フィナンシェ_採用ピッチ資料_20221109

518 Views

November 09, 22

スライド概要

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

株式会社フィナンシェ 会社紹介資料 Update 2022/11/9

2.

目次 会社紹介 ー 03 事業内容 ー 12 価値観・風土 ー 28 メンバー ー 31 働く環境 ー 34 採用情報 ー 38 2 ©Financie, Inc.

3.

会社紹介 3

4.

会社概要 会社名 株式会社フィナンシェ 代表者名 國光 宏尚 設立 2019年1月 社員数 69名 ※業務委託・副業を含む(2022年11月時点) 住所 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15F HP https://www.corp.financie.jp 事業内容 ブロックチェーンを活用した新世代のクラウドファンディング2.0「FiNANCiE」 ブロックチェーンを活用したNFT(Non-Fungible Token)企画・支援事業 日本国内におけるIEOプロセスの支援をするIEO支援事業 4 ©Financie, Inc.

5.

フィナンシェのキーワード #クリエイターエコノミー #トークン #WEB3 #ブロックチェーン #NFT #スポーツ #エンタメ #コミュニティ #クラウドファンディング2.0 5 ©Financie, Inc.

6.

クリエイターエコノミーとは クリエイターエコノミーとは、スポーツ選手、アーティスト、YouTuber、ゲーム配信者、ローカルビジネス、地域創 生活動など、ジャンルやレベルを問わず、自分自身やスキル、作品で表現活動を 行っている個人や団体が、それらの表現で収入を得ることにより形成された経済圏 のことです。 スポーツ選手 YouTuber ローカルビジネス (地域に根ざした飲食店や小売業等) スポンサー収入、入場料等 広告収入、チャンネルメンバーシップ等 6 飲食代、商品代等 ©Financie, Inc.

7.

フィナンシェのビジョン “10億人の挑戦を応援する クリエイターエコノミーの実現” −創業時の想いとフィナンシェのいま− 株式会社は自分たちの株を発行し、賛同する人たちを集めて資金を調達できる。また、一緒に働 いてくれる人にストックオプションを渡し、関わる全員が金銭的にもハッピーになり、ビジョンが実現 できる。会社だけでなく、クリエイターやアスリート、プロジェクト、全ての個人にもそういう社会を創 り出していきたい。 現在のフィナンシェ。 スポーツチーム、エンタメプロジェクト、地域、クリエイターなどがトークンを発行する「クラウドファン ディング2.0」を提唱している。 スポーツチーム、クリエイター、個人が自分たちのやりたいことを実現するために資金調達、コミュ ニティ形成、サポーターに最大限の利益を還元する仕組みを提供したい。 この仕組みはファンにとって、ただチームを応援するだけではなく、一緒に夢や目標を実現させる ために主体的にチームに関わっていける。ブロックチェーンテクノロジーを利用した新しい応援のカ タチを目指しています。 7 ©Financie, Inc.

8.

創業メンバー WEB3やメタバース業界をリードしている代表 國光宏尚を中心に、経験値のあるメンバーで創業 前田 英樹 取締役CSO・CHRO 國光 宏尚 代表取締役CEO 米国Santa Monica College卒業後、2004年に株式会 社アットムービーに入社。同年に取締役に就任。2007 年に株式会社gumiを設立し、代表取締役社長に就 任。2019年に株式会社フィナンシェを共同創業。2021 年より、株式会社フィナンシェ代表取締役CEOおよび 株式会社Thirdverse代表取締役CEOに就任。2021年 にgumi cryptos capital Managing Partnerに就任。 株式会社トヨタマップマスターを経て、2010年に楽 天株式会社へ。 2013年に株式会社モブキャストに参画し、メディア 編成責任者から執行役員プラットフォーム事業責 任者、韓国子会社代表、ゲーム事業責任者を経 て2017年取締役に就任。 2019年gumi cryptos取締役COOに就任、株式会 会社フィナンシェを共同創業。 田中 隆一 取締役COO 西出 飛鳥 取締役CTO 新卒で2000年にコンサルティング会社に新卒入社し、 2002年DeNA入社。2005年、デジタルマーケティング ソリューションを提供するノッキングオンを共同創業 し、ゼンリンデータコム社へバイアウト後、2010年、米 ソーシャルゲーム最大手のZyngaへ所属する。2012 年、シンガポールを拠点としたUniconにてブロック チェーン技術を研究。 2019年株式会社フィナンシェを共同創業。 大学在学中にIPA未踏ソフトウェアプロジェクトに採択さ れた国産タブブラウザ「Lunascape」に参画。 翌年、製品と同名の株式会社を共同創業しCTOとなり、 コンシューマー向けアプリケーションの開発を行う。その 後、アマテラルのCTOに就任し、ソーシャルゲームの開 発・運営を経験。 2012年にUniconの前身となるウォルラスデザインを共同 創業し、CTOに就任。 2019年株式会社フィナンシェを共同創業。 8 ©Financie, Inc.

