運用業務とスクラムは本当に組み合わせにくいのか︖運用業務が大半を占めるプロダクト開発での試行錯誤

1.4K Views

November 07, 22

スライド概要

Women Developer Summit 2022

profile-image

エンジニア・デザイナー向けのヤフー公式アカウント。イベント/登壇情報/ブログ記事など、ヤフーの技術・デザインに関わる情報を発信します。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

運⽤業務とスクラムは 本当に組み合わせにくいのか︖ 運⽤業務が⼤半を占めるプロダクト開発での試⾏錯誤 ヤフー株式会社 中井菜⼦ @Women Developers Summit 2022 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

2.

⾃⼰紹介 中井 菜⼦(@nako418) ヤフー株式会社 2018年4⽉〜 プロダクトオーナーとしてスクラムに関わりはじめる 2020年7⽉〜 とある社内プロダクトたちのプロダクトオーナー フットサル、ボードゲーム ⾸と肩と背中がバキバキでやばい。 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

3.

今⽇のお話 • 運⽤業務とスクラムを組み合わせていくうえでの試⾏錯誤 • 運⽤業務とスクラムは組み合わせにくいというお話を聞いた • 実際に⾃分もうまくいかずに試⾏錯誤した具体的な内容 • 運⽤業務とスクラムは組み合わせにくいのか︖に対する私な りの答え • プロダクトオーナーではなく、いちスクラムチームメンバー の視点での How のお話が中⼼ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

4.

もくじ 1. はじめに 2. わたしたちのチームとプロダクト 3. スクラムで運⽤業務を扱うための試⾏錯誤 4. まとめ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

5.

1. はじめに 運⽤業務とスクラムは組み合わせにくいのか︖ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

6.

1. はじめに このテーマを選んだきっかけ • スクラム関連のイベントで⽿にしたお話 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

7.

1. はじめに このテーマを選んだきっかけ • スクラム関連のイベントで⽿にしたお話 障害対応とか予測できないし、 スプリント計画に⼊れられなくて 困るんだよね 運⽤業務ってスクラムで どう扱ってる︖ スケジュールありきだと スクラムと合わない 定常的な運⽤業務が多くて、 インクリメントと⾔えるものがない。 ⼿順が決まっているのでプランニングもいらない。 ただタスクをこなすだけになってしまう ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

8.

1. はじめに このテーマを選んだきっかけ • スクラム関連のイベントで⽿にしたお話 障害対応とか予測できないし、 運⽤業務ってスクラムで スプリント計画に⼊れられなくて どう扱ってる︖ 困るんだよね たしかに、 ⾃分も思い当たることがあるな、、 スケジュールありきだと 定常的な運⽤業務が多くて、 でも本当にそうなのかな︖ スクラムと合わない インクリメントと⾔えるものがない。 ⼿順が決まっているのでプランニングもいらない。 ただタスクをこなすだけになってしまう ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

9.

1. はじめに 本セッション内での運⽤業務とは • システム運⽤・保守業務や業務運⽤のこと • 定常的に実施する業務 • 外的要因により突発的に実施する業務 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

10.

1. はじめに 本セッション内での運⽤業務とは 定常運⽤業務 • 定期的におこなう証明書更新 • 定期的におこなうソフトウェアのアップデート • 需要に応じたキャパシティの拡張やライフサイクルへの対応 • 負荷が⾼くなるイベントへの事前準備と対策 突発運⽤業務 • ユーザーからの問い合わせへの対応 • 突発的に発⽣する障害やインシデントへの対応とその対策 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

11.

1. はじめに スクラムとは 複雑な問題に対応する 適応型のソリューションを通じて、 ⼈々、チーム、組織が 価値を⽣み出すための軽量級フレームワーク 「スクラムガイド2020年度版」 Ken Schwaber&Jeff Sutherland著 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

12.

組み合わせにくい理由はなんだろう︖ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 🤔

13.

1. はじめに スクラムとは 複雑な問題に対応する 適応型のソリューションを通じて、 ⼈々、チーム、組織が 価値を⽣み出すための軽量級フレームワーク 「スクラムガイド2020年度版」 Ken Schwaber&Jeff Sutherland著 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

14.

1. はじめに スクラムとは 適応型のソリューションに あっていない︖ 複雑な問題に対応する 適応型のソリューションを通じて、 ⼈々、チーム、組織が 価値を⽣み出すための軽量級フレームワーク 価値を⽣み出せていない︖ 「スクラムガイド2020年度版」 Ken Schwaber&Jeff Sutherland著 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

15.

