【ゼロつくBM分析】マクアケの逆転の発想

13.6K Views

June 10, 23

スライド概要

クラウドファンディングとして異色の存在ともいえるマクアケの価値曲線を描きました。小さなブルーオーシャンの存在を示した事例で、新しい価値提案のあり方のヒントが得られます。

profile-image

複雑で模倣困難な「ビジネスモデル」をいかにして構築し、いかにして保つか、そしてその為の組織作り。これが私たちの研究テーマです。なかなか模倣できないビジネスモデルであっても、ゼロから創り上げられているとは限らない点です。むしろ、海外から移植されたり、異業種から移植されたりして築かれることが多いように思われます。言葉を変えれば、大なり小なり模倣によって築かれているということです。その移植や模倣のプロセスで、さまざまな試行錯誤を積み重ね、誰にも真似されないようなものに発展させるのです。模倣できないビジネスモデルが模倣によって築かれるという、模倣のパラドクスです。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ゼロつくビジネスモデル分析 マクアケ 早稲⽥⼤学商学部・⼤学院商学研究科 井上達彦研究室 調査と作成 ︓纐纈真基 酒井颯⾺ アドバイザー︓中村真理 根岸奈愛 濱出美⾥ 井上達彦研究室

2.

クラウドファンディングとは CROWD=群衆 FUNDING=資金調達 インターネット上で不特定多数の人から資金を調達する 井上達彦研究室 2

3.

クラウドファンディングの種類 寄付型 投資型 リターンなし 配当受け取り 注目! 融資型 購入型 利子受け取り 物品・サービス受け取り クラウドファンディングは4種類ある 出典:A-port 朝日新聞社「クラウドファンディングとは」<https://a-port.asahi.com/guide/> 井上達彦研究室 3

4.

購⼊型CFの市場規模の推移 購入型CFの市場規模は、近年急激に拡大している 出典:一般社団法人 日本クラウドファンディング業界「クラウドファンディング調査報告書」<http://safe-crowdfunding.jp/wpcontent/uploads/2021/07/CrowdFunding-market-report-20210709.pdf> 井上達彦研究室 4

5.

購⼊型CFは10年前から 2013 2014 A社参入 C社参入 唯一の上場企業! B社参入 Makuake 2011 2012 現在の業界大手よりも遅れて市場に参入した企業がマクアケ 出典:株式会社マクアケHP<https://lp-mk-1.makuake.com/> 井上達彦研究室 5

6.

マクアケのサービス内容 応援購入金総額 8,214,940円 2,738% サポーター 1,861人 残り27日 究極の快適走行!最新 ミニマル折り畳み自転車! 応援購入する クラウドファンディングの仕組みを活用した応援購入サービス 出典:Makuake HP「クラウドファンディングのやり方・手順|仕組みや成功させるためポイント、成功例も合わせて紹介」 <https://lp-mk-2.makuake.com/article/007> illust AC<https://onl.tw/UVuBby2> 井上達彦研究室 6

7.

マクアケの主要数値を⽐較 マクアケ A社 B社 手数料 20% 17% 12% 累計会員数 220万人 330万人 90万人 215億円 420億円 200億円 資金調達累計額 (2021/9) (2021/4) (2021/4) マクアケより低い手数料/大きなPFの購入型CFが存在する 出典:株式会社マクアケHP<https://lp-mk-1.makuake.com/>,Green funding<https://greenfunding.jp/about>,CampfireHP<https://campfire.jp/readyfor>,ReadyforHP<https://readyfor.jp/proposals/intro/>,kibidangoHP<https://soon.kibidango.com/entry> 井上達彦研究室 7

8.

実行者は… 低い手数料 できるだけ 大きなPF 高い資金調達実績 を実現できている企業を選びたいはず‥! 井上達彦研究室 8

9.

マクアケの掲載開始数の伸び しかし A社掲載開始数(件) マクアケ掲載開始数(件) 1.7倍 1.2倍 1.4倍 1.9倍 1.4倍 1.4倍 代表的な購入型CFよりも掲載開始数が伸びている 出典:マクアケ「事業計画及び成長可能性に関する資料」<https://drive.google.com/file/d/1fZjowMznsJQKcLpglPeRocDd60046DUQ/view> 井上達彦研究室 9

10.

主問 マクアケはなぜ実行者に選ばれているのか? 井上達彦研究室 10

11.

ビジネスモデル図解と バリューカーブを用いて 一般的なCFと比較して マクアケのビジネスモデルを 解説するよ! ビジネスモデル図解の解説はコチラ 「ゼロつくBM図解の解説」https://www.docswell.com/s/Inoue_BM_Labo/KVGL3K-2023-01-14-222311 11

12.

