YJTC19 in Shibuya 基調講演 #yjtc

835 Views

December 13, 19

スライド概要

Yahoo! JAPAN Tech Conference 2019 in Shibuya の基調講演資料です。

profile-image

2023年10月からSpeaker Deckに移行しました。最新情報はこちらをご覧ください。 https://speakerdeck.com/lycorptech_jp

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

2.

#yjtc Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

3.

藤門 千明 藤門 千明 ヤフー株式会社 取締役常務執行役員CTO Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

4.

未来を、共に創ろう Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

5.

ユーザーアクションの最大化 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

6.

4/24 Yahoo! JAPANアプリ クーポンタブリリース 6/26 乗換案内 4000万DL達成 10/7 PayPayフリマ リリース 7/1 Yahoo!スコア リリース 10/17 PayPayモール リリース 11/28 リアルタイム震度 リリース 8/19 Yahoo!くらし リリース 12/9 Yahoo!住宅ローン リリース 10/31 データソリューション リリース 10/24 Yahoo!ロコ モバイルオーダー リリース 11/18 PayPay 2000万ユーザー突破 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 10/11 Yahoo!防災速報 災害マップリリース 11/1 Yahoo! セールスプロモーション リリース

7.

ログインユーザーID数(マンスリー) 5,049万※1 ユニークブラウザ数(デイリー) リクエスト数(デイリー) ※1 2019年9月末平均 ※2 2019年度2Q平均 ※3 2019年11月 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 9,302万 1,132億 ※2 ※3

8.

未来を創るために なければならないもの Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

9.

Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

10.

によって実現できるもの 早く世に出せる リリース回数が増える 市場から早くFBを得る ビジネスチャンスが増える “開発競争力の向上” Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

11.

5年前、ヤフーは ユーザーへの価値提供スピードが 鈍化していた…  技術的負債  レガシーなプロセス  ビジネスに付随するしがらみ Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

12.

CTO就任時の決意 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

13.

モダナイゼーションをする Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

14.

過去のモダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

15.

2013年のチャレンジ <目的>アプリケーションライフサイクルマネジメントの実現 パッケージのクリアオーナーシップ 最新のOS(rhel6-64bit native)で動作するようにする ほぼ完了 常に最新のOS・HW・SWへ追従するための土台づくり 未完 ほぼ完了 ゴール テクノロジーだけの モダナイゼーションは Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. うまくいかない

16.

うまくいかない3つのレガシー 決めてくれない、 言われたからつくった、 といった 他責の マインド Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 古い環境を 使い続けることによる 開発スタイルが古い、 ルールありすぎ、 によって 開発効率の 負債が増える 低下 習慣

17.

3つのモダナイゼーションの同時進行が必要 マインドの モダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. テクノロジーの モダナイゼーション 習慣の モダナイゼーション

18.

マインドのモダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

19.

2015年12月 約2,000人のヤフーの全クリエイターで 決起集会を開催 同じメッセージを全員に伝えるため、東京、名古屋、大阪の3箇所で開催 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

20.

まずトップからメッセージング 顔を合わせて言葉にする CTO 技術系役員 技術分野毎のテクニカルリーダー クリエイターに意識づけする Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

21.

マインド 普遍的なもの 技術力をつくる源泉 「マインド」を変えよう Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

22.

マインドを変えよう❶ 自分で考える、自分から動く、他責にしない 全ての結果を Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 自分ごと にする

23.

マインドを変えよう❷ 良いインプットを得て、さらに良いアウトプットを 社外に対して Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. オープン になる

24.

マインドを変えよう❸ 難しければ難しい挑戦であるほど、成長できる 困難なことに Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. チャレンジ する

25.

マインドを変えるために 社内外活動を通して、クリエイターとしての成長を促進 社内LT開催 の促進 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 国内外イベント 協賛・登壇 の促進 OSS貢献の 促進

26.

マインドを変えるために 人事とタッグを組んでクリエイター活動を支援する制度を導入 技術力向上支援 チャレンジ支援 技術力発揮支援  技術活動費用補助制度  開発合宿プログラム  OSSデベロッパー認定制度  トップカンファレンス参加 支援制度  …  グローバルテック企業と の交流  書籍執筆、副業の支援 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

27.

本当にマインドは 変えられるのか? …試してみる Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

28.

チャレンジ ❶ サーバー仮想化の促進 チャレンジ ❷ CI の導入 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

29.

チャレンジ ❶ サーバー仮想化の促進 1年で90%の新規サーバーが仮想サーバーに チャレンジ ❷ CI の導入 半年でほぼすべてのプロジェクトが導入 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

30.

この Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. ならいける

31.

テクノロジーのモダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

32.

CTOとして意識したこと アーキテクチャから入らない Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

33.

方針はつくるが、 やり方はみんなで考える Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

34.

が重要 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

35.

モダナイゼーション方針❶ を得るキーテクノロジーは何か? コンテナテクノロジーを活用した クラウドネイティブな開発環境 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

36.

コンテナテクノロジーで 「OSSを中心としたモダンなインフラ基盤の構築」 2015年11月 子会社設立 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 2017年8月 CaaS開発完了!

37.

現場はきちんと考えることができる (2015年当時の資料のため現在利用していない技術も含まれています) Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

38.

サービス開発クリエイターは アプリケーション開発に注力して IaaS Function CaaS New Function PaaS New Function FaaS New Function Application Application Application Application Data Data Data Data Runtime Runtime Runtime Runtime Middleware Middleware Middleware Middleware OS OS OS OS Virtualization Virtualization Virtualization Virtualization Server Server Server Server Storage Storage Storage Storage Networking Networking Networking Networking Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

39.

