【DeNA】新卒エンジニア向け 会社説明資料

タグ
スライド概要

DeNAの新卒エンジニア向け 会社説明資料です。

profile-image

DeNA新卒採用

@DENA_RECRUITMENT

作者について:

DeNA新卒採用公式アカウントです。

スライド一覧
1人がいいね!しています
Yusuke Miyake Ken Miyao
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2021-10-07 04:38:53

各ページのテキスト

1. 新卒エンジニア向け 会社説明資料

2. はじめに はじめまして! DeNAではゲーム、スポーツ、ヘルスケア、ライブストリーミングを はじめとし、さまざまな事業を行っています。 しかし「DeNAってゲームの会社じゃないの?」「DeNAっていろいろな サービスをやっているけど、よくわからない」などの声もいただきます。 こういった声に対し、少しでも理解を深めていただくために、 本資料を作成いたしました。 選考前にぜひご一読ください! 2

3. 目次 1. Company Profile 1.1 会社概要 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 2. Engineering of DeNA 2.1 エンジニアリングの特徴 2.2 サービスへの関わり方 2.3 大切にしたい価値観 2.4 キャリア 2.5 環境 2.6 福利厚生 3. Recruitment at DeNA 3.1 新卒エンジニア採用人物像 3.2 DeNAが新卒採用に込める思い 3

4. Company Profile 会社情報 1.1 会社概要 4

5. 会社情報 商号 株式会社ディー・エヌ・エー 本社 東京都渋谷区 設立 1999年3月 事業内容 モバイルを中心としたインターネットサービス等 代表 岡村 信悟 (代表取締役社長兼CEO) 創業者 南場 智子 (代表取締役会長) 従業員数 2,100 (全拠点、連結) 株式 東証一部上場(証券コード:2432) 2015年10月より日経225銘柄 1.1 会社概要 売上収益 1,370億円 (2021年3月期、IFRS) 営業利益 225億円 5

6. 人材、組織、技術、モノづくり、ホームの神奈川の強みを持つDeNA DeNAは創業以来、エンタメの領域で大きくなってきました。そこでの知見やメソッドを応用した社会課題領域での 事業展開や、各分野のパートナーさまとの多様な座組みで生まれる新たな事業など、そのユニークな立ち位置は DeNAならではの特徴と言えるでしょう。 そして、「1→10」「10→100」と、しっかりと事業を伸ばしていくグロースの力。我々は高い技術力を持つモノ づくり集団として、ゲーム事業で培ってきたさまざまなノウハウやメソッドを巧みに活用し、事業を成長させてき ました。これからより成長するライブストリーミング事業、ヘルスケア事業など、新たな価値の創造・提供に向け てしっかり伸ばしていきます。 DeNAは、ピラミッド型のしっかり決まった組織で事業が成り立っている会社ではなく、「場」として動的です。こ れだけの大規模な企業でありながら、新しい挑戦に年次関係なく若いうちからしっかりと取り組むことができる。 「思いがあればその思いが報われる」という場がある会社です。だから成功する失敗するということを、肌身に感 じることができます。これは、21世紀型の動的なスタイルとして、非常に貴重で誇れることだと思っており、この 「場」を作り続けることが私の役割だと思っています。 代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟 1.1 会社概要 6

7. インターネットやAIを駆使し、 「永久ベンチャー」の精神で挑戦を続ける 2006 2004 1999 インターネット オークション開始 モバイル オークション 「モバオク」開始 ゲーム&SNSサイト 「モバゲータウン」 開始 2009 2013 2015 ライブストリーミング 事業開始 オート モーティブ 事業開始 ソーシャルゲーム 「怪盗ロワイヤル」 開始 2014 2011 ヘルスケア 事業開始 プロ野球参入 2007 東証一部上場 2005 2002 2018 プロバスケット ボール クラブの承継 東証マザーズ 上場 ショッピング モール開始 1.1 会社概要 7