9.

アドバイザー 会社設立当初から、投資家兼アドバイザーとして、プロサッカー選手の本田圭佑選手や長友佑都選手などによる強力なバックアップ 9 ©Financie, Inc.

10.

フィナンシェの歩み 当社のビジョン「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」に向けて、全力で挑戦し続けます。 10 ©Financie, Inc.

11.

クラウドファンディング・NFT市場の拡大 2020年にはクラウドファンディングを通じて世界中で340億ドルが調達され、2030年までに3,000億ドルに達すると予想され ています。 また、NFTの市場規模は、2021年は113億2000万ドルで、2022~2030年に年平均33.7%で成長し、2030年には2319億8000 万ドルに達すると予想されています。 NFTの需要が急激に増加している主な理由の一つとして、音楽や映画、スポーツなどジャンルの枠を超えて、 メタバースやゲームなど他のストリームを含むようになったことが挙げられます。 ×20 ×9 クラウドファンディングの市場規模予測 NFTの市場規模予測 参考:New York State Science & Technology Law Center / Metaverse Style 11 ©Financie, Inc.

12.

事業内容 12

13.

事業内容 トークン発行型 クラウドファンディング事業 NFT企画・支援事業 ブロックチェーン技術で発行したトークンを 利用する、クラウドファンディングサービス です。 コンテンツホルダーやクリエイターに、NFT 発行からプロモーションまでワンストップで 支援するサービスです。 プロジェクト実行者とそれを応援するファン が“共創”できる、参加型コミュニティ 『FiNANCiE』を運営しています。 NFTならではの演出や企画のアドバイス、 売り出しにおける国内外マーケティングや プロモーション支援を行います。 13 IEO支援事業 日本国内におけるIEOプロセスの支援をす るサービスです。 当社がコインチェック社とIEOプロセスを進 めている中で蓄積したノウハウを活かし、 パートナー企業様のIEO実施のための準備 をサポートします。 ©Financie, Inc.

14.

FiNANCiEとは ブロックチェーン技術を活用した、 トークン発行型のクラウドファンディングです。 『FiNANCiE』は、夢を追って活動するクリエイターやスポーツチー ム、ローカルビジネスなどがプロジェクト実行者(オーナー)となり、 応援してくれる仲間(サポーター)と出会い、夢の実現に向けて一緒 に歩むことができるサービスです。 オーナーはトークン(FT&NFT)を発行・販売することで資金を獲得 しつつ、コミュニティを形成することができます。 トークンの発行、企画・運用により、新しい価値を生み出すトークン エコノミーの実現を目指しています。 14 ©Financie, Inc.

15.

従来のファンクラブとの違い FiNANCiEは、ファンと“共に創る”ことができるコミュニティです。 ファンクラブ 入会することで、ファンとしてチケットの優先予約や割引 があり、グッズや会報誌、入会者向けの情報を受け取る ことができます。ファンは入会費や年間費を支払い、す でに完成されたサービスを受け取るのみです。 FiNANCiE トークンを購入することで、完成されたサービスを受け取るだけで はなく、ファンも参加できる投票企画などで、 共創体験ができます。 また、トークン価値が需給に応じて上下することで、初期応援者へ のインセンティブとなることもあります。 FiNANCiEでは、プロジェクトが大きくなったりすることでトークンの価値が上下します。 このようなインセンティブ革命があるので、自律的にコミュニティが回り、プロジェクトが盛り上がる仕組みになっています。 FiNANCiEは従来のファンクラブと目的が異なるため、共存することも可能です。 15 ©Financie, Inc.

