Notes/Domino のシステム管理プロセスとは?

406 Views

December 20, 18

スライド概要

ドミノのシステム管理プロセスは、システム管理タスクのうちの多数のルーチン部分を自動化するプログラムです。 例えばデータベースのレプリカをすべて削除する場合、システム管理プロセスがドメイン内のサーバーにあるレプリカを検索し、それらを一括して削除できるようにします。 本資料ではこんなに便利なのにあまり知られていないシステム管理プロセスについてのオーバービューです。

profile-image

Toshihiro Okamoto

@okamomoba

スライド一覧

OnTime Group Calendar for Microsoft / for Domino の日本総代理店をしています。 CEO at AXCEL corporation that the agency of OnTime Group Calendar in Japan.

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

notes knows 2018.12.13 No.10

2.

スポンサー 会場スポンサー

3.

システム管理プロセスとは?

4.

と、そのまえに、、、、 そもそもドミノのタスクってなに?

5.

ドミノの機能のそれぞれ独立した 一つのプログラム達。

6.

ドミノのプログラムフォルダに n*.EXE として存在

7.

各タスクとファイルサイズ(domino 10) • nadminp.exe 889,360 • ndctest.exe 57,872 • nintrcpt.exe 50,704 • nrepaircleanup.exe 54,288 • namgr.exe 44,560 • ndecs.exe 114,192 • nldap.exe 398,864 • nreplica.exe 47,120 • nautodial.exe 27,664 • ndesign.exe 31,760 • nlogasio.exe 18,448 • nrnrmgr.exe 148,496 • nautorepair.exe 54,800 • ndiiop.exe 2,627,088 • nlogin.exe 36,368 • nrouter.exe 706,064 • nbilling.exe 37,392 • ndircat.exe 185,360 • nmaps.exe 59,408 • nrunjava.exe 40,976 • nca.exe 904,720 • ndirlint.exe 48,656 • nmtc.exe 127,504 • nsched.exe 144,912 • ncalconn.exe 29,712 • ndomidx.exe 48,144 • nnotesmm.exe 22,544 • nsenddiag.exe 146,448 • ncatalog.exe 107,024 • ndots.exe 37,904 • nobject.exe 65,552 • nsmtp.exe 336,912 • nchronos.exe 32,784 • nevent.exe 696,848 • nontimegc.exe 731,136 • nsrvwrap.exe 19,984 • ncldbdir.exe 74,256 • nfaultanalyzer.exe 220,176 • nontimegcicr.exe 474,624 • nstatlog.exe 92,688 • nclrepl.exe 56,848 • nfileret.exe 33,808 • npop3.exe 236,560 • nstats.exe 34,320 • ncollect.exe 165,392 • nfixup.exe 39,440 • nprocmon.exe 27,152 • ntrends.exe 186,384 • ncompact.exe 81,424 • ngetadrs.exe 32,784 • nqosprobe.exe 27,664 • ntsvinst.exe 22,544 • nconvert.exe 71,184 • nhttp.exe 19,984 • nquryset.exe 75,792 • nupdall.exe 104,976 • ndaosmgr.exe 95,248 • nicm.exe 229,392 • nqvault.exe 22,032 • nupdate.exe 154,640 • ndavpop.exe 27,664 • nimap.exe 416,256 • nrdebug.exe 877,584 • nweb.exe 28,176 • ndbmt.exe 82,448 • nimapmt.exe 37,392 • nrecover.exe 19,472

8.

各タスクとファイルサイズ(domino 10)赤は新規? • nadminp.exe 889,360 • ndctest.exe 57,872 • nintrcpt.exe 50,704 • nrepaircleanup.exe 54,288 • namgr.exe 44,560 • ndecs.exe 114,192 • nldap.exe 398,864 • nreplica.exe 47,120 • nautodial.exe 27,664 • ndesign.exe 31,760 • nlogasio.exe 18,448 • nrnrmgr.exe 148,496 • nautorepair.exe 54,800 • ndiiop.exe 2,627,088 • nlogin.exe 36,368 • nrouter.exe 706,064 • nbilling.exe 37,392 • ndircat.exe 185,360 • nmaps.exe 59,408 • nrunjava.exe 40,976 • nca.exe 904,720 • ndirlint.exe 48,656 • nmtc.exe 127,504 • nsched.exe 144,912 • ncalconn.exe 29,712 • ndomidx.exe 48,144 • nnotesmm.exe 22,544 • nsenddiag.exe 146,448 • ncatalog.exe 107,024 • ndots.exe 37,904 • nobject.exe 65,552 • nsmtp.exe 336,912 • nchronos.exe 32,784 • nevent.exe 696,848 • nontimegc.exe 731,136 • nsrvwrap.exe 19,984 • ncldbdir.exe 74,256 • nfaultanalyzer.exe 220,176 • nontimegcicr.exe 474,624 • nstatlog.exe 92,688 • nclrepl.exe 56,848 • nfileret.exe 33,808 • npop3.exe 236,560 • nstats.exe 34,320 • ncollect.exe 165,392 • nfixup.exe 39,440 • nprocmon.exe 27,152 • ntrends.exe 186,384 • ncompact.exe 81,424 • ngetadrs.exe 32,784 • nqosprobe.exe 27,664 • ntsvinst.exe 22,544 • nconvert.exe 71,184 • nhttp.exe 19,984 • nquryset.exe 75,792 • nupdall.exe 104,976 • ndaosmgr.exe 95,248 • nicm.exe 229,392 • nqvault.exe 22,032 • nupdate.exe 154,640 • ndavpop.exe 27,664 • nimap.exe 416,256 • nrdebug.exe 877,584 • nweb.exe 28,176 • ndbmt.exe 82,448 • nimapmt.exe 37,392 • nrecover.exe 19,472

9.