8. エンターテインメント領域と社会課題領域の両軸を展開する 1.1 会社概要 8

9. Games Entertainment Live streaming Sports 事業ポートフォリオ Healthcare 1.1 会社概要 Automotive E-Commerce New Businesses 9

10. パートナーシップを活かし、他に類をみない事業を創る - 2015年より業務・資本提携 - スマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営 - 両社の強みを生かし、エンターテインメント領域での 共同事業を行うための共同出資会社を2019年に設立 - 多様なデバイスに対応した新たな基幹システムの共同開発 - 横浜市と包括連携協定を締結し、スポーツ振興と経済 - 2012年に資本・業務提携 活性化等を目指す - 2021年3月末時点で当社が20%保有する持分法適用会社 - 2016年に合弁会社PFDeNAを設立し、人工知能の領域 - 2019年に合弁会社を設立。「Anyca」や「SOMPOで で協力 乗-る」を提供 - 2020年より業務・資本提携 データヘルス事業・データ利活用事業に協業 1.1 会社概要 10

11. セグメント別年間売上 ゲーム事業を中心とした健全な財務基盤を生かして新たな成長・挑戦に向けた投資を行い、企業価値の向上を図っています。 長期的には、エンターテイメント領域・社会課題領域の特徴を活かした収益基盤を形成しつつ、非連続的な成長にも果敢に挑戦したいと考えています。 1.1 会社概要 ※2021年3月時点 11

12. 新規事業を中核事業へグロースさせる -ライブストーリミング事業の事例 - 2017年1月にリリースされた「Pococha」は、右肩上がりで急成長を遂げ続けています。リリースから3年で黒字化し、2021年3月にはダウンロード数255 万人を突破、同年5月には米国でのサービスを開始し、IRIAM社(キャラクターライブ配信)を100%子会社化しました。国内の成長・強化を図りながら、グ ローバル版や新たなジャンルなどの市場成長機会を捉えるべく、成長投資も積極的に実施しています。 1.1 会社概要 ※2021年8月時点 ※2021年3月時点 12

13. MISSION VISION VALUE ミッション・ビジョン・バリュー 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 13

14. 一人ひとりに 想像を超えるDelightを 夢中になって遊ぶ愉しさ、日々実感する確かな便利さ MISSION かけがえのない健やかさ、そして世界があっと驚く新しさ 企業使命 私たちがつくるDelightは、さまざまな形で生活に寄り添い 人生を彩り豊かにします 技術と情熱をもって、挑戦と変化を楽しみ 世界にひろがる、未来につながるDelightを届け続けます 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 14

15. DeNA は、インターネットや AI を自在に駆使しながら 一人ひとりの人生を豊かにするエンターテインメント領域と VISION 事業展望 日々の生活を営む空間と時間をより快適にする社会課題領域の 両軸の事業を展開するユニークな特性を生かし 挑戦心豊かな社員それぞれの個性を余すことなく発揮することで 世界に通用する新しい Delight を提供し続けます 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 15

16. VALUE プロダクト、 サービスへのこだわり お客様に届けるプロダクト、サービスの使いやすさや信頼性に徹底的にこだわるこ 共存共栄の精神 ビジネスパートナー、地域、社会全般との共存共栄の精神を重んじ、DeNA の様々 とにより、一流レベルのDelightを実感していただくことを目指します 共有価値観 な活動やあり方そのものが社会に少しでもプラスに働くことを常に意識します 挑戦と誠実さ 想像を超えるDelightを提供するためには臆することなく新しい技術やサービスに 挑戦するとともに、技術の進歩が社会にもたらす課題には誠実に向き合い克服して いきます 社会の公器にふさわしい 透明性 多様な社員が活躍し 成長する環境作り 取り組んできた事業の成否、様々な問題への対応、一人ひとりの社員の活躍する 姿、経営者の考え方などが社会の公器にふさわしく透明性高くあることに努めます 社員の多様性を歓迎し、関わった全ての社員にとって、DeNAでの経験がかけがえ のないものとなり、個々の人生やキャリアをより豊かなものにすることで、DeNA の内外問わずに活躍し社会に貢献できるよう、人材の成長にコミットします DeNA Promise DeNAが社会の一員として 約束すること 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 持続可能な企業活動の 推進 グローバル市民として、経済・社会・環境の調和を重視した企業活動を推進し、 持続可能な未来に貢献していきます 16

