OnTime for Domino アップグレードマニュアル

293 Views

August 07, 23

スライド概要

【公式】 OnTime Group Calendar for HCL Domino ページ
https://ontimesuite.jp/fordomino/
OnTime for Domino アップグレードマニュアル。製品に標準添付のインストーラーを利用したアップグレード手順です。

profile-image

【公式】 OnTime Group Calendar for Microsoft ページ https://ontimesuite.jp/forms/ 【公式】 OnTime Group Calendar for HCL Domino ページ https://ontimesuite.jp/fordomino/ 高速グループスケジュールの OnTime Group Calendar for Microsoft / for Domino の日本総代理店をしています。 CEO at AXCEL corporation that the agency of OnTime Group Calendar in Japan.

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

for Domino アップグレードマニュアル (Ver.11.0.0-) インストーラー利用アップグレード手順 OnTime Group Calendar Direct Shop 2023/05/29

2.

目次 1. Ver.8.3.1以前からのアップグレードのの事前作業と注意事項 1. 2. 3. p.3 Ver.8.3.1以前から移行する際の注意事項 GlobalSettings文書のテンプレートフォルダ変更 その他の注意点 p.4 p.5 p.6 2. インストーラ(Installer.nsf)を利用したアップグレード手順 1. 2. 3. P.7 ダウンロードしたプログラムのzipを展開と配置 OnTime Installer.nsf を開きます アップグレードの実行 p.8 p.12 p.13 3. アップグレード後の確認作業 1. 2. 3. p.16 データのリフレッシュ作業 クライアントで動作確認 引き続き新機能の設定も行ってください p.17 p.21 p.25 4. 2台目以降のバージョンアップ作業 1. 2. p.26 ServerSettingsビューで各設計のアップグレード ServerSettingsビューでServlet更新 p.27 p.28 5. (補足)データベースファイル名の変更手順 1. 2. 3. 4. p.29 OnTimeサーバーのDomino停止 OnTime関連のファイル名変更 OnTimeサーバーのDomino起動 ServerSettings文書内のファイルパス変更 p.30 p.31 p.32 p.33 2 注意 OnTimeの設定作業 にはNotes 10以上の クライアントが 必要です。 OnTime Desktop クライアントは Notes 9.0.1 FP10以上で ご利用いただけます。

3.

1. Ver.8.3.1以前からの アップグレードの事前作業と 注意事項 Ver.10.0.x以降を既にご利用のユーザーは次章の「アップグレード手順」にお進みください 3

4.

1.1 Ver.8.3.1以前から移行する際の注意事項 • サーバーのdataフォルダで古いバージョンのテンプレートファイル保持しません。 • インストーラでは、テンプレートファイルは作業毎にクライアントからOnTimeフォルダに複製作成されます。 • テンプレートファイルをOnTime999フォルダ等に作成保存していた場合は事前に全て削除してください。 削除はDomino Administratorからか、Dominoサーバーを停止してExplorerから行ってください。 • 次ページのGlobalSetting文書のテンプレートフォルダの修正も行ってください。 • データベースファイル名の変更は必要ありません。 • DataDB、ClientDB、LogDBなどはそのまま継続してご利用いただけます。 • 変更する場合は本マニュアルの該当章もお読みください。 • 作業は全てノーツクライアントからのみになります。 • インストーラでは、OnTimeのバージョンアップは全てノーツクライアントからの作業となります。 • 作業するノーツクライアントにはDominoの管理者権限を持つIDでログインして作業してください。 • 今後Dominoサーバーでの作業はなくなります。 Domino Administraorも使用しません。 • OnTimeを複数サーバーでご利用の場合は本マニュアルの該当章もお読みください。 • 2台目以降のサーバーへの作業は従来通りの手順となります。 4

5.

1.2 GlobalSettings文書のテンプレートフォルダ変更 • OnTimeGC Configのデータベースを開き、 GlobalSettings文書を編集します • Optionsの「Directory of Templates」 の値を OnTime に修正し 「Save&Close」ボタンで文書を保存して 閉じます ※再度GlobalSettings文書を開き、 値の変更が変更されていることを 確認してください 5

6.

1.3 その他の注意点 • Ver.7.2.5以前からバージョンアップされる場合はインストーラを利用できません。 • OnTimeをDomino¥Dataフォルダの直下で運用されているお客様も そのままではインストーラを利用できません。 • Shopにご連絡ください。お手伝いいたします。連絡先アドレス shop@ontimesuite.jp • 従来のアップグレード手順は可能です。 • 従来のアップグレード手順を御利用の場合は以下の別ファイルを参照してください。 「アップグレードマニュアル - 従来のアップグレード手順」 • これを機会にフォルダパスをOnTimeフォルダに変更されるお客様もお気軽にお問い合わせください。 アップグレードをShopでお手伝いいたします。 現在の御利用環境でOnTime関連のファイルがData直下に存在する場合、 必要なnsf/ntfファイルの移動の他、jarファイルの移動等、考慮点が必要になる可能性があります。 6

7.

