200422 Prediction of changes in xR developers' community in local city and an idea for constructing sub-ecosystem

-- Views

April 22, 20

スライド概要

The talk was demonstrated in HoloLens Meetup at cluster vol.1 LT on 22th April, 2020.

profile-image

Scientist/Developer Relations. Hokkaido MotionControl Network(#DoMCN)のお知らせ担当。 実験系研究者のデジタルツール導入のお手伝いが本業です。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

xRコミュニティの 変容予測と提言 ~極北拠点からの観測と今後~ Hokkaido MotionControl Network Junya Ishioka (@jun_mh4g) 大学・高校・研究機関連携担当 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

2.

まずはエモートを出してみよう Noは赤 Yesは 出せない人は“↓”キーで後退 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

3.

まずはエモートを出してみよう グルーヴ感大事 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

4.

お伝えしたい内容 対象 地方でxRコミュニティを 始めたい・続けたい人 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

5.

自己紹介 ハードルを下げる係 for 学生・研究者・開発者・DevRel etc. 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

6.

札幌xRの出来事を2コマで 2018/2/18 東京 HoloLens Meetup 2019/5/29 de : code 2019 黒幕 #DoMCN 創設 @jojomonvr 通りすがり 第一回札幌 ミートアップ 司会 @akipman 1年 旧 新 その4日前のさっぽろ HoloLens Meetup の集合写真 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

7.

参考にしたコミュニティ達 第7回目 2019/11/16 #xRTechTokyo #KumaMCN #大阪駆動開発 ガジェット不問展示 オカンホスピタリティ 定期開催 名札シール利活用 クラッピーチャレンジ #XRMTG 展示時間多め 来客駆動meetup おととしから @ikkou @sotongshi 多拠点接続 @makoragi @iwatch924 初回 @takabrz @diberidarshi #VRChat xR vs VRC ミートアップ 地域軸を無視 @Tnohito1 #CMC_Meetup (オフライン/ アウトプット/ コンテキスト) ファースト 好奇心の濃縮 @hide69oz +独自仕様 クチコミネットワーク 前夜祭・後夜祭の存在 他コミュから勧誘 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

8.

しかし原理がひっくり返った before after つい移動したくなる 集まる 移動・接触を最小限に オンライン 沼へ… 対面 厚生労働省HPより 機会 繋がり 繋がり 機会 原理の変化に伴い順序反転 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

9.

地方の弱点 実機が観測できない エモートアンケートタイム① Noは赤 Yesは 出せない人は“↓”キーで後退 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

10.

地方であっても出来てた事 つよつよ(登壇者含む) 発表と体験の場 つよつよが知り合う 転職 ビジネスが生まれる @shinoblogavi 作 開発(社内) 開発(個人) 個人がつよつよ化 未体験 学生 学生-xR開発者の繋がり確立 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

11.

今:ビジネスのxRコミュ離れ つよつよ ? 発表の場 体験の場 ビジネスxR × 参加NG ? 会社員化した個人 × つよつよ個人 ? 高リスク 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

12.

人的ネットワークが凍結 地方 志向 使用ツール 各オフィス 市町村 都道府県 国 ビジネス エンタメ 活用研究 ガジェット 各種チャット Facebook Twitter Eメール 電話・FAX 開発コミュニティがあるのに 新たな製品フィードバックが発生しなくなる 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

13.

本質に立ち返る さっぽろコミュニティの機能 好奇心の伝播・個人の機会増大 の感染経路と ウイルスの感染経路を明確に分ける 参考 “Empower every person and organization on the planet to achieve more.” Microsoft 企業ミッションより引用 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

14.

ここから提言 移動・接触を最小限に 最適化して体験設計する作戦 「やる気ないMRアンバサダー」の新設 ・HoloLens 2 を体験させる 専属アテンド(必殺かぶせ人)の事 ・地方ごとに細かく配置 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

15.

営業戦略も逆転している 「やる気ないMRアンバサダー」 2週間に1回くらい1~2人と会える 体調の追跡調査ができる人とだけ会う 会いすぎた場合はペナルティ 会わなかった場合は逆ログインボーナス 会う業種は限定しない 返上自由 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

16.

選定のポイント 大企業に属していない or 個人 副業扱いにするとリスク管理が難しい 散発的な地域感染発覚に素早くon/off切り替え 仕事が無くなってそもそもヒマである 手持ちの信頼ネットワークを通じて広める 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

17.

つよつよ芋づるシステム なにが起きそうか 一人目 決裁権&ITエンジニアの組と会うと、 HoloLens買われることが判った 紹介などを得て独自の情報網が拠点ごとに。 近隣で情報連携しつつネットワーク構築。 二人目 かぶせ人ミートアップを定期開催して広く共有・公開 フィードバックをMSが集めてDevRelが本社開発に送る 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

18.

たぶんエコシステムできる DevRelチーム デバイスマーケティング DX(experience)のデータ DX(transformation)の基礎データ い 今までの意味のミートアップ的なオンラインイベント 拠点A 拠点B 拠点C 拠点D 拠点E … ビジネス啓蒙型 かぶせ人増殖型 xR沼に落として 独立させる型 誰とも会わないで ひたすら研さん型 いちいちチョイスが 独特型

19.

どうですかね MR普及のハードルが 下がるんじゃないですかね Noは赤 Yesは 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

20.

六方良し 開発者@地方Dev. ユーザ会社Biz. いち早くデバイス触る機会 導入前検討がより精密に。 Community DevRel. PR 一般(かぶせ人含む) ベンダ 好奇心駆動でも死なない為の ロールモデルの発明 ・支援対象の明確化 ・エコシステムの構築 学生・研究者Sci. 私 「現在」の遠隔技術導入の促進 好奇心の伝染を見てワクワク SciRel. 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク @jun_mh4g

21.

まとめ 今の繋がりを活かそう 好奇心が機会にちゃんと繋がると嬉しい 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

22.

予備スライド 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

23.

好奇心のある人を集めたい 開発者 一般 学生 (ビジネス) 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

24.

発展の様子 https://togetter.com/li/1404413 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

25.

現在 学生比率 他地域比2,3倍 カジュアル服装率 ≒100% 当日無断キャンセル数 2,3件 まとめ用ツイート数 約700~1000 https://togetter.com/li/1404413 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

26.

つい来ちゃった 楽しくなって何か制作 展示に挑戦 講演者としても発信 オンボーディングの実例観測 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

27.

やっと自己紹介

28.

地方xR勢の二列目マンの活動 ・togetterまとめの設計、実行 @jun_mh4g ・道外勉強会・展示会への参加(できればLT) ・新規の参加者への心理障壁を下げる移動式体験会 ・ちらしを作って一言説明用に持ち歩く ・日ごろからツイッターで関心軸の把握 ・メイン登壇者に合わせた人脈作りと勧誘 https://togetter.com/li/1382156 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク

29.

学術界への導線を張りに行く @jun_mh4g Junya Ishioka 元ポスドク物理学者@北海道大学 極低温物理測定・表面測定・原子観察 電子顕微鏡学・液中光触媒反応直接観察 https://togetter.com/li/1382156 2020/4/22 HoloLens Meetup in cluster Vol.1 ライトニングトーク