デジタルエージのプラットフォーム理論の新潮流

104 Views

June 16, 19

スライド概要

GAFAなどのプラットフォーマーの活躍が一段と目覚ましくなっている。それに伴い、両面市場やマルチサイドプラットフォーム理論として知られるプラットフォーム理論も世間で脚光を浴びている。最初の理論発表は2003年のことであった。しかし、現在は当時とはかなりビジネス環境が変わってきた。例えば、スマホのようなリアル機器を多くの顧客が日常的に所持する世界が登場した。その結果、マッチング環境も従来と様変わりしている。即ち、理論登場当時とは、ビジネス環境はデジタル化の深化で大きく変化したということだ。本来は、それに伴って、新たなプラットフォーム理論の登場を期待したいところだが、最近の対象の広がり、変化のスピードを見ていると、その期待は難しいように思う。 だからと言って、既存理論を現在の状況に無自覚に適応しようとするのも極めて危険なのではないか。こんな風に私は感じている。このような問題意識をできれば多くの人と共有できればと思い、拙い資料を作成してみた。

profile-image

定年まで35年間あるIT企業に勤めていました。その後、大学教員を5年。定年になって、非常勤講師を少々と、ある標準化機関の顧問。そこも定年になって数年前にB-frontier研究所を立ち上げました。この名前で、IT関係の英語論文(経営学的視点のもの)をダウンロードし、その紹介と自分で考えた内容を取り交ぜて情報公開しています。幾つかの学会で学会発表なども。昔、ITバブル崩壊の直前、ダイヤモンド社からIT革命本「デジタル融合市場」を出版したこともあります。こんな経験が今に続く情報発信の原点です。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

デジタルエージのプラットフォーム理論の新潮流 B-frontier 研 究 所 高橋 第ゼロ章 浩 イントロダクション G A FA な ど の プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー の 活 躍 が 一 段 と 目 覚 ま し く な っ て き た 。 そ れ に 伴 い 、両 面 市 場 や マ ル チ サ イ ド プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 と し て 知 ら れ るプラットフォーム理論も世間で脚光を浴びている。この理論は元々は、 米国西海岸で小切手の不便さを解決する方法として発案されたクレジッ ト カ ー ド の 分 析 か ら 登 場 し た 。ク レ ジ ッ ト カ ー ド は 顧 客 と 加 盟 店 間 を 効 率 良 く 仲 介 し て く れ る が 、そ の 際 、顧 客 と 加 盟 店 の 負 担 と メ リ ッ ト は 非 対 称 の よ う に 見 え た 。顧 客 は 費 用 負 担 小 な ど で 優 遇 さ れ て い る 割 に メ リ ッ ト が 大 き い 。対 し て 、加 盟 店 は 想 像 以 上 に 費 用 負 担 大 を 抱 え て 冷 遇 さ れ て い る よ う に 見 え た 。そ れ に も 関 わ ら ず ク レ ジ ッ ト カ ー ド は 順 調 に 普 及 し て 行 っ た 。こ れ は ど う し て な の か ? こ の 謎 解 き の た め に 、後 に ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 を 受 賞 し た 産 業 組 織 論 で 有 名 な Tirole 等 が 確 立 さ せ た の が 本 理 論 で あ る 。 最 初 の 論 文 発 表 は 2003 年 の こ と で あ る 。 こ の 経 緯 か ら も 分 か る よ う に 、 既 に 起 き て い た 現 象 の 分 析 理 論 で あ る 。そ し て 、現 在 は 当 時 と は か な り ビ ジネス環境が変わってきた。 クレジットカードのようなリアル世界で仲介を行うプラットフォーム か ら 、イ ン タ ー ネ ッ ト 普 及 に 伴 い 、バ ー チ ャ ル 世 界 で マ ッ チ ン グ す る プ ラ ットフォームに重点が移動し、新たな世界が切り拓かれた。ところが、最 近 再 度 大 き な 変 化 が 発 生 し て い る 。ス マ ホ の よ う な リ ア ル 機 器 を 多 く の 顧 客 が 日 常 的 に 所 持 す る 世 界 が 登 場 し た 。マ ッ チ ン グ 環 境 も 従 来 と は 様 変 わ りしている。 こ の よ う な 変 化 を 総 合 的 に 把 握 し 、ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 と 整 合 さ せ る 形 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 語 る 著 書 は ま だ 表 れ て い な い よ う に 思 う 。理 論 的に充分全体像を解説するのに研究や情報が不足していると推測される。 こ の よ う な 状 況 に あ る 他 の 背 景 の 一 つ は 、ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 を 引 き 起 こ し て い る の が デ ジ タ ル 化 そ の も の の 変 化 に 関 わ っ て い る か ら だ と 思 う 。こ の よ う な 領 域 を 語 る 理 論 分 野 は あ る の だ が 、こ の 分 野 と プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理論双方を語る論者の登場がないのも影響していると思う。 し か し 、現 実 の ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 は 一 段 と 加 速 し て お り 、全 体 を 整 合 的 に 解 説 し た 著 書 の 登 場 も 待 て な い で あ ろ う 。そ こ で 、断 片 的 情 報 で は あ っ て も 、雑 多 な 知 見 や 部 分 的 研 究 成 果 を お 知 り に な り た い 方 も お い で に な る の で は な い か 。こ の よ う な ニ ー ズ に お 応 え し よ う と の 考 え か ら 本 情 報 を まとめている。 全 体 構 成 を 図 1 に 示 す 。第 一 章 で は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 基 礎 と 初 期 理 論 か ら の 理 論 修 正 の 幾 つ か を 紹 介 す る 。第 二 章 で は 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が ど の よ う な 広 が り を 見 せ て お り 、そ の 中 で ど の よ う な 適 応 が 試 み ら れ て 1

2.

いるかを紹介する。第三 章では、平行して発生し ているデジタルインフラ ストラクチャの変化に係 わる理論の紹介を行う。 最後に第四章では、最近 認識が高まっているデジ タルプラットフォームと デジタルインフラストラ クチャの両面を同時に考 慮すべきとの背景と、こ のような取組みによる新 たな方向を紹介する。 第一章 第一節 プラットフォーム理論の歴史 プラットフォームの経済学 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 理 解 す る に は 二 面 性 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 、ネ ットワーク効果(間接的ネットワーク効果、直接的ネットワーク効果) などの概念を理解する必要がある。 基 礎 知 識 は か な り 広 ま っ て い る と 思 う の で 、本 稿 で は 、あ え て 概 念説 明 は 省 略 し 、あ る 企 業 が 両 面 市 場 モ デ ル に 従 っ て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 着 手 し 、あ る 程 度 準 備 が で き た 所 か ら 出 発 し て み よ う 。こ れ か ら ど の よ う な こ と に 注 意 し な け れ ば な ら な い か の 基 本 戦 略 の 論 文 が 2006 年 に Eisenmann 等 ( HBR) に よ っ て 発 表 さ れ 、 比 較 的 良 く 知 ら れ て い る 。 代 表 的 な 3 つ の 戦 略 が 示 唆 さ れ て い る 。そ し て 、巧 み な 戦 略 を 取 る こ と で 寡 占 化 ( W T A ( W i n n e r Ta k e s A l l ) と も 言 わ れ る ) が 発 生 し や す い と 主 張 し て い る 。 既 に 論 文 発 表 か ら 10 年 以 上 が 経 過 し て お り 、 戦 略 実 施 の結果は事例として多数存在している。その例の一部を図2に示す。 Window s O S は 確 か に 寡 占 化 し た 。し か し 、 ス マ ホ 用 の AndroidOS はかなりのシェアを占 め て い る が 、 OS が Window s O S の よ う に 収益の源泉になってい る 訳 で は な い 。 Apple の MacOS も 並 存 し て い る 。 ク ラ ウ ド は AW S が 強いが寡占化というほ ど の 状 況 で は な い 。e マ ーケットプレースはア 2

3.

