チームの状況にあったいろいろなタイプのスクラムマスターの見つけ方 : How to find the Scrum Master that fits your team's situation

3.1K Views

December 07, 21

スライド概要

profile-image

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Scrum Fest Osaka 2021 チームの状況にあった いろいろなタイ の スクラムマスターの見つけ方 ギルドワークス 中村 洋(@yohhatu) プ https://unsplash.com/photos/D-0kJ-̲GiQE

2.

中村 洋(Yoh Nakamura) ✔ ギルドワークス(GuildWorks Inc.) ✔ 現場コーチ/アジャイルコーチ/取締役 ✔ 主な認定資格 ✔ Advanced Certi ed ScrumMaster ✔ Certi ed ScrumMaster ✔ Certi ed Scrum Product Owner ✔ Certi ed Agile Leadership I ✔ Certi ed LeSS Practitioner fi fi fi fi fi ✔ http://about.me/yohhatu

4.

現場コーチとは? https://visualhunt.com/f/photo/6320530955/0096f62955/

5.

ミッション 「正しいものを正しくつくる」 現場を増やす

6.

関わった現場 37社 https://visualhunt.com/photo/8648/

7.

関わったチーム 73チーム https://visualhunt.com/photo/35879/

8.

コーチの事例( https://guildworks.jp/works/ )

10.

このセッションのゴール https://unsplash.com/photos/BfphcCvhl6E

11.

このセッションのゴール ✔ 組織やチームの状況にあったスクラムマス ターの見つけ方 ✔ いろいろなスクラムマスターのタイプや特性 を知る

12.

注意点 https://visualhunt.com/photo/172801/

13.

注意点 ✔ いろいろなタイプのスクラムマスターのこと を話しますが、誰か特定の人のことを指してい るわけではありません

14.

「スクラムマスター」とは? https://unsplash.com/photos/mse1vdzZXjA

16.

「スクラムマスター」とは? ✔ スクラムガイドで定義されたスクラムを確立させるこ との結果に責任を持つ。 ✔ スクラムチームと組織において、スクラムの理論とプ ラティクスを全員に理解してもらえるよう支援すること で、その責任を果たす。 ✔ スクラムチームの有効性に責任を持つ。スクラムチー ムがスクラムフレームワーク内でプラクティスを改善で きるようにすることで、その責任を果たす。 スクラムチームと、より大きな組織に奉仕する真のリー ダーである。 ✔ スクラムマスターは、さまざまな形でスクラムチーム を支援する。

17.

「スクラムマスター」とは? ✔ チームがスクラムを学び、利用することを支 援し、チームが”いい感じ”になっていくことに 責任を持つ ✔ スクラムチームにとどまらず、組織もその対 象

18.

「スクラムマスター」の 特性っぽいもの https://www.linkedin.com/pulse/8-stances-scrum-master-2nd-edition-barry-overeem/

19.

「スクラムマスター」の特性っぽいもの ✔ Manager ✔ Change Agent ✔ Coach ✔ Impediment Remover ✔ Servant Leader ✔ Facilitator ✔ Mentor ✔ Teacher https://www.linkedin.com/pulse/8-stances-scrum-master-2nd-edition-barry-overeem/

20.

スクラムマスターのメタスキル ✔ ティーチング ✔ 傾聴 ✔ 好奇心 ✔ 尊敬 ✔ 遊び心 ✔ 忍耐

21.

スクラムマスターのコンピタンス ✔ アジャイルの達人 ✔ 説明すること ✔ 経験を共有すること ✔ ファシリテーション ✔ コーチング ✔ ビジネス知識 ✔ チェンジマネジメント ✔ 技術知識

22.

現場コーチの考える ”いい感じ”のスクラムマスターの特徴 https://unsplash.com/photos/jtvGydbUn30

23.

”いい感じ”のスクラムマスターの特徴 ✔ チームや相手の成長を願い、自分のことのよ うに喜ぶことができる ✔ 自分でせず、見守り、我慢できる ✔ でも必要なら動く ✔ さらに必要なら越境する

24.

出会ったスクラムマスターたち https://unsplash.com/photos/iuqmGmst5Po

25.

