OnTime for Microsoft 表示用の公開グループ設定例資料

130 Views

March 01, 24

スライド概要

【公式】 OnTime Group Calendar for Microsoft ページ
https://ontimesuite.jp/forms/
各表示用公開グループの作成を組み合わせてハイブリッドに構成

profile-image

【公式】 OnTime Group Calendar for Microsoft ページ https://ontimesuite.jp/forms/ 【公式】 OnTime Group Calendar for HCL Domino ページ https://ontimesuite.jp/fordomino/ 高速グループスケジュールの OnTime Group Calendar for Microsoft / for Domino の日本総代理店をしています。 CEO at AXCEL corporation that the agency of OnTime Group Calendar in Japan.

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

for Microsoft(Ver.5.1-) 表示用の公開グループ設定例資料 OnTime Group Calendar Direct Shop 2022/06/01

2.

目次 表示用の公開グループ設定例資料 • 表示用の公開グループについて • 動的グループ • 作成方法 1.絞込み 11.同期したメンバー全員をフラットに表示 12.指定したドメイン(テナント)のみを表示 13.指定したディレクトリのグループのみを表示 2.階層化 21.ユーザーの属性を属性毎に階層化に利用 22.階層設定された1つの属性のみで階層化 23.階層設定された複数の属性を連結して階層化 3.応用編 31.絞込と階層化の併用 32.自身の所属するグループのみを表示 33.共通の階層トップ名で部署と役職を同列表示 34.共通の階層トップ名で兼務も表示可能 p.4 • 静的グループ • 作成方法 p.6 4.静的作成例 p.8 41.指定ユーザーを表示する標準的なグループ 42.階層化された静的グループ p.9 p.10 43.階層が同じ静的グループを追加 44.指定したディレクトリのグループのみを表示 5.応用編 p.11 p.12 51.動的グループの階層内に追加 p.13 p.14 p.15 p.16 p.17 2 p.19 p.20 p.21 p.22 p.23 p.24

3.

本資料の活用のしかたについて • 本資料の作成例をもとに作成した公開グループをデモサイトの環境にサンプルとして用意しています。 <デモサイトURL> https://ontime.ontimedemo.com/ontimegcms/desktop ※利用可能なユーザーに関しては以下のURLを参照してください https://ontimesuite.jp/forms/microsoftdemo/ • 本資料の手順に沿って実際に公開グループを作成すると、 右図の様なグループが作成できます。 • デモサイトの各階層のトップ名称は本資料のページタイトルと同じです。 • 本資料をもとに一通りグループ(特に動的グループ)の活用の 仕方をご理解いただきましたら、次はご利用組織に沿って各階層 のトップ名称やメンバーの指定を変更して設定してみてください。 3

4.

表示用の公開グループについて 4

5.

表示用の公開グループについて • OnTimeでは組織アドレス帳のように組織を階層表示してその組織 名(表示用のグループ名)をクリックすることでメインビューに所属す るメンバーのスケジュールを表示することができます。 • 以下の4つの方法を組み合わせて利用できます。 • • • • ディレクトリ ドメインの同期対象で指定したグループをそのまま利用します。 (指定グループのメンバーに指定されたグループ名も表示) 静的グループ Active Directoryのグループのようにユーザーやグループを登録。 メンバーリストは手動で並び替えができます。 動的グループ(運用がシンプルなので推薦します) ADやAADの各属性の値でグルーピングして組織を表現します。 リンクADグループ LDAPでLookupした結果をグループとして利用できます。 • 階層化グループの設定方法については以下のFAQも参照。 • https://www3.ontimesuite.jp/hier-group-mix/ ※推薦事項 OnTime管理者による表示グループも作成可能ですが、OnTimeの 利用者も個人グループや他人と共有出来る共有グループが同様に作 成できます。管理側でメンテナンスを不要にするためにも個人グループ を推奨します。最低限必要なグループのみ管理センターの表示グルー プ設定で作成することをお勧めします。 5

6.

動的グループの作成 サンプルを例としてご説明しています。 実際は本マニュアルの内容を参考にしてご自由に設定してください。 6

7.

動的グループの作成方法 左サイドメニューで「表示グループ設定/動的グループ」を選択 します • 動的グループはAD属性より階層指定によるグループ表示 や全メンバー表示等、特定の条件を指定してグループ表示 できます。 「追加」をクリックします • クリックすると新規の動的グループ設定画面が開きます。 画面の各項目について設定を行います。 設定後に「保存」ボタンを押すことで登録が完了します。 • 保存後すぐに結果を確認する場合はダッシュボードに戻り 「ユーザーとグループ 同期」を実行します。 ※各項目についての説明は別紙「設定マニュアル」を 参照してください。 7

8.

動的グループ-絞込み 11.同期したメンバー全員をフラットに表示 • 同期対象の全メンバーを表示するグループを作成します。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します 「ドメイン」欄で”全て”を選択します 「選択ドメインの全メンバーを表示」にチェックします • 「選択ドメインの全メンバーを表示」にチェックすることでAD 属性を選択できる階層レベル項目が非表示になります。 設定後は 「保存」してグループの同期を実行します • OnTimeクライアントには指定した階層トップ名の公開グ ループが表示され、グループ名をクリックすると該当するドメ インに所属するOnTimeユーザーが全員分表示されます。 ※デモサイトでは「11.同期したメンバー全員をフラットに表示」 8

9.