リ バ バ を 除 け が 、よ り 寡 占 化 に 近 い 状 況 と 言 え る か も し れ な い 。と こ ろ で 、 Amazon は 最 近 、 リ ア ル 店 舗 で あ る ホ ー ル フ ー ズ を 買 収 し た 。 e マ ーケットプレースはプラットフォームベースのマッチングという要素 だけで無く、大量の物資・商品を顧客に届ける際に、依然としてサプラ イチェーンの要素が強く存在していることを示唆する。 こ れ ら の 多 様 な 例 を 眺 め る と 、Tirole 等 が 確 立 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 、エ レ ガ ン ト で「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 経 済 学 」と 言 わ れ て い る が 、 そ れ が 、個 々 の 事 例 間 の 相 違 を 適 切 に 説 明 で き て い る 訳 で も な い し 、ど うすればプラットフォーマーに成れるかの指針や戦略を明示的に示唆 している訳でもない。 従って、既存のプラットフォーム理論は重要な基礎理論ではあるが、 こ れ か ら の ビ ジ ネ ス 環 境 へ の 適 応 に は 、こ れ ら の こ と を 良 く わ き ま え て 利用する必要があると思う。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第二節 プラットフォーム理論の創始者たち 実 は 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は T i r o l e 等 の 他 に も う 一 つ 重 要 な ル ー ツ がある。自動車の車体(台車)を日産とルノーで共有化し生産効率を上 げ る 際 の 台 車 も プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と 言 わ れ る 。こ ち ら の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 登 場 の 方 が 歴 史 的 に は 古 い 。こ ち ら は 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理論で、基本コンセプトはモジュールである。モジュール化によって、 如 何 に 企 業 が イ ノ ベ ー シ ョ ン で 優 位 を 得 た か で は 、G a w e r, C u s o m a n o に よ る I n t e l 他 の 例( 2 0 0 2 年 の 著 書 )や B a l d w i n 等 に よ る I B M S y s t e m 3 6 0 の 例( 2009 年 )な ど が 有 名 で あ る 。2 系 統 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 創 始者たちの一覧と主な着眼点を図3に示す。 Tirole 等 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 経 済 学 視 点 で 、市 場に着目したプラットフォ ーム理論である。元々は、 1990 年 代 に 米 国 の ク レ ジ ッ トカード独占禁止法事件が 問 題 に な り 、そ の 分 析 が 両 面 市場の考えを引き起こした。 調整メカニズムは価格によ る 。経 済 学 は 価 格 に 着 目 し 消 費者は何時でも正確に価格 由来の優劣を判断できるス ー パ ー 人 間 を 仮 定 す る 。経 済 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 も 同 様 で あ る 。 し か し 、 こ れ と 異 な る 側 面 も 登 場 し て い る 。 U b e r, L i f t 等 の カ ー シ ェア・サービスは顧客とサービス提供者(運転手)間のマッチング と直 3

4.

接 サ ー ビ ス 提 供 の 組 合 せ の 例 で あ る 。両 社 の 競 争 に よ っ て 、顧 客 に 低 価 格サービスを提供する競争は運転手へのしわ寄せを伴ったと言われる。 また、プラットフォーマー自身も赤字と伝えられる。このような中で、 両 社 の 評 価 は 運 転 手 の 優 遇 策 、サ ー ビ ス 環 境 と そ の ブ ラ ン ド 化 な ど に も 及 び 、複 雑 な 要 素 が 混 入 し て い る 。両 社 は ど ち ら も 最 近 IPO し た 。プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー も 赤 字 、サ ー ビ ス 提 供 者 の 運 転 手 も 対 価 や 処 遇 に 不 満 が 続 く 状 況 で は 、顧 客 に 便 利 で 安 い カ ー シ ェ ア サ ー ビ ス 提 供 が 可 能 だ と し て も 、持 続 可 能 な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と な る の か の 疑 問 が あ る か も し れ な い。 一方の工学視点のプラットフォーム論のモジュール化も適応環境が 変 化 し て い る 。従 来 は 一 社 な い し 一 企 業 グ ル ー プ に 閉 じ て モ ジ ュ ー ル 化 を 設 計 す る も の だ っ た 。し か し 最 近 で は 、企 業 間 を 跨 ぐ 事 例 も 登 場 し て い る 。 例 え ば 、 電 子 書 籍 端 末 の 代 表 は Kindle と 、 電 子 書 籍 端 末 だ け に 使 う 訳 で は な い が 、 本 を 読 む の に も 向 い て い る iPad と 言 え る だ ろ う 。 両 機 器 は 市 場 で 最 も 競 合 す る 機 器 同 士 な 訳 だ か ら 、例 え そ れ ぞ れ の 機 器 が モ ジ ュ ー ル 構 造 を 活 用 し て 製 造 し て い る と し て も 、両 機 器 間 で 部 品 や ソフトの流用を行うことは無いだろうと想定される。ところが、本を Kindle 上 で 読 む 際 の 最 も 肝 心 な ソ フ ト は Amazon か ら Apple に 提 供 さ れ iPad に 組 み 込 ま れ て い る 。 何 故 だ ろ う か ? 早 期 に Kindle,iPad が 揃 っ て 電 子 書 籍 端 末 利 用 を 競 う 方 が 、既 存 の リ ア ル 書 店 に 対 す る 競 争 環 境 を 整 え る の に 有 利 と 判 断 さ れ た の で あ ろ う か 。い ず れ に し ろ 、こ の よ う なことが起こりうる環境には変わっていた。 こ の よ う に 、現 在 で は 経 済 学 視 点 、工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 、そ れ ぞ れ に 分 離 さ れ た 適 応 領 域 だ け で 活 用 さ れ て い る 訳 で は 無 く な ってきた。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第三節 プラットフォームのエコシステム プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が W TA を 発 生 さ せ な い 場 合 で も 、 既 存 市 場 に と ん で も な い 影 響 を 与 え る 場 合 が あ る 。 携 帯 端 末 市 場 で Apple の iPhone と Google の Android 陣 営 が 激 し い 競 争 を 行 っ た 場 合 が 典 型 例 で あ る 。 両 陣営は現在でも並存しており、ある意味で共存している。そして、両者 間 の 競 争 は 現 在 で も 激 し い 。 そ の 際 の 競 争 は 、 本 質 的 に は Apple 社 、 G o o g l e 社 の 競 争 と い う よ り は 、両 者 を 価 値 有 ら し め て い る 、ア プ リ 開 発 者 の エ コ シ ス テ ム 間 競 争 に な っ て い る 。顧 客 に と っ て は ハ ー ド ウ ェ ア と し て の ス マ ホ そ の も の よ り も 、利 用 で き る ア プ リ が 直 接 的 利 用 価 値 な の で 、エ コ シ ス テ ム を 構 成 す る ア プ リ 開 発 者 の 集 団 の サ ー ビ ス 価 値 競 争 を 評 価 し て 一 方 の 陣 営 を 選 択 し て い る 、あ る い は 、上 手 く 使 い 分 け て い る と言えるだろう。 こ の よ う な パ ラ ダ イ ム に 競 争 の 土 俵 が シ フ ト し た 結 果 、従 来 の 勝 者 で 4

5.