⼀般的なクラウドファンディング やりたいことがある! でもお金がない・・ お金出すよ! 実行者 支援者 返礼するね! 実行者のクラファン目的は資金を調達すること 支援者にはリターンを届ける 出典:Readyfor「はじめてのクラウドファンディング」<https://readyfor.jp/crowdfunding/> 井上達彦研究室 12

13.

クラウドファンディングのBM図解 出所:井上達彦「ゼロからつくるビジネスモデル」テキスト資料を基に作成 井上達彦研究室 13

14.

バリューカーブに表すと 高 一般的な購入型CF 低 手数料の低さ 資金調達力 井上達彦研究室

15.

一般的なCFに対して Makuake事業の特徴 一般的なCF マクアケ テストマーケティングサポート 独自ツールを用いた分析なし 支援者の声を多く集め 独自の特許ツールで分析 コンサルティングサポート スタッフが最低限のサポート ページ設計やリターン設計など プロのキュレーター 多種多様な支援を提供 一般的なCFよりも テストマーケティング・コンサルティングに特化 井上達彦研究室

16.

テストマーケティングサポート 一般的なCF 特許取得済 1 Makuake Analytics 自社独自のツール キュレーターが集めたFBを自社独自のツールで分析可能 2 支援者との密接なつながり 応援コメントにより支援者と密接な関係を構築できる 支援者の声を多く集め 独自の特許ツールで分析 独自ツールを用いた分析なし 一般的なCFよりもテストマーケティングに特化 出典:READYFOR HP<https://readyfor.jp/proposals/intro/#>, Makuake HP「株式会社マクアケ第9期有価証券報告書」〈https://www.makuake.co.jp/ir/library/securities/〉 井上達彦研究室 16

17.

実際のプロジェクト実⾏者の声 発売前に消費者の生の不満や要望の声をくみ取り、商 品の完成度を高められる。 資金集めよりも、マーケティングが目的だった。 先進的な消費者の目にとまることが必要だった。 Qrio株式会社 ⻄條晋一社⻑ 消費者の要望をテストマーケで汲み取り商品化した 出典:日経MJ(流通新聞) 「アイデア集め速く広く、クラウドファンディング、大手、効率よく商品化、生の声をエネルギーに。」 <https://drive.google.com/drive/u/1/folders/1urRegCRqhOrj6ThHamzI1Gghy-tbTnnt> 井上達彦研究室 17

18.

8割以上 Makuake利⽤後に感じたメリット (%) 資金集めよりテストマーケティングにメリットを感じていた 出典:PR TIMES「【アタラシイものや体験の応援購入サービス『Makuake(マクアケ)』、0次流通市場に関する実行者調査を実施】およ そ7割の実行者が 『Makuake』の実績を活用し、一般販売を実施」〈https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000183.000036381.html〉 18 井上達彦研究室

19.

バリューカーブに表すと 高 一般的な購入型CF マクアケ 低 手数料の低さ 資金調達力 テストマーケティング力 井上達彦研究室

20.

コンサルティングサポート 一般的なCF 1 商品・ターゲット層へのアドバイス 2 プロモーション戦略・集客のサポート 3 プロジェクトページの魅力や 応援購入金額の最大化 プロの専属キュレーターが プロジェクトを手厚くサポート スタッフが最低限のサポート ページ設計やリターン設計など 一般的なクラファンよりもコンサルが充実している 出典:READYFOR HP<https://readyfor.jp/proposals/intro/#>,マクアケ「事業計画及び成長可能性に関する資料」< https://drive.google.com/file/d/1fZjowMznsJQKcLpglPeRocDd60046DUQ/view> 井上達彦研究室 20

21.

バリューカーブに表すと 高 一般的な購入型CF マクアケ 低 井上達彦研究室

22.

Makuake事業のBM図解 出所:井上達彦「ゼロからつくるビジネスモデル」テキスト資料を基に作成 井上達彦研究室 22

23.

マクアケの凄さは クラファン事業にとどまらない 井上達彦研究室 23

24.

プロデュース市場 デビュー (先行販売) 一般的なCF マクアケ プロデュース (企画) デビュー (先行販売) 一般的なCFにはないプロデュース段階のサービスを展開 出典:株式会社マクアケHPロゴ使用ルール<https://app.box.com/s/v9vaytm43gpkerklu4pzq8semeayqigc> 井上達彦研究室 24

25.

MIS(Makuake Incubation Studio) プロデュース市場 新製品・新事業を 共同プロデュース サポーターを中心に マーケティング施策の立案 事業創出の仕組み化 人材育成 企業の研究開発技術を活かすため 共同で製品をつくり事業創出を仕組み化 出典:マクアケ「MIS」<https://drive.google.com/drive/u/1/folders/1Y0D4ET_upufMdWdR0pzLfKESpz4_r6sX> 井上達彦研究室 25

26.