2. インストーラ(Installer.nsf)を 利用したアップグレード手順 • インストーラを利用してアップグレードできるのは管理サーバーの1台目だけになります。 OnTimeを複数サーバーでご利用の場合は2台目以降のサーバーに対して本マニュアル 後半の手順も実行ください。 7

8.

2.1 ダウンロードしたプログラムのzipを展開と配置1 • Zipファイルを展開すると各種テンプレー トファイルとInstaller.nsfとExtraFiles フォルダが解凍されます • ExtraFilesフォルダは通常使いません • (テンプレートの数は変更される場合 があります。) 8

9.

2.1 ダウンロードしたプログラムのzipを展開と配置2 • ExtraFilesフォルダを除き、全てのファイ ルを選択してコピーします 9

10.

2.1 ダウンロードしたプログラムのzipを展開と配置3 • 作業端末のNotesクライアントの NotesのDataフォルダ配下に、Temp フォルダを作成してください (フォルダ名は任意です) • 既にOnTime用に作成済みの場合は そのフォルダを利用できます。 ただし、過去の作業などで 既に以前のファイルが存在する 場合は先に削除しておいてください。 10

11.

2.1 ダウンロードしたプログラムのzipを展開と配置4 • 作業端末に作成したTempフォルダ内に 新Verのファイルを配置してください 11

12.

2.2 OnTime Installer.nsfを開きます • 管理者権限のあるユーザーで先ほどファイ ル操作をした端末のNotesクライアントに ログインします。 • Notesクライアントのワークスペースで、先 ほど配置したInstaller.nsf を開きます。 • この操作一連の中で相互認証の作成ダ イアログや署名の実行セキュリティ警告ダ イアログが表示された場合は 「/Intravision」であることを確認し「は い」で進んでください 12

13.

2.3 アップグレードの実行1 • Installer.nsf を開くと英語版で開きます • 画面右上の日本アイコンをクリックすると 日本語化されます • 「アップグレード」を選択します 【注意】 アップグレードの場合は「インストール」を絶対 に選択しないでください。既存の設定を利 用して新規にインストールが行われてしまい ます。ご注意ください。 13

14.

2.3 アップグレードの実行2 • 「OnTime Product License Terms」のリン ク先の内容をお読みいただき、同意する場 合「同意する」にチェックを入れます <リンク先> https://ontimesuite.com/en/domino/b uying/license-terms • 画面下「OK」ボタンを押すとOnTimeのアッ プグレードが始まります ※アップグレード進行中はNotesクライアント が利用できませんのご注意ください ※アップグレードは数分で完了します 14

15.

2.3 アップグレードの実行3 • アップグレードが終了するとインストーラーログ 欄に実行結果が記載されます。 • 正常にアップグレードできた場合は閉じてい ただいて大丈夫です。 • 正常にアップグレードできなかった場合はイン ストーラーログ欄に情報が記載されています。 適切に修正して再度実行してください。 • 【参考】 閉じてしまった後にログを参照したい場合は、 ワークスペースからNotesのメニュー/表示/移 動でLogビューから確認してください。 15

16.

3. アップグレード後の確認作業 何も操作しなくてもかまいませんが、停止時間が長時間であった場合などの中断時間の 差分同期を行う手順です。 16

17.

3.1 データのリフレッシュ作業1 • OnTimeのバージョンアップでは最新機能のた めに新しいデータを必要とする場合があります • アクションボタンからAdminを実行してください • 画面上に実行指示が管理サーバーのコンソー ルに飛んだことを示すメッセージが表示されます • 実際に動作したかはOnTime管理サーバーの サーバーコンソールをご確認ください • 注意 設定の変更を特段されていなければアップグ レード後のタスクの自動再起動でAdminは実 行されています。 17

18.

3.1 データのリフレッシュ作業2 • 同じくメールDBからもバージョンアップ作業中 に更新された新しい予定データを取得するた めにSyncを実行してください • 画面上に実行指示が各サーバーのコンソール に飛んだことを示すメッセージが表示されます • 実際に動作したかはOnTimeの各サーバーの サーバーコンソールをご確認ください 18

19.

3.1 データのリフレッシュ作業3 • 続いてFullSyncも行います ※SyncとFullSyncの違いについてですが FullSyncは未処理かどうかにかかわらず全て の同期対象期間の予定データを同期します FullSyncでは新バージョンで必要となった 新しいアイテム情報なども取得できます なので本来はFullSyncだけで良いのですが 処理完了に時間が掛かるため、先に処理 完了の早いSyncを実行しておきます そうすることでクライアントが動作可能な 状態をいち早く準備できます 19

20.

