第1回オープンエッジデバイス研究会20230517

657 Views

May 17, 23

スライド概要

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

第1回オープンエッジデバイス研究会 発表者:千葉 瑠実佳 RumiCar プロジェクトオーナー

2.

アジェンダ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 自己紹介 RumiCar紹介 RumiCarのこれまで RumiCarでの自動運転 Spresenseでやりたいこと メンバー募集 連絡先 製作・著作:RumiCar開発部 2

3.

自己紹介 製作・著作:RumiCar開発部 3

4.

自己紹介 • 大学 • 電気電子工学専攻 • NYで自動ドローンの学生インターン • 卒業研究でソーラーUAV • 仕事 Rumika Chiba • 前職:自動運転ロボットのプロジェクトマネージャ • 現職:自動搬送機のプロダクトマネージャ • RumiCar(仕事とは別に) • 2013年からプロジェクトオーナー 製作・著作:RumiCar開発部 4

5.

趣味 自動運転タクシー試乗 他にも展示会へ行ったり 製作・著作:RumiCar開発部 自動運転バス試乗 5

6.

RumiCarのコンセプト 製作・著作:RumiCar開発部 6

7.

RumiCarの目標 • 誰もが自動運転のアルゴリズムを開発できる環境を提供する • • それによって自動運転を実現する 誰もが自動運転のアルゴリズムをカスタムできる

8.

自動運転開発には問題が… ムズイ • 開発 • 学ぶのに時間がかかる • テストに広い土地が必要 金が掛かる • 車両 • Lidarなどの部品

9.

そこでRumiCarの出番 簡単 • アルゴリズムの理解 • コラボのしやすさ • 狭い場所でもOK 安い • 1万5千円

10.

RumiCarの構想 RumiCar Development Platform (RDP) ソフトウェア ハードウェア サービス IDE RumiCar(車体) 開発教室 ライブラリ コンピューター セミナー モジュール(CM) コミュニ サーバ ティー 製作・著作:RumiCar開発部 10

11.

常に思っていること 1人の力では限界 がある 集団知で解決する 皆の力を集める 国内外から Facebook 情報発信する やメールでコラボの 問い合わせ 製作・著作:RumiCar開発部 11

12.

宣伝、ディスカッション 製作・著作:RumiCar開発部 12

13.

プログラム、情報、資料の公開 製作・著作:RumiCar開発部 13

14.

• 情報発信 • 紹介/解説動画 製作・著作:RumiCar開発部 14

15.

RumiCarのこれまで 製作・著作:RumiCar開発部 15

16.

RumiCarの起源 2012年終わり頃(高校1年生) 来年の研究どうしよう ↓ EyeSightのCMがブーム ↓ ぶつからない車っていいな 製作・著作:RumiCar開発部 16

17.

RumiCarの起源 翌年の2013年(高校2年生) 1号車(自走型) Arduino UNO リレーシールド 赤外線センサー 2号車(自走+遠隔操作型) 製作・著作:RumiCar開発部 17

18.

4年後 2017年3月(大学2年生) ~ 3号車 • Arduino Nano 使用開始 • モーター ドライバー初 採用 4号車 5号車 だぶん6号車 • レーザー測距 • コンピュー モジュール初 ター 採用 モジュール初 • 初のインター フェース化 • 赤外線セン • 初の 車らしい見た サー 小型化 搭載 製作・著作:RumiCar開発部 目 18

19.

2017年8月~ 出展者デビュー Maker Faire Tokyo 2017 Maker Faire Bay Area 2018 • Maker Faire初出展 • 初の海外出展 Maker Faire Tokyo 2018:留学先NYからプレゼン Maker Faire Tokyo 2019:卒業研究で行けず 製作・著作:RumiCar開発部 19

20.

2018年~ 量産開始 車体 コンピューターモジュール • GTR11台くらい • Ferrari50台注文 →RumiCar化 • ESPにも対応 • ラズパイ対応 製作・著作:RumiCar開発部 20

21.

ALGYANとの出会い コラボ 2019年11月30日 IoTつくるよ!2 2020年4月18日、25日 オンライン開催RumiCarハンズオン 製作・著作:RumiCar開発部 21

22.

第6回RumiCarハンズオン 2021年1月 某大学がRumiCarを教 材に使用。企業向けセ ミナーを実施 RumiCar Facebook groupへ の投稿 2020年9月 22

23.

Detroit Autonomous Vehicle Group 2022年8月

24.

Maker Faire Tokyo 2022 久々のMaker Faire出展 製作・著作:RumiCar開発部 24

25.

2022年 12月 冬コミ 1台売れました 製作・著作:RumiCar開発部 25

26.

記事掲載 メディア 日付 内容 ページ 1 I/O 第47巻7月号 通巻549号 2022年7月号 100円ロボット部! 118-119 2 I/O 第47巻8月号 通関550号 2022年8月号 RumiCar 10-13 2022年11月30 日発売 第3章 電子工作をし てみよう RumiCar 107-114 3 「Raspberry Pi」から広がる電 子工作の世界 記事を執筆 しました! 製作・著作:RumiCar開発部 26

27.

RumiCarと韓国のR2と提携 • 低遅延、高速通信な遠隔監視/操作 • 韓国へ企業訪問 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000104986.html 製作・著作:RumiCar開発部 27

28.

RumiCarでの自動運転 製作・著作:RumiCar開発部 28

29.

RumiCarでの自動運転 3個のレーザー測距モジュール: 障害物までの距離を計測 モータの回転を制御することで、 車速の制御をします。 製作・著作:RumiCar開発部 29

30.

コンピューターモジュール (CM)基板化 センサー基板 コンピューターモジュール基板 製作・著作:RumiCar開発部 30

31.

組み合わせ自由自在 Arduino Nano ESP32 ESP32+EasyVR3 製作・著作:RumiCar開発部 Arduino Nano+BMX055 31

32.

インターフェイス 旧型式 1 2 3 4 5 6 7 NEW 8 9 10 11 12 13 14 1 2 3 4 5 6 7 7.5 製作・著作:RumiCar開発部 8 9 10 11 12 13 14 誤挿入防止用ダミーピン 32

33.

Spresenseでやりたいこと 製作・著作:RumiCar開発部 33

34.

Spresence CM化 • 自己位置推定 • 高速な画像認識 製作・著作:RumiCar開発部 34

35.

Spresence CM化 ここをSpresenceに 製作・著作:RumiCar開発部 35

36.

RumiCar関連情報 • RumiCar Website • https://www.rumicar.com/ • RumiCar Facebook group • https://www.facebook.com/groups/rumicar • RumiCar 連絡先メールアドレス • [email protected] • RumiCar YouTube • https://www.youtube.com/c/RumiCar • GitHub • https://github.com/RumiCar-group/RumiCar 製作・著作:RumiCar開発部 36

37.

RumiCarメンバー募集中 • プログラマー • ハードウェアエンジニア • 広報 • 経営戦略 Yoshiteru Chiba Hideki Kataoka Osamu Onodera Software engineer Hardware engineer Hardware engineer 37 Shoko Ishigaki Shigeki Inatama Kimio Ohe Programmer Hardware engineer Tech advisor Web designer 製作・著作:RumiCar開発部

38.

ご清聴 ありがとうございました 製作・著作:RumiCar開発部 38