あ っ た キ ャ リ ア( NTTDoCoMo な ど )や Nokia の よ う な 既 存 ベ ン ダ ー が 敗 者 に な っ た 。こ の よ う な 変 化 の 駆 動 力 と な っ た エ コ シ ス テ ム を 構 成 す る ア プ リ 群 は ま た Apple 陣 営 、 Google 陣 営 と イ ン タ ー ネ ッ ト を 分 断 し て 孤 立 し た 価 値 あ る ア プ リ 群 の 花 園 を 構 成 し て い る 。結 局 、総 合 的 な ア プリ群の花園の魅力度が顧客とのネットワーク効果の強弱を決定づけ ている。 こ の よ う に 、ア プ リ 開 発 者 を 含 め た 多 数 企 業 が 一 緒 に 動 作 し て 新 市 場 を 創 造 し 、顧 客 へ 価 値 あ る 商 品 や サ ー ビ ス を 提 供 し て い る 。こ の エ コ シ ス テ ム は 、単 に 直 接 的 に 顧 客 に 価 値 を 提 供 す る 層 だ け で 無 く 、複 数 の 階 層 を 構 成 し て い る こ と が 多 い 。既 に 事 例 と し て 取 り 上 げ た 電 子 書 籍 端 末 で も 、ア プ リ に 相 当 す る 書 籍 コ ン テ ン ツ の 品 質 と 数 量 で 競 争 す る 層 だ け で な く 、電 子 書 籍 を 電 子 書 籍 端 末 で 快 適 に 読 む た め の 基 本 ソ フ ト 機 能 層 、 それを支えるハード機能層など複数の階層が存在する。 こ の よ う な 環 境 で 、階 層 的 に ビ ジ ネ ス エ コ シ ス テ ム を 構 築 す る 状 況 に 関 わ る 理 論 が A d n e r に よ っ て 提 唱 さ れ た 。エ コ シ ス テ ム の 価 値 創 造 能 力 によって市場で競争する様相を説明するのはプラットフォーム理論の 重要な一翼と成っている。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第四節 プラットフォーム理論統合の動き プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 両 面 市 場 /MSPと 見 る 経 済 学 と 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 技 術 ア ー キ テ ク チ ャ ー と 見 る 工 学 の 2つ の 理 論 的 視 点 が あ る こ と は 既に述べた。前者はプラットフォーム競争の理解に情報を提供し、後者 は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム・イ ノ ベ ー シ ョ ン の 理 解 に 情 報 を 提 供 し て い る 。し かし、今求められているのは、このような情報を越えて、どうやってプ ラットフォーム構築に取組んだらよいかに参考となる情報を提供する ことである。例えばプラットフォームの進化、補完者との関係、現在発 生している傾向(デジタル化、ソフト化、ガバナンスほか)に対応する 指針などの情報が提示されると良いであろう。 Platform Leadership の 著 者 と し て 有 名 な Gawer は 2014 年 に 2 理 論 を 橋 渡 し す る 論 文 を 発 表 し 統 合 フ レ ー ム ワ ー ク を 提 案 し た 。着 眼 点 は 経 済学視点のモデルの基礎となっているネットワーク効果を見直すこと から始め、間接的ネットワーク効果を「範囲の経済」と関係づけた。 W T A( 勝 者 一 人 勝 ち ) は 「 規 模 の 経 済 」 で 独 占 を 達 成 す る こ と を 意 味 するだろう。しかし、直接的ネットワーク効果は「規模の経済」と相関 す る で あ ろ う が 、 よ り 重 視 さ れ る 間 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 は 、「 規 模 の 経済」では無く「範囲の経済」に関連している、との見解が出発点にな っている。 そ し て 、「 範 囲 の 経 済 」 を 生 産 面 に ま で 拡 張 し 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン に お ける「範囲の経済」に繋げて、工学視点のプラットフォーム理論と橋渡 5

6.

し し た 。 さ ら に 、「 範 囲 の 経 済 」 は 企 業 グ ル ー プ の サ プ ラ イ チ ェ ー ン 内 ば か り で 無 く 、大 規 模 ネ ッ ト ワ ー ク 内 で も み ら れ る と し て 、前 節 で 紹 介 したエコシステムの世界にまでカバー範囲を拡大した。 こ の 統 合 理 論 は 全 体 像 を 見 や す く さ せ た 面 は あ る 。し か し 、当 初 の 目 標 の“ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に ど う 取 組 ん だ ら よ い か ”に 知 見 が 加 わ っ たかというと、道半ばであろう。 例 え ば 、統 合 理 論 の 視 点 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 進 化 と 競 争 共 存 の 関 係 を 図 4 に 図 示 し て み る 。い く つ か の パ タ ー ン と そ の 間 の 移 動 パ ス は 可 視 化 できているが、どのよ うな場合にどちらに移 動するのか。どういう 方向へのどのよう条件 の元での移動が利益向 上、競争力強化に繋が るのか、などには特段 新たな知見を提示して いないように見える。 兎 も 角 、 W TA が 単 純 すぎる視野しか示して いないことは明示され たと思う。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第五節 直接相互作用の導入 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 上 に 2 つ 以 上 の “サ イ ド ”を 取 り 込 み 、 “ サ イ ド ”間 の 相 互 作 用 を 可 能 に す る マ ル チ サ イ ド ・ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 、 Airbnb や Uber な ど シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー の 登 場 も あ っ て 、 サ ー ビ ス 提 供 者 ( Uber の 運 転 手 な ど ) と 消 費 者 ( 乗 客 ) 間 の 直 接 相 互 作 用 の 取 り 込 み へ の 関 心 を 高 め た 。 そ し て 、 2015 年 、 Hagiu 等 の MSP モ デ ル 見 直 し 論 が登場した。 こ れ は 、M S P モ デ ル を 主 と し て ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 か ら 考 察 す る も の と は異なり、下記の定義による相互作用を前提とする。 定義1:2 つ以上の異なるサイド間の直接的相互作用を可能にする。 定義2:各サイドはプラットフォームに加入する。 こ こ で 、「 加 入 」 と は 、 各 サ イ ド の ユ ー ザ ー が 意 識 的 に 直 接 相 互 作 用 できるようにするために必要なプラットフォーム固有の投資を行うこ とを意味する。投資は、例えば、固定アクセス料金(例えば、ビデオゲ ー ム コ ン ソ ー ル 購 入 )、 資 源 の 支 出 ( 例 え ば 、 i P h o n e A P I を 使 用 し て ア プ リ ケ ー シ ョ ン 開 発 の 仕 方 を 学 ぶ た め の 時 間 や お 金 )、 あ る い は 機 会 費 用(例えば、ショッピング・モールへ行ったり、ロイヤリティ・プログ 6

7.

ラムへの参加)などでありうる。全体構造を図 5 に示す。 このモデルは、 MSP モ デ ル と 代 替 ビジネスモデル間の 比較を検討できると いう意味でもユニー クな特徴を持つ。例 えば、車の運転を生 業としようと考えて いるサービス提供者 を考えてみる。彼は 既存タクシー会社に就職してタクシー会社の従業員として生計を立て て も よ い し 、U b e r の サ ー ビ ス フ レ ー ム ワ ー ク に 賛 同 し て U b e r の 運 転 手 と な る が 、独 立 サ ー ビ ス を 提 供 す る 個 人 経 営 者 と し て 生 計 を 立 て て も よ い。どちらを選択するかは、組織(タクシー会社)からの方針提示や個 人経営者となるための動機付けなどを勘案して決める。 こ の よ う な 比 較 は 、タ ク シ ー 会 社 な ど 垂 直 統 合 企 業 と の 比 較 だ け で な く、小売り業(スーパーなどの再販業者なども含まれる)との比較など も 可 能 に な る 。 こ の よ う な 視 点 で 、 Amazonの 推 進 す る eビ ジ ネ ス を 眺 め て み る と 、一 面 で は サ プ ラ イ チ ェ ー ン を 重 視 し た 小 売 り 業 の よ う に も 見 える。特に規模を拡大して、自前倉庫を完備し、更にリアル小売業であ る ホ ー ル フ ー ズ を 買 収 し た 後 の Amazonに お い て は そ う で あ る 。 このよう に、マ ルチサイド・プラ ットフォー ムモデ ル と代替ビ ジネス モ デ ル は 、両 者 間 の 距 離 の 近 さ 遠 さ か ら も 自 分 の ポ ジ シ ョ ニ ン グ を 考 え ら れ る 。そ こ で 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 も 組 織 を 見 極 め イ ノ ベ ー シ ョ ン を駆動するトレードオフへの知見提示も求められてきていると思う。 このような図式でシェアリングエコノミー勃興の仕組みを考えると、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 機 能 さ せ て い る 要 因 は 従 来 の Intel,Microsoft型 や G o o g l e , A p p l e な ど の エ コ シ ス テ ム 型 と 様 変 わ り し て い る 。ス マ ホ 登 場 は 全 体 と し て 乗 客 と Uber運 転 手 間 の ト ラ ン ザ ク シ ョ ン に 基 づ く 価 値 創 出 の 可 能 性 を 切 り 拓 い た 。 し か し 、 そ れ に 加 え て 、 Uberや Airbnbな ど の プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー は 、投 資 負 担 の 重 い 資 産 を 保 有 せ ず に 一 気 に 巨 大 エ コ シ ス テ ム を 構 築 で き る ゾ ー ン に 絞 り 込 ん で 来 て い る 。こ れ が 可 能 に な るデジタルインフラストラクチャ環境の変化を巧みに利用した結果と 言うことができる。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT資 料 ( slideshare掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 一 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。経 済 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 に 見 ら れ る よ う に 、経 済 学 視 点 モ デ ル は 負 担 や メ リ ッ ト が 非 対 称 に 見 え る ク レ ジ ッ ト カ ー ド ビ ジ ネ ス 慣 行 を 納 得 さ せ る 醍 醐 味 は あ る 。し か 7

8.

