20230628_MIRACLE LINUX UserMeetupセミナー

501 Views

June 30, 23

スライド概要

2023年6月28日のMIRACLE LINUX UserMeetupにて発表した際の資料です。

プリザンターは、無料で使える国産OSSのノーコード・ローコード開発ツールです。Webデータベース型の業務アプリをマウス操作で手軽に素早く作成できるノーコード開発ツールとしての特徴と、コードを書くことで柔軟に機能を拡張できるローコード開発ツールとしての特徴、その両方のメリットを併せ持っているので様々な業務にお使い頂けます。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

MIRACLE LINUX Users Meetup!! LINUXで動くノーコード・ローコード開発ツールを使ってみよう! ~プリザンターで始める無料のDX~

2.

プリザンターとは OSSのノーコード・ローコード開発ツール 簡単な操作で短時間に業務アプリケーションが作成可能 UIを素早く作成 見やすく使い勝手の よい一覧画面 自由に項目が追加できる 編集画面 データを自在にリンク マウス操作で 簡単に紐づけ 案件 問合せ 顧客 紐づけの階層に 制限なし 保守 いつでも柔軟に 拡張可能 担当者 関連データを CSV出力可能

3.

無料で使えるノーコード・ローコード開発ツール Community Edition - ユーザ数制限なし / 機能制限なし / 使用期限なし 項目数が項目の型ごとに26まで(型6種類×26=156) AGPLライセンス 無料で使える Enterprise Edition - 項目数を計900項目まで拡張可能 商用ライセンス Community Editionからアップグレード可能 サポートサービスを購入すると使える

4.

プリザンターの機能 基本機能 • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • レコード作成/更新/削除 レコードのコピー レコードの分割 レコードの移動 レコードの検索 レコードの集計 レコードの一括更新 レコードの一括削除 レコードの一括移動 レコードの一覧編集 更新履歴 添付ファイル 画像登録/表示 マークダウン CSVエクスポート CSVインポート ビュー フォルダ Wiki 横断検索 カレンダー ガントチャート バーンダウンチャート • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • • 時系列チャート カンバン テーブル間のリンク 入力制限 重複禁止 計算式 サマリ 自動採番 ルックアップ プロセス 状況による制御 メール通知 チャット通知 リマインダー サイトパッケージ ユーザ管理 組織管理 グループ管理 テナント管理 サイトのアクセス制御 レコードのアクセス制御 項目のアクセス制御 多言語対応 開発者機能 • • • • • • • • スクリプト CSS サーバスクリプト 拡張SQL レコードAPI 組織API グループAPI ユーザAPI • • • • • • サイトAPI メールAPI 拡張フィールド 拡張メニュー 拡張HTML 拡張項目 運用管理・セキュリティ機能 • • • • • • • SAML認証 LDAP認証 LDAPユーザ同期 Windows認証 ユーザ招待 二段階認証 パスワードポリシー • • • • • • アカウントロック IPアドレス制限 特権ユーザ スイッチユーザ アナウンス 操作ログ

5.

システム構成例 Windows Linux Azure IIS nginx App Service Pleasanter / .NET6 Pleasanter / .NET6 Pleasanter / .NET6 SQL Server PostgreSQL SQL Database Windows Server RHEL / CentOS / Ubuntu AlmaLinux

6.

利用者の声(ITreview掲載の口コミ51件から抜粋) https://www.itreview.jp/products/pleasanter/reviews

7.

プリザンター導入事例記事のご紹介 セミナーで取り上げた、りそな銀行様、ユニ・チャーム様、本田技研工業様のほかにも 多くの事例記事を公開しておりますので、是非、Webサイトにてご覧ください。 導入事例記事はこちらから https://pleasanter.org/cases

8.

AlmaLinuxへプリザンターをインストールしたときの構成図 ASP.NET Core nginx Kestrel Pleasanter リバースプロキシ Webサーバ アプリケーション PostgreSQL データベース

9.