16.

ファンエンゲージメントスタイルの変遷 ファンは、夢を叶えたいオーナーの「パートナー」として “共創” できる Web2.0の時代までは、応援する人は「ファン」や「フォロワー」という位置付けでした。 夢を追うクリエイターやスポーツチームなどの「パートナー」として、異なる立場の人たちが協力し新しい価値を生み出す「共創」を実 現できる。 そのような新しい応援の形を、FiNANCiEは作っていきます。 16 ©Financie, Inc.

17.

Web2.0の課題/Web3.0が握る解決の鍵 Web3.0は、大手プラットフォーマーによる「中央集権の短所」を解消する。 Web2.0の時代は、SNSの発達により、個人が発信・活動できる場が広がり、クリエイターエコノミーが活性化しました。 また、テキスト、画像、動画、音楽など、あらゆる手段でコミュニケーションを取り合うことも可能になりました。 しかしその一方で、交流を実践する「場」はプラットフォーム提供者によりコントロールされ、情報と権力が彼らに集中しているという問題も注 目されています。 その力が強すぎるあまり、個人においては「手数料を多く取られるため、十分な収益を得られない」などの問題がありました。 これらの問題を解決するのが、Web3.0時代のDAO(自律分散型組織)です。 DAOは中央管理者が不在で、組織に参加しているメンバー同士で意思決定を行います。 共感するものに人々(ファン)が自律分散的に集い、その実現や価値向上のために活動し、個々の価値貢献に対してフェアにインセンティブ が還元される。 そのような新しい組織形態が、Web2.0時代の課題を解決する鍵となっています。 Web2.0 Web3.0 双方向・参加型 自律・分散型 プラットフォーマーを 介してビジネスを展開 プラットフォーマを介さず 自律的にビジネスを展開 17 ©Financie, Inc.

18.

フィナンシェが解決したい社会課題 資金面が課題となり、 活動が制限される個人や団体 還元のないファン 個人活動における物理的な限界 18 ©Financie, Inc.

19.

資金面が課題となり、活動が制限される個人や団体 資金繰りが困難なスポーツチーム、 十分な報酬が得られないクリエイター Webサービスの発達とともに、様々なSNSを通じて誰もが簡単に コンテンツの発信・情報交換ができるようになり、個人が活動で きる場は年々大きくなっています。 しかし一方で、「スポンサーやチケット収入などの収益源だけで は限界があり、資金繰りが難しく、思うように活動ができていな いスポーツチーム・アスリート」や「巨大プラットフォーマーと一部 のクリエイターが利益を独占していて、十分な報酬が得られてい ないクリエイター」も多くいます。 19 ©Financie, Inc.

20.

個人活動における物理的な限界 個人での活動は、スピード感を持って進むことはできても、 大きなことを達成するのは難しい 自分一人でできることには、物理的に、またスキル・知識にも限 界があります。 一人ではスピード感を持って始めることはできても、大きなことを 成し遂げるのは難しいと言えます。 しかし、外部の人とコラボレーションをすれば、その人の強みや 力を借りることができます。 それによって活動がパワーアップし、幅が広がり、実現できるこ とも増えます。 20 ©Financie, Inc.

21.

還元のないファン ファンがいくら応援しても、 ファンには何のメリットもない仕組み 応援してくれるファンは、スポーツチームやクリエイターが活動をする うえで、とても大切な存在です。 しかし、ファンが「いいね」や投げ銭でいくら応援しても、リターンは得 られない仕組みになっています。 例えば、自分が応援しているインスタグラマーに、コメントや「いいね」 を長い間欠かさずしていたとして、そのインスタグラマーが数年後に テレビに出るような有名人になっても、その時に自分にメリットがある かというと、そうではありません。 このように、初期からずっと支えてくれているファンに応える仕組みも 存在しません。 21 ©Financie, Inc.

22.