17. VALUE 「こと」に向かう 本質的な価値の提供に集中し、清々しくチームの一員として取り組みます 共有価値観 全力コミット 球の表面積を担うプロフェッショナルとして、 チームの目標に向けて全力を尽くします 発言責任、傾聴責任 立場にかかわらず自分の考えを誠実に直言し、 また意見には真摯に耳を傾けます 多様性を尊重し、 活かし合う 仲間の多様な強みや特徴を理解し、互いに活かし合うことで、 みちのりを楽しもう 挑戦には成功も失敗もあるけれど、そのプロセスも楽しんでいこう チームの成果を最大化します DeNA Quality Delightにまっすぐ向かう チームであるために 1.2 ミッション・ビジョン・バリュー 17

18. Engineering of DeNA エンジニアリングの特徴 2.1 エンジニアリングの特徴 18

19. エンジニアが様々な事業にシナジーを生み出している DeNAの競争力の源泉は「さまざまなサービスを提供していて、これらの サービスで培った技術やスキルを別のサービスで活かしたり新しいサービ スに活かすということでシナジーを活かしている」ことです。 サービスで培った技術や知見を他のサービスに転用しながら、新しい価値 を生み出し世の中にデライトを届け続けたい。 そのために、DeNAではダイナミックなエンジニアの活用を続けています。 どんなに長く大きなプロジェクトが動いていても人材を流動させることが 重要だと考えています。 2.1 エンジニアリングの特徴 19

20. 様々な事業の中で、 幅広いチャレンジができる エンターテイメントから社会課題解決まで領域問わず幅広い事 業を展開するDeNA。そんなDeNAのソフトウェアエンジニアは 特定の領域に留まらず、様々な事業領域においてインパクトの ある仕事に取り組むことができます。職種や技術領域も固定で はなく、1社に居ながら様々な経験が可能です。 2.1 エンジニアリングの特徴 20

21. 質の高いサービス提供を、技術のプロフェッショナルが支えている インフラ・セキュリティ・ 品質管理・カスタマーサポート を 自社で高いレベルで実現 DeNAは大小様々なサービスを提供しています。その全て において高いレベルで当たり前品質(「バグがない」「落 ちない」「安全である」)を満たすことをユーザーから期 待されています。 しかし、当たり前品質は当たり前に実現することは容易で はありません。 DeNAは一般的な「モノづくり」でよくフォーカスされる 開発、デザイン、プロダクトに並び、インフラ、セキュリ ティ、品質管理、カスタマーサポート のプロフェッショ ナルたちが在籍しており、互いを支え合うことで「当たり 前品質」を実現しています。 2.1 エンジニアリングの特徴 21

22. エンジニアが本質的で創造的な仕事にフォーカスするための 環境作りを続けている DeNAは日本でもトップレベルのモノづくり集団として様々な事業を通して Delightを届け続けたい。そのために、エンジニアが本質的で創造的な仕事 にフォーカスするための環境作りを続けています。 その一例が、インフラの100%クラウド移行です。これによりインフラのエ ンジニアはデータセンターに駆け付けるという仕事から解放され、より効 率的かつ最先端の技術を用いて仕事ができるようになりました。アプリの 開発者はインフラエンジニアとの折衝やネットワークを心配せず、DAY1か ら開発できるようになりました。 他にも、事業部横断で専門的な技術課題に取り組むチームがいることで事 業部のエンジニアは事業により集中でき、スペシャリストは多事業で「専 門性を磨く」に集中できる体制があります。結果、大変に喜ばしいことに 社内のエンジニアの市場価値も上がっています。 2.1 エンジニアリングの特徴 22

23. Engineering of DeNA サービスへの関わり方 2.2 サービスへの関わり方 23

24. エンジニアがコーディングだけでなく、 サービスをリードしている DeNAエンジニアの特徴は、「どう作るか」だけではなく「何を作るか」までを自分ゴトとして考えるこ と。エンジニアが事業を牽引する主体となり、周囲を巻き込みながらサービスを成長させていく、そん なシーンが至るところで見られます。 DeNA Games Tokyo 技術部は「世界一のサービスリードエンジニア集団」を標榜していま す。技術的なレベルを上げるのはもちろんですが、「今作っているものは本当に面白いの か?」と常に議論しながら、「こういうものを作りたい」という提案に対して「もっと面白 くできる」と、常に全員が言えるようになりたいと思っています。 DeNA Games Tokyo 平岡 2.2 サービスへの関わり方 24