1. はじめに 運⽤業務とスクラムが組み合わせにくそうなワケ 定常運⽤業務 • インクリメントが⼩さく優先順位が下がりやすい • スケジュールベースの作業が多い • タスクをこなすだけになりやすい 突発運⽤業務 • 事前に計画がたてにくい ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

16.

2. わたしたちのチームとプロダクト 7割以上が運⽤業務 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

17.

2. わたしたちのチームとプロダクト わたしたちのチーム • LeSSで開発 • 全25⼈ • 4つのdevチーム + スクラムマスター + プロダクトオーナー • 2つのプロダクトを担当 • 新旧2つの社内向けプラットフォーム • この体制になって2年 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

18.

2. わたしたちのチームとプロダクト 担当している2つのプロダクト • 新プロダクト • これから伸びていくプロダクト • 利⽤者もまだ少なく、まだ⾜りていない機能を開発中 • 定常運⽤業務はそこそこある • 旧プロダクト • もうそろそろ引退が⾒えてきたプロダクト • プロダクトの規模も利⽤者も⼤きく定常運⽤業務が多い • 障害も多いため、突発運⽤業務も多い ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

19.

2. わたしたちのチームとプロダクト プロダクト内での運⽤業務 • 直近の半年〜1年で実施した運⽤業務量 運⽤業務の種類 新プロダクト 旧プロダクト 5件/年 60件/年 定期的におこなうソフトウェアのアップデート 1回5クラスタ/毎⽉ 1回30クラスタ/半年~1年 需要に応じたキャパシティの拡張やライフサイ クルへの対応 業務全体の15% 業務全体の10% 業務全体の1% 業務全体の2% 業務全体の約10% 業務全体の約40% 定期的におこなう証明書更新 負荷が⾼くなるイベントへの事前準備と対策 ユーザーからの問い合わせへの対応 突発的に発⽣する障害やインシデントへの対応 とその対策 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

20.

2. わたしたちのチームとプロダクト プロダクト内での運⽤業務 • 直近の半年の業務割合 新プロダクト 旧プロダクト 約4割が運⽤業務 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 約8割が運⽤業務

21.

2. わたしたちのチームとプロダクト プロダクト内での運⽤業務 • 直近の半年の業務割合 2つのプロダクトの合計 約7割が運⽤業務 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

22.

3. 運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 試したこととその結果起きたこと ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

23.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 試したこと 1. すべての業務をバックログで扱う 2. スプリント固定のアイテムをつくる 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 4. Pagerアイテムで備える ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

24.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1. すべての業務をバックログで扱う • 期待していたこと • やるべきことが可視化される • 運⽤業務にもちゃんと着⼿できる 開発アイテム バックログ ⾼ 優先順位 運⽤業務のアイテム 低 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

25.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1. すべての業務をバックログで扱う • 起きたこと • あとから追加された開発アイテムがより⾼い位置に • 運⽤業務の優先順位がなかなか上がらない 次スプリントが始まる頃 スプリント開始前のバックログ 次スプリント着⼿ 次スプリント着⼿ 次々スプリント着⼿ 次々スプリント着⼿ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

26.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1. すべての業務をバックログで扱う • 起きたこと • あとから追加された開発アイテムがより⾼い位置に • 運⽤業務の優先順位がなかなか上がらない スプリント開始前のバックログ あとから増えたアイテムが 次スプリントが始まる頃 より⾼い優先順位に⼊ってしまう 次スプリント着⼿ 次々スプリント着⼿ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 次スプリント着⼿ 次々スプリント着⼿

27.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-1. ⼀連の作業を分割すると価値がなくなる • キャパシティを拡⼤するために必要な⼀連の作業を、1スプ リントで終わる単位の複数のアイテムに分割 ⼀連の作業を⼩さく分割したアイテム バックログ 1. 作業の準備(事前申請作業など) 次スプリント着⼿ 2. 作業その1 3. 作業その2 4. 監視設定など 5. ユーザー提供開始 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

