 共通分析基盤 独自SDK等で 収集した基礎データ 提 供 製 品

13. 募集職種 ・ プ ロ ジェ ク トマ ネ ー ジ ャ ー ( 2 名 ) h t t p s : / / w w w . r e i - f r o n t i e r. j p / r e c r u i t / p r o j e c t - m a n a g e r / ・技術セールス(2名) h t t p s : / / w w w . r e i - f r o n t i e r. j p / r e c r u i t / t e c h n i c a l - s a l e s /

14. 開発環境 Webアプリ開発 クラウド環境開発 iOS, Android, Ruby[Rails], PHP[Laravel], Flutter Python[Django] AWS(RDS,Aurora,ELB, EMR,Athena,Lambda, スマホアプリ開発 データベース、検索エンジン MySQL,PostgreSQL, ElasticSearch,Athena, ElasticCach,Redis, PostGIS GIS 可視化 fl fl OpenStreetMap、 Google Map 機械学習、AI開発 Tensor ow, Keras, scikit-learn CloudTrail) データ分析 Exploratory(BIツール) システム監視 コミュニケーション Grafana, GrayLog Slack App, Google Apps, Con uence, Zoom Google Meets

15. 働く環境(1) リモートワーク中心 自分の好きな場所で働くことが可能です 地方在住のフルリモートエンジニアも多数在籍 フルフレックス制度 コアタイムは設けず、勤務する時間帯は柔軟に調整が 可能。子育て中のメンバーも在籍しています 最新のスペックのPC支給 入社時に、会社から希望するスペックのPCを 支給します

16. 働く環境(2) 書籍購入・セミナー自由参加 書籍/セミナー費用は会社が負担 社員が技術を聴くための自己投資に対して 積極的な支援を行います 大学との共同研究 研究開発型のスタートアップとして、 同事業領域で国内最先端の研究室と提携をし、 共同研究を行っています。 グローバル展開 三井物産株式会社と協業をして、欧州へのサービス展開 を実施しております ※コロナ渦においての社会情勢と鑑みた、事業展開を行っております。

17. 大切にしている価値観 個人の自立の責任を尊重 闊達な議論 他人の軸ではなく、自分自身の意見を持つ こと、ミッションに対して手段から自ら考 えて行動します 結論に至るまでのプロセスを重視します。 文章(Slack)と対面のコミュニケーショ ンの組み合わせで、闊達な議論を行います 没頭するものがある 分野問わず、自分が熱狂できる趣味や関心 事があるメンバー、気になったことを徹底 的に調べ尽くすメンバーが多くいます。 全員がプレイヤー 役員・従業員問わず、全員がプレイヤーと して手を動かし実行をして、責任を全うす ることが求められます。

18. 代表メッセージ 私達は創業(2008年)より培った位置情報技術を活用し、2014年10月にラ イフログアプリ「SilentLog」をリリースしました。 そのアプリのおかげもあり、位置情報データ収集・分析・保管技術、及び、 アプリケーション開発技術を身につけられ、現在では多くの企業様とお 取引をさせていただいています。 レイ・フロンティアの社内で大切にしていることは、自由、実務力、創造 力です。 弊社の社員就業規則1条では、 ̶レイ・フロンティア株式会社の経営陣と従業員が相互の信頼関係のもと、 国内外の社会課題を解決するためのサービス開発に必要な想像力と実務 力を身につけ、プロフェッショナルとして職務を全うできる自由な環境を 保つことを目的として制定したものである。 ̶としています。 自由な環境で、それぞれの職務を全うしながら、困った時はチームに頼り ながら、共に会社、個人ともに成長していける方を募集しています。 代表取締役 田村 建士

19. 公平なデー タ活用と 人間の 理解を深める技術とサービスで 社会課題の解決を進め 未来を開拓していきま しょう