25. 最新AI技術の実装により、サービスを向上させる DeNAには、世界的な機械学習コンペ「Kaggle」の成績優秀者“Kaggle Master”が数多く在籍し、高レベ ルのAI技術を用いたサービスを提供しています。その幅広い事業とサービスを磨き上げるため、MLOps エンジニアとデータサイエンティストが密に連携し、ステークホルダーに機械学習技術を届けていま す。 DeNAに転職したのは、「もっと多くのサービスで機械学習を活用したい」と考えたからで す。1社で多彩なサービスを展開し、AIを実装させている会社として稀有な存在だと思いま す。機械学習に携わる人間にとって、幅の広い機械学習の応用事例と身近に触れられるのは とても貴重で、選んだポイントでもありましたね。 システム本部データ統括部AI基盤部MLエンジニアリング第一グループ 2.2 サービスへの関わり方 藤原 秀平 25

26. リーダーとして、事業・組織を牽引する PdMやリードエンジニアなどサービスをリードするにとどまらず、事業や組織をリードする役割をエン ジニアが担っていくこともあります。DeNAには「エンジニアだから仕事はここまで」という線引きはあ りません。なぜなら、事業・組織の成長を目指し、前例や固定観念に囚われず、問題の本質を捉え、柔 軟さや大胆さを持って取り組んでいくためです。 馬場はエンジニアとして入社し、Anycaというサービスを起案、立ち上げ、リリースまで担当。現在は 代表取締役を務めています。 エンジニアとして、ゲームの世界で培った設計の思想は経営者である今に生きていると実感 します。どんなアクシデントが起こってもリカバリーが効くような設計をし、それを実装・ 運用するのがエンジニアだとすると、今やっていることも何も変わっていません。今取り組 んでいるのがどんなシステムだったとしても、それと真摯に向き合うことで設計力を磨いて おくことが大切だと思います。 株式会社DeNA SOMPO Mobility代表取締役社長 2.2 サービスへの関わり方 馬場 光 26

27. Engineering of DeNA 大切にしたい価値観 2.3 大切にしたい価値観 27

28. DeNA Engineer Quality DeNAのエンジニアとして 大切にしたい価値観 DeNA Engineer Quality ( DEQ ) は、部門やサービスに関わらずDeNAの エンジニアとして大切にしていきたい価値観です。 DeNAは事業内容の幅が広く、事業部ごとにカルチャーや考え方に差異が 生まれやすいです。 そこで、価値観を明文化することで「DeNAのエンジニアのあるべき姿」 を明示し、経営やマネジメントや他職種のメンバーとの意思疎通や課題 解決にも取り組みやすくするため、策定されました。 2.3 大切にしたい価値観 28

29. 組織と個人のチャレンジを後押しする 「DEQ」は現場のエンジニア個々人にも意識して体現して欲しいと共に、会社としてもこの価値観に共感し、エンジニアが働きやすく、成果が発揮しやすい環境を 整えていきます。 私たちが作るプロダクトと生み出す価値に対 前例や固定観念に囚われず、問題の本質をと 日々変化する世の中に対し、探究心と向上心を して熱意と誇りを持ち、妥協することなくこ らえ、柔軟さ大胆さを持ってさらなるインパ 持ち能力に磨きをかける。好奇心と熱意を持ち だわり続ける。 クトを生み出す。 機会を逃さず行動し、失敗含めその学びをオー 本質的な価値を届けるために、対立を恐れず それによりチームのパフォーマンスの向上、 プンにする。周りの学習や行動に対し、単なる お互いの専門性に敬意をもち、各々の専門性 プロダクトの成功につなげる。 批評家にならず支援する。 を最大限に発揮する。 2.3 大切にしたい価値観 29