フィナンシェのアプローチ クラウドファンディングで 直接的な支援 オーナーとサポーターが win-winのコミュニティ サポーターが知見を活かす 22 ©Financie, Inc.

23.

FiNANCiEのアプローチ クラウドファンディングで 直接的な支援をすることができる サポーターはオーナーに対して、クラウドファンディングで直接的な支援が できます。 オーナーは、初期収益を活動の拡大に利用し、好循環を生み出すことが可 能です。 プラットフォーマーや一部の著名人が収益を独占することもありません。 23 ©Financie, Inc.

24.

FiNANCiEのアプローチ サポーターが知見を活かすことができ、 継続的なコミュニティ活動が可能になる ファンディング後も、トークン保有者限定のコミュニティが形成されるため、 オーナーとサポーターが一丸となって継続的に活動することができます。 これにより、オーナーは資金調達できるだけでなく、サポーターからアイデ アや力を借りながら、プロジェクトを推進していくことが可能になります。 また、サポーターは、トークンを利用した投票や企画に参加することができ ます。 オーナーとサポーターの「共創」を通じて、新しい価値、新しい体験、新しい 未来を生み出します。 24 ©Financie, Inc.

25.

FiNANCiEのアプローチ オーナーとサポーターが、 win-winでコミュニティを成長させられる トークンは購入するだけでなく、マーケットで取引する(二次流通で利益を得 る)ことも可能です。 また、トークンの価値は状況に応じて変動します。 オーナーとサポーターが共創することで、例えば、そのスポーツチームが試 合で優勝して応援する人が増えたり、クリエイターがメジャーデビューする など夢が実現すれば、サポーターがさらに増加します。 それにより、トークンの価値が変動した場合、そのトークンを保有している サポーターにメリットが生まれる可能性があります。 その他、トークン保有数に応じた特典を貰うことができるなど、サポーターに もメリットがある仕組みとなっています。 / トークン価値が需給に応じて上下することで、 初期からのサポーターの方はインセンティブになるかも? \ 25 ©Financie, Inc.

26.

FiNANCiEの今後 個人・団体問わず、多種多様なジャンルのプロジェクトが発足 FiNANCiEでは、現在180以上のトークン(FT&NFT)の発行・販売、企画・運用の実績を有しています。 特に2021年からはスポーツクラブトークンに注力しており、チーム・個人問わず、幅広くFiNANCiEを活用いただいています。 2022年からは、エンタメ、食・地域などのジャンルを本格的に立ち上げ、こちらも多種多様なプロジェクトが活発に動いています。 今後は、グローバル展開も進めていく予定です。 スポーツ エンターテインメント 食・地域 26 ©Financie, Inc.

27.

プロジェクト実績 スポーツ 湘南ベルマーレによる「サポーターとつくるスペシャルデー」 2021年1月に国内プロスポーツチーム初のクラブトークンを発行。スポンサー冠試合に関する体験イベントや名称などを、 トークンホルダーと創り上げるプロジェクトで、初回は576万円のファンディングに成功しました。『緑と青の湘南トークンDAY』 という名称をトークンホルダーと投票企画で決め、その他にも関連グッズのデザイン案などスペシャルデーを盛り上げる施策 を共に創り上げました。クラブとトークンホルダーが一緒になって、開門前より様々なイベントで盛り上がりました。 エンターテインメント スーパー サピエンス 3人の映像監督が、原作から映像化までの一気通貫を目指す「SUPER SAPIENSS」 エンタメ・映画界を牽引してきた堤幸彦・本広克行・佐藤祐市といった3人の監督陣や森谷雄プロデューサーらがボードメン バーとして集まり、原作づくりから映像化までの全プロセスを一気通貫するエンタメプロジェクトです。初回は4,500万円のファ ンディングに成功しました。ファンディングで得た支援金を活用し、トークンホルダーと共にWEBTOONや映像制作に向けた オーディション、NFT販売など、様々な活動を展開しています。 食・地域 黒毛和牛を “せり、育て、いただく” 見届ける畜産×食育「KYUKON WAGYUプロジェクト」 まずは仔牛をせり落とすところから始まり、熊本県の山瀬牧場にて『KYUKON WAGYU』として大切に育てあげ、その成長を見 守ってきた人々の元へお届けするという「一連のプロセス」を皆で共有するプロジェクトです。トークンホルダーの特典として は、黒毛和牛の肥育に関する限定コンテンツ、焼肉レストラン「きゅうこん」優待、プレミアム抽選イベント参加権などがありま す。 27

28.

