共起ネットワークの位置調整

24.2K Views

June 23, 23

スライド概要

KH Coderで作成した共起ネットワークを微調整するための手順をご案内します。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

共起ネットワークの位置調整(KH Coder) 立命館大学産業社会学部 樋口耕一 https://khcoder.net 1

2.

1. 共起ネットワークをR形式で保存 1/2 ① 「保存」をクリック 2 click

3.

1. 共起ネットワークをR形式で保存 2/2 ② 「R Source」形式で保存 3 click

4.

2. KH Coderに同梱のRを起動 1/2 ①「kh_coder.exe」と同じ場所にある 「Rgui64.bat」をダブルクリック 4 double click

5.

2. KH Coderに同梱のRを起動 2/2 Rの起動画面 5

6.

3. Rで共起ネットワークを作成 ① ここに保存したR形式ファイルを ドラッグ & ドロップ KH Coderで作成したのと同じ共起 ネットワークが作成される 6

7.

4. 位置を編集(マウス操作) 1/3 ① ここに「tutorial_jp¥R」フォルダの 「netedit_a_mouse1.r」をドラッグ 7

8.

4. 位置を編集(マウス操作) 2/3 ② このWindowが開くので、 マウス操作で位置を編集する Windowを広げてから、 「view」「Fit to screen」を クリックすると拡大できる 8

9.

4. 位置を編集(マウス操作) 3/3 ③ ここに「tutorial_jp¥R」フォルダの 「netedit_a_mouse2.r」をドラッグ 編集内容が取り込まれる 9

10.

5. 編集した共起ネットワークを保存 1/2 ① ここに「tutorial_jp¥R」フォルダの 「netedit_save.r」をドラッグ 10

11.

5. 編集した共起ネットワークを保存 2/2 ② PDF, EMF, PNGから 形式を選んで保存 11

12.

完了! 12

13.

座標編集による調整も可能 「4. 位置を編集」以降の操作が変わる ① ② ③ ④ 13 「netedit_b_coord1.r」でCSVファイルを保存 CSVファイルを開いて座標を編集 →上書き保存 「netedit_b_coord2.r」でCSVファイルから座標を読み込む 「netedit_a_save.r」で保存