30. Engineering of DeNA キャリア 2.4 キャリア 30

31. 新卒エンジニア研修で、エンジニアとしての礎を築く 研修はノウハウや知識獲得のみが目的ではありません。エンジニアとして生きていく上で大事な「常に学習し、新しい知識を獲得し、経験を通して身につけ ていくサイクル」を意識して設計しています。DeNAでは同期での繋がりがとても大切だと考えており、同期同士でのコミュニケーションの工夫や密度の高 い3週間のチーム開発も実施しています。また研修後に、振り返りを研修に参加した新卒と一緒に行い、毎年次年度の研修をアップデートしています。 約2か月半に及ぶ DeNA の新卒エンジニア研修は大まかに2つのパートに分かれます。 前半 6週間 インプット中心の研修 後半 3週間 アウトプット中心の研修 コンピュータサイエンスの基礎(アルゴリズムとデータ構造、CPU の仕組み チーム開発を行います。前半でインプットした情報をより深く・正確に身につ など)や、アプリケーション開発(API サーバーやスマートフォンアプリの開 けるため。また様々な経験を持つメンバーとのチーム開発の楽しさや難しさ、 発、インフラの構築)を行います。 より良い方法を学び合い、配属後の業務にスムーズに合流するためです。 ■CS基礎 2.4 キャリア ■Go ■Flutter ■AWS ■システムデザイン ■チーム開発 ■テックトーク(各々が技術トピックについて調べて発表をする) 31

32. 本人が一番成長できる環境に配属する ※CTOおよび各本部の技術責任者を中心とした、 全社にわたる技術系の課題解決を行う会議体 「仕事でこそ人は育つ」という思想のもと『その人が一番成長する環 境に配属する』ことを意識して配属をしています。 ※ そのために、入社前、入社直後、研修中と複数回は面談を行い、その 人が目指したい方向性、在り方を探っていきます。研修中に様々な事 業部の話を聞いたり、同期や社内のエンジニアメンバーやメンター社 員と関わる中でやりたいことやどうなりたいか、どう在りたいのかが 変わることもあります。配属の実施時期でベストな配属ができるよ う、入社前の配属確約は積極的には行っていません。 配属確定後は、一人一人面談し、なぜその配属部署なのか、どんな期 待を持っているのかという面談を実施しています。その後新卒社員1 名につき、1名のメンターがつき1年間全力で成長の支援を行います。 配属での役割 2.4 キャリア 32

33. 配属後も手厚いフォローアップを行う 研修中にもマンツーマンでメンターがつきますが、配属後もメンターが 責任を持って成長支援します。業務サポートやキャリアの相談、趣味の 話などの雑談まで、1on1やslackコミュニケーションを通して頻繁に 行っています。 また新卒メンバーのメンターに対しての取り組みも行っています。メン ター向けのガイドラインや、1on1のナレッジシェア、またメンター同士 を繋げて好事例を共有し合ったり、相談できる場づくりをしています。 メンターフォローの取り組みの事例 ① 部門・職種を超えた Win-Session ( 好事例・学びの共有 ) の実施 ② メンター・メンティー(新卒社員)へ成長実感のサーベイ メンター同士の win-session の様子 ③ メンターとの定期的な 1on1 2.4 キャリア 33

34. 開発も、企画も、マネジメントも。エンジニアが描ける多様なキャリアパス DeNAのエンジニアには、決まったキャリアパスが存在するわけではありません。また何か1つの選択肢を選ぶ必要はなく、複数の技術領域や事業部での経 験を組み合わせながら、その人らしいキャリアを追求していくことができます。エンジニアが開発のみならずサービス企画や事業をリードする事例や技術領 域を横断して開発に取り組む事例、複数の部署を兼務する事例、マネージャーを経験したのちプレーヤーとして開発に戻る事例などが多く存在します。 2.4 キャリア 34

35. 年功序列ではなく、新卒1年目でもチャレンジングなアサインを行う 「成功確率50%の仕事でも、打席に立ってチャレンジしよう」。DeNAでは年次問わず全力コミットする姿勢が求められます。しかし、チャレンジをハイプ レッシャーで行わせるのではありません。DeNAには失敗を歓迎する文化があり、「どんどんチャレンジして失敗して」「倒れるなら前のめりに(全力でや り切って)」というメッセージも同時に伝えています。仕事で失敗するリスクはとっても、人が育たないリスクは取りたくないと考えるためです。 評価制度 DeNAでは年齢や経験の 有無にとらわれず、能力 2018新卒 2019新卒 2020新卒 に応じてダイナミックに 入社して約半年で2つのサー 新卒1年目から大規模スマー 新卒1年目でPocochaのイベン 仕事を任される。そうし ビスを担当。さらに新卒1年 トフォンゲームの開発に携わ ト開発から運用まで担当し、 た組織を実現するため 目当時、プロダクトに対して る。品質やコストに配慮し、 全社の外部向けテックカン に、グレード制度を定義 唯一のエンジニアとして開発 大規模な負荷に耐えられるか ファレンスで登壇。2年目には しています。 全てに携わる。 まで考え抜き開発を行う。 新規戦略室に異動し、新規 サービスの開発に携わる。 2.4 キャリア 35