し 、経 済 学 は 結 局「 人 は 合 理 的 に 意 思 決 定 を 行 う 」前 提 に 依 拠 し て い て 、 こ れ だ け で 複 雑 な 経 済 社 会 を 分 析 す る こ と は で き な い 。だ か ら 、経 済 学 由来の知見の適用には注意が必要である。 ま た 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 構 築 し や す い 環 境 が 進 展 し て お り 、世 間 は ど こ も か し こ も プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 論 ば や り だ が 、身 近 な 課 題 に 既 存 プ ラ ットフォーム理論を無自覚に適用するのには落とし穴がある。 理論面でビジネス環境変化に追随させようとの努力の一端は紹介し た が 、現 実 に は 到 底 追 い つ い て い な い 。こ の よ う な こ と を 良 く 踏 ま え た 上で理論を活用することが求められている。 第二章 第一節 デジタルプラットフォームの拡大 プラットフォームレボリューション G A FA や シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー に あ や か っ て 、 自 分 も プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー に 成 り た い と 考 え る 事 業 者 が 増 え て い る 。実 際 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 構 築 し や す い 環 境 が 拡 大 し て い る と 思 う 。そ こ で 、こ の ニ ー ズ を 当 て 込 ん で 関 連 書 籍 が 多 数 出 版 さ れ て い る 。し か し 、多 く の 事 業 体 が プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 挑 戦 し て い る は ず だ が 、 G A FA に 続 く 成 功 企 業 は な か な か 登 場 し な い 。 ま た 、 シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー で も U b e r, A i r b n b に 続 く 事 例 は な か な か 現 れ な い 。 そ れ は 何 故 か ? 最 近 の 書 籍 の 中 で は 、「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム レ ボ リ ュ ー シ ョ ン 」( G . P a r k e r, M . Va n A l s t y n e , S.Choudary)は こ の 課 題 に 関 わ る 内 容 を 取 り 込 ん で い る よ う に 思 わ れ る 。 3 人の著者の内 2 名は経済学視点のプラットフォーム理論で著名な先生 方 で あ る 。但 し 3 r d 著 者 の S . C h o u d a r y は 実 世 界 の コ ン サ ル タ ン ト で か な り 毛 色 が 違 っ て い る 。 そ し て イ ン タ ー ネ ッ ト 上 に 資 料 WHY B U S I N E S S M O D E L S FA I L : P I P E S V S . P L A T F O R M S を 公 開 し て い る 。 そこで、これに依拠して関連事項の要点を紹介する。 最も重要な問いは “プラットフォーム を成功裏に構築する にはどうすれば良い か ? ”だ が 、多 く の 事 業 者 は 、従 来 身 に 付 け たパイプライン思考 を 引 き ず っ た ま ま 、プ ラットフォーム構築 を目指していること が 多 い 。こ れ が 失 敗 す る主要な原因である と断じている。 従来のあらゆるビ 8

9.

ジ ネ ス は パ イ プ ラ イ ン 型 と さ れ る 。そ れ に 対 し て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 型 は 根 本 的 に 違 う ( 図 6 参 照 )。 そ れ を 示 す 代 表 的 な 特 性 は パ イ プ ラ イ ン 型 における「鶏と卵問題」である。プラットフォーム型は顧客とサービス 提 供 者 間 の マ ッ チ ン グ の 場 の 提 供 を 主 体 と す る サ ー ビ ス 提 供 だ が 、当 然 ながら、最初は顧客はゼロである。また、サービスは最初、既存サービ スとは異なるものだから、ターゲット顧客を特定することは出来ない。 従 っ て 、顧 客 を 獲 得 で き る か ど う か の リ ス ク は 大 き く 、い く ら 投 資 し て も、消費者を巻き込めなければ無価値ということになる。そのため、こ の 苦 し さ に 耐 え か ね て 、つ い つ い 、既 存 顧 客 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム へ の 勧 誘を働き掛けたくなる。この結果、残念ながら多くは失敗に繋がる。事 例 は 多 数 登 場 し て お り 、書 籍 や 記 事 な ど か ら 情 報 は 得 ら れ る よ う に な っ た が 、自 分 が 考 え て い る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 直 接 有 用 な 情 報 を 得 る の は 容 易 な こ と で は な い 。だ か ら 、成 功 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー の 成 功 要因の情報収集は実際には一筋縄ではいかない。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第二節 G A FA は 何 故 こ れ ほ ど 大 き く な っ た か で は 、最 も 成 功 し た Ap p l e は 、一 体 何 が 要 因 で 時 価 総 額 1 兆 ド ル レ ベ ル も の 大 企 業 に 昇 り 詰 め た の で あ ろ う か ? こ の 原 因 は Appstoreに 搭 載 さ れ た 膨 大 な ア プ リ 数 の 増 加 だ と は 良 く 言 わ れ る こ と で あ る 。そ の 数 、約 350万 本 。 ほ ぼ 10年 程 度 で こ の 高 み に 到 達 し た 。 こ れ だ け の 規 模 に な る と ア プ リ 開 発 者 間 で も 重 複 機 能 が 多 数 登 場 し 、脱 落 し て い く 開 発 者 が 続 出 す る こ と が あ っ て も お か し く な い 。何 か 長 期 的 に ア プ リ 開 発 者 に 新 た なプログラムを開発し続けたいと思わせるインセンティブの仕組みが あるに違いない。 経 済 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 代 表 学 者 の 一 人 で あ る G. Parkerが こ の 点 に 取 組 ん だ 論 文 を 2017年 に 発 表 し た 。結 論 的 に は 、端 的 に ア プ リ 開 発 者 に 金 儲 け の 仕 組 み を 提 供 し て い た と い う こ と で あ る 。そ れを、経済数学のレベルで証明して見せた。 具 体 的 に は 、従 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 に ア プ リ 開 発 者 の イ ン セ ン テ ィ ブ と し て の 権 利 保 護 、即 ち 一 定 期 間 新 規 ア プ リ 開 発 者 に 独 占 的 に 利 益 確 保 可 能 な 期 間 を 保 証 す る 仕 組 み を 追 加 し た 理 論 を 発 表 し た( 利 用 し たモデルの概要は図7参照)。ポイントは、オープン型イノベーション の 方 が 、イ ノ ベ ー シ ョ ン の ス ピ ー ド が 早 め ら れ る 。ア プ リ 開 発 は オ ー プ ン ソ ー ス ベ ー ス で 適 切 な コ ー ド を 利 活 用 し 、作 成 し た コ ー ド も 適 切 に 公 開 し て ゆ く 。ア プ リ 開 発 者 は 先 人 が 作 成 し た オ ー プ ン ソ ー ス を 出 来 る だ け 利 活 用 し て 新 た な ア プ リ を 早 期 に 開 発 し た い が 、自 分 が 追 加 し た コ ー ド を す ぐ に 公 開 さ せ ら れ た の で は 金 儲 け は で き な い 。新 た な ア プ リ 開 発 の 意 欲 も 湧 か な い 。し か し 、プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー が 一 定 期 間 独 占 し て 新 規 ア プ リ の コ ー ド 公 開 を 待 っ て く れ て 、顧 客 の ア プ リ 使 用 の 利 益 を 独 占 9

10.

