ユーザーの行動に合わせた プロダクトづくり #pmconfjp

160 Views

November 14, 19

スライド概要

プロダクトマネージャーカンファレンス2019
URL https://2019.pmconf.jp/
プロダクトマネジメントに関わる人やそれを目指す人が集う

profile-image

エンジニア・デザイナー向けのヤフー公式アカウント。イベント/登壇情報/ブログ記事など、ヤフーの技術・デザインに関わる情報を発信します。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ユーザーの行動に合わせた プロダクトづくり ヤフー株式会社 デザイナー 田島 佳穂 2019/11/13 プロダクトマネージャーカンファレンス2019

2.

自己紹介 田島 佳穂 Tajima Kaho @ta̲̲jimaharu 2016年にデザイナーとしてヤフー株式会社へ新卒入社 〜2019/09 Yahoo!プレミアム サービスサイトのリニューアルなどを担当後、デザイナー兼プロ ダクトオーナーとして読み放題プレミアムの立ち上げを推進す る。 2019/10〜現在 PayPayフリマ プロダクトデザイナーとして、アプリやWebの企画・デザインを している

3.

自己紹介 田島 佳穂 Tajima Kaho @ta̲̲jimaharu 2016年にデザイナーとしてヤフー株式会社へ新卒入社 今日はこのときの話を したいと思っています 〜2019/09 Yahoo!プレミアム サービスサイトのリニューアルなどを担当後、デザイナー兼プロ ダクトオーナーとして読み放題プレミアムの立ち上げを推進す る。 2019/10〜現在 PayPayフリマ プロダクトデザイナーとして、アプリやWebの企画・デザインを している

5.

国内最大級のポータルサイト Yahoo! JAPANを運営 デイリーユニークブラウザ数 9300万 ※2019年3月時点

6.

日本国内向けサービス 100以上

7.

O2O メディア 日本国内向けサービス 100以上 コマース 決済金融 PIM

8.

本題

9.

今日はこんな人に向けて話します • ふわっとした要求でPdMを任されたけど、どこから手を 付けていいか分からない • ユーザー視点ってどうやって取り入れればいいか分からない

10.

本日お話するサービスについて • 雑誌110誌以上、漫画13,000冊以上読み放題の 会員向けサービス※ • Yahoo!プレミアムの会員特典をアプリ化し提供 • Yahoo!プレミアム会員ID数 2,235万ID※ ※2019年9月末時点

11.

ある日、こんなことを言われました 「読み放題プレミアムの電子書籍を アプリで読めるようにしたい」

12.

現状 • 開発期間は3,4ヶ月程度 • エンジニアは全員ベトナムとのオフショア開発 開発できる機能はかなり限られていた

13.

限られた時間やコストのなかで どうやって機能の取捨選択をしていくか?

14.

機能の取捨選択の方法① 人的コストによる取捨選択 ユーザー視点が抜け落ちやすくなる ぶっちゃけ、最後にできるかできないかを考えるべき

15.

機能の取捨選択の方法② ステークホルダーとの議論による取捨選択 主観的に決めようとすると議論が肥大化し 結局時間がかかってしまう

16.

我々がやったこと 実際にユーザーが どんな行動をしているかを知ることで 作るべき機能を見つけていく

17.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

18.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

19.

コンテキストインタビューの内容 手法 コンテキストインタビュー 目的 • ユーザーがどのように利用しているかを具体的かつ文脈的に知 るため • 「何を」しているのか「どうして」その行為をしているのか をインタビューを通してユーザーから聞き出す

20.

実際に聞いた内容の一部 • 読み放題の特典はどのくらいの頻度で利用していますか? • 何を読むことが多いですか?(雑誌、マンガ、具体的なタイトルなど) • なぜソレを読むのですか? ◆実際の使用シーン (一番最近使ったときのことを思い出してもらう) • いつ・どこで利用しましたか? • いつも同じような状況で読むのですか? • 使うときはどのようにして読み放題のページまでいきますか? • いつものように実際に読み放題特典を利用してみてください。※実際にユーザーに操作してもらいながら質問をする ◆読んでる最中の事 • どれくらいの時間読みますか? • 1冊読み終わったら続けて他の本も(続刊やほかタイトル)も読みますか? ◆読み終わったあとの事 • 読み終わった後はどんな気分ですか? • 読んだ本は繰り返し読みますか?

21.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

22.

行動の可視化 インタビューした内容を元にメインとなる行動をマッピングする 行動 操作 時 系 列 ↓ 感情 画面 ポジ ネガ

23.

行動の可視化 インタビューした内容を元にメインとなる行動をマッピングする

24.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

25.

機能のアイディア出し C 可視化した行動や感情から絶対に必要な機能、あったらいいと思われる機能 のアイディアを出す 履歴などから類似の作品を レコメンドする カテゴリごとに 一覧で探せる お気に入りしておくと 自動で新着通知がくる ダウンロードしておくと オフラインで読める

26.

機能のアイディア出し C 可視化した行動や感情から絶対に必要な機能、あったらいいと思われる機能 のアイディアを出す 履歴などから類似の作品を レコメンドする ここはアイディア勝負なので プロジェクト全体を巻き込んで 実行するとよい カテゴリごとに 一覧で探せる お気に入りしておくと 自動で新着通知がくる ダウンロードしておくと オフラインで読める

27.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

28.

アンケート調査の内容 機能のアイディアを文章化したものに対し、アンケート形式で点数をつけてもらう Question例 「特定の本をお気に入りしておくと、類似の本をレコメンドしてくれる 機能」を使いたいと思いますか? 点数 5点 これがリリースされたら、絶対に使いたい 4点 そこまでではないが、まぁよい 3点 普通 2点 普通より落ちる 1点 嫌い

29.

なぜ、アンケート調査なのか? • 本当にユーザーが望んでいるかどうかのアタリをつける • アンケート形式は準備コストが低く、多くの声を集めるこ とができる • 点数をつけることでアイディアに対して効果を比較しやすい

30.

How to コンテキストインタビュー ユーザーの行動をマッピング 全部終わったら優先度をつける マッピングから機能のアイディア出し 利用意向のアンケート調査

31.

コストとの比較 機能ごとにアンケート結果とコストを可視化し、優先度を検討する 機能 概要 利用意向 コスト ダウンロード 書籍をDLしてアプリに 保存できる 4.38 中 レコメンド 履歴からユーザーが興 味がありそうなものを 表示する 3.30 大 ふせん 読んでいる途中で気に なったページに付箋を つけられる 3.04 小

32.

時間が限られているときこそ、 ユーザーの声を聞いてみよう 急がば回れ!

33.

ご清聴ありがとうございました!