36. 様々なサービスに関わり、可能性を広げ続ける DeNAは、チャレンジしようとする人を否定せず、熱量を持って新しいプロダクトに取り組むことに共感し、それを後押しする社風です。DeNA全社のカル チャーはありつつ、事業・プロジェクトが変わると、少し部内の雰囲気が変わることもユニークな特徴といえます。社内にいながら、異なる環境下で経験が 積めるのは他にはない魅力です。 エンタメ事業と社内横断の 大規模なゲーム事業部から 品質管理部門の業務を兼務 小規模のライブストリーミン グ事業部へ 2.4 キャリア ヘルスケア事業部から新規事 エンジニアから事業責任者へ 業のテックリードとして DelightVenturesへ 36

37. 制度を活用して、多様なキャリアを実現する 社員一人ひとりの個性を余すことなく活かすことを目的とした制度を設けています。 対象は、新卒も中途も関係なく、入社1年以上のすべての正社員が対象です。本人の 意思(will)や情熱(passion)を尊重することで、社員と会社組織の双方に有機的に 良い影響をもたらすことを目指しています。 シェイクハンズ制度 直属の上司の承認なしに、本人と異動先部署の意志が合致すれば、最 適な部署異動が実現する制度。 クロスジョブ制度 所属部署に在籍したまま、他部署の仕事が兼務できる制度。 副業制度 社外での業務機会を実現する制度。 独立起業支援プログラム DeNA社員の独立起業を全力でサポートするプログラム。 社内のオープンポジションを一覧で見ることができる社内ツール「Open Quest」 社内で募集中のポジションが一覧化されて誰でも見ることができます。希望するポジションに 「like」をつけると、その募集しているポジションの部署の担当者から話を聞くことができます。 2.4 キャリア 37

38. Engineering of DeNA 環境 2.5 環境 38

39. エンジニアのための環境が充実している エンジニアが、より効率的・効果的に新しい価値を生み出し続けられるように、開発に打ち込める環境や制度が用意されています。 また、Webやソフトウェア業界全体の発展に寄与する活動のサポートも行っています。 開発環境 開発ツール オープンソース活動サ コミュニティ活動サ 国際学会派遣制度 個人のニーズに合わせ 各プロジェクトやサー ポート ポート 世界最先端の技術に触れる て会社より機材を貸与 ビスごとに必要なツー Webやソフトウェア業 様々な技術者コミュニティ ことを目的に年4回実施し ている制度で、エンジニア しています。数の制限 ルを選定して使用して 界全体の発展に向け、 が主催する勉強会や懇親 はなく、業務に必要な います。有料ツールも オープンソースソフト 会、DroidKaigiや 自ら選定した世界中の国際 ニーズに応じて会社で ウェア(OSS)コミュ iOSDC、CEDEC、Go 会議、セミナー、フォーラ だけ貸与されます。 ニティを積極的に支援 Conferenceなど社外イ し、OSS 発展に貢献し ベントへの支援も積極的に 用意をしています。 ようとする社員の活動 行っています。 ム、展示会に社費で参加で きます。毎年、審査を突破 したエンジニアが海外に派 遣されています。 を推奨しています。 2.5 環境 39

40. 業界を牽引するエンジニアが集まる DeNAでは社内での活躍はもちろん、WEB・ソフトウェア業界を牽引する業界で活躍するエンジニアが多く在籍しています。 スペシャリストの在籍 *一部掲載 ・Google Developers Expert *一部掲載 執筆活動 *一部掲載 ・iOSDC Japan 2020 ・Software Design ・DroidKaigi 2019 ・WEB+DB PRESS ・Google Cloud Day: Digital '21 ・Androidテスト全書 ・Google Developers ML Summit ・iOSテスト全書 ・Google Chrome開発者の 1人 ・RailsConf 2021 ・パーフェクトPython (改訂版) ・DeNA在籍の「Kaggle Grandmaster」 ・Code Blue 2020 ・VisualStudioCode実践ガイド ・BEACON Tokyo ・エキスパートが教えるSelenium最前線 ・CEDEC2020 ・データサイエンティスト育成読本 ・SRE NEXT 2020 ・Unity Test Framework完全攻略ガイド (Android, Kotlin / Machine Learning) ・Rails Contributorsのcommit数 ランキングで世界5位 国内企業最多の4名に 技術コミュニティの 運営 2.5 環境 カンファレンスへの登壇 オープンソース活動 40