28.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-1. ⼀連の作業を分割すると価値がなくなる • キャパシティを拡⼤するために必要な⼀連の作業を、1スプ リントで終わる単位の複数のアイテムに分割 • 1つ1つのアイテムで提供できる価値がなく優先順が下がる ⼀連の作業を⼩さく分割したアイテム バックログ 1. 作業の準備(事前申請作業など) 次スプリント着⼿ 2. 作業その1 3. 作業その2 4. 監視設定など 価値が⼩さいので低い位置 なかなか着⼿されない 5. ユーザー提供開始 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

29.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-2. 価値はあっても数が多くて全然おわらない • ソフトウェア・アップデートのためのアイテムを、クラスタ単位(= 作業単位)で作成 同じ作業をクラスタ単位で分割したアイテム バックログ ソフトウェア・アップデート(クラスタA) ソフトウェア・アップデート(クラスタB) ソフトウェア・アップデート(クラスタC) ソフトウェア・アップデート(クラスタD) ソフトウェア・アップデート(クラスタE) ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 次スプリント着⼿

30.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-2. 価値はあっても数が多くて全然おわらない • ソフトウェア・アップデートのためのアイテムを、クラスタ単位(= 作業単位)で作成 同じ作業をクラスタ単位で分割したアイテム バックログ ソフトウェア・アップデート(クラスタA) 実施済 ソフトウェア・アップデート(クラスタB) ソフトウェア・アップデート(クラスタC) ソフトウェア・アップデート(クラスタD) ソフトウェア・アップデート(クラスタE) ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 次スプリント着⼿

31.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-2. 価値はあっても数が多くて全然おわらない • ソフトウェア・アップデートのためのアイテムを、クラスタ単位(= 作業単位)で作成 同じ作業をクラスタ単位で分割したアイテム バックログ ソフトウェア・アップデート(クラスタA) 実施済 ソフトウェア・アップデート(クラスタB) ソフトウェア・アップデート(クラスタC) ソフトウェア・アップデート(クラスタD) 実施済 ソフトウェア・アップデート(クラスタE) 次スプリント着⼿ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

32.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 1. すべての業務をバックログで扱う 1-2. 価値はあっても数が多くて全然おわらない • ソフトウェア・アップデートのためのアイテムを、クラスタ単位(= 作業単位)で作成 • できるタイミングで1アイテムずつ実施していたら、いつまで経って も終わらない 他のアイテムがどんどん⼊って ソフトウェア・アップデート(クラスタA) 着⼿が遅れる 同じ作業をクラスタ単位で分割したアイテム バックログ 実施済 ソフトウェア・アップデート(クラスタB) ソフトウェア・アップデート(クラスタC) ソフトウェア・アップデート(クラスタD) 実施済 ソフトウェア・アップデート(クラスタE) 次スプリント着⼿ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

33.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2. スプリント固定のアイテムをつくる • 期待したこと • 予め決めた⽇に確実に作業が実施できる • 定期的に⾏う必要のある作業が遅れない • インクリメントがなくても、計画的に実施できる スプリント 次スプリント バックログ 固定アイテムは予め実施を 予定しているスプリントに⼊れる 固定アイテムの他に、次スプリント着⼿予定のアイテム ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

34.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2. スプリント固定のアイテムをつくる • 起きたこと • ⻑期間に渡るリリースをスケジュール通りに実施できている • スプリントプランニングで優先順位を考えやすくなった スプリント 次スプリント 固定アイテムはプランニング時点で 優先順位が⼀番上に来るので 確実に実施される バックログ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

35.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2-1. 期⽇から逆算して、毎スプリント少しずつ進められた • キャパシティの拡⼤や、ソフトウェア・アップデートは複数 のアイテムに分割 • 期⽇から逆算して実施⽇を決める • 実施すべきスプリントに予め配置しておく アイテムを作成し 期⽇から逆算して実施⽇を決める スプリント 次スプリント 作業1(MM/DD実施) 作業2(MM/DD実施) 作業3(○○スプリント実施) バックログ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

36.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2-1. 期⽇から逆算して、毎スプリント少しずつ進められた • キャパシティの拡⼤や、ソフトウェア・アップデートは複数 のアイテムに分割 • 期⽇から逆算して実施⽇を決める • 実施すべきスプリントに予め配置しておく アイテムを作成し 期⽇から逆算して実施⽇を決める 実施するスプリントにアイテムが 作業1(MM/DD実施) 置かれていることで確実に実施される 作業2(MM/DD実施) 作業3(○○スプリント実施) スプリント 次スプリント バックログ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

