アルコール依存症の治療薬

5.7K Views

December 18, 21

スライド概要

アルコール依存症の治療薬について講義やYouTubeで解説するのに使用した資料です。講義やレクチャーでの使用OKです。

profile-image

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
2.

依存症 の治療薬 アルコール

3.

シアナミド シアナマイド® ジスルフィラム ノックビン® アカンプロサート レグテクト® ナルメフェン セリンクロ®

4.

依存症が 薬物治療だけで 治ることはない アルコールなどの 依存症治療の主体は 心理社会的治療 薬は補助

5.

精神診療 プラチナ マニュアル

6.

抗酒薬

7.

抗酒薬=嫌酒薬 お酒に弱くなる薬

8.

アルコール アセトアルデヒド 酢 酢酸 抗酒薬

9.

液体の シアナミド シアナマイド® 粉末の ジスルフィラム ノックビン®

10.

抗酒薬の「隠し飲ませ」 非告知投与は

11.

抗酒薬でその日の 断酒を決意 しやすくなる

12.

家族による 懐疑的な目での監視

13.

家族が肯定的に 応援しやすくなる

14.

精神診療 プラチナ マニュアル

15.

アカンプロサート レグテクト®

16.

GABA 抑制性 グルタミン酸 興奮性

17.

飲酒

18.

長期の飲酒

19.

GABA神経系が 長期の飲酒で ダウンレギュレーション

20.

飲酒

21.

長期の飲酒

22.

グルタミン酸神経系 アップレギュレーション 長期飲酒で

23.

飲酒欲求

24.

アカンプロサート

25.

アカンプロサート 24 週=約半年継続し その後に漸減・中止

26.

精神診療 プラチナ マニュアル

27.

ナルメフェン セリンクロ®

28.

報酬系は中脳辺縁系における オピオイドとドパ ミン が関与 吉野相馬, 脳と精神の医学, 2008年

29.

モルヒネ様の薬理作用のある神経伝達物質 オピオイド 内因性オピオイドには βエンドルフィンや ダイノルフィンがある

30.

オピオイド受容体は デルタ μ,κ,δ ミュー カッパ の3種類

31.

アルコール摂取で βエンドルフィ ン放出が増え μ受容体に作用して ミュー 快 快が生じ依存

32.

長期の飲酒で ダイノルフィンが κ受容体に作用し カッパ アップレギュレーションが生じ 不快が生じ 飲酒に駆り立て依存 持続的な

33.

μオピオイド受容体で ミュー 快が生じて飲みたくなり κオピオイド受容体で カッパ 持続的な不快が生じ 飲まずにいられなくなる

34.

ナルメフェンは オピオイド受容体の μとκ受容体 ミュー カッパ に拮抗し、依存を治療

35.

飲酒の1~2時間前 ナルメフェンで 飲酒欲求を抑える

36.

ナルメフェン処方の条件1 •アルコール依存症につき特定 の研修を受けた医師が処方 •アルコール依存症につき特定 の研修を受けた看護師/精 神保健福祉士/公認心理師 などとの協力が必要

37.

ナルメフェン処方の条件2 •診療計画の作成と 、その本 人・家族への説明 •心理社会的治療が、初回投 与時は30分以上かけて、その 後も継続的に行われ、その内 容がカルテ記載されている

38.

精神診療 プラチナ マニュアル

39.

シアナミド ジスルフィラム アカンプロサート ナルメフェン 飲めなくなる 飲めなくなる 離脱を抑える 依存を抑える