StereoKit で始める HoloLens アプリ開発

スライド概要

Tokyo HoloLens ミートアップ vol.29~HoloLens日本上陸五周年記念!~
https://hololens.connpass.com/event/233613/
の LT 資料です。

profile-image

Hiromu Kato

@Hiromu

作者について:

Microsoft MVP for Windows Development

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-01-19 13:39:06

各ページのテキスト

1. Tokyo HoloLens ミートアップ vol.29~HoloLens日本上陸五周年記念!~ StereoKit で始める HoloLens アプリ開発 2022/01/18 株式会社ホロラボ 加藤 広務

2. StereoKit とは  C# と OpenXR を利用して、HoloLensアプ リ や (Oculus) Quest などの VR アプリが 簡単に作れるオープンソースのライブラリ https://stereokit.net/

3. StereoKit の特徴 • • • • • • プラットフォーム:HoloLens 2、Oculus Quest、Windows Mixed Reality、 Oculus Desktop、SteamVR、Varjo、Monado Linux、そして最終的には OpenXR が存在するすべてのプラットフォームに対応 開発を容易にする入力エミュレーションを備えたフラットスクリーンモード アプリケーションを数分ではなく数秒でデバイスにビルドする 手や目のようなMRでの入力に簡単にアクセス可能 簡単で強力な UI とインタラクション モデルフォーマット:.gltf、.glb、.obj、.stl、ASCII .ply、procedural • テクスチャフォーマット:.jpg、.png、.tga、.bmp、.psd、.gif、.hdr、.pic、 equirectangular cubemap、 procedural • ランタイムでのアセット読み込み • 物理 • デフォルトでパフォーマンスに優れたンスタンス化されたレンダリングパイプ ライン • PBR を内蔵した柔軟なシェーダー/マテリアルシステム スクリーンショットを含む、ソースコードから直接作成されたドキュメント •

4. 開発環境 (1/2)  Visual Studio 2019 or 2022 (以下のワークロードをインストールする) ⚫ .NET デスクトップ開発 ⚫ ユニバーサル Windows プラットフォーム開発(HoloLens用) ⚫ .NET によるモバイル開発(Quest用)

5. 開発環境 (2/2)  StereoKit’s  Nuget Visual Studio Template package からのインストールも可能 StereoKit’s Visual Studio Template https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=NickKlingensmith.StereoKitTemplates Nuget https://www.nuget.org/packages/StereoKit

6. 開発  テンプレートのコード プロジェクト作成直後は、 namespace が見つからないことに よるエラーが表示されますが、 StereoKit の Nuget パッケージは初 回ビルド時にダウンロードされる ため問題ありません https://twitter.com/hi_rom_/status/1454891698597744647?s=20

7. PCでの操作方法 操作 内容 マウスの移動 手の上下左右移動 マウスホイール 手の奥行き移動 マウスの左クリック つかむ マウスの右クリック つつく(ボタンを押す) Shift(またはCaps Lock) + マウスの右クリック + マウスの移動 カメラの回転 Shift(またはCaps Lock) + W A S D Q Eキー カメラの移動 Alt + マウス操作 アイトラッキングのシミュレート

8. 各種サンプル  https://github.com/HiromuKato/StereoKitSample  https://github.com/HiromuKato/BoxelModeler

9. 参考  [HoloLens]StereoKit 事始め https://zenn.dev/hiromu/articles/20211031-stereokit