ae-15. 人工知能による合成の演習

652 Views

January 29, 23

スライド概要

トピックス:Stable Diffusion, 人工知能による画像合成, pix2pix, ChatGPT, 対話システム, ディープラーニング, 人工知能

ディープラーニング(スライドとプログラム例,Python を使用)(全15回)
https://www.kkaneko.jp/ai/ae/index.html

金子邦彦研究室ホームページ
https://www.kkaneko.jp/index.html

profile-image

金子邦彦(かねこくにひこ) 福山大学・工学部・教授 ホームページ: https://www.kkaneko.jp/index.html 金子邦彦 YouTube チャンネル: https://youtube.com/user/kunihikokaneko

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

15. 人工知能による合成の演習 (ディープラーニング,Python を使用) (全15回) https://www.kkaneko.jp/cc/ae/index.html 金子邦彦 1

2.

アウトライン 番号 15-1 15-2 15-3 15-4 項目 復習 人工知能による画像の合成 Stable Diffusion 人工知能の対話システム ChatGPT 人工知能による社会の変化 Stable Diffusion の演習 各自、資料を読み返したり、課題に取り組んだりも行う 2

3.

人工知能による合成の例 実在しない人間の顔画像を生成 Web ブラウザで動く 実在 フェイク Web ブラウザで動く https://www.whichfaceisreal.com/ 3

4.

人工知能による合成 低解像度の画像を,高解像度の画像に変換 研究成果,プログラムのソースコードはオンラインで公開されている http://pulse.cs.duke.edu/ 文献 Menon, Sachit and Damian, Alex and Hu, McCourt and Ravi, Nikhil and Rudin, Cynthia, PULSE: Self-Supervised Photo Upsampling via Latent Space Exploration of Generative Models, The IEEE Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR), 2020. 4

5.

人工知能による合成の例 翻訳を行うオンラインサービス Web ブラウザで動く DeepL の URL: https://www.deepl.com/ja/translator 5

6.

アニメ風キャラクタ画像の合成(オンラインのデ モ) Waifu Labs • オンラインのサイト https://waifulabs.com/ 「START NOW!」をクリック 選択画面 選択画面 選択画面 生成された 画像 6

7.

ここまでのまとめ 人工知能による合成のバリエーション • 本物そっくりのフェイクを無数に生成 • 元の素材を変換,翻訳 • 人間の指示をもとに生成 7

8.

• 人工知能は,学習により,いかに合成できる能力 を獲得するか? 8

9.

Discriminator • 画像の分類 本物か? フェイクか? • ディープラーニングを使用 画像 Discriminator 本物か? フェイクか? (画像分類) 9

10.

Generator • 乱数を種として画像を生成 • ディープラーニングのオートエンコーダを使用 乱数 Generator 画像 10

11.

Generator の学習(Discriminator を使用) • 訓練データ 生成した画像,本物かフェイクかの判別結果 • 訓練により,本物画像の精製能力が向上 乱数 Generator 画像 画像 Discriminator 本物か フェイク か 本物 フェイク 11

12.

Discriminator の学習(Generator を使用) • Generator により,「フェイク」の画像を生成. Discriminator の学習に使用 Discriminator 乱数 Generator 本物か フェイク か 画像 画像 フェイク 12

13.

まとめ • Generator: 学習により,本物と見分けがつかない 画像を生成する能力を獲得 • Discriminator: 学習により,本物とフェイクの判別 の能力を獲得 乱数 Generator 画像 Discriminator 本物か フェイクか 13

14.

15-1. 人工知能による画像合成 Stable Diffusion 14

15.

Stable Diffusion • 2022年発表 • Text-to-Image (英語の文章などを画像に変換) の人 工知能.他の画像合成等のタスクの基礎 • オンラインデモ有り https://stablediffusionweb.com/ 15

16.

英語の文章などを画像に変換 人間が文章「a scenic landscape」を与える.人工 知能が画像を生成 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 16

17.

画像編集 人間が,文章「make a dog white」を与える. 人工知能が画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 17

18.

画像編集 人間が,文章「make a man long hair」を与える. 人工知能が画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 18

19.

画像編集 人間が,文章「add glasses」を与える. 人工知能が画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 19

20.

画像編集 人間が,文章「white dressed」を与える. 人工知能が画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 20

21.

画像編集 人間が,文章「animal doll」を与える. 人工知能が画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 21

22.

画像編集 人工知能が実写風になるように画像編集を行う 元画像 人工知能による画像編集結果 ImaginAIry (https://github.com/brycedrennan/imaginAIry) を使用 22

23.

