「いい感じのチーム」へのジャーニー

スライド概要

Regional Scrum Gathering Tokyo 2022( #RSGT2022 ) での発表資料

profile-image

yoh nakamura

@yohhatu

作者について:

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-01-04 22:46:05

各ページのテキスト

1. Regional Scrum Gathering® Tokyo 「いい感じのチーム」へのジャーニー 中村 洋(@yohhatu) https://unsplash.com/photos/KMn4VEeEPR8

2. 中村 洋(Yoh Nakamura) ✔ レッドジャーニー/個人事業主 ✔ アジャイルコーチ ✔ Advanced Certi ed ScrumMaster ✔ Certi ed ScrumMaster ✔ Certi ed Scrum Product Owner ✔ Certi ed Agile Leadership I ✔ Certi ed LeSS Practitioner fi fi fi fi fi ✔ http://about.me/yohhatu

3. 関わった現場 41社 https://visualhunt.com/photo/8648/

4. 関わったチーム 82チーム https://visualhunt.com/photo/35879/

5. コーチの事例

6.

7.

8. Red = ReDesign

9. Service Red Journey inc.

10. このセッションのゴール https://unsplash.com/photos/BfphcCvhl6E

11. このセッションのゴール

12. このセッションのゴール ✔ 「いい感じのチーム」に近づけるかもしれな い考え方を知ることができている ✔ 支援するマネージャー、チームで活動するみ なさんそれぞれが、何か行動を変えてみようと 思うきっかけが得られている

13. 注意点 https://visualhunt.com/photo/172801/

14. 注意点 ✔ やったことより、考え方の話がメインです

15. 「いい感じのチーム」とは? https://unsplash.com/photos/1FI2QAYPa-Y

16. 「いい感じのチーム」とは? ✔ 自分たちであり方、やり方を決めている ✔ フィードバックループが機能している ✔ 感情でつながり、信頼関係がある ✔ 目標や目的に対して共通認識がある ✔ Outcomeが得られている

17. 「いい感じのチーム」への 3つのテーマ https://unsplash.com/photos/iEmpY2HvOeU

18. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ 感情 ✔ 実験

19. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ みんなでリードする ✔ みんなが1つの北極星とコンパスを見ている ✔ チームを1人の人と見る ✔ そこにいる人のことを想う ✔ 継続的に自分たちでチームになっていく

20. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ 感情 ✔ 感情を置き去りにしない ✔ 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ お互いのことを知る、理解する

21. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ 実験 ✔ 日常的に実験する ✔ うまく実験する ✔ フィードバックで調整する

22. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ みんなでリードする ✔ みんなが1つの北極星とコンパスを見ている ✔ チームを1人の人と見る ✔ そこにいる人のことを想う ✔ 継続的に自分たちでチームになっていく ✔ 感情 ✔ 感情を置き去りにしない ✔ 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ お互いのことを知る、理解する ✔ 実験 ✔ 日常的に実験する ✔ うまく実験する ✔ フィードバックで調整する

23. 変化を観察する https://unsplash.com/photos/nPl3zNmb36M

24. 変化を観察する ✔ 観察する → 発見する → 実験する → (変化 を)観察する…の繰り返し

25. 変化を観察する ✔ 変化はゆっくりで、再現性がそこまで高いわ けではない

26. 変化を観察する ✔ 先に行き過ぎないで、1つずつ、一歩ずつ、 丁寧にやっていく

27. リーダーシップ https://unsplash.com/photos/w55SpMmoPgE

28. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ 感情 ✔ 実験

29. リーダーシップ ✔ リーダーシップは誰か1人のリーダーだけのも のでしょうか?

30. リーダーシップ ✔ みんなでリードする ✔ みんなが1つの北極星とコンパスを見ている ✔ チームを1人の人と見る ✔ そこにいる人のことを想う ✔ 継続的に自分たちでチームになっていく

31. みんなでリードする https://unsplash.com/photos/HI7l1up-590

32. みんなでリードする ✔ リーダーという肩書きは時に悪影響を及ぼす

33. みんなでリードする ✔ その時に適切な人がリードする

34. みんなでリードする ✔ その時に適切な人がリードする ✔ どういうスキルを持っているか、どういう状 況が得意なのかをチームが知っておく

35. みんなが1つの 北極星とコンパスを見ている https://unsplash.com/photos/KdOAFDzB̲Mg

36. みんなが1つの 北極星とコンパスを見ている ✔ チームが向かう先はどこか?今はどこに向 かっているのか?が必要

37. みんなが1つの 北極星とコンパスを見ている ✔ 北極星とコンパスがあると、リードする人が 入れ替わってもチームは機能する

38. みんなが1つの 北極星とコンパスを見ている ✔ 北極星とコンパスがあると、リードする人が 入れ替わってもチームは機能する ✔ インセプションデッキやプロダクトゴールを 一緒につくる