価値観・風土 28

29.

3つのバリュー オープンなコミュニケーション、新しいものは迷わず取り入れる、チャレンジを誰よりも早くすることを重視 ミッションの達成に向けて、ポジション関係なく、 Open Communication 誰もが建設的な意見をオープンに言い合える関係・環境を作り、 サービスを提供していきます。 One Step Beyond 最新のテクノロジーやトレンドを取り入れ、 自分の限界を超えた新しい価値を生み出そう。 First to Try, 誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、 First to Fail, 誰よりも早く復活する。多くの挑戦を続けるために、 First to Recover 仲間の挑戦を称え合い、助け合えるチームでいよう。 29 ©Financie, Inc.

30.

組織カルチャー 各々が自律的に、チーム内外とコラボを積極的に行うことで、ダイバーシティのある文化を共創 最新技術 カスタマーファースト メンバーの多様性 FiNANCiEはブロックチェーンテクノロジー スポーツチームやエンタメにおける顧客の ブロックチェーンに特化したエンジニア(アプ サービスです。誰にでも扱えるサービスを目 課題を、トークンやNFTを活用を中心とした リ・サーバーサイド)、フロント実装もするデ One Step Beyond 指し、トークン・NFTの企画・設計・開発を行 ネットソリューションや企画・プロモーション ザイナー、UXデザイナー 、WEBディレク い、UX、コミュニティマネジメントを充実させ をハンズオンで提案します。 ター、運営経験のあるプランナー、それぞ ています。 また、ユーザーリサーチやデータ分析を通し れがスペシャリストでありながら、ミーティン 最新技術を使いながら、スポーツやエンタ て、顧客やユーザーのインサイトを徹底的 グの場では職種を越えて積極的に メ、地域など様々なジャンルのプロジェクト に考え抜き、アウトプットします。 FiNANCiEについて議論しています。 やクリエイターの夢を叶える革新に関わるこ とができます。 30 ©Financie, Inc.

31.

メンバー 31

32.

数字で見る組織 とてもチームワークのある、優秀でスぺシャリティのあるメンバーが集まっています。 20代・30代・40代のメンバーがまんべんなく在籍しており、非常にバランスの取れたチームです。 メンバー数 職種 平均年齢 バックオフィス 業務委託 16% 19名 開発 企画・デザイン 経営陣・正社員 57名 36% 15% 35歳 ※正社員のみ 営業・CS 33% ※2022年11月時点 32 ©Financie, Inc.

33.

数字で見る組織 女性はまだまだ少ないですが、性別関係なく活躍できる環境です。 働き方は柔軟に調整できるため、ライフイベントにも対応しやすく、子育てと仕事の両立も叶います。 子育て社員率 男女比 33% 8:2 ※正社員のみ ※正社員のみ ※2022年11月時点 33 ©Financie, Inc.

34.

働く環境 34

35.

働き方・制度 フルリモート勤務 「リモートワークのメリットを活かすためにはどうしたらいいか」を前提に、様々なロケーションからチームに参加できる環境を整えています。 現在、東京、静岡、群馬、大阪、京都、福岡など、全国各地にメンバーがおり、完全フルリモートで勤務をしています。 フレックスタイム制 コアタイムは12:00-16:00。月の所定労働時間を満たせば、毎日の出退勤時刻や働く ⻑さは、各々で調整・決定できます。 副業OK フィナンシェでのアウトプットを最大化するためにも、メンバーがフレキシブルに働くことを会社として歓迎しています。 ※副業は、業務時間外・休日に限定していて、本業に影響がないこと、フィナンシェの競合でないこと、という条件を満たす必要があります。 リモート手当 1ヶ月1万円を支給しています(4ヶ月毎に支給)。 産前産後休暇・育児休暇制度 社員のライフプランに合わせた働き方が可能です(男女ともに取得・復帰実績有り)。 部活動制度 メンバーが好きな部活を創り、好きな部活に入ることができます。部費の支給もあります。 35 ©Financie, Inc.

