グラフィックで考えるSDGs 〜社会課題を可視化する〜

タグ yjbonfire

スライド概要

2022年7月5日(火)に行われたオンライン勉強会「Bonfire Data Analyst #5 ソーシャルグッドなデータプロダクト」で使用したスライドです。

profile-image

Yahoo!デベロッパーネットワーク

@ydnjp

作者について:

エンジニア・デザイナー向けのヤフー公式アカウント。イベント/登壇情報/ブログ記事など、ヤフーの技術・デザインに関わる情報を発信します。

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-08-01 15:17:00

各ページのテキスト

1. グラフィックで考えるSDGs 社会課題を可視化する ヤフー株式会社 メディア統括本部 ⾦原 洋⼦

2. 2

3. 3

4. 4

5. 5

6. 6

7. 7

8. 8

9. 政治 経済 社会 技術 ・⽶⼤統領にバイデン⽒が 就任し、パリ協定の復帰 ・菅⾸相が2035年までに 新⾞をすべて電動⾞にす ると発⾔ ・各⾦融機関でESG投資 の取り組みが進められてい る ・気温上昇や豪⾬など世 界的に異常気象が続いて いる ・⽇本は⼈⼝減少により、 ⾼齢化社会を迎え、労働 ⼈⼝が減少 ・テスラなどを中⼼に、電 気⾃動⾞の開発が進んで いる ・IoTやAIなどデジタルによ る⽣産性向上の取り組み が加速 「サスティナブル」な未来を創るための動きが活発化 9

10. 課題 ①課題の全体像を体系的に俯瞰で理解できるコンテンツが少ない ②社会課題はそもそも⾃分ごと化が難しい グラフィックを⽤いたりデータを可視化したりすることで 解決できるのではないか︖ 11

11. 東⽇本⼤震災から10年の企画で、多くのユーザーがSNSに意⾒を投稿 詳細は昨年のBonfireレポートにて https://techblog.yahoo.co.jp/entry/2021062330161607/ 12

12. 仮説 データ可視化×エディトリアルの⼿法は 課題の全体像を理解し、議論のきっかけになりえるのではないか︖ 13

13. データなどのファクトを提⽰し、 課題に対して考え、議論や⾏動する きっかけをつくる 14

14. 15

15. SDGsにまつわるコンテンツをシリーズ化 【⽇本に主要な課題が残っている】とされている 「ジェンダー」と「気候変動」からスタート 16

16. 17

17. 18

18. ベーシックな制作プロセス 調査・構成が特に重要 企画 ・取り扱うテーマ ・可視化する意義 ・グラフィック イメージ ★調査 企画に沿って情報 やデータを収集。 ★構成 調査したデータを コンテンツとして 成⽴させるように ストーリー建てて 構成に落とす。 デザイン ビジュアルの デザインおよび コーディング などをまとめる。 19

19. 起 承 転 結 企画の導⼊ 課題の解説 別の視点 解決策・まとめ 最近の動向や ユーザーの興味を 引きそうな内容を 簡単に テーマに合わせて 今何が課題なのか ファクトを基に解説 別の⾓度から課題 にアプローチ 実際に解決する ⽅法を提⽰し、 最後にまとめを⼊れる 20

20. 21

21. 22

22. 23

23. データで知る ⽇本のジェンダーギャップ ●概要 ジェンダー後進国と⾔われる⽇本の実情 をデータを使って明らかにする。 ●掲載開始⽇ 2021年7⽉1⽇ ●URL https://sdgs.yahoo.co.jp/special/gender1.html 24

24. コンセプト ジェンダー後進国⽇本を ⼀歩でも⼆歩でも前にすすめる ターゲット ユーザーゴール ・20代〜40代のこれからの⽇本を担う ビジネス層 ・50代以上の旧来の価値観を持ってい る層 ⽇本のジェンダーに関する課題の理解と 態度・⾏動変容 25

25. 序論 本論① 本論② 本論③ 結論 企画の導⼊ 課題の解説 課題の深堀り① 課題の深堀り② まとめ 直近で話題になった ジェンダーに関する ニュースに触れる 世界経済フォーラム ジェンダーギャップ指数 から課題を抽出 政治のジェンダー ギャップについて ファクト解説 経済のジェンダー ギャップについて ファクト解説 これまでの要点を 改めてまとめる 26

26. 27

27. 28

28. https://sdgs.yahoo.co.jp/special/gender2.html 29

29. 私たちの暮らしや健康・⽣命を脅かす 地球温暖化の現在地 ●概要 地球温暖化の現状と仕組み、原因や 課題、解決策などを解説 ●掲載開始⽇ 2021年10⽉29⽇ ●URL https://sdgs.yahoo.co.jp/special/global_warmin g.html 30

30. コンセプト 温暖化の現状と対策を「⾒える化」する ターゲット <デモグラフィック> ・20代〜40代の今後の⽇本を担う層 ・50代以上の旧来の価値観の層 <サイコグラフィック> ・最近酷暑や豪⾬などが続いていることが気に なっている ユーザーゴール 気候変動・温暖化に対して危機感を抱く ・メカニズムや原因がわかる ・各国と⽇本の状況がわかる ・今後の意思決定の材料 31

31. 起 承 転 結 企画の導⼊ 課題の解説 別の視点 解決策・まとめ 世界の年平均 気温偏差にて 気温の上昇を⽰唆 温暖化の仕組みや 温室効果ガス について解説 このまま温暖化が 進み続けると どうなるか可視化 国のとりくみや 私たちが できることを提⽰ 32

32. 各国のCO2排出量の推移のバーチャートレース動画を ページ内に組み込み 33

33. 写真×データで危機感を醸成 34

34. 35

35. 36

36. わかったこと ①データ可視化×エディトリアルの⼿法は課題の全体像を伝え、 ユーザーの理解を深める ②また、課題に対する議論のきっかけになりうる 37

37. Yahoo! JAPAN SDGs 38