41. 学びを促進するインプット/アウトプットの機会が溢れている 全エンジニアを対象に毎月開催される「TechTalk」をはじめ、iOS/Android など特定の技術領域をテーマとした社内勉強会が多数開催されて います。また、毎年、社内外に向けた「DeNA TechCon」という大規模な技術カンファレンスも開催しています。 #tech-talk 2.5 環境 社内勉強会 社外に向けた勉強会 1日あたり1~5回の勉強会を開催しています。各事業部のアウトプットを他 DeNAでのアウトプットを発表したり、DeNA外の方との技術交流の場とし 事業部のメンバーが気軽に聞くことができ、勉強会を通じた部署を超えた交 て、社外の方も参加可能な勉強会も開催しています。こちらも有志のエンジ 流も行われています。 ニアにより運営されています。 41

42. オープンで透明性の高い コミュニケーションが 活発に行われている #android #kotlin #ios #swift #typescript #golang #ruby #perl #vim #aws #gcp #kubernetes #sre DeNAでは社内コミュニケーションにslackを採用して います。社員はプロジェクトごと、部署ごと、チーム ごとに、自由にワークスペースの申請ができます。全 社へのアナウンスやエンジニア対象のワークスペー ス、CTO室やデライトベンチャーズ、技術言語のチャ ンネルなど部署を超えた透明性高いコミュニケーショ ンや情報共有を円滑にする工夫を行なっています。 times文化があり、社員の多くは各個人のtimesを所 有し、会長の南場やCTOの小林のtimesも全社で公開 されています。 2.5 環境 42

43. Engineering of DeNA 福利厚生 2.6 福利厚生 43

44. オフィスの効率化と社員の多様性のある 働き方を推進 〜本社をWeWork渋谷スクランブルスクエアに移転 横浜にも新拠点を構え、渋谷・横浜を中心とした拠点構成に〜 渋谷の本社、横浜の新拠点について DeNAが創業まもなくから本社を構える渋谷は、IT企業として重要な地であると考えて います。新しいサービスを生み出すためには常に新しい感性に触れることも必要で、ア クセス性の良い渋谷に引続き本社を構えます。そしてスポーツやスマートシティを中心 にさまざまな事業で神奈川に根ざして事業展開するために、横浜にも拠点を持つことに なりました。 多様性を尊重し、活かし合うための「柔軟な働き方」の実現 対面とリモートワークを織り交ぜた新しい働き方の実現により、オフィスという場を大 切にし、社員同士の繋がりを生むコミュニケーションスペースの創出や働きやすい設備 や機器の整備等、場の創出を行っていく予定です。なお、アフターコロナにおいても、 リモートワークは継続する見込みです。 2.6 福利厚生 44

45. ライフイベントをサポートする制度 DeNAでは、社員に訪れる様々なライフイベントと仕事の両立を支援し、長くいきいきと働き続けるための制度(DeNA LIFE DESIGN PROJECT)をそろえ ています。DeNAではこれまで、育休・産休のサポートに力を入れ取り組んできた結果、95.9%の女性社員が休暇取得後に復職しています。また、ここ数年 で男性社員の育休取得件数が従来の約3倍に近い水準で増えています(※2019年10月時点)。また、社員自身の病気や不調、家族の介護や看護、不妊治療 など、社員の相談内容も多様化しています。多様な働き方を実現するため、福利厚生の制度を定期的に見直しています。 結婚・出産 育児 介護 キャリア その他 ・結婚祝い金 ・児童手当 ・介護休暇 ・キャリア選択制度 ・積立休暇制度 ・結婚休暇 ・育休復職サポート ・介護休業 ・副業制度 ・傷病見舞金 ・クロスジョブ制度 ・GLTD(団体長期障害 ・産前・産後休暇 手当 ・育児休業 ・ベビーシッター補助 ・シェイクハンズ制度 ・ベビーケア休暇 ・ベビーシッター ・キャリア相談室 ・出産祝い金 割引券 ・出張シッター手当 ・子の看護休暇 2.6 福利厚生 所得補償保険) ・健康管理室 ・ライフイベント関連 相談窓口 ・ファミリーデー 45