動的グループ-絞込み 12.指定したドメイン(テナント)のみを表示 • 一つのテナントの全メンバーを表示するグループを作成します。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します 「ドメイン」欄で任意のドメインを選択します 「選択ドメインの全メンバーを表示」にチェックします 設定後は 「保存」してグループの同期を実行します • OnTimeクライアントには 任意で指定した「階層トップ名」 の公開グループが表示され、グループ名をクリックすると該 当するドメインに所属するOnTimeユーザーが全員分表示さ れます。 ※デモサイトでは「12.指定したドメイン(テナント)のみを表示」 9

10.

動的グループ-絞込み 13.指定したディレクトリのグループのみを表示 • 「ディレクトリグループ」を指定することで表示する対象ユーザーを 絞り込んで作成できます。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します ディレクトリグループに表示対象とするグループ名を選択します 設定後は 「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは「13.指定したディレクトリのグループのみを表示」 10

11.

動的グループ-階層化 21.ユーザーの属性を属性毎に階層化に利用 • ユーザーの属性情報を各階層に指定すれば、 属性情報毎に階層化されたグループを自動生成できます。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します • 例えば、一つのドメインで複数の会社が所属している場合は ドメインは「全て」とし、下部の階層1でCompanyName等を 指定することでそれぞれ別の会社として階層化できます。 階層1,2,3をそれぞれ任意の属性を選択します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します • 階層1~5はADの属性を必要な階層数で指定します。 • 環境に合わせて属性の指定や何階層まで指定するかを決定し てください。 ※デモサイトでは「21.ユーザーの属性を属性毎に階層化に利用」 AD情報の設定は以下のURLもご参考ください。 https://www3.ontimesuite.jp/hier-group-dynamic/ 11

12.

動的グループ-階層化 22.階層設定された1つの属性のみで階層化 • 予めAD側で任意の属性情報に ¥(バックスラッシュや円記号) で文字列を区切った情報を指定しておけば、その属性情報を ひとつ指定するだけで階層表示できます。 ※例としてユーザーの カスタム属性3 の値に “001戦略事業部¥01総務部” と指定した場合を記載します。 事前にメンバー一覧の画面でユーザーの カスタム属性3 に 情報が指定されていることを確認しておきます。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します 階層1を “ExtensionAttribute3” とだけ選択します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは「22.階層設定された1つの属性のみで階層化」 • カスタム属性の設定は以下のURLもご参考ください。 https://www3.ontimesuite.jp/customattributes/ 12

13.

動的グループ-階層化 23.階層設定された複数の属性を連結して階層化 • 階層化設定した属性を複数指定して連結した階層化を 表現することも可能です。 カスタム属性への登録を用途に応じてご検討ください。 ※図はカスタム属性3に「003オンタイム事業部¥02営業部」 カスタム属性11に「2営業2課¥庶務課」と指定 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します 例として階層1に “ExtensionAttribute3”(カスタム属性3) を指 定し、階層2を “ExtensionAttribute11”(カスタム属性11) と 指定します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは 「23.階層設定された複数の属性を連結して階層化」 13

14.

動的グループ-応用編 31. 絞込みと階層化の併用 • 絞込みと階層化を併用して動的グループを作成することももち ろん可能です。 • 上手に組み合わせることで組織の要望に応じた動的グループを ご準備ください。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します ディレクトリグループに表示対象とするグループ名を選択します 例として階層1を “Department” とだけ選択します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは「31.絞込みと階層化の併用」 14

15.

動的グループ-応用編 32.自身の所属するグループのみを表示 • 動的グループではログインしているユーザーが所属するグループだ けを表示する設定もできます。 所属する部署のメンバーの予定が見えればよい場合などはこの 機能を活用してください。 • 機能させるには「利用するユーザーが設定されたレベルの所属す るグループとサブグループだけを表示」にチェックを入れるだけです。 名前と階層トップ名に任意の文字列を入力します 「利用するユーザーが・・・」にチェックを付けます 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※例としてログインユーザーの カスタム属性3 の値に “003オンタイム事業部¥02営業部”と指定した場合を記載します。 ※デモサイトでは「32.自分の所属するグループのみを表示」 図のようにログインユーザーの指定の属性に合致するグループのみが 表示されます。(技術部が表示されていません。) 15

16.

動的グループ-応用編 33.共通の階層トップ名で部署と役職を同列表示 • 階層トップ名を同じ名前に設定した2つの設定を作成すると、 同一階層内に表示されます。 • 例として以下の2つのグループを作成します。 -会社名の下の階層に部署を表示する動的グループ -会社名の下の階層に役職を表示する動的グループ 名前に任意の文字列、階層トップ名には同じ名前を入力します 役職を表示する設定は階層1を “CompanyName” 階層2を “JobTitle” と選択します 部署を表示する設定は階層1を “CompanyName” 階層2を “Department” と選択します それぞれの設定文書を設定保存後グループの同期を実行します ※デモサイトでは 「33.共通の階層トップ名で部署と役職を同列表示」 16

17.

