【論文要約】Numbers of articles in the three Japanese national newspapers, 1872–2021 (Ogihara, 2024, Scientific Data)

171 Views

May 26, 24

スライド概要

以下の論文の要約です。

Ogihara, Y. (2024). Numbers of articles in the three Japanese national newspapers, 1872-2021. Scientific Data, 11, 437. https://doi.org/10.1038/s41597-024-03245-9

profile-image

青山学院大学 教育人間科学部 心理学科 個人ウェブサイト:https://sites.google.com/site/yujiogiharaweb/home Google Scholar:https://scholar.google.co.jp/citations?user=QOX4MokAAAAJ&hl=ja&oi=ao

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

1/8 【論文要約】 Ogihara (2024, Scientific Data). Numbers of articles in the three Japanese national newspapers, 1872–2021. 青山学院大学 荻原祐二

2.

概要 2/8 • 三大全国紙(読売・朝日・毎日新聞)のデータベースに 収録された、1872~2021年の各年の記事数を報告 – 新聞は、多くの学術領域で分析されてきた ⇔ しかし、先行研究は相対頻度(全記事に占める割合)を検討 していないことが多い – 記事の絶対頻度と相対頻度は異なるパターンの結果と なり得るため、絶対頻度を検討するだけでは不十分 → 記事の絶対頻度だけでなく、相対頻度も検討する必要性 → 相対頻度を算出するため、体系的な検索を網羅的に 行い、各年の全記事数を報告 – 相対頻度の算出を可能にし、多くの学術領域に貢献

3.

問題 3/8 • 新聞は、多くの学術領域で分析されてきた – 人文学・社会科学・自然科学 ⇔ しかし、日本の新聞を用いた先行研究は、相対頻度 (全記事に占める割合)を検討していないことが多い • 分析対象とする記事の絶対頻度(数)を検討 – 絶対頻度と相対頻度は異なるパターンの結果となり 得るため、異なる結論となる可能性 → 絶対頻度を検討するだけでは不十分であり、判断を 誤らせることも → 絶対頻度だけでなく、相対頻度も検討する必要性 – 相対頻度の算出を可能にすることで、多くの学術 領域に貢献可能

4.

方法 4/8 • 体系的な検索を網羅的に行い、各年の全記 事数を報告 – 期間:1872~2021年 • 150年間 – 対象:日本の三大全国紙のデータベース • 読売新聞・朝日新聞・毎日新聞 – 敢えて空欄で検索を行うことで、指定条件におけ る収録記事数が分かる • ターゲット語を指定しない • 手法の妥当性は各新聞社に確認済み

5.

結果 • 各年の記事数 – ローデータ • https://doi.org/10.17605/OSF.IO/F8SH3 5/8

6.

結果 6/8

7.

文献情報 7/8 • Ogihara, Y. (2024). Numbers of articles in the three Japanese national newspapers, 18722021. Scientific Data, 11, 437. https://doi.org/10.1038/s41597-024-03245-9 – オープンアクセスですので、どなたでもお読み 頂けます。

8.

注意 8/8 • 出典(=論文)の情報を適切に明記して頂ければ、 こちらのファイルを授業等に利用可能です。 • こちらのファイルと論文の間に差異がある 場合は、論文の情報を優先してください。 • 最終更新:2024/5/26 – アップロード:2024/5/26