チャレンジ ❶ サーバー仮想化の促進 チャレンジ ❷ C I の導入 クラウドネイティブな開発環境には必要な条件 どちらも Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. につながった

40.

モダナイゼーション方針❷ を得る技術選択はどうすべきか? すべて1からつくらず Make or Use を使い分ける Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

41.

技術獲得方法を変更して Make  自社開発/M&A  提携/共同開発 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. OR Use  OSSを戦略的に利用  有償ソフトウェアを利用

42.

新開発環境の構築 CaaS Make OR PaaS OR Use FaaS OR Use Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

43.

モダナイゼーション方針❸ 感のあるモダナイゼーションの スケジュールをどう決めるか? 全体スケジュールと優先度のみ決め 詳細は現場で考える Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

44.

モダナイズ スケジュール ① プラットフォーム まずプラットフォームから開始 ② 優先度1サービス 詳細な 実施タイミング/順番は … 現場で考える ③ 優先度2サービス … 詳細な 実施タイミング/順番は 現場で考える 詳細な 実施タイミング/順番は 現場で考える Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

45.

現在、鋭意移行中! Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

46.

習慣のモダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

47.

負債が増える習慣を変える Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

48.

なぜ取り組んでいるのか 繰り返し伝え続ける Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

49.

トップからメッセージング 社内広報もフル活用 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 社内イベントでの発信、 非クリエイター向けへの発信

50.

ぬこ “猫”からもメッセージング あるときは Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 写真:アフロ

51.

ルールをシンプルにし ドキュメントを残す文化にする Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

52.

開発のためのルールを見直す 技術ガイドラインか? 点在するガイドライン 117 個 “サービス開発に必要な技術情報” として1箇所にまとめる 仕分け 要否確認 新規作成 および および 約30個 将来的に必要か否か? 足りているか? Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

53.

開発に必要なドキュメントを集約 《サービス開発に必要な情報》 技術ガイドライン プラットフォーム クリエイター 技術リファレンス (技術スタンダード、リファレンス、マニュアル、マニフェスト等) 1箇所に集約 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. サービス クリエイター 開発 サービス

54.

負債が増えにくい 開発手法を選択する Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

55.

開発手法利用を促進 新たな開発手法を利用し、クオリティ向上、開発速度向上を図る スクラム Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 写真:アフロ ペアプログラミング

56.

プラットフォームの 提供者と利用者は同じ方向を見る Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

57.

トラブル発生時の原因究明で衝突 開発 サービスの つくりが悪い! プラットフォーム クリエイター サービス クリエイター 開発 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. プラットフォームの つくりが悪い!

58.

“サービスを止めない”という同じ方向に サービスを 理解 プラットフォームの 安定稼働維持 プラットフォーム クリエイター 止まらない サービスづくり サービス クリエイター 開発 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 開発 プラットフォームを 理解

59.

プラットフォームマニフェストの合意 マニフェストを提示し その維持に責任を持つ プラットフォーム クリエイター Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. プラットフォーム マニフェスト □ インターフェース □ 利用環境 □ リージョン □ アベイラビリティゾーン □ 関連プラットフォーム □ レイテンシー □ スループット □ 可用性 □メンテナンス □ バックアップ … マニフェストをもとに 止まらないサービスづくりに 責任を持つ サービス クリエイター

60.

モダナイゼーションを 開始してから Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

61.

CI/CD実施状況 CI(Continuous Integration) ビルド回数 ≒ テスト実施回数 で確認 2.3倍 に増加 日次ビルド回数(全社) Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. CD(Continuous Delivery) デプロイ回数 で確認 4.0倍 に増加 週次、月次デプロイ頻度(サービス抜粋)

62.

新開発環境利用状況 利用中のサービスおよびプラットフォーム数 76 CaaS Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 122 PaaS 86 FaaS Function Function Function Application Application Application Data Data Data Runtime Runtime Runtime Middleware Middleware Middleware OS OS OS Virtualization Virtualization Virtualization Server Server Server Storage Storage Storage

63.

モダナイゼーションによる効果❶ 2019/10/12 Yahoo!天気・災害 <災害系ページへの秒間アクセス数推移> 平常時の 最大10倍以上 台風19号上陸時 高負荷時のサービス運営で サーバーのスケールアウトが 非常にスムーズに モダナイゼーションは 負荷対策にも貢献 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

64.

モダナイゼーションによる効果❷ トラベルのモダナイゼーション • CI/CD導入 • モノリシックからの脱却 Yahoo!トラベル <モダナイゼーション前後のコスト> 全工程の コスト削減 に成功! 設計 開発 これまで Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. テスト リリース モダナイズ後 28%効率向上 全工程で 工数短縮により 早くリリースが可能 (リリース回数が増やせる)

65.

モダナイゼーションによる効果❸ 急ぎリリースが必要だった2サービス PayPayフリマ PayPayモール ペアプログラミング 開発~リリースの 時間を 大幅短縮 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

66.

Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

67.

マインドの モダナイゼーション Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. テクノロジー の モダナイゼーション 習慣の モダナイゼーション

68.

Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

69.

Yahoo! JAPANのエンジニアリングは が重要 Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

70.

ユーザーに するほど便利なサービス を届ける Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

71.

未来を、共に創ろう Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

72.

本日の多くのセッションは 新開発環境での開発 によるもの Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

73.

Copyright© 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.