Dataverse for Teams 入門

16.2K Views

May 07, 22

スライド概要

Microsoft 365 Virtual Marathon 2022 「Dataverse for Teams 入門」セッション PPT です。
動画部分は別途公開予定です。

profile-image

株式会社イルミネート・ジャパン https://www.illuminate-j.jp/ IT Trainer , Author, Consultant

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4 – 6, 2022 Rie Okuda @Illuminate Japan .INC Dataverse for Teams 入門

2.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 SPONSORS M365VIRTUALMARATHON.COM #M365VM

3.

奥田 理恵 - Rie Okuda @ Illuminate Japan .INC ▪ Twitter @rie_okuda ▪ 株式会社イルミネート・ジャパン https://www.illuminate-j.jp ▪ IT トレーナー、技術支援やサポート サービスの提供 対応分野: Microsoft 365、SharePoint、Power Platform ▪ 書籍や雑誌記事などの執筆 ▪ 奈良県出身、好きなこと = リゾート旅行、アイドル DVD M365VIRTUALMARATHON.COM #M365VM

4.

「Dataverse for Teams 入門」 ▪ 対象者 = Teams をより活用したい方、Dataverse for Teams に興味をお持ちの方 Microsoft 365 内でのローコード アプリ作成に興味をお持ちの方 ユーザー、部門 IT 担当、管理者など立場はどなたでも! ▪ レベル = 入門編 → Dataverse for Teams を使ってみよう!検討してみよう!と思っていただきたい M365VIRTUALMARATHON.COM #M365VM

5.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022

6.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022

7.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 ~ 業務にかかせないフロントエンド ツールへ ~ Microsoft 365 アプリ 3rd Party アプリ

8.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 ~ 業務にかかせないフロントエンド ツールへ ~ Microsoft 365 アプリ 3rd Party アプリ +ローコードでのカスタム アプリ追加 ITサポート 各種手続 処理依頼 承認 ナレッジ検索 業務ニーズ & アイディア次第でさまざまなアプリを追加

9.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022

10.

Teams + Power Automate = 業務プロセスを自動化 ✓ コーディングスキルなく 業務プロセスの自動化を実現 ✓ クラウド フロー & Teams の 組み合わせは相性よし ✓ 申請から承認までを Teams 内 で完結することも! フロー編集画面

11.

Teams + Power Automate = 業務プロセスを自動化 ✓ コーディングスキルなく 業務プロセスの自動化を実現 ✓ クラウド フロー & Teams の 組み合わせは相性よし ✓ 申請から承認までを Teams 内 で完結することも! テンプレート多数

12.

Teams + Power Apps = カスタム アプリを Teams へ ✓ ローコードでアプリ作成 ✓ アプリのデータソースとして Dataverse (の簡易版である for Teams) が利用できる! ✓ Teams 内でアプリ作成から 展開、利用まで サンプル アプリも

13.

Teams + Power Apps = カスタム アプリを Teams へ ✓ ローコードでアプリ作成 ✓ アプリのデータソースとして Dataverse (の簡易版である for Teams) が利用できる! ✓ Teams 内でアプリ作成から 展開、利用まで サンプル アプリ 利用イメージ

14.

Teams + Power Virtual Agents = チャット ボットで問合せ対応などを効率化 ✓ コーディングスキルなく チャットボットの作成が可能 ✓ Teams 内で使えるため、 作業の手をとめずに利用 ✓ Power Automate との連携に さまざまな操作を合わせて実行 ボット編集画面

15.

