#CMC_Meetup Tokyo『CS×マーケタッグで始めた コミュニティスタートダッシュ!』

413 Views

September 14, 23

スライド概要

#CMC_Meetup Tokyoでの登壇資料

株式会社primeNumber
ETL/ELTサービス『trocco』のコミュニティ運営者のお話

profile-image

株式会社primeNumberで「trocco」のマーケティングしているよ

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

CS×マーケタッグで始めた コミュニティスタートダッシュ! 株式会社primeNumber 中村 祐太(カスタマーサクセス) / ブライアン(マーケティング)

2.

WHO AM I? 中村祐太 株式会社primeNumber Head of Customer Success 分析基盤の総合支援ツールtrocco®を提供しています。 https://trocco.io/lp/index.html 普段はCSの責任者として、プリセールス/ポストセール ス/テクニカルサポートなどなど、お客様に関わるあらゆ ることを推進しております。 前職はSE。ひたすらJavaを書く日々でした。 10年以上ハロー!プロジェクトのヲタクをしております。 2 1 ©primeNumber Inc.

3.

WHO AM I? ブライアン(本名は小平剣也) 株式会社primeNumber Head of Marketing ・dely株式会社へ創業期に参画(※レシピ動画「クラシル」が有名) ・株式会社マネーフォワードにてBtoC、BtoB SaaS領域のマーケティング ・株式会社primeNumberにてマーケティング(2022年9月〜) よく使うサービスは、Marketo、trocco、BigQuery、Looker Studio 最近は、スクワットを頑張っています。 3 1 ©primeNumber Inc.

4.

troccoの紹介 trocco®とは、散在しているデータをDWHやBIツールに統合することで、 より高度なデータ分析や活用を実現するSaaSです。 ©primeNumber Inc. All Rights Reserved. Confidential.

5.

trocco®導入実績 業種・規模を問わず、多くのお客様に trocco®をご利用いただいております。

6.

なぜコミュニティ? 「trocco」でなぜコミュニティを立ち上げたのか

7.

我々からお伝えしたいこと ⚫以下3点をお伝えいたします! ・何故コミュニティを立ち上げたのか ・立ち上げまでに何を行なったのか、何を決めたのか ・我々にとって、コミュニティの価値とは 7 ©primeNumber Inc.

8.

なぜ、データ活用者向けSaaSをやっている我々が、コミュニティを始めたのか? ⚫2022/03頃、サービスがリリースされ3年半が経ち、堅調にユーザ様が増えておりました。 ⚫そんな中、ユーザ様とのヒアリングの中で、以下のようなフィードバックが・・ ・「もっとtroccoを使っているユーザさんの活用事例を知りたい」 ・「自分と同じように、データ活用で悩んでいる人と意見交換したい」 ・「自分はtroccoが好きなので、もっと色々な情報をキャッチアップしたい」 ⚫CSとして、そういった価値提供が既存の活動では難しいと判断 →コミュニティの立ち上げをスタート! 8 ©primeNumber Inc.

9.

コミュニティ立ち上げにあたり、何を行なったのか?? ⚫小島さんに徹底的に相談 (弊社の社外取締役をつとめていただいております、いつも有難うございます 󰢛) ・毎月1回の壁打ちの機会をいただき、 「OWWHモデル」を軸にしたディスカッション を実施 ref : https://logmi.jp/business/articles/328046 9 ©primeNumber Inc.

10.

ディスカッションの中で定まってきた方針 ⚫参加いただくユーザさんは、 初めはスモールに 。少しずつ参加者を増やしていく。 ・たくさんのユーザさんを最初からお招きすると、適切なフォローアップが困難に。 ・熱のあるユーザさんと一緒にコミュニティの種火を確実に成長させてから、バルブを緩めていく。 ⚫組織のリソースを鑑み、 イベント実施に特化。オンラインコミュニティ運営は最低限に。 ・専任者不在の状態で、私含め全員が兼務でのスタート。今のリソースでできることを選択。 ・オンラインコミュニティは、イベントの連絡やユーザさんの公開事例を共有することのみに注力。 ⚫ユーザさんの熱量を損なわないために、 イベントを2ヶ月に1回の頻度で実施する。 ・最初は少し長めのスパンを想定していたが、ユーザさんに高頻度に価値を届けるため。 ・短すぎてもコミュニティ参加で疲弊してしまう。塩梅を求めた。 10 ©primeNumber Inc.

11.

満を持して ⚫2022/11より、コミュニティスタート! ・現在までに 5回、イベントを実施 🎉 ・オフラインイベントは平均 20名参加。オンライングループは 50名に! 11 ©primeNumber Inc.

12.

マーケ目線 これまで実施してきて感じたこと 「trocco」はコミュニティと相性が良い

13.

なぜ? プロダクト × コミュニティで相性の良いサービスの共通点 1. プロダクトが愛されていること 2. プロダクトだけでは解決できない周辺の課題が存在しており、 ユーザー間で議論や交流が生まれやすいこと 3. プロダクト自体が業務インフラ化しやすいこと 例) AWS、GoogleCloud、Adobe Marketo Engage 、Salesforce 13 ©primeNumber Inc.

14.

コミュニティが起こすマーケティングへの影響 〜循環ループ〜 お客様は、 マーケであり営業でありCSにもなる ⬇ コミュニティは起爆剤 14 ©primeNumber Inc.

15.

マーケティング × コミュニティ 〜周辺で起きる良いこと〜(まだまだ道半ば) 登壇者の発掘 導入事例 記事 メディア取 材 書籍出版 社内勉強会 SNS投稿 trocco コミュニティ パートナー ブランディング ブログ投稿 口コミ 商談同席 レビューサイト への投稿 案件紹介 ※アドビ社の過去CMC資料を参考 15 ©primeNumber Inc.

16.

Here We Go!!!!! troccoでは1人目の 専任コミュニティマネージャーを募集!

17.

「trocco コミュニティマネージャー」で検索 https://herp.careers/v1/primenumber/-fMmVAhGhzDj