プリザンター GitHubにソースコードを公開しています。スターで応援をお願いします。 【Implem / Implem.Pleasanter 】 https://github.com/Implem/Implem.Pleasanter AlmaLinuxへプリザンターをインストールする 弊社ユーザマニュアルにて、AlmaLinuxへプリザンターをインストールする手順を公開しております。 ぜひインストールしてみてください。 【プリザンターをAlmaLinuxにインストールする】 https://pleasanter.org/manual/getting-started-pleasanter-almalinux

10.

Dockerでプリザンターを動かす Docker上でもプリザンターを動作させることが可能です。ぜひ、お試しください。 【dockerhub > implem/pleasanter】 https://hub.docker.com/r/implem/pleasanter/tags

11.

プリザンターをインストールするにあたってのポイント(躓いたところ etc...) ●プリザンターのサービスがうまく起動しない /var/log/messageを確認すると、以下のようなメッセージが書き込まれておりました。※一部抜粋 6月 08 14:04:57 localhost.localdomain systemd[1]: pleasanter.service: Main process exited, code=exited, status=203/EXEC 6月 08 14:04:57 localhost.localdomain systemd[1]: pleasanter.service: Failed with result 'exitcode'. 6月 08 14:04:57 localhost.localdomain setroubleshoot[45223]: SELinux により、 /usr/lib/systemd/systemd による execute アクセスが、ファイル dotnet で拒否されました。 完全な SELinux メッセージを見るには、sealert -l abaef4f7-d376-48fc-abd7> 6月 08 14:04:57 localhost.localdomain setroubleshoot[45223]: SELinux により、 /usr/lib/systemd/systemd による execute アクセスが、ファイル dotnet で拒否されました。 上記エラーはSELinuxが有効化されており、その制御により dotnet の動作が制限(拒否)されていたため に発生しておりました。 【対応方法】 こちらはSELinuxのポリシーを追加することで、エラーを解消し、プリザンターのサービスを動作させ ることが可能です。

12.

前ページの/var/log/messageのメッセージの直後に以下のようなメッセージが出力されているため、 記載されているコマンドを実行することでポリシーを追加することが可能です。 ***** プラグイン catchall (100. 信頼性) による示唆 ************************************* systemd に、 dotnet file の execute アクセスがデフォルトで許可されるべきと考える場合。 このようにします: バグとして報告してください。 ローカルのポリシーモジュールを生成すると、 このアクセスを許可することができます。 そして、以下を実行します: 以下を実行して、このアクセスを許可します: # ausearch -c '(dotnet)' --raw | audit2allow -M my-dotnet # semodule -X 300 -i my-dotnet.pp

13.

●PostgreSQLのバージョンが 15 だとうまくプリザンターがインストールできない プリザンターをインストールする際に CodeDefiner と呼ばれる、データベースを構成するためのプログ ラムを実行しますが、PostgreSQL 15 の場合、このプログラムを実行するとエラーになります。 ※下記内容はエラーメッセージの一部抜粋。 <INFO> TablesConfigurator.ConfigureTableSet: AutoNumberings <INFO> Tables.CreateTable: AutoNumberings <ERROR> <>c__DisplayClass0_0.<Configure>b__0: [AutoNumberings]: Npgsql.PostgresException (0x80004005): 42501: permission denied for schema public PostgreSQL 15 では public(デフォルト) スキーマのデータベース所有者を除くすべてのユーザから CREATE権限を剥奪する仕様となったためにエラーが発生しておりました。 ・参考記事 【PostgreSQL 15ではpublicスキーマへの書き込みが制限されます】 https://dev.classmethod.jp/articles/postgresql-15-revoke-create-on-public-schema/ 【対応方法】 現在、PostgreSQL 15 対応に向けて準備を進めておりますので、それまでの間は PostgreSQL 14 まで のバージョンでのご対応をお願いします。

14.

DEMO

15.

私たちとプリザンターを成長 させてくれるメンバーを募集 しています! https://www.wantedly.com/companies/implem

16.

フリートーク、質疑応答 15