46. Engineering of DeNA モノづくりの会社 レベルの高いことに、レベルの高い仲間たちと共に チャレンジし続けられる 変化を楽しみ、思い切り働くことができる 46

47. Recruitment at DeNA 新卒エンジニア採用人物像 47

48. DeNAで求める新卒エンジニアの人物像 モノづくりの会社 技術・モノづくりが好きな方 レベルの高いことに、レベルの高い仲間たちと共にチャレンジし続けられる 仲間と共に自走して協働できる方 変化を楽しみ、思い切り働くことができる 様々な技術領域に挑戦しながら 自分の可能性を広げ、成長していきたい方 3.1 新卒エンジニア採用人物像 48

49. DeNAで求める新卒エンジニアの人物像 ソフトウェアエンジニアとして、技術が好きで、モノづくりが好きな方 を求めています。今のモノづくりは一人ではできません。様々な役割・ 専門性を持った方と協働できるコミュニケーション力、ソフトウェアエ ンジニアとしての専門性を高める自己研鑽・自走力、それぞれの役割は ありつつも、チームと連携し結果を出すオーナーシップ。それらが発揮 できる方と一緒に働きたいと考えています。 技術・モノづくりが好きな ソフトウェアエンジニア ※入社後にエンジニアとして成長いただけるかのポテンシャルを選考では確認しており、 完全に未経験の方の採用は行っておりません 3.1 新卒エンジニア採用人物像 49

50. Recruitment at DeNA DeNAが新卒採用に込める思い 3.2 DeNAが新卒採用に込める思い 50

51. 「挑戦者を惹きつけ、未来を創る」 新卒採用活動 DeNAが『永久ベンチャー』と掲げているように、『挑戦』はDeNAらし さです。私たちが接することで候補者の方の挑戦心が焚きつけられ、そ んな仲間を惹きつけるような採用活動をしたいと考えています。 新卒採用は会社の未来をつくる活動です。挑戦心を持ち当社に興味を 持ってくれた方でも「DeNAではない方が良い」と判断することの方が実 数として多いです。当社とは違う道を進むことになっても、「挑戦」と いう同じマインドを持った仲間として、その道で世の中に大きなデライ トを届けてほしい。先々、協業先やパートナーとして、はたまた業界を 活性化させる良きライバルとして出会うかもしれない。 また「挑戦」という想いで繋がることができたら。 メンター同士の win-session の様子 そんな願いを持って採用活動に取り組んでいます。 3.2 DeNAが新卒採用に込める思い 51

52. 新卒採用メッセージ 『「面白がり」、求む』 このメッセージには、どんな状況でも楽しむことができる人を募集しているという意味を込めています。 困難なこと、難儀なことなど、仕事においては色々な課題に直面することがあると思います。しかしそうした時に「無理だ」「諦めよう」と思うのではな く、「何とかできたら面白くない?」という発想で挑戦し、背中を預け合えるような組織をつくっていきたいと思っています。 3.2 DeNAが新卒採用に込める思い 52

53. CTO メッセージ 「若手は会社を引っ張り、支える存在」 DeNAの発展には、新卒や若手の活躍が重要です。 なぜなら、技術が好き、モノづくりが好きな優秀な若手が毎年入ってくることによって、会社の循環が促 進されるからです。新しい価値観や考え方、スキルを持つ若手社員はDeNAの新しいパワーであり、先輩 社員もそれに刺激を受け、それぞれが合わさることでモノづくりのカルチャーが作られていきます。 また、単にDeNAのメンバーとして戦力化させることが新卒採用の目的ではありません。DeNAから広く 社会に通用するエンジニアを育て、輩出し、世の中にDelightを届けていくこともまた我々の使命だと考 えています。だからこそ、新卒採用は妥協せずに進めるべきだと考え、CTOである私も新卒採用に全力 コミットしています。 本資料を最後までお読みいただき、ありがとうございました。 あなたとともにDelightを届ける仲間となれる日を楽しみにしています! 3.2 DeNAが新卒採用に込める思い 53

54. Thank You 株式会社ディー・エヌ・エー 54