アセナピン(シクレスト)なぜ舌下錠?

1.2K Views

March 13, 22

スライド概要

アセナピン(シクレスト)がなぜ舌下錠なのかにつき精神科医としてYouTubeや講演で解説するのに使用した資料です。レクチャーでの使用OKです。

profile-image

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
2.

アセナピン シクレスト® なぜ舌下錠?

3.

アセナピン 非定型抗精神病薬のひとつ 統合失調症の薬

4.

飲み込まない薬 舌下投与後10分間は 飲食を避ける

5.

飲み込んでも 舌下でも どうせ体に入るなら 一緒じゃない?

6.

飲み込むと 生物学的利用能は 2%以下 Citrome, Neuropsychiatr Dis Treat. 2011 PMID: 21655346

7.

腸で吸収された薬はすべて肝臓に運ばれる

8.

舌下吸収だとそのまま血流に!

9.

舌下投与だと 生物学的利用能は 35% 約 アセナピン インタビューフォーム

10.

舌下吸収だと 他にもいいことあるかも • 早い • 太りづらい

11.

舌下吸収だと 血中濃度の立ち上がりも早い

12.

アセナピンの 5-HT2B/2C遮断は 肥満をもたらすはず なのに、なぜ アセナピンは太りづらい?

13.

胃での 5-HT2B/2C刺激が 食欲を抑える De Vry & Schreiber. Neurosci Biobehav Rev. 2000 PMID: 10781694

14.

舌下吸収だと 胃での5-HT2B/2C遮断が 生じない ゆえに 太りづらい

15.

苦み D-ソルビトールが 緩和 アセナピンによる 兼重順一ら, 味覚センサを用いたアセナピンマレイン酸塩の味覚に与える口腔ケア製品中成分の影響評価, 新薬と臨牀, 2020, 60(10), 1167-75