まとめ • Text-to-Image (英語の文章などを画像に変換) の人 工知能 元画像 人工知能による画像編集結果 ページ16から22の結果は,パソコンでの動作結果である.手順は次の ページで説明 https://www.kkaneko.jp/ai/win/imaginairy.html 23

24.

15-2. 人工知能の対話システム ChatGPT 24

25.

ChatGPT • 2022年11月公開,OpenAI による • 対話の機能を持った人工知能 文章 ChatGPT 文章に沿った回答 25

26.

対話を行う人工知能 Java うるう年の計算法 分からない 曜日はどうなりますか ChatGPT との対話

27.

対話を行う人工知能 ChatGPT との対話

28.

対話を行う人工知能 ChatGPT との対話

29.

対話を行う人工知能

30.

ChatGPT for Search Engines https://chatonai.org/ Chrome,Firefox,Edge での検索で,ChatGPT の回答 も検索結果と同時に表示 【使い方】 ① ChatGPT でアカウントを作成.ログイン. https://chat.openai.com/auth/login ② Chrome,Firefox,Edge に,「ChatGPT for Search Engines」の拡張機能を入れる ③ あとは,ふつうに検索 ※サービスが混雑していると使えない場合がある 30

31.

対話を行う人工知能 • 大量の文章を用いて,事前に学習 • 人間からの質問に回答 →我々の生活,社会を大きく変える可能性あり. 決まり切った答えは,人工知能が答えることが当たり前 に.人間は,よりクリエイティブに.

32.

15-3. 人工知能による社会の変 化 32

33.

• 人工知能が作成する文章や画像は,精巧なもので あり,リアルなものと見分けがつかなくなる • 「人工知能だから正解」とは限らない • 元の学習データに偏見が含まれていれば,人工知 能の回答にも偏見が入る →人間と人工知能の協働の必要性を示唆 33

34.

問① 人工知能による画像の合成や対話 □ 不正確だったり,偏見を含むので利用を禁止す べき □ 正しく使えるように,自分自身で使い方を学ぶ べき ・利用を禁止しても意味がないから ・便利な道具である.調べものをするときに便 利だから 34

35.

問② 人工知能による画像の合成や対話 □ 学校などで,「宿題」の意味がなくなってしまう ・小学校などでは,多くの場合,算数のテストで 「電卓を使ってはいけない」となっている □ 人工知能を前提に,宿題のやり方を変えるべき ・仕事のやり方だって変わるのだから.新しい 時代が来るのだから 35

36.

問③ 人工知能による画像の合成や対話 □ 作者が「AI」の作品が,YouTube や本に登場するよ うになる ・AIが作成したのに,それを盗用するのはずるい. AIにはAIの権利がある □ 作者が AI ということはあり得ない.法律で禁止すべ き □ 人間が作者である.自分の作品の推敲,下調べなど で AI に手伝ってもらう 36

37.

問④ 人工知能による画像の合成や対話 □ 人工知能には,結果に間違いや偏見があるのだか ら,普及しない □ すでに,人工知能の活用が当たり前になっている. 人工知能の間違いの訂正をしたり,結果に偏見を生ま ないようにするために,人間の適切な管理運用が必要 になってくる 37

38.

人工知能による画像の合成や対話 □ リアルなものに価値があり,AI 制作のものには価 値はない □ リアルなのか,合成なのかは,あまり気にされな くなり,「面白い!」,「わくわくする!」といった 新しい基準で作品が評価される時代になる 38

39.

15-4. Stable Diffusion に関す る演習 39

40.

演習 ① 目的 Stable Diffusion の実行 • 英語の文章から画像を合成 40

41.

② 注意点 1. どのような用途で役立てるかは,各自で,自由 に想像すること 2. 得られた結果で何に役に立つかの考察も大切で ある. 3. 人工知能は今後も進歩する.人工知能による社 会,生活の変化を自分なりに考察することも大 切である. 41

42.

③実験の基礎 ・Text-to-Image (英語の文章などを画像に変換) の 人工知能の記述の進展 ・こうした技術を,オンラインで試すことができる ようにもなってきた 42

43.

④ 手順 (1)次のページで公開されているページを利用 https://stablediffusionweb.com/ (2)複数の英文で試す 43

44.

⑤各自で考察して欲しいこと できた結果を踏まえて,ページ34~38の問いに ついて,再度,自分なりの考察を深めてほしい 44