動的グループ-応用編 34.共通の階層トップ名で兼務も表示可能 • 階層トップ名を同じ名前に設定した2つの設定を作成して、兼 務情報も表示できます。 ※本例ではカスタム属性3に通常の部署情報、カスタム属性4 に兼務情報を予め設定しています。 • 例として以下の2つのグループを作成します。 -部署を表示する動的グループ -兼務を表示する動的グループ 名前に任意の文字列、階層トップ名には同じ名前を入力します 兼務を表示する設定は階層1に “ExtensionAttribute4”を選択 します 通常の部署を表示する設定は階層1に “ExtensionAttribute3” を選択します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは 「34.兼務も表示可能(総務部と技術部のココアさん)」 17

18.

静的グループの作成 サンプルを例としてご説明しています。 実際は本マニュアルの内容を参考にしてご自由に設定してください。 18

19.

静的グループの作成方法 左サイドメニューで「表示グループ設定/静的グループ」を選択 します • 静的グループはActive Directoryのグループのようにユーザー やグループを登録できます。 「グループ追加」をクリックします • クリックすると新規の静的グループ設定画面が開きます。 画面の各項目について設定を行います。 設定後に「保存」ボタンを押すことで登録が完了します。 • 保存後すぐに結果を確認する場合はダッシュボードに戻り 「ユーザーとグループ 同期」を実行します。 ※各項目についての説明は別紙「設定マニュアル」を 参照してください。 19

20.

静的グループ-静的 41. 指定ユーザーを表示する標準的なグループ • グループメンバーにユーザーを指定して、名前(階層含む表示 名)に任意の文字列を指定すれば標準的な静的グループが 作成できます。 名前(階層含む表示名) に任意の文字列を入力します 表示させたいメンバーやグループを選択します • 「手動並び替え」にチェックをいれると、表示する順番を変更 できます。 「保存」後、ダッシュボードでグループの同期を実行します ※デモサイトでは 「41.指定ユーザーを表示する標準的なグループ」 20

21.

静的グループ-静的 42.階層化された静的グループ • 名前(階層含む表示名)にバックスラッシュ(“¥”)で区切った部 署名などを設定するとOnTimeはそれぞれを別階層として識 別できます。 例として 名前(階層含む表示名) に “<階層トップ名>¥オンタイムデモ株式会社¥オンタイム事業 部” の様に入力します 表示させたいメンバーやグループを選択します 「保存」後、ダッシュボードでグループの同期を実行します ※デモサイトでは「42.階層化された静的グループ」 21

22.

静的グループ-静的 43.階層が同じ静的グループを追加 • 「名前(階層含む表示名)」で設定する名前の階層部分が 他の設定と同じ場合は同じ階層の中に表示されます。 例として 名前(階層含む表示名) に全頁と同じ社名を利用し “<階層トップ名>¥オンタイムデモ株式会社¥総務部” の様に入力します 表示させたいメンバーやグループを選択します 「保存」後、ダッシュボードでグループの同期を実行します ※デモサイトでは「43.階層が同じ静的グループを追加」 22

23.

静的グループ-静的 44.指定したディレクトリのグループのみを表示 • 静的グループのグループメンバーにディレクトリのグループを指 定することができます。 名前(階層含む表示名) に任意の文字列を入力します 表示させたいディレクトリのグループを選択します • ディレクトリのグループを複数指定することもできます。 • ディレクトリのグループの中の特定のユーザーを上位に表示し たい場合はそのユーザーを個別に指定して上位に配置してく ださい。 「保存」後、ダッシュボードで「ユーザーとグループ同期」を実行 します ※デモサイトでは 「44.指定したディレクトリのグループのみを表示」 23

24.

静的グループ-応用編 51.動的グループの階層内に静的グループを追加 • 階層情報を作成済の動的グループの階層トップ名と同じ階層 名にして作成すると、同じ階層内に表示されます。 名前(階層含む表示名)に既存の公開グループと同一の階層名 • を入力し、¥と、追加したい表示グループ名を指定します • 同一階層名を指定することで、同じ階層内に表示されます。 ※本例では既に ”<階層トップ名>¥オンタイムデモ株式会社 ¥・・” という公開グループの階層がある状態で、新規に静的グ ループの名前を「<階層トップ名>¥オンタイムデモ株式会社¥営 業特設チーム 」として指定します。 表示させたいメンバーを任意で指定します 設定後は「保存」してグループの同期を実行します ※デモサイトでは 「51.動的グループの階層内に静的グループを追加」 ※推薦事項 OnTime管理者による表示グループも作成可能ですが、OnTime の利用者も個人グループや他人と共有できる共有グループが同様 に作成できます。管理側でメンテナンスを不要にするためにも個人 グループを推奨します。最低限必要なグループのみ管理センターの 表示グループ設定で作成することをお勧めします。 24