出会ったスクラムマスターたち ✔ 技術で切り開くスクラムマスター ✔ 人が大好きなスクラムマスター ✔ 肩書きがあるスクラムマスター ✔ 若手で元気のあるスクラムマスター ✔ エンジニア以外のスクラムマスター

26.

技術で切り開くスクラムマスター https://unsplash.com/photos/de5OZMjb5ww

27.

技術で切り開くスクラムマスター ✔ 技術的な課題を巻き取って打開できる ✔ ペアやモブワークでチームの技術レベルを引 き上げる ✔ 技術者としてコンテキストや価値観が合いや すい

28.

技術で切り開くスクラムマスター ✔ タスクを抱え込んで視野が狭くなりがち ✔ 技術的課題の解決速度がスクラムマスターに 依存する ✔ “技術で解決する”以外の手段を見つけにくい

29.

技術で切り開くスクラムマスター ✔ チームの成功に目を向ける ✔ メンバーのできることを広げることを考える ✔ 課題解決の前に課題設定を適切にする

30.

人が大好きなスクラムマスター https://unsplash.com/photos/Cecb0̲8Hx-o

31.

人が大好きなスクラムマスター ✔ ちょっとした振る舞いや雰囲気の変化に気づ きやすい ✔ 感情面にも関心を持てる ✔ 関係の質が上がりやすい

32.

人が大好きなスクラムマスター ✔ (やり方次第では)スクラムマスターがハブに なりすぎて、透明性が落ちることもある ✔ 間違った”気づかい”をしてしまい、厳しいこ とを言えないこともある

33.

人が大好きなスクラムマスター ✔ チームはOutputを届け、Outcomeを実現で きているか?を見る

34.

肩書きのあるスクラムマスター https://unsplash.com/photos/rxpThOwuVgE

35.

肩書きのあるスクラムマスター ✔ 人脈があるので社内の調整などがうまくいき いやすい ✔ 多様な経験から来る引き出しが多く、チーム が壁にぶつかっても前に進みやすい

36.

肩書きのあるスクラムマスター ✔ チームが”肩書き”に影響されてしまう ✔ 経験がある故に意見を言いすぎてしまう ✔ 2つの帽子を使い分けることの難しさ

37.

肩書きのあるスクラムマスター ✔ 各々のマインドセットや関係性の変化 ✔ スクラムマスターの役割や責任を理解する

38.

若手で元気のあるスクラムマスター https://unsplash.com/photos/Hr6dzqNLzhw

39.

若手で元気のあるスクラムマスター ✔ とにかくやってみようとすることが多く、学 びの速度が早い ✔ 恐れを知らないので、違和感や思い込みを場 に出すことができる

40.

若手で元気のあるスクラムマスター ✔ チームの外との交渉では苦労することもある ✔ キャリアに悩みがち

41.

若手で元気のあるスクラムマスター ✔ 自分1人で解決しようとしない ✔ 適切なメンターを探す

42.

エンジニア以外のスクラムマスター https://unsplash.com/photos/BfphcCvhl6E

43.

エンジニア以外のスクラムマスター ✔ (バックグラウンドによるけど)事業やビジネ スへの理解度が高く、プロダクトオーナーの支 援をうまくやれる ✔ 知らないことを知らないと言える

44.

エンジニア以外のスクラムマスター ✔ 開発者たちとの相互理解を築きにくい

45.

エンジニア以外のスクラムマスター ✔ 開発者の特性を理解したり、相互理解のため に一緒に活動をする

46.

スクラムマスターの見つけ方 https://unsplash.com/photos/BvlxNyjnIzg

47.

スクラムマスターの見つけ方 ✔ 外部からのフィードバックを受けつつ、自分 たちでチームの状況に応じて、見極める ✔ スクラムマスターがチームにもたらしている (もたらしてほしい)価値を言語化する ✔ チームから取り組みたい人を見つける。そし ていれば、チームとして協力する

48.

スクラムマスターの見つけ方 ✔ 本当にスクラムマスターが必要なのか?スク ラムに取り組むのは何のためか?という問いに 向き合う ✔ スクラムマスターのもたらす価値や活動が チームに溶け出していく

49.

よいスクラムマスターと出会えたり、 なっていくヒントになれば幸いです https://unsplash.com/photos/3y7fe̲I--WU