Appleの進化を楽しむための歴史の授業 #wwdctokyo

7.4K Views

June 09, 23

スライド概要

2023年6月6日早朝に開催されたExtended Tokyo - WWDC 2023でPayPayフリマiOSエンジニアの新妻が発表した、LT資料です。
iOSアプリ開発の課題点や進化をAppleの歴史をもとに紐解いていきます。

profile-image

2023年10月からSpeaker Deckに移行しました。最新情報はこちらをご覧ください。 https://speakerdeck.com/lycorptech_jp

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Appleの進化を楽しむための歴史の授業 for WWDC23

2.

初めまして

3.

新妻 広康 にいつま ひろやす • 2021: Yahoo! Japan • PayPayフリマ iOS開発

4.

6月5日

5.

ペッパーくんの誕生日

6.

おめでとう!

7.

9歳

8.

2014年生まれ

9.

同い年

10.

親近感わく

11.

しかも

12.

Swiftの誕生日

13.

2014年6月…

14.

WWDC2014 2014年6月2日

15.

おしい! 2014年6月2日 2014年6月5日

16.

ご退場

17.

WWDC23 !

18.

iOS17 Swift macOS14 M3 Chip VR/AR headset

20.

新しい機能に期待するのもいいけど…

21.

せっかく歴史に残る日なので

22.

歴史の授業しませんか?

23.

WWDC

24.

Worldwide Developers Conference

25.

開発の歴史

26.

おことわり • 歴史の話は自分調べ

27.

おことわり • 歴史の話は自分調べ • 間違えてたらごめん

28.

おことわり • 歴史の話は自分調べ • 間違えてたらごめん • わかる方いればチャットなどで教えてください!

29.

1. ことの始まり 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題

30.

1. ことの始まり

31.

1989

32.

NeXT STEP登場

33.

NeXT STEP での開発環境

34.

Project Builder fi 画像引用:https://www.nextcomputers.org/NeXT les/Docs/NeXTStep/3.3/nd/DevTools/02̲ProjectBuilder/ProjectBuilder.htmld/index.html

35.

Xcode

36.

プロジェクトファイル

37.

Xcode → .xcodeproj Project Builder → .pbproj

38.

Con ict! fl .xcodeproj

39.

Project Builder : 1989 Git : 2005

40.

2003

41.

※1 Project Builder Xcode fi ※1 画像引用:https://www.nextcomputers.org/NeXT les/Docs/NeXTStep/3.3/nd/DevTools/02̲ProjectBuilder/ProjectBuilder.htmld/index.html

42.

2. デバイス多すぎ問題

43.

2007

44.

iPhone

45.

たった4年間で…

46.

2007: iPhone 2007: iPod touch 2008: iPhone 3G 2008: iPod touch(第2世代) 2009: iPhone 3GS 2009: iPod touch(第3世代) 2010: iPhone 4 2010: iPod touch(第4世代) 2010: iPad 2011: iPhone 4S 2011: iPad2

47.

課題

48.

2007: iPhone 2007: iPod touch 2008: iPhone 3G 2008: iPod touch(第2世代) 2009: iPhone 3GS 2009: iPod touch(第3世代) 2010: iPhone 4 2010: iPod touch(第4世代) 2010: iPad 2011: iPhone 4S 2011: iPad2 レイアウト構築がツラい

49.

2011

50.

AutoLayout •画面サイズの違う端末への対応 •デバイスの回転への対応

51.

2. デバイス多すぎ問題 Auto Layout

52.

3. Objective-Cムズすぎ問題

53.

SwiftでHello Worldと出力するUIButtonを作成して

55.

よめる

56.

Objective-CでHello Worldと出力するUIButtonを作成して

58.

よめない

59.

以上!

60.

高速 メモリ管理 静的型付け Optional型

61.

3. Objective-Cムズす ぎ問題 Swift

62.

4. OS多すぎ問題

63.

2001

64.

Mac OS X

65.

2007

66.

iPhone OS

67.

2014

68.

watchOS tvOS

69.

Mac OS X iOS watchOS tvOS

70.

macOS AppKit iOS UIKit watchOS tvOS Watch Kit UIKit TVMLKit

71.

macOS AppKit iOS UIKit watchOS tvOS Watch Kit UIKit TVMLKit Swift

72.

macOS AppKit iOS UIKit watchOS tvOS Watch Kit UIKit TVMLKit Swift

73.

macOS iOS Button.xib AppKit UIKit

74.

macOS iOS この問題を解決する技術 Button.xib AppKit UIKit

75.

2019

76.

SwiftUI

77.

macOS AppKit iOS UIKit watchOS tvOS Watch Kit UIKit TVMLKit SwiftUI Swift

78.

ただモダンな書き方ができる フレームワークだと思ってました…

79.

macOS AppKit iOS watchOS tvOS UIKit Watch Kit SwiftUI Swift UIKit TVMLKit VR/AR

80.

4. OS増えすぎ問題 SwiftUI

81.

1. ことの始まり Project Builder 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題

82.

1. ことの始まり Auto Layout 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題

83.

1. ことの始まり 2. デバイス増えすぎ問題 Swift 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題

84.

1. ことの始まり 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題 SwiftUI

85.

1. ことの始まり 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題

86.

VR/ARデバイス来る予感…!

87.

1. ことの始まり 2. デバイス増えすぎ問題 3. Objective-Cムズすぎ問題 4. OS多すぎ問題 5. ???

88.

ありがとうございました