させてもらえるなら、 その条件次第では何度 でも新規アプリ開発に 挑戦する意欲が湧くだ ろう。このようなイノ ベーションが全体とし て好循環に廻るために は、自分も公開されて いる他人作成のコード を利用することである。 これはイノベーション のキーがスピルオーバ ーであることを示している。 厳 密 な 経 済 数 学 に よ る 論 述 で 、「 一 定 の ス ピ ル オ ー バ ー が 有 れ ば 、ク ロ ー ズ 型 で 特 定 企 業 や ソ フ ト 開 発 者 が ア プ リ を 作 り 続 け る よ り も 、必 ず 、 オ ー プ ン 型 の 方 が イ ノ ベ ー シ ョ ン を 活 性 し 続 け ら れ る 」こ と を 証 明 し た 。 こ の よ う な 仕 組 み が Appstoreに 350万 本 も の ア プ リ が 蓄 積 さ れ 続 け た 理 由 で あ る 。 Appleが こ の よ う な 仕 組 み を 提 供 し て い る と 一 般 に 多 く の 人 が 知 っ て い る 訳 で は な い か も し れ な い し 、 Appleが ア ナ ウ ン ス し て い る 訳 で も な い で あ ろ う 。た だ し 、こ の よ う な 施 策 は 多 数 あ る 施 策 の 中 に 紛れ込んでいて、広い意味でプラットフォーム・ガバナンスの一部と考 え ら れ る 。こ れ は 従 来 の 両 面 市 場 モ デ ル や M S P モ デ ル で 議 論 さ れ て い る 純粋?なプラットフォーム理論の領域を超えていると思われるかもし れ な い 。し か し 、理 論 の 先 端 を 走 っ て い る 学 者 の 研 究 は こ の よ う な 分 野 に重点を移動している。 プラットフォームの拡大はインセンティブ設計などを含むより広い 意味でのプラットフォーム理論を考慮する方向に重点を移動させてい る。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT資 料 ( slideshare掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第三節 IoT と プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ガ バ ナ ン ス IoT が 話 題 で あ る 。 IoT は 非 デ ジ タ ル 素 材 の デ ジ タ ル 化 を 担 う 新 し い タ イ プ の デ ジ タ ル 化 手 段 と し て 注 目 さ れ て い る 。 2020 年 ま で に は 世 界 で 5 0 0 億 個 の I o T 機 器 が 登 場 す る だ ろ う と も 予 想 さ れ て い る 。大 規 模 且 つ 短 期 で の 規 模 拡 大 が 予 想 さ れ て い る の で 、さ ぞ か し プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理論が典型的に当てはまる事例が多数登場しているのかと思いがちで あ る 。 事 実 、 IoT ソ リ ュ シ ョ ン を 声 高 に 推 進 し て い る 企 業 は 同 時 に IoT プラットフォームも立ち上げている。 今 や 世 界 で IoT プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 立 ち 上 げ た と 称 す る 企 業 は 450 社 以 上 に も 昇 る と 言 わ れ る 。 し か し 、 G A FA の よ う に 存 在 を 誇 示 す る プ ラ 10

11.

ッ ト フ ォ ー ム は 勃 興 し て き た で あ ろ う か ? 何 故 、典 型 的 な I o T プ ラ ッ ト フ ォ ー ム で は 、ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 に よ る 規 模 拡 大 が 上 手 く 進 ま な い の で あろうか。 中 に は 、 2014 年 に Google に よ っ て 32 億 ド ル で 買 収 さ れ 、 ス マ ー ト ホ ー ム の 典 型 と さ れ る N e s t の よ う な 例 も あ る 。た だ 一 般 に は 、一 方 の “ サ イ ド ”が IoT機 器 や セ ン サ ー と い う ハ ー ド ウ ェ ア の 場 合 、サ ー ビ ス の 良 否 に ア ク テ ィ ブ に 反 応 す る 主 体 性 が な い た め 、ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 は 発 生 し 難い(その構造については図8参照)。そこで、どうしても巧みなビジ ネスモデルの良否に依存 する傾向が増す。しかし、 IoTを 導 入 す る 場 面 は ど う しても製造現場などの専 門 的 領 域 が 多 い 。こ の よ う な場面でも顧客との共創 を意図してプラットフォ ー ム 化 を 指 向 す る の は 、方 向 と し て は 正 し い が 、個 々 のプラットフォームのカ バ ー 範 囲 は 狭 く 、急 激 な 拡 大は困難なことが多い。 「 鶏 と 卵 問 題 」の 解 決 も 目 途がたちにくいであろう。そうなると、どうしても、従来のパイプライ ン 型 の 発 想 が 頭 を も た げ て 、従 来 の 顧 客 と の 連 携 に ま い 進 し た り 、付 加 価 値 を つ け る 補 完 者 の 立 場 に プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー 自 身 が 参 入 し た り 、企 業グループ 内に委 託 したりす るよう な 方針を取 りたく なる。し か し 、こ れでは多くのプラットフォーム外のプレーヤーと連携するプラットフ ォーム本来の目標は達成されない。 こ の よ う な 失 敗 パ タ ー ン に 陥 ら な い た め に は 、多 様 な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ガ バ ナ ン ス の 要 素 を 洗 い 出 し 、将 来 に 予 想 さ れ る ト レ ー ド オ フ 条 件 を 顕 在 化 さ せ 、課 題 の 克 服 や ガ バ ナ ン ス の 個 別 要 素 の コ ン ト ロ ー ル を 的 確 に 行 っ て 行 く 必 要 が あ る 。 Appleの 場 合 は オ ー プ ン ソ ー ス ・ コ ー ド の ス ピ ル オ ー バ ー を 前 提 に 、如 何 に ア プ リ 開 発 者 に 新 規 ア プ リ を 開 発 し 続 け さ せ る か の イ ン セ ン テ ィ ブ 設 計 が 重 要 で あ っ た 。 個 別 の IoTプ ラ ッ ト フ ォ ー ム に お い て は 何 が キ ー の 要 素 と な る で あ ろ う か ? こ れ が 、今 最 も 重 要な分野でプラットフォーム構築を成功させる課題になっている。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT資 料 ( slideshare掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第四節 イノベーションのコアは周辺に移動 新たな価値創造がプラットフォーマー外部のアプリ開発者やサービ ス 提 供 者 、あ る い は サ ー ビ ス 利 用 者 で あ る 顧 客 と の 共 創 に 移 動 し て 行 く 11

12.

と 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン の コ ア も API、 SDK、 公 開 ラ イ ブ ラ リ ー 、 オ ー プ ン データ、これらを公開するルールなどに移っていく。 例 え ば A P I は 分 か り 易 い 事 例 を 提 供 し て い る 。A m a z o n は 提 供 機 能 を 外 部 に 公 開 す る 多 数 の オ ー プ ン API を 提 供 し て い る 。Amazon 外 部 の 事 業者がこれらを利用して新しい機能を実現することもできるが、 A m a z o n 自 身 も オ ー プ ン A P I を 束 ね て 、新 た な サ ー ビ ス を 構 築 す る こ と が で き る 。 小 売 業 と い う こ と で は 同 業 の Wa l m a r t と 、 類 似 の 方 法 で の サ ー ビ ス 比 較 を 行 っ た 研 究 ( 2016 年 ) に よ る と 、 両 社 の 新 サ ー ビ ス 構 築 速 度 、 サ ー ビ ス 領 域 に は 顕 著 な 相 違 が 見 ら れ る 。 こ の 結 果 、 Amazon は い つ の 間 に か 既 存 業 界 の 境 界 を 越 え て 業 態 を 変 質 さ せ て い る 。こ の よ う な 世 界 は API エ コ ノ ミ ー と も 言 わ れ る 。 Google は Google Map API を 公 開 す る こ と で 、 Google プ ラ ッ ト フ ォ ーム外の多数の事業者に地図由来の多様なサービスを構築する有益な 環 境 を 提 供 し て い る 。 サ ー ビ ス 構 築 は Google Map API を 活 用 し た マ ッ シ ア ッ プ で 行 う こ と が 出 来 、 API 提 供 者 側 か ら し て も 思 い も よ ら な い よ うな利用法が開拓されてい る。これがイノベーションの民主化で、新た な 利 用 法 に 触 発 さ れ た Google 側 も 新 た な API を 追 加 し て ゆ く 相 乗 効 果 が発生している。 こ の よ う な 仕 組 み に よ る 機 能 拡 充 の 速 度 は 極 め て 速 い 。 API は 外 部 に 対 す る イ ン タ フ ェ ー ス な の で 、工 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 論 で 登 場 す る モ ジ ュ ー ル と 似 て い な く も な い 。し か し 、工 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム で 前 提 と す る モ ジ ュ ー ル は 、車 と か コ ン ピ ュ ー タ と か 全 体 を 繋 ぎ 合 わ せた時の構造があって、その中でのインタフェースに限定されている。 そ れ に 対 し て 、新 た に 登 場 し て い る A P I の よ う な イ ン タ フ ェ ー ス は 、 一 種 の パ タ ー ン で よ り 柔 軟 で あ る 。こ の よ う な 性 格 を 持 つ 新 た な イ ン タ フ ェース活用でイノベーションのスピードを向上させるプラットフォー ム は 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 駆 動 の 実 態 が ま だ よ く 解 明 さ れ て い な い 。し か し、プラットフォーム拡大に深く関与していることは確かである。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 二 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と い う 言 葉 が 多 様 な 場 面 で 使 わ れ て い る 。 こ の 傾 向 は G A FA 、 シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ーで登場した巨大プラットフォーマーの影響が極めて大きいであろう。 そ し て 、こ の 成 果 に 圧 倒 さ れ て 、こ の よ う な 路 線 に あ や か り た い と の 時 流 迎 合 や 既 存 企 業 の 焦 り も あ る か も し れ な い 。し か し 、一 歩 詳 細 に プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 拡 大 の 中 味 に 立 ち 入 っ て み る と 、パ イ プ ラ イ ン 型 を 克 服 す るプラットフォーム思考一つをとっても一朝一夕に身に着くものでは 無 い 。プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 立 上 げ に は ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 の 向 上 を 念 頭 に 置 け ば よ い 、な ど と 理 想 論 を 語 っ て い れ ば よ い 段 階 で も な い 。実 際 に は か な り 複 雑 な 条 件 が 絡 ん で い る 。本 章 で は そ れ に 関 係 す る 幾 つ か を 紹 介 し 12