Teams + Power Virtual Agents = チャット ボットで問合せ対応などを効率化 ✓ コーディングスキルなく チャットボットの作成が可能 ✓ Teams 内で使えるため、 作業の手をとめずに利用 ✓ Power Automate との連携に さまざまな操作を合わせて実行 ボット利用画面例

16.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 ❤ MAY, 4. – 6. 2022 Dataverse for Teams の使いどころ Teams ユーザー Power Apps ユーザー M365 ユーザー = Teams 機能拡張ツール = Teams 便利ツール アプリのデータストア に対する選択肢のひとつ 業務効率化を 実現する手段のひとつ • Teams をより便利にするもの • 特に Power Automate は Teams 内の作業をより便利に するポテンシャル高 & 利用の ための敷居は低 Microsoft 365 ライセンス範囲内 (Power Apps プランなし) の利用 に限定される際、シナリオによって は Excel や SharePoint に替わる データストアとして アプリ画面: Power Apps アプリ (ライセンスがあれ ばモデル駆動型アプリも) or Teams 内 Power Apps アプリ or SharePoint リスト 、チャット ボッ ト : Power Virtual Agents、ダッシュボードやレ ポート:Power BI、データ: Excel or SharePoint リスト or Dataverse for Teams (ライセンスがあれば Dataverse も) 、フォーム: Forms or Power Apps ア プ リ、 プロ セスや 動作 の自 動化 : Power Automate、 タスク管理 Planner など様々 なツール を組み 合わせて業務 効率化 を実現

17.

利用のファーストステップ

18.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 ファーストステップ① 利用画面の準備 MAY, 4. – 6. 2022

19.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 いつもの画面はつかいません。 → 全部 Teams 内 の Power Apps アプリ で行います。 Power Apps https://make.powerapps.com/ Power Automate https://flow.microsoft.com/ Power Virtual Agents https://web.powerva.microsoft.com/

20.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 ファーストステップ② チームの環境について理解 MAY, 4. – 6. 2022

21.

チーム内で作成したテーブル、 アプリ、ボット、フローが格納される ✓ 1チーム : 1 Dataverse for Teams 環境 基本的にチーム メンバーがアクセスできる ✓ Dataverse for Teams 環境の制限 • • 2 GB ストレージ (最大 100 万行) / 環境 テナント内に5チーム& 20 名ごとに+1チーム

22.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 Dataverse for Teams 環境が作成されるタイミング ① Power Apps (Teams 内) でアプリ作成を対象チームではじめて行うとき ② チーム内にサンプル アプリを追加したとき

23.

カンタンなボット アプリをつくってみる

24.

当日の勤務場所、勤務予定を 報告してメンバーへ共有 体調不良時には担当へ通知送付

25.

体調不良の報告があった場合、勤務場所ごとの担当へメッセージ

26.

メンバーの勤務予定を確認する Power Apps アプリ (自分のデータ編集なども) チャネル内のタブで アプリが利用できる

27.

Dataverse for Teams = ローコード Teams 機能拡張ツール Microsoft Teams チャットボットの共有相手 (チーム or それ以外も) チーム Dataverse for Teams

28.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 1.テーブル作成 MAY, 4. – 6. 2022

29.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 ■ 勤務タイプ 体調不良報告時の メッセージ宛先 ■ 勤務予定 参照

30.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 2.ボット (&フロー) 作成 MAY, 4. – 6. 2022

31.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 3.アプリも Teams 内で作成&展開 MAY, 4. – 6. 2022

32.

Dataverse for Teams 利用時に知っておきたいこと 追加費用なし ✓ Microsoft 365 ユーザー にとっては無償です ✓ Virtual Agents !! ✓ Dataverse 簡易版! Teams 内で利用 1チーム:1環境 ✓ チームごとに共有され、 環境あたり 2 GBストレージ ✓ チーム削除=環境削除 ✓ 環境数は無制限ではない ✓ IT 管理者は運用面も 検討を!DLP ポリシーもね ❤ ✓ Teams 内で作成&利用 → 業務ユーザーの手が届くところ にあるデータ プラットフォーム ✓ チーム単位の生産性向上に → チーム外にも共有可能 ✓ Teams 内の Power Apps で作成したアプリは通常の アプリ一覧には表示されない

34.

MICROSOFT 365 VIRTUAL MARATHON 2022 MAY, 4. – 6. 2022 ありがとうございました! セッションやイベントへの感想・ご意見など アンケートへの回答もよろしくおねがいします。 https://forms.office.com/r/qCXhcZZUgU