機能を知りたいときはこちらからも確認出来ます

10.

機能を知りたいときはこちらかも確認出来ます 実はここからタスクが 実行できます。

11.

その他のタスクの実行方法 サーバーコンソール タスク起動は >load タスク名 タスク終了は >tell タスク名 quit

12.

その他のタスクの実行方法 notes.ini ServerTasks= 起動時に開始 ServerTasksAt9= 指定した時刻に実行

13.

タスクは大きく分けて3つの種類に分かれます • サービス機能を提供するタスク • calconn, diiop, http, pop3, replica, rnrmgr, router, sched, smtp 等 • コマンドツールとしてのタスク • catalog, compact, design, dircat, fixup, recover, updall, update 等 • 保守管理のためのタスク • adminp, amgr, billing, collect, event, procmon, statlog, stats 等

14.

タスクは大きく分けて3つの種類に分かれます • サービス機能を提供するタスク • calconn, diiop, http, pop3, replica, rnrmgr, router, sched, smtp 等 • コマンドツールとしてのタスク • catalog, compact, design, dircat, fixup, recover, updall, update 等 • 保守管理のためのタスク • adminp, amgr, billing, collect, event, procmon, statlog, stats 等 今回はこれ

15.

adminpはシステム管理プロセスの事(ヘルプより) • システム管理プロセスは、システム管理タスクのうちの多数のルーチン部分 を自動化するプログラムです。 • たとえば、Lotus Domino システムアドミニストレーターがユーザーを削除すると、シス テム管理プロセスは IBM(R) Lotus Domino(R) ディレクトリでこのユーザーの名前を 探して削除します。アクセス制御リストからもユーザーの名前を探して削除し、ユー ザーに関係するそのほかの必要な削除操作も実行します。 • データベースのレプリカをすべて削除する場合、システム管理プロセスがドメイン内の サーバーにあるレプリカを検索し、それらを一括して削除できるようにします。

16.

次のようなタスクを自動化します。ヘルプより • 名前管理タスク – • ユーザー名とグループ名の変更、ユーザー、グループ、サーバーの削除、ユーザーの再認証、インターネット証明書の保存 • メールファイル管理タスク – • メールファイルの削除や移動 • サーバー文書管理タスク – • CPU カウント、プラットフォーム、ネットワークプロトコル情報のサーバー文書への保存 • ローミングユーザー管理 – • ローミングユーザーの設定とほかのサーバーへの移動、非ローミングユーザーのローミング状態へのアップグレード、ローミングユーザーの非ロー ミング状態へのダウングレード • ユーザーメールファイル管理タスク – • アクセス制御リスト (ACL) の変更、エージェントの有効化。 たとえば、不在通知エージェントの有効/無効は IBM(R) Lotus Notes(R) Client ユーザーが設定します。 • ユーザー文書管理タスク – • ユーザーの Lotus Notes バージョンとクライアントのプラットフォーム情報の保存 • レプリカ管理タスク – • データベースのレプリカの作成、移動、すべてのレプリカの削除

17.

実際は、、、、ヘルプより

18.

さらに、、、、ヘルプより

19.

まだまださらに、、、ヘルプより

20.

更にドメインを跨いだシステム管理も行います

21.

実は、これらはヘルプを読めば全て書いてある。

22.

実行する(出来る)ことはここを見るとよくわかる 8.5.x 9.0.1 x

23.

例えば、リソースの追加 注目!

24.

例えば、データベースの署名 注目!

25.

じゃあ サーバー間やドメイン間の指示の やりとりは一体どうやってるの?

26.

システム管理プロセスを構成するメンバー • システム管理サーバー • 各DBに設定しておかないとそのDBに対して処 理が行われない。->ACL • ちなみにnames.nsfでは最初のサーバー • システム管理要求DB • 全てのコマンド要求と実行後は結果も保持し ているシステム管理要求の記憶域 • 認証ログDB • ユーザー名の変更や再認証時に必須 admin4.nsf admin4.nsf certlog.nsf certlog.nsf AdminP AdminP • システム管理プロセスタスク • nAdminP.exeというファイル名のタスク • 全てのサーバーで実行しておく必要がある

27.

システム管理要求DB(admin4.nsf)はこんな感じ • 様々な視点で見れるように ビューが準備されている。 • 実行場所、アクション内容、 実行後は結果を表示する。 • 自身で古いアクションを削除 してセルフメンテも行う。 • ちなみにファイル名はR4.xの 頃に出来た機能だから、その 頃からそのままのファイル名。

28.

認証ログDB(certlog.nsf)はこんな感じ • 認証者、認証期限などで見 れるようにビューが準備されて いる。 • ちなみに昔は暗号化の輸出 が厳しくてアメリカ向けの暗号 化桁数は日本では使えな かった。 • さて、このDBで記録されてい る実行結果は何処で何が行 われた結果でしょう?

29.

実行しているタスクを確認(sh ta)しましょう • 「Admin Process Idle」として 表示されています。 • 定期的にAdmin4.nsfを確認 して実行の必要がある場合 は実行される。 • ちなみに”sh ta”の元のコマン ドは”show task” 。

30.

コマンド一覧 コマンド 省略コマンド tell adminp process all Tell adminp p all tell adminp process new tell adminp p ne tell adminp process immediate tell adminp p im プロセス要求のスケジュールが即時として設定されます。 tell adminp process interval tell adminp p in プロセス要求のスケジュールが毎時として設定されます。 tell adminp process