37.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2-2. リリース⽇が固定されている作業にマッチした • 証明書更新⽤のアイテムを、実施⽇固定で作成 • 実施⽇を含むスプリントに固定で配置して実施 スプリント 実施⽇を決めてアイテム化 証明書更新A 証明書更新B 次スプリント 証明書更新C バックログ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

38.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 2. スプリント固定のアイテムをつくる 2-2. リリース⽇が固定されている作業にマッチした • 証明書更新⽤のアイテムを、実施⽇固定で作成 • 実施⽇を含むスプリントに固定で配置して実施 • そのスプリントのプランニング時点では優先順位が⼀番⾼い ので確実に実施される スプリント 実施⽇を決めてアイテム化 証明書更新A 証明書更新B 次スプリント 証明書更新C 優先順位が⼀番⾼いので 確実に実施される ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. バックログ

39.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる • 期待したこと • 定型化された定常運⽤業務が減ってトイル削減 • より開発業務に取り組めるようになる 定型化された定常運⽤業務のアイテム 価値を⽣み出す開発アイテムにする ○○申請の対応 ○○申請対応の⾃動化 ✕ ✕申請の対応 ✕ ✕申請対応の⾃動化 対応⼿順がわかっているアラートの対応 アラートのオートヒーリング導⼊ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

40.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる • 起きたこと • 定常運⽤業務が減ってコスト削減 • 利⽤者にも影響がある作業の⾃動化でwin-win • 優先順位が上がらず未着⼿になったアイテムもあった ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

41.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3-1. ⾃動化で利⽤者と運⽤者が win-win に • 利⽤申請への対応を定常運⽤業務として、毎週対応していた • 対応内容を⾃動化するべくアイテムを作成 申 請 定型化された運⽤業務のアイテム ○○申請の対応 価値を⽣み出す開発アイテム ○○申請対応の⾃動化 利⽤者 運⽤者 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

42.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3-1. ⾃動化で利⽤者と運⽤者が win-win に • 利⽤申請への対応を定常運⽤業務として、毎週対応していた • 対応内容を⾃動化するべくアイテムを作成 • ⾃動化によって、わたしたちのトイル削減、利⽤者のリード タイム短縮というwin-winな効果を得られた 申 請 定型化された運⽤業務のアイテム ○○申請の対応 価値を生み出す開発アイテム ⾃動化によって ⼀連の作業が必要なくなった ○○申請対応の⾃動化 利⽤者 運⽤者 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

43.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3-2. 得られるリターンが⼩さいと未着⼿のまま • たまに実施する作業を⾃動化するアイテムを作成 • インクリメントが明確になることで他アイテムと⽐較できる 定型化された運⽤業務のアイテム バックログ ○○申請の対応 次スプリント着⼿ 作業を⾃動化するアイテムを作成 ○○申請対応の⾃動化 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

44.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる 3-2. 得られるリターンが⼩さいと未着⼿のまま • たまに実施する作業を⾃動化するアイテムを作成 • インクリメントが明確になることで他アイテムと⽐較できる • 作業頻度が少ないが⾃動化のコストは⼤きいなど、コストに ⾒合わないと優先順位が上がらない 定型化された運用業務のアイテム バックログ 作業頻度/量に対して⾃動化する ○○申請の対応 コストが⾼く優先順位が上がらない 作業を⾃動化するアイテムを作成 ○○申請対応の⾃動化 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 次スプリント着⼿

45.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4. Pagerアイテムで備える • 期待していたこと • アラートや障害のなどの突発運⽤業務が、他アイテムに影響なくで きる スプリント 次スプリント バックログ pager pager Pager担当⽤のアイテムを 予めスプリントに⼊れる 次スプリント着⼿予定 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

46.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4. Pagerアイテムで備える • 起きたこと • 障害が発⽣してもスプリントへの影響を与えにくい • Pagerで実施している改善策が⾒えない • ある程度の規模を上回るとpagerで対応しきれない ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

47.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4-1. 障害が発⽣してもスプリントへの影響がない • Pagerの枠で突発運⽤業務を吸収 • 予め⼀定量を想定してスプリントに組み込んでいるため、障 害が発⽣しても他アイテムへの影響がない とあるスプリントの スプリントバックログアイテム Pager 障害発⽣ hogehoge開発アイテム Fuga開発アイテム piyoアイテム 障害を気にせず 開発アイテムを進められる ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