13.

た。 結 局 の と こ ろ 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 構 築 す る 場 面 毎 に 千 差 万 別 で あ る 。 ま た 、イ ン タ ー ネ ッ ト 登 場 以 来 か ら も 状 況 は 刻 々 と 変 化 し て い る 。そ の 底流を成すものはデジタル化が及ぼす変化そのものが変質しているこ と で あ る 。こ の 変 化 を よ り 深 く 理 解 し て お く 必 要 が あ る 。第 三 章 で は こ の点に触れる。 第三章 第一節 デジタルインフラストラクチャの理論 ジェネラティビティとは 2006 年 、 ハ ー バ ー ド 法 科 大 学 院 の イ ン タ ー ネ ッ ト 法 の 教 授 で あ る Zittrain は 、 ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と い う 概 念 を 発 表 し た 。 ま た 2008 年 書 籍 The Future of The Internet を 発 表 し ベ ス ト セ ラ ー に な っ た 。 中 心 概念であるジェネラティビティとは「大規模で、多様な、調整されてい な い 参 加 者 に よ っ て 駆 動 さ れ る 、予 期 し な い 変 化 を 引 き 起 こ す 技 術 の 全 体的能力」と定義されている。なかなか分かり難い概念だが、ネットワ ーク分野のある教授は「未来のインターネットは、他の複雑な“自然” ネットワークと同程度にかなり複雑になる」として、その特性として、 ① 全 体 特 性 を 個 々 の 部 品 特 性 か ら 推 論 す る こ と は で き な い 、② 個 々 の コ ン ポ ー ネ ン ト は 非 線 形 に 相 互 作 用 し 緊 急 行 動 に つ な が る 、③ 時 間 と と も に絶えず進化し展開している、を上げている。事例としては人間の脳、 エコシステム、ほとんどの社会構造はそうだと言う。 第 二 章 で 述 べ た デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 拡 大 は 、 Zittrain が 未 来 のインターネットで予言したジェネラティビティと整合するところが あ る 。実 際 に コ ン ピ ュ ー タ の 世 界 で も 実 証 研 究 が 行 わ れ て い る 。研 究 は 世 界 最 大 の ブ ロ グ サ ー ビ ス プ ラ ッ ト フ ォ ー ム Wo r d P r e s s . o r g( オ ー プ ン ソ ー ス ) を 対 象 に し て 行 わ れ た ( 2 0 1 3 年 )。 Wo r d P r e s s は 多 く の サ ー ド パ ー テ ィ 開 発 者 が 各 種 A P I を 組 み 合 わ せ て 、プ ラ グ イ ン を 作 成 し 、そ の 成 果 の 積 み 重 ね と し て の ブ ロ グ サ ー ビ ス は 圧 倒 的 な シ ェ ア を 獲 得 し て い る 。プ ラ グ イ ン の 作 成 過 程 や ど の よ う な API を 使 用 し て い る か は 、オ ー プ ン ソ ー ス な の で 、コ ー ド を ダ ウ ン ロ ー ド し て 調 べ る こ と で 調 査 可 能 で あ る 。そ の 結 果 Wo r d P r e s s エ コ シ ス テ ム の 景 観 は ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ の 姿 の 通 り で あ っ た と 著 者 ら は 述 13

14.

べている。調査結果の一端を図9に示す。 現在、デジタル化、デジタルトランスフォーメーション、デジタライ ゼーション、などが改めて話題になっている。ただ、この本質は 2006 年 に 既 に 主 張 さ れ て い た ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と 符 合 す る も の で あ る 。プ ラットフォームとの関わりが深いエコシステムも規模が拡大していけ ば、ジェネラティビティが示唆する性格を帯びるものと思われる。 第三章はこのような側面からもデジタルエージのプラットフォーム 理論の新傾向を把握しようとする試みである。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第二節 階層モジュラーアーキテクチャ J . Yo o は 2 0 1 0 年 、デ ジ タ ル 化 の 特 徴 を 厳 密 に 再 評 価 し 、そ こ か ら 2 つ の 重 要 な 分 離 (「 デ バ イ ス と サ ー ビ ス 間 の 分 離 」、「 ネ ッ ト ワ ー ク と コ ン テ ン ツ 間 の 分 離 」) を 抽 出 し た 。 そ し て 、 こ の 構 造 を 基 に 階 層 モ ジ ュ ラ ーアーキテクチャを提案した。 階層モジュラーアーキテクチャは製品境界が流動化しており、また、 一 設 計 階 層 に 基 づ く 部 品 か ら 構 成 さ れ る の で は 無 く 、複 数 の 設 計 階 層 に 準 拠 し た 異 種 の 層 か ら 構 成 さ れ る と し て い る 。そ し て 、各 層 は 緩 や か な 結 合 に よ っ て 構 成 さ れ て い る 。階 層 化 し た モ ジ ュ ラ ー 製 品 の ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ は こ の 層 間 の 緩 や か な 結 合 に よ っ て 実 現 す る と さ れ 、多 数 の 種 類(パターン)における違いを生成するという。 例 え ば 、利 用 可 能 な ハ ー ド ウ ェ ア 資 源 を 利 用 す る 場 合 で も 、階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ を 有 す る デ ジ タ ル カ メ ラ は 、カ メ ラ と し て 使 用 さ れるだけでなく、ビデオプレーヤ、フォトエディタ、インターネットク ライアント、およびその他の多くの方法でも使用される。 従来のモジュラーアーキテクチャと階層モジュラーアーキテクチャ は 、企 業 が デ ジ タ ル コ ン ポ ー ネ ン ト を 製 品 に 埋 め 込 む 際 、連 続 体 の 二 つ の エ ン ド ポ イ ン ト を 形 成 す る と さ れ る ( 図 1 0 参 照 )。 こ の よ う な 構 造 の 登 場 の 結 果 、イ ノ ベ ー シ ョ ン プ ロ セ ス と 成 果 も 本 質 的 な 変 化 を 遂 げ た 。そ れ は 、① プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 、② 分 散 型 イ ノ ベ ー シ ョ ン 、③ コ ン ビ ナ ト リ ア ル イ ノ ベ ー シ ョ ン の 3 点 に ま と め ら れ る 。こ の 結 果 、従 来 の 産 業 時 代 の 単 一 目 的 の 製 品 は 、例 え ば 、コ ン ピ ュ ー タ ハ ー ド ウ ェ ア で も 、メ イ ン フ レ ー ム 、PC、ラ ッ プ ト 14

15.