3.1 データのリフレッシュ作業4 • OnTimeのDataデータベースを開きます • 左サイドメニューのCalendarsを選択して ビューに全員のCalendars文書を表示します • 列をクリックしてソートを切り替えると LastFullSync や LastSync の実行結果が 確認できます 20

21.

3.2 クライアントで動作確認1 • 正常にアップグレードが完了したら、ク ライアントを起動して確認しましょう • 普段OnTimeを利用している端末や ユーザーに切り替えてください • ノーツクライアントからご利用の場合は ワークスペースからアイコンをダブルクリッ クして起動してください • ブラウザでご利用の場合はいつもの URLに接続して起動してください 21

22.

3.2 クライアントで動作確認2 • 正常に画面が起動したら完了です • 正常に起動しない場合は何かしらの設 定か作業環境が正常ではありません 作業をストップしてDominoシステム管 理者にご相談ください • ギアアイコンをクリックします 22

23.

3.2 クライアントで動作確認3 • OnTimeの設定画面が表示されます • 「OnTimeについて」をクリックします 23

24.

3.2 クライアントで動作確認4 • バージョンアップしたバージョン名が表示され ているか確認します ※バージョン名がバージョンアップ後と違う 場合は何かしらの設定か作業環境が 正常ではありません 作業をストップしてDominoシステム管理 者にご相談ください • 閉じる場合はダイアログの右上の×をクリッ クします 24

25.

3.3 引き続き新機能の設定も行ってください • 一部の新しい機能については設定が 必要な場合もあります • 設定はコンフィギュレーションマニュアル に基づいて行ってください • 主な新しい機能はリリースノートに記載 しています 25

26.

4. 2台目以降の バージョンアップ作業 OnTimeが複数サーバー構成の場合のみ必要な作業です OnTimeサーバーが1台のみの場合は本手順は不要です 26

27.

4.1 ServerSettingsビューで各設計のアップグレード ※OnTimeサーバーが1台のみの場合は 本手順は不要です • 複数サーバーの場合は本手順で設計を各 サーバーに反映させます • 作業は全て管理サーバー上のConfigデータ ベースで行います • Adminサーバー以外のServerSettings文書 を編集して保存してください • ServerSettingsビューでServerSettings文 書を選択した状態で「Upgrade Design」を クリックします • 表示されたダイアログに新しいVerが記載さ れていることを確認して「はい」を押します • 正常に完了した場合はメッセージ用に処理 したデータベース数が表示されます 27

28.

4.2 ServerSettingsビューでServlet更新 ※OnTimeサーバーが1台のみの場合は 本手順は不要です • OnTimeのAdminサーバー以外のサーバーでの タスクとサーブレットのアップグレードを行います ※1サーバーずつ実行してください • マウスカーソルをそのサーバーにフォーカスを当て ます • アクションボタンの「Install/Update」から 「Task & Servlets」を選択して実行します 28

29.

5. (補足) データベースファイル名の変更手順 Ver.10より各ファイル名が変更されています。 既にご利用のお客様はご利用のファイル名のまま継続利用が可能です。 この章ではデータベースのファイル名の変更する場合の手順をご説明します。 作業はアップグレードの前後どちらでも大丈夫です。 29

30.

5.1 OnTimeサーバーのDomino停止 • 以降の手順で既存のOnTime関連の nsf ファイル名の変更するため、Dominoサーバーを 停止します 30

31.

5.2 OnTime関連のファイル名変更 • OnTime関連の以下ファイル名を変更します OnTimeGCClient.nsf ⇒ Client.nsf OnTimeGCData.nsf ⇒ Data.nsf OnTimeGCLog.nsf ⇒ Log.nsf OnTimeGCoutofoffice.nsf ⇒ outofoffice.nsf OnTimeGCPollarity.nsf ⇒ Pollarity.nsf OnTimeGCCatering.nsf ⇒ Catering.nsf ※設定済のBroadcastに関連するDBに関し てはファイル名を変更しないでください。 OnTimeGCBroadcast.nsf 等 31

32.

5.3 OnTimeサーバーのDomino起動 • 停止したDominoサーバーを起動します 32

33.

5.4 ServerSettings文書内のファイルパス変更 • OnTimeGC Configのデータベースを開き、 OnTimeAdminサーバーの ServerSettings文書を編集モードで開く • Database Settings内のそれぞれの 「Filepath」/「filename」の修正をします • 修正後はそれぞれの「Open」ボタンで開く か確認してください • 「Save&Close」ボタンで文書を保存して 閉じます • 文書保存時のスクリプトで各データベース への反映が行われます 33