48.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4-2. Pagerアイテムのブラックボックス化 • Pagerの枠で突発運⽤業務の改善を実施 • 対応不要のアラートがなったら、それがならないようにする改善 • 問い合わせにより提供ドキュメントの不備に気づいたらその修正 • Pagerの枠に隠れて改善策が⾒えない Pager ドキュメント修正 ユーザー対応 Pagerという枠に隠れて ブラックボックス化 アラート改善 ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

49.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4-3. Pagerで対応しきれずスプリントを中⽌ • Pager枠は突発運⽤業務を吸収 • 突発運⽤業務がたくさん発⽣して吸収しきれなくなる とあるスプリントの スプリントバックログアイテム Pager 緊急対応 障害発⽣ hogehoge開発アイテム Fuga開発アイテム 障害発⽣ piyoアイテム ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

50.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4-3. Pagerで対応しきれずスプリントを中⽌ • Pager枠は突発運⽤業務を吸収 • 突発運⽤業務がたくさん発⽣して吸収しきれなくなる とあるスプリントの スプリントバックログアイテム 緊急対応 障害発⽣ hogehoge開発アイテム Pager Fuga開発アイテム 障害発⽣ piyoアイテム ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

51.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 - 4. Pagerアイテムで備える 4-3. Pagerで対応しきれずスプリントを中⽌ • Pager枠は突発運⽤業務を吸収 • 突発運⽤業務がたくさん発⽣して吸収しきれなくなる • スプリントを中⽌する とあるスプリントの スプリントバックログアイテム 緊急対応 障害発⽣ hogehoge開発アイテム Pager Fuga開発アイテム piyoアイテム 障害発⽣ できなくなるアイテムが増え スプリントを中⽌する ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

52.

運⽤業務をスクラムで扱うための試⾏錯誤 試したことと結果 1. すべての業務をバックログで扱う ➤ 可視化はされたが課題も多かった 2. スプリント固定のアイテムをつくる ➤ 割とうまくいっている 3. 固定の定常運⽤業務を⾃動化するアイテムをつくる ➤ うまくいく場合もあったがそうでない場合もあった 4. Pagerアイテムで備える ➤ 割とうまくいっているが、課題もある ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

53.

4. まとめ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

54.

まとめ 運⽤業務とスクラムは組み合わせにくいのか︖ ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

55.

まとめ 運⽤業務とスクラムは組み合わせにくいのか︖ そんなことはない ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved. 🙅

56.

まとめ 運⽤業務とスクラムが組み合わせにくそうなワケ 定常運⽤業務 • インクリメントが⼩さく優先順位が下がりやすい • スケジュールベースの作業が多い • タスクをこなすだけになりやすい 突発運⽤業務 • 事前に計画がたてにくい ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

57.

まとめ 運⽤業務とスクラムが組み合わせにくそうなワケ 定常運⽤業務 • インクリメントが⼩さく優先順位が下がりやすい • スケジュールベースの作業が多い • タスクをこなすだけになりやすい 突発運用業務 それで良しとして可視化する ⾃動化することで価値を提供する • 事前に計画がたてにくい 計画的な実施が必要なものは 予めスプリントにいれることで 優先順位をあげる ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

58.

まとめ 運⽤業務とスクラムが組み合わせにくそうなワケ 定常運⽤業務 • インクリメントが⼩さく優先順位が下がりやすい 予め多少のバッファをもたせて、スプリ ントに影響を与えないようにする。 • スケジュールベースの作業が多い あとは都度調整をおこなう • タスクをこなすだけになりやすい 突発運⽤業務 • 事前に計画がたてにくい ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

59.

まとめ 運⽤業務をスクラムで扱うコツ • スケジュールありきの運⽤業務は、無理にバックログで扱わ ないでスプリントを固定するとうまくいきそう • ただの運⽤業務に⾒えるものも、視点を変えればインクリメ ントのある開発業務にできる場合がある • 突発運⽤業務に対しては予めバッファを持っておくことで対 応できそう ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

60.

まとめ さいごに • スクラムの検査と適応を、プロダクトだけでなく仕組みに対 しても実践していくことで、扱い⽅をアップデートしていけ る • そうすることで運⽤業務とスクラムという⼀⾒組み合わせに くいものでもうまく組み合わせていくことができる ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

61.

ありがとうございましたmm ©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.

62.

©2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.