ップ、タブレット、スマホ、ウェアラブルコンピュータなどと、ニーズ の個別化・特殊化に合わせて多様な種類(パターン)を備えた各種デジ タル製品が登場することになった。 こ の よ う な 変 化 は 企 業 の 組 織 化 論 理 に も 変 化 を 引 き 起 こ す 。プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 適 用 対 象 も 、最 近 話 題 に な っ て い る デ ジ タ ル ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン も 、こ の よ う な 変 化 の 浸 透 に よ っ て 発 生 し て い る 訳 で あ る。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第三節 デジタルカメラに見る特性 デ ジ タ ル 化 に よ る 影 響 の 初 期 の 議 論 は 、音 楽 コ ン テ ン ツ や ソ フ ト 、画 像などデジタル化し易い分野とそれに関わるビジネスモデルに集中す る 傾 向 が あ っ た 。し か し 、製 品 ア ー キ テ ク チ ャ そ の も の に も 変 化 が 及 び 、 階層モジュラーアーキテクチャの基で既存製造業の製品も機能要素の 再配置、コンポーネント間のインタフェース見直しが発生した。 前節の階層モジュラーアーキテクチャの提案もデジタルカメラの実 証 分 析 に 裏 打 ち さ れ て 提 案 さ れ た 。そ こ で 、デ ジ タ ル カ メ タ を 例 題 に し て実際の特定産業分野がどのような変遷を遂げて来たかをおさらいす る。 2012 年 1 月 19 日 、 Kodak が 倒 産 し た 。 Kodak は 1975 年 、 最 初 の デ ジ タ ル カ メ ラ の 作 成 に 始 ま り 、こ の 業 界 を 一 貫 し て 牽 引 し て き た 有 力 企 業 で あ る 。 こ の 事 実 は 、 古 く は H. A. Simon に 淵 源 が あ る 固 定 し た 製 品 を構成する従来型モジュール化の終焉をも伴って到来しているのかも しれない。 進 化 の 経 緯 を 辿 る と 、 2000 年 頃 か ら 携 帯 電 話 、 GPS 技 術 、 通 信 技 術 な ど 他 技 術 と の 統 合 が 始 ま っ て い る 。そ の 際 、ア ナ ロ グ カ メ ラ か ら デ ジ タルカメラに移行した過程でカメラの内部にソフトウェアが持ち込ま れた。そのため、他技術との連携・統合が容易になり、進化のスピード が 加 速 し た 。デ ジ タ ル カ メ ラ は 元 々 、既 存 の カ メ ラ 企 業 が 考 え て い た も の よ り も 、は る か に ダ イ ナ ミ ッ ク に 異 質 な も の に 変 質 し て 行 っ た 。極 め つ け は iPhone の 登 場 で あ る 。 そ れ 以 来 、ス マ ホ は 最 大 の シ ェ ア を 占 め る デ ジ タ ル カ メ ラ に な っ た 。こ の よ う な 変 化 15

16.

の 経 緯 を 図 11 に 示 す 。 このような変化が産業まるごと発生する。そして、現在、製造業で最 大 の 規 模 と 資 産 を 持 つ 自 動 車 産 業 が 新 た な 変 革 の 真 っ た だ 中 に あ る 。こ の よ う な 影 響 力 の 淵 源 を 良 く 踏 ま え た う え で 、個 別 テ ー マ に お け る プ ラ ットフォーム理論の適応を考慮する必要がある。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT 資 料 ( slideshare 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 三 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と い う 言 葉 は 日 本 で は あ ま り 耳 に し な い 。日 本 語 に 訳 し 難 い こ と も あ る が 、元 々 の 発 案 者 で あ る Zittrain の よ う な 文 系 理 系 を 跨 ぐ 学 者 や 論 客 が 日 本 に は 少 な い し 、文 系 理 系 を 跨 ぐ 概 念 や 題 意 把 握 が 日 本 で は な か な か 受 け 入 れ られないこともあると思う。 こ れ に 続 く 論 文 は Yo o の も の の み 紹 介 し た が 、 2 0 0 9 年 ~ 2 0 1 3 年 に か け て Tiwana,Henf ridsson,Tilson な ど の 有 力 論 文 も 登 場 し て い る 。従 っ て 、こ の 分 野 の 蓄 積 も 既 に 多 い の だ が 、何 故 か 日 本 で は あ ま り 浸 透 し て い な い よ う に 見 え る 。 こ れ が 、 今 ま で の 日 本 の IT 化 へ の 取 組 み に お い ても表層的にさせている一因なのかもしれない。 第四章 プラットフォームとインフラストラクチャの今後の戦略 第一節 エコシステム理論の構築に向けて 「エコシステム」と「プラットフォーム」という言葉は、最近、どち ら も 多 用 さ れ る が 、区 別 は 曖 昧 に さ れ て い る 。そ し て 、最 近 の 傾 向 で は 、 「エコシステム」の方がより広いニュアンスを含み、利用するシーンが 増えているように思われる。 そ こ で 、こ の 状 況 を 整 理 す る た め 、2 0 1 8 年 に J a c o b i d e s , C e n n a m o , G a w e r に ム け れ ジ に て 節 ト 合 ア た 面 第 よ 理 た た ュ し い で フ と プ な が 一 るエコシステ 論の構築に向 論文が発表さ 。内 容 的 に は モ ール性をキー た論述になっ る 。第 一 章 第 四 述べたプラッ ォーム理論統 はやや異なる ロ ー チ だ が 、新 統合理論の側 あ る 。そ の 一 方 、 章第五節で述 16

17.

べ た 「 加 入 」 を 導 入 し て 、 エ コ シ ス テ ム /プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と そ の 他 の組織(例:垂直型組織など)との比較論を展開している面もある。 そ の 概 要 を 図 12に 示 す 。 そ し て 、補 完 性 を 細 分 化 す る こ と で 、エ コ シ ス テ ム を 新 た に 定 義 し な お し た 。ポ イ ン ト は 補 完 性 を 一 般 、独 自 、ス ー パ ー モ ジ ュ ー ル の 3 タイプに分割し、生産における補完性と消費における補完性の縦横2 次 元 図 を 考 察 す る こ と で エ コ シ ス テ ム 領 域 を 区 分 け し た 。新 定 義 に 基 づ く エ コ シ ス テ ム 分 類 を 図 13に 示 す 。 今までエコ システムと語 られていた概 念 は 、主 と し て ビジネスエコ シ ス テ ム 、イ ノ ベーションエ コ シ ス テ ム 、プ ラットフォー ムエコシステ ム な ど と 、焦 点 分野に依存し て使われてい た が 、そ れ ら の 区分は曖昧で あった。 そ れ が 、別 視 点からの今回の指針登場で、一面では参考になると思われる。一方、 こ れ を 活 用 す る こ と で 、ど の よ う な 効 果 が 獲 得 で き る か は 今 一 つ 定 か で な い 。い ず れ に し て も 、I o T , A I , 5 G 、各 種 セ キ ュ リ テ ィ 技 術 な ど を 含 め た 最 近 の ビ ジ ネ ス 環 境 は 、両 面 市 場 モ デ ル に お け る「 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 」 や MSPモ デ ル 修 正 で 登 場 し た 「 加 入 」 な ど の 概 念 を 超 え て 、 よ り き め 細 か い 整 理 を 可 能 に す る 新 た な 枠 組 み を 求 め て い た 。こ の よ う なニーズに応えた取組みの一つとして評価できる。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT資 料 ( slideshare掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第二節 デジタルプラットフォームとデジタルインフラストラクチャ 第一章、第二章で述べたように、ビジネス環境の変化に対応して、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 系 譜 で も 様 々 な 対 応 の 努 力 が 行 わ れ て き た 。一 方 、 第 三 章 で 述 べ た よ う な 視 点 か ら の 理 論 構 築 も 行 わ れ て き た 。し か し 、各 学問のテリトリーの壁は大きく、情報システム理論、戦略的経営、プラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 含 む 経 済 学 的 研 究 は 、デ ジ タ ル 時 代 の プ ラ ッ ト フ ォ 17

18.

