エンジニア教育ってなんだ! ~クラウドネイティブ人材育成論~

823 Views

January 14, 21

スライド概要

2021/1/14 Media-JAWS 【第8回】「AWS人材教育について語る!」

https://media-jaws.doorkeeper.jp/events/115503

profile-image

メディア・エンタメ業界一筋のPM。全員副業チームのファウンダー、DevSumiコンテンツ委員なども少々。 ▼ Twitter https://twitter.com/PassionateHachi ▼ Youtube:はちの遊び場 https://www.youtube.com/channel/UCQyOowfPZBjLc798wYq6g1A ▼ note https://note.com/hiroki_hachisuka

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

第1部:VUCA時代の人材育成概論 & 第2部:AWS x IMAGICA 合同研修のリアル 2021/1/14 はち@PasshinateHachi

2.

蜂須賀 大貴 @PassionateHachi 2012年 株式会社IMAGICA入社 (現:株式会社 IMAGICA Lab.) お仕事: - プロダクトマネージャー - 認定スクラム プロダクトオーナー 得意な領域: PdM/PjM/アジャイル/スクラム/カイゼン /ファシリテーション/ チーム ビルディング/仮説検証/AWS/組織マネジメント 2

3.

映像業界の 働き方を変えたい! 個人のスキルとセンスから チームで働く業界に! 3

4.

最近社内でやっていること お仕事: - 9名のチームでScrum ( Product Owner) - 顧客、現場、営業へのセールスエンジニア的な動き - コミュニケーション支援 (朝会、ふりかえり、カンバンなど) - 新しい働き方を考え、進める人 - 社内勉強会で会議の進行について講義 - テレビ局の技術の方達との座談会を主宰 4

5.

最近社外でやっていること お仕事?ほぼ趣味?: - Developers Boost 2019 ベストスピーカー2位(デブ サミのU30向けイベント) - Developers Summit 2020登壇 - イベント登壇(約20回/年) 講演、対談、公開収録 等 - ワークショップ、勉強会運営 - 第14期ファシリテーション塾生 - オリジナルTシャツ販売 - Youtuber(パタンランゲージ ) 5

6.

私の今日やること Why: 映像でもっと世界を幸せに How: 映像業界にイケてる人材を増やす What: 私の引き出しから今日はこんなお話をします。 🙆‍♂ インターンシップ / 新卒採用 / 新人研修 🙅‍♂ 中途採用 / 組織の作り方 / 非エンジニア系 6

7.

皆さんの得られるもの ✔ 採用ミスマッチの無くし方がイメージできる ✔ チームがAWSに慣れるかの第1歩がわかる ✔ 事例をもとに自社の”今ココ!”がわかる ✔ 相談相手を社外に見つけることができる 7

8.

世はまさに”VUCA時代” - 変動性、不確実性、複雑性、曖昧性 - 1990年代の状態を表す軍事用語。 - 近年ではビジネス用語として用いられている。 ・・・仕事以外でも2020年はVUCAを意識させられる年 8

10.

Befor 会社・仕事 家庭・個人 After 会社・仕事 家庭・個人 自分と 向き合う 時間 自分と 向き合う 時間 コミュニティーやイベントでの新しい出会いが激減 既存の関係性を深めることに注力 ・・・1年前に誰が予測できただろうか? 10

11.

2010年:初代iPad発売 2011年:東日本大震災 2012年:東京スカイツリー開業 2013年:東京オリンピック開催決定 10年前にこれらを誰が予想しただ ろうか。 2014年:Youtuberが職業に 2015年:ラグビーW杯で日本が奮闘 2016年:ポケモンGOサービス開始、PPAP大流行 2017年:米トランプ大統領就任、ビットコイン急騰 2018年:西日本豪雨 2019年:時代は令和へ 11

12.

VUCA時代へ ニーズの多様化 パーソナライズ ビッグデータ の蓄積、分析 スマホの普及 1人1端末 ネットワークの高速化 12

13.

変動性 ・・・正しいと言われていた方法や結果がすぐに正しくなくなる 不確実性 ・・・何が正しいか誰にもわからない 複雑性 ・・・求められる正しさがすごく難しい 曖昧性 ・・・求められる正しさが抽象的。ふわふわしている 13

14.

VUCA時代が私たちにもたらすもの 変動性 不確実性 ・・・正しいと言われていた方法や結果がすぐに正しくなくなる ・・・何が正しいか誰にもわからない これは人材育成においても同じこと 複雑性 ・・・求められる正しさがすごく難しい 曖昧性 ・・・求められる正しさが抽象的。ふわふわしている 14

15.

【2018:技術職募集】 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 やること: - 映像 x 開発のグループディスカッショ ン 15

16.

【技術職募集】 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 16

17.

【2019:技術職募集】 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 - 専門学校 ⁄ エンジニア・プログラム専 攻者対象 やること: - コード書きます! 17

18.

【技術職募集】 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 18

21.

【技術職募集】 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 21

22.

【技術職募集】 「自分たちに必要な人材を採用する」 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 必要な人材は定義できているか? 22

23.

求ム!エンジニア! (Ruby on Rails、 Vue.js) 23

24.

「若い即戦力エンジニア連れてきたぞ!」 求ム!エンジニア! 24

26.

電気工事 が得意です! 組込技術 が得意です! ロボット が得意です! 26

27.

電気工事 が得意です! 組込技術 が得意です! ロボット が得意です! 良かれと思ってやっているが、 みんなが不幸になる 27

28.

人事 x 2 Win - Win 開発 x 5 (内2年目 x3) 28

29.

