経皮吸収製剤 精神科の貼り薬の話

833 Views

March 03, 22

スライド概要

経皮吸収製剤について、精神科医として解説した資料です。レクチャーでの使用OKです。

profile-image

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
2.

向精神薬の経皮吸収製剤は リバスチグミン 抗認知症薬 ブロナンセリン 抗精神病薬

3.

リバスチグミン 18mg 名 刺 3.5cm ブロナンセリン 40mg

4.

経皮吸収されるかは 分子量 が影響 ブロナンセリン367 リバスチグミン250 Bos & Meinardi, Exp Dermatol. 2000 PMID: 10839713

5.

経口薬の 薬物動態 は複雑

6.

経口のブロナンセリン 空腹時摂取だと 血中濃度が 食後摂取より低い 経皮吸収剤 で解決♪

7.

経口の リバスチグミンは 嘔気が問題 経皮吸収剤 で解決♪

8.

経皮吸収製剤は経口薬より 血中濃度の変動が 緩やか

9.

分や時の単位で 効かせるには 経皮吸収製剤は不向き

10.

日の単位での効果は 経皮吸収製剤でも 経口薬と大差なし

11.

経皮吸収製剤は 適度な血中濃度を 目指しやすい

12.

経口薬 経皮吸 収製剤 日に何度も 一日一回 が多い が多い

13.

副作用が生じても 経口薬は 待つだけ 経皮吸収製剤 は剥がせる

14.

リバスチグミン 胸 背 上腕 ブロナンセリン 胸 背 腹

15.

部位によって吸収が異なる 胸100 上腕92 腹80 大腿71 背100 リバスチグミンの経皮吸収製剤の部位による比較 Lefèvre et al., J Clin Pharmacol. 2007 PMID: 17389556

16.

剥がすたび 角質層が 剥がれる 部位を 移しながら使用

17.

剥がすときはゆっくり 勢いよく剥がすと 角質が剥がれすぎる

18.

皮膚が乾燥してると 皮膚のバリア機能が 落ちて透過性が増す

19.

リザーバー型 ニトログリセリン マトリックス型 リバスチグミンなど多数 テープ型 ブロナンセリン 薬剤を含有する層 粘着層 薬剤を含有する 粘着層

20.

経皮吸収製剤 20~50% に皮膚症状 多くが軽症~中等症 中止にいたるのは1.7~6.8% Ale et al., Adv Ther. 2009 PMID: 19967501

21.

刺激性 接触皮膚炎 貼った範囲の 紅斑 アレルギー性 接触皮膚炎 貼った範囲を超えうる 丘疹、水疱、 盛り上がりなど

22.

普段のスキンケア ヘパリン類似物質 含有製剤 ヒルドイド®など

23.

アレルギー性接触皮膚炎 その薬の中止 ストロングクラスのステロイド リンデロン -V軟膏など 🄬 もったいがらず怖がらず 十分塗って早く治して 治ったら中止

24.

ブロナンセリンは 大きい割に 伸縮性がない 前かがみで胸・腹に貼ると つっぱることに注意

25.

リバスチグミンは 水濡れに不向き ブロナンセリンは 添付文書上は 濡らさないように記載あり

26.

ブロナンセリンは 日光を避けるよう 添付文書に記載 されている モルモットで皮膚光感作性が認められた