36.

評価制度 DAOの可能性が追求されるように、フィナンシェではフラットかつメンバーが自律的に行動し、コラボが出来る機会 を作り、個人の成長と会社の成長を最大化するセルフマネジメント型の組織・評価制度 にチャレンジしています。 年2回の人事評価(上期12〜5月/下期6〜11月) 査定結果に基づいて給与改定・昇格を決定(改定がない場合も有) 指標は「成果評価」と「行動評価」の2つ 目標は自分自身で設定 評価方法は「自己評価」+「分散型評価※1」+「上長評価※2」 ※1 同じ仕事・同じプロジェクトで仕事をしているなど「自身の仕事の具体的な価値を理解しているメンバー」を各自選定 ※2 上長評価は、会社全体のバランスを見て偏りがないかの確認や、分散型評価自体のサポートをすることを目的として行うもの 36 ©Financie, Inc.

37.

社内コミュニケーション 社内コミュニケーションは基本的にオンラインでのやり取りで、主に下記のツールを活用しています。 Slack チャット・通話 Google Meet オンラインミーティング Notion ナレッジ・資料などを保管 その他にも、部署内外のメンバーと交流ができる機会として、 3ヶ月に1度のオフラインでの全社会議+懇親会、オンラインのランチ会(不定期開催)などがあります。 37 ©Financie, Inc.

38.

採用情報 38

39.

求める人物像 “3つのバリュー”にもあるように、「オープンなコミュニケーション」「新しいものは迷わず取り入れる」 「とにかくチャレンジを誰よりも早くする」ができる人がマッチすると考えます。 興味 ⚫ブロックチェーンやNFTサービスなど新たな分野に携わってみたい、盛り上げていきたいと思う方 ⚫当社のミッション「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」に共感できる方 性格 ⚫最前線の情報やトレンドの収集を欠かさない方 ⚫新しい技術領域や変化の激しい業界でチャレンジしたい方 ⚫これまでのバックグラウンドを活かしつつも、新しいインプットや学ぶことに積極的な方 ⚫謙虚で前向き、素直で誠実な方 ⚫やる気、責任感や向上心の強い方 能力 ⚫主体的かつ自主的に物事を進められる方 ⚫固定概念にとらわれず、新しいアウトプットを自発的に生み出せる方 ⚫変化への適応力がある方 ⚫コミュニケーション力・問題把握能力・調整力に長けた方 ⚫問題に対して能動的かつ論理的に解決へ向けて実行できる方 39 ©Financie, Inc.

40.

採用プロセス 候補者の状況に合わせた採用プロセス フィナンシェでは、メンバーの様々な夢も応援したいと考えており、個人に合った働き方で関わることができる環境を整えています。 正社員・業務委託どちらでも、選考期間は候補者の状況に合わせて設定し、2週間程度で終わるようにしています。 業務委託を推奨する考え方 候補者個人にとっても、数回の面接だけでは、お互いのことを十分に理解し、人生に関わる決定を下すことは難しいと考えています。 お試し期間という意味で実際に働く環境を通してミスマッチのリスクを最小化したいと考えています。 正社員から はじめる場合 業務委託から はじめる場合 カジュアル面談 応募 (希望者のみ) 面談・面接 1次面接 2次面接 3次面接 オファー 入社 (必要に応じ) 業務委託開始 正社員へ応募 面談 40 オファー 入社 ©Financie, Inc.

41.

募集ポジション・もっと知る 募集中のポジションは、Wantedly にてご確認をお願いいたします。 フィナンシェについてもっと知りたい方は、ぜひ下記のサイト・SNSをご覧ください! コーポレートサイト FiNANCiE YouTubeチャンネル FiNANCiEサービスサイト FiNANCiE Twitterアカウント FiNANCiEスポーツ Twitterアカウント FiNANCiE NFTサービスサイト FiNANCiE noteアカウント 41 ©Financie, Inc.