教育の完了の定義は? 理想の状態ってなんだろう?

30.

自分で考えて行動する 自ら成長できる 方法を知っている ※ あくまで個人の見解です

31.

現状を 把握する力 現状に疑問 を持つ力 外の世界の 情報を 収集する力 思いを 発信する力 参加する 勇気を 持つ力

33.

・まだまだ何も知らないから、1から教えてあげよう ・仕事を自分で見つけることは難しいから、与えてあげよう ・考えさせると間違えるかもしれないから、全て指示しよう 33

34.

・優しくしてるから、嫌われなくて済む! ・知識を伝えられるから尊敬されるかも! ・自分の面倒な仕事をやらせられるから楽チン! 34

35.

いつまでも「指示待ち」になってしまうのでは? 調べかたすら、わからないまま年をとるのでは? 基礎をもとに応用する発想が生まれないのでは?

37.

・仕事はやってみないと!とりあえずは実戦投入だ! ・やりたいことがあるならやるのが一番! ・裁量を与えるのが彼らのためだ! 37

38.

・自分の仕事で手一杯だし、面倒見てられない ・教えるほど知識ないし・・・。 ・上司からは「早く一人前にしろ」と言われるし 38

39.

基本を押さえていない状態で、実践がこなせる? つまずいた時に乗り越えられる? 自分の考えのみで進んで行ってしまわない?

40.

そもそも、教育は誰のため?

41.

https://www.criteo.com/jp/blog/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%AB%E4%B8%96%E4%BB%A3-vs-z%E4%B8%96%E4%BB%A3/

42.

一括りにできるほど 単純だろうか?

43.

人事担当 「活躍できる、個性ある方を 積極的に採用します!」

44.

毎年違った、それぞれにあった 人材教育が必要

45.

教えてもらう 座学が合う 毎年違った、それぞれにあった 人材教育が必要 一人でもくもく 手を動かすのが合う

46.

23~60才まで 37年間のうち、 1〜2年間

47.

目先の即戦力 < 長期的な戦力

48.

現状を 把握する力 現状に疑問 を持つ力 外の世界の 情報を 収集する力 思いを 発信する力 参加する 勇気を 持つ力

49.

「今やっていることは何のため?」

50.

どのように調べたらいい? 誰に聞いたらいい? 自分は何をやればいい?

51.

どうなりたい? どう働きたい? どう成長したい?

52.

1Dayインターンシップ 1Weekインターンシップ 採用活動 2018年12月 2 2019年2月 2019年4月 全体研修(マナー等) Webの基礎、Ruby on Rails プロジェクトベースドラーニング 2020年4月 2 2020年7月 2019年8月 52

53.

Why: ・前半は与えられた課題をテキストに沿って学ぶ、受 動的な形での基礎学習だった。 ・後半は自ら考え、工夫し、チームで共創することで課 題を達成する能動的なプロジェクト型研修とする。 53

54.

How: ・Project Based Learning https://enpit.coins.tsukuba.ac.jp/summercam p2019/ http://www.itpro.titech.ac.jp/cat12/detail_32.ht ml 54

55.

What: ・提出されたRFPに沿って、最終日に提案! - 基本方針:やりたいことを満たせればやり方はお任せ 発表に必要なもの(提案資料): ・機能要件 ・非機能要件 ・モックアップ ・コスト(AWS、人件費) ・メンタリング・進捗確認 - 毎日 朝会、ふりかえりを実施 ・朝会:その日のそれぞれのタスクを確認(15分) ・ふりかえり:その日のつまずきや進捗を確認 - 毎日1人 メンターをアサイン - 質問用Slackにていつでも質問可能 55

56.

それでは、実際にどんな様子だったか 第2部へ!! 56

57.

先輩たちは どんなスキル?(AWS) 学生自体は どんなことをやっていた? 合同研修で 苦労したことは? 合同研修で 学べたことは? 現業で研修が いきたことは? 現在のAWSに 関する目標は? どんな教育を してもらうのが嬉しい? 講師側の苦労した点は? (当日追加) (当日追加) (当日追加) (当日追加) 57

58.

皆さんの得られるもの ✔ 採用ミスマッチの無くし方がイメージできる ✔ チームがAWSに慣れるかの第1歩がわかる ✔ 事例をもとに自社の”今ココ!”がわかる ✔ 相談相手を社外に見つけることができる Mural: 58

59.

変動性 ・・・正しいと言われていた方法や結果がすぐに正しくなくなる 不確実性 ・・・何が正しいか誰にもわからない 複雑性 ・・・求められる正しさがすごく難しい 曖昧性 ・・・求められる正しさが抽象的。ふわふわしている 59

60.

【技術職募集】 「自分たちに必要な人材を採用する」 映像業界の未来を作るエンジニア募集! 対象: - 理系学部学科 必要な人材は定義できているか? 60

61.

教育の完了の定義は? 理想の状態ってなんだろう?

62.

そもそも、教育は誰のため?

63.

毎年違った、それぞれにあった 人材教育が必要

64.

目先の即戦力 < 長期的な戦力

65.

Developers Summit 2021 https://event.shoeisha.jp/devsumi/20210218 「デブサミ2021」で検索! 65

66.

お気軽にご相談ください!(もちろん無料) 各種SNSはこちらから申請ください! @PassionateHachi 蜂須賀 大貴 https://instabio.cc/PassionateHachi 66

67.

今日の資料はSlide Shareにアップ済みです #mediajaws でリンクを共有しています。 懇親会でお話ししましょう! あなたの取り組みも聞かせてください! 67