MIS(Makuake Incubation Studio) プロデュース市場 通常は… 企業は確実に大きな利益が上がる製品しか 商品化に踏み切れない MIS 企業はリスクを抱えずに 研究開発技術を活かした新事業を創出できる 出典:Makuake HP「株式会社マクアケ第9期有価証券報告書」〈https://www.makuake.co.jp/ir/library/securities/〉 井上達彦研究室 26

27.

バリューカーブに表すと 高 一般的な購入型CF マクアケ 低 井上達彦研究室

28.

ここまでのBM図解 出所:井上達彦「ゼロからつくるビジネスモデル」テキスト資料を基に作成 井上達彦研究室

29.

グロース市場 デビュー (先行販売) 一般的なCF マクアケ プロデュース (企画) デビュー (先行販売) グロース (一般流通) 一般的なCFにはないグロース段階のサービスも展開 出典:株式会社マクアケHPロゴ使用ルール<https://app.box.com/s/v9vaytm43gpkerklu4pzq8semeayqigc> 井上達彦研究室 29

30.

Makuake Store グロース市場 STRON PRO 小型衣類乾燥機 ¥54,620 購入する マクアケでテスト販売した商品をECサイトで販売 出典:マクアケ「Makuake Store」<https://store.makuake.com/> 井上達彦研究室 30

31.

Makuake Store グロース市場 一般的なクラファンでは… 調達資金を利用して商品をつくったものの どこで一般流通すればいいか分からない Store 企業はそのままマクアケストアで新製品を販売 販路拡大の機会を与えている 出典:マクアケ「Makuake Store」<https://store.makuake.com/> 井上達彦研究室 31

32.

バリューカーブに表すと 高 マクアケ 一般的な購入型CF 低 井上達彦研究室

33.

マクアケの全体BM図解 クラファン+新規事業創出+販路拡大の一気通貫サポート 出所:井上達彦「ゼロからつくるビジネスモデル」テキスト資料を基に作成 井上達彦研究室

34.

主問 マクアケは なぜ実行者に選ばれているのか? 井上達彦研究室 34

35.

主問 新規事業創出・独自のクラファン・販路拡大 なぜプロジェクト実行者は 一気通貫のサポートを提供しているから 敢えてマクアケを選ぶのだろうか? 井上達彦研究室 35

36.

参考⽂献 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● Makuake HP「マクアケ:事業計画及び成長可能性に関する事項」〈https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/d9ehj2/〉 Makuake HP「Makuake2022年度9月期決算説明資料」〈https://www.makuake.co.jp/ir/library/presentations/〉 Makuake HP「株式会社マクアケ第9期有価証券報告書」〈https://www.makuake.co.jp/ir/library/securities/〉 SUPER CEO「『0次流通』から始まる商流のイノベーション “買う”行為は拡張する」〈https://superceo.jp/tokusyu/manga/100858〉 PR TIMES「【アタラシイものや体験の応援購入サービス『Makuake(マクアケ)』、0次流通市場に関する実行者調査を実施】およそ7 割の実行者が 『Makuake』の実績を活用し、一般販売を実施」〈https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000183.000036381.html〉 MORE THAN PROJECT「『Makuake』が販路開拓に最適なワケ」〈https://morethanprj.com/column/makuake〉 Makuake HP「クラウドファンディングのやり方・手順|仕組みや成功させるためポイント、成功例も合わせて紹介」〈https://lp-mk2.makuake.com/article/007#point〉 mihoniti「購入型クラウドファンディングMakuake(マクアケ)の仕組み、手数料、ビジネスモデル、商品などを徹底解剖」 <https://mihoniti.com/makuake/> Campfire HP「「Campfire 会社概要」〈https://campfire.co.jp/about/〉 READYFOR HP〈https://readyfor.jp/proposals/intro/#〉 一般社団法人 日本クラウドファンディング業界「クラウドファンディング調査報告書」<http://safe-crowdfunding.jp/wpcontent/uploads/2021/07/CrowdFunding-market-report-20210709.pdf> 井上達彦「ゼロからつくるビジネスモデル」テキスト資料を基に作成 A-port 朝日新聞社「クラウドファンディングとは」<https://a-port.asahi.com/guide/> 公刊資料をもとに作成しました。ファクトは参考文献にもとにしたものであり、その解釈は研究チームによ るものです。 36

37.

関連コンテンツ(無料) https://onl.tw/QdsrHve フリー教材とコンテンツ 東洋経済オンライン ディープテックの ビジネスモデル ゼロつく図解 https://www.docswell.com/s/Inoue_BM_Labo/KVGL3K-2023-01-14222311 『週刊東洋経済 もうけの仕組み100』2/25/2023 特大号でも紹介されました。 作成:井上達彦研究室 ダウンロード可 CC BY 4.0 連載企画です 第1回はロボット 第2回は医療系 第3回はアグリテック https://toyokeizai.net/articles/-/652681