39. チームを1人の人と見る https://unsplash.com/photos/pirWeToS2mA

40. チームを1人の人と見る ✔ チームとしての全体のバランスが大切

41. チームを1人の人と見る ✔ チームとしてのバランスは外からだけではわ からないことが多い

42. チームを1人の人と見る ✔ チームとしてのバランスは外からだけではわ からないことが多い ✔ 内省の手助けとして問いかけたり、見える化 を促したりする

43. そこにいる人のことを想う https://unsplash.com/photos/K8XYGbw4Ahg

44. そこにいる人のことを想う ✔ 同じ出来事でも感じ方や受け止め方は違う

45. そこにいる人のことを想う ✔ それぞれに個性、特徴があり、やりたいこと も違っている

46. そこにいる人のことを想う ✔ それぞれに個性、特徴があり、やりたいこと も違っている ✔ 観察したり、1on1をしたり、耳を傾けたり する

47. 継続的に自分たちで チームになっていく https://unsplash.com/photos/Hld-gd-WN7k

48. 継続的に自分たちでチームになっていく ✔ “チームビルディング”はタイミングや状況を 見て継続的にやっていく

49. 継続的に自分たちでチームになっていく ✔ チームでスパイラルを登っていく

50. 継続的に自分たちでチームになっていく ✔ チームでスパイラルを登っていく ✔ タックマンモデルなどを参考に今の状況で必 要なことや目指す形を見定めていく

51. 参考:タックマンモデル

52. 参考:タックマンモデル

53. 感情 https://unsplash.com/photos/uGP̲6CAD-14

54. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ 感情 ✔ 実験

55. 感情 ✔ 自分の感情を伝えていますか?他の人の感情 を受け取っていますか?

56. 感情 ✔ 感情を置き去りにしない ✔ 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ お互いのことを知る、理解する

57. 感情を置き去りにしない https://unsplash.com/photos/YKxjbmN1CD8

58. 感情を置き去りにしない ✔ 自分の感情にも他人の感情にも気を払う

59. 感情を置き去りにしない ✔ 自分の感情にも他人の感情にも気を払う ✔ 時間的な余裕と気持ちの余裕を持つ

60. 感情に蓋をせず、 伝え、受け取る https://unsplash.com/photos/jbe0iCwo-U0

61. 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ 「感情のつながり」の上に「論理のつなが り」がある

62. 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ 感情に蓋をすると、悪い感情だけでなく、良 い感情まで入ってこなくなる

63. お互いのことを知る、理解する https://unsplash.com/photos/C7babioK1mc

64. お互いのことを知る、理解する ✔ 短時間で相手のことを多く知り、理解するこ とは難しい

65. お互いのことを知る、理解する ✔ 短時間で相手のことを多く知り、理解するこ とは難しい ✔ 日常の活動で相手のことを理解していく

66. お互いのことを知る、理解する ✔ お互い、弱みを見せられているか?

67. お互いのことを知る、理解する ✔ お互い、弱みを見せられているか? ✔ まずは自分から弱みをオープンにしていく

68. 参考:ジョハリの窓

69. 実験 https://unsplash.com/photos/ZOdMHFZ0HkM

70. 「いい感じのチーム」への3つのテーマ ✔ リーダーシップ ✔ 感情 ✔ 実験

71. 実験 ✔ どんな風に実験をやっていますか?

72. 実験 ✔ 日常的に実験する ✔ うまく実験する ✔ フィードバックで調整する

73. 日常的に実験する https://unsplash.com/photos/ehKaEaZ5VuU

74. 日常的に実験する ✔ 実験することを継続的にする

75. 日常的に実験する ✔ 1つずつ本気(マジ)で取り組む

76. 日常的に実験する ✔ 1つずつ本気(マジ)で取り組む ✔ 予想や仮説を持って実験する

77. 日常的に実験する ✔ 結果が出るまで、じっくり待つことも必要

78. 参考:サティアの変化のモデル 「スクラム現場ガイド -スクラムを始めてみたけどうまくいかない時に読む本-」より

79. うまく実験する https://unsplash.com/photos/9JeXImRHkl4

80. うまく実験する ✔ 事実 → 解釈 → 判断 を別のものと考える

81. 参考:事実 → 解釈 → 判断 事実:水が半分入っている 解釈:水がまだ半分ある/もう半分 判断:水を飲む/水を足す

82. うまく実験する ✔ 事実が足りていない時には、試してから話す

83. フィードバックで調整する https://unsplash.com/photos/0ZUoBtLw3y4

84. フィードバックで調整する ✔ 自分たちの活動や作ったものからフィード バックを得て、調整する

85. フィードバックで調整する ✔ ステークホルダーとの期待値を調整する

86. 燃え尽きないように https://unsplash.com/photos/v8HOQ-MRjNs

87. 燃え尽きないように ✔ "いい感じのチームになる"ことへ取り組むこ とに疲れてしまう

88. 燃え尽きないように ✔ “いい感じのチームになる"ことへ取り組むこ とに疲れてしまう ✔ 仲間を見つける

89. 燃え尽きないように ✔ 時には自分が違う場所に移ることも大事

90. まとめ https://unsplash.com/photos/ZFYg5jTvB4A

91. まとめ 「いい感じのチーム」とは? ✔ 自分たちであり方、やり方を決めている ✔ フィードバックループが機能している ✔ 感情でつながり、信頼関係がある ✔ 目標や目的に対して共通認識がある ✔ Outcomeが得られている

92. まとめ 変化を観察する ✔ 観察する → 発見する → 実験する → (変化 を)観察する…の繰り返し

93. まとめ ✔ リーダーシップ ✔ みんなでリードする ✔ みんなが1つの北極星とコンパスを見ている ✔ チームを1人の人と見る ✔ そこにいる人のことを想う ✔ 継続的に自分たちでチームになっていく ✔ 感情 ✔ 感情を置き去りにしない ✔ 感情に蓋をせず、伝え、受け取る ✔ お互いのことを知る、理解する ✔ 実験 ✔ 日常的に実験する ✔ うまく実験する ✔ フィードバックで調整する

94. まとめ 燃え尽きないように ✔ “いい感じのチームになる"ことへ取り組むこ とに疲れてしまう ✔ 仲間を見つける

95. まとめ ✔ 起きていることを観察し、声に耳を傾ける

96. まとめ ✔ 当たり前のことを当たり前にする

97. 「いい感じのチーム」に近づくための ヒントが得られれば幸いです https://unsplash.com/photos/AMQEB4-uG9k