ームとインフラストラクチャの理解を別々に報告してきたきらいがあ る。 し か し 、そ の よ う な 取 組 み は 限 界 に 来 て お り 、社 会 と ビ ジ ネ ス 両 方 の 分 野 で 差 し 迫 っ た 政 策 課 題 や 情 報 戦 略 に 取 り 組 む に は 、従 来 の 壁 を 乗 り 越えた取組みが必要である。本稿の流れで言えば、第一章、第二章の流 れと第三章の流れを融合させ、両方を同時に議論する取組みである。 第 一 節 は「 エ コ シ ス テ ム 」を 今 ま で の 前 提 に 捕 ら わ れ ず に 分 析 し た 新 たな取組みの一例であった。 こ の よ う な 取 組 み を も う 少 し 体 系 的 に 考 え た 論 文 が 、 2018年 に Constantinides,Henfridson,Parker に よ っ て 発 表 さ れ た 。 タ イ ト ル は Platforms and Infrastructures in the Digital Age で あ る 。 その見立てでは、現在のビジネス環境はデジタル化の深化によって、 ① イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 と 、② プ ラ ッ ト フ ォ ー ム のインフラ ストラ クチャ化 が、同時 に発生して いる と いう。そのよ うな 視 点 か ら す る と 、プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー と 補 完 者 の 価 値 共 創 を 継 続 さ せ る イ ン セ ン テ ィ ブ 構 造 の 設 計 も 一 段 と 複 雑 に な る 。ま た 、考 慮 す べ き 範 囲 はデジタルプラットフォームとデジタルインフラストラクチャの両側 面に跨る。そして、両側面の戦略は異なる性質を持っているが、両側面 は 連 続 し て 把 握 す る こ と が 可 能 で あ り 、今 後 の 規 模 と 集 約 効 果 の 獲 得 に は 両 側 面 を 同 時 に 考 察 し た 上 で 、組 織 の 設 計 と イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 設 計のバランス確保が重要だとしている。 最 近 、「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 企 業 の 黄 金 時 代 は 終 わ っ た 」 と の 言 説 を 見 か け る こ と も 多 く な っ た 。本 稿 で も 最 初 か ら 述 べ て き た よ う に 、単 純 な ネットワーク効果狙いの古典的両面市場モデルベースのプラットフォ ー ム の 時 代 は と っ く に 終 了 し て い る 。そ し て 、そ の 後 も 多 様 な 工 夫 は 登 場しており、それらに追随しようとする取組みは、前節 の「エコシステ ム 理 論 の 構 築 」な ど に も み ら れ る 。本 節 は さ ら に 視 野 を も う 一 歩 広 げ た 、 デジタルプラットフォームとデジタルインフラストラクチャの同時考 察 の 勧 め で あ る 。こ の 方 向 で は 結 果 的 に 組 織 の 見 直 し 論 に ま で 入 ら ざ る を 得 な い 。デ ジ タ ル ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン と も 類 似 の ス コ ー プ に な ると思われる。 よ り 詳 し い 情 報 は PPT資 料 ( slideshare掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第三節 デジタルエージのプラットフォーム理論の課題 現 在 は 、 G A FA や シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー に 限 ら ず 、 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が ほ と ん ど 全 て の 産 業 を 変 革 し て い る 。そ こ で 、こ の テ ー マ は徐々に情報システム研究の主流になっている。 但し、デジタルプラットフォームは、分散の性質も持ち、各種機関、 市 場 、技 術 と 絡 み 合 っ て 、理 論 を 構 築 す る 研 究 対 象 と し て は 大 変 困 難 な 性質を持っている。しかし、大変重要な分野なので、今までもプラット 18

19.

フォームについての議論は多い。だが、結論的に言うと、デジタルでは ない世界観から行われてきた側面が強い。 第 三 章 で も 述 べ た よ う に 、デ ジ タ ル 化 と い う の は 非 デ ジ タ ル 化 と は か な り 異 な る 側 面 が あ り 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に つ い て も い く つ か の 点 で 著 しく異なる。そこで、現在の議論は、新たな状況を議論するのに、概念 や記述法は既存の非デジタル時代に開発されたプラットフォーム理論 か ら 借 用 し て 議 論 し て い る 側 面 が あ る 。こ の 状 況 は そ ろ そ ろ 限 界 に 来 て いる。 し か し 、だ か ら と 言 っ て 、デ ジ タ ル エ ー ジ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 が 早 期 に 登 場 し て 来 そ う な 状 況 に は な い 。多 様 な 側 面 が 絡 ま り 過 ぎ て 問 題 を 難 し く し て い る だ け で は な い 。コ ア を 成 す の は 、単 に 価 格 政 策 な ど で 割 り 切 れ な い 内 容 で 、組 織 構 造 変 革 な ど に ま で 及 ぶ は ず だ が 、研 究 対 象 として期待される既存の成功したプラットフォーマーがそれらに関係 す る 幅 広 い デ ー タ や 実 態 を 研 究 者 達 に 詳 ら か に す る か と 言 う と 、そ れ は 無 理 だ ろ う と 予 想 さ れ る 。そ の よ う な こ と も 早 期 の 理 論 登 場 を 難 し く し ていると思う。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 四 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。本 章 で 紹 介 し た 論 文 は 既 存 学 問 の テ リ ト リ ー を 超 え た 取 組 み を 行 っ て い る 。第 一 節 で 取 り 上 げ た 論 文 は 、 J a c o b i d e s は 組 織 論 、C e n n a m o , G a w e r は 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 有 力 学 者 で あ る 。 第 二 節 で 取 り 上 げ た 論 文 も 、 Henfridson は 第 三 章 で 紹 介 し た 分 野 、 Parker は 経 営 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 有 力学者である。但し、第三節も含めて、内容的にはエコシステム分類の 試み、新たな取組みの提案、新たなスコープで想定される課題抽出、の レベルに留まっている。 今 後 、こ の 延 長 で 新 た な 枠 組 み の 妥 当 性 を 現 実 の ビ ジ ネ ス 環 境 と 突 き 合わせて、理論・実践両面からの具体化が望まれる。 最 後 に 全 体 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。最 初 に 第 一 章 で 述 べ た よ う に 、両 面 市 場 モ デ ル は 、 た ま た ま 1990 年 代 に 発 生 し た 米 国 の ク レ ジ ッ ト カ ー ド 独 占 禁 止 法 事 件 分 析 の た め 、経 済 学 系 の 有 力 学 者 が 経 済 数 学 を 駆 使 し て 構 築 し た も の で あ る 。そ の 後 、デ ジ タ ル 化 の 深 化 で ビ ジ ネ ス 環 境 は 大 き く 変 化 し た 。従 っ て 、複 雑 に な っ た 現 在 の デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 世 界 を 、嘗 て と 同 様 に 新 た に 傑 出 し た 学 者 が 登 場 し て 明 快 な 理 論 を 構 築するのは、対象の広がりを見ても不可能と思われる。 だ か ら と 言 っ て 、既 存 の 理 論 を 現 在 の 状 況 に 無 自 覚 に 適 応 し よ う と す る の も 極 め て 危 険 で あ る 。場 合 に よ っ て は 間 違 っ た 答 え を 出 す 危 険 性 が あ る 。本 稿 は 、こ の よ う な 自 覚 を 多 く の 人 に 持 っ て 頂 き た い と の 思 い も あ っ て 作 成 し た 。そ れ で は 、当 面 は ど の よ う に 対 処 す れ ば よ い の か だ が 、 19

20.

大きく次の 2 点にまとめられると思う。 ( 1 )プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に 関 わ る 領 域 の 認 識 を 従 来 よ り よ り 広 い 範 囲 に 拡大し、全体としての理解を深めること ( 2 )種 々 の 切 り 口 の 知 見 が 登 場 し て い る こ と を 認 識 し 、こ れ ら を 活 用 した多面的分析を自らの課題に試みること こ の よ う な 方 針 に 賛 同 し 、 こ の よ う な 取 組 み を 試 み て み よ う か と 思 わ れ た 方 へ の ヒ ン ト に な る 情 報 は 、バ ラ バ ラ で は あ る が 各 所 に ち り ば め た つ も り で あ る 。こ れ か ら ま す ま す 活 況 を 呈 し て 行 く と 思 われるデジタルプラットフォーム市場への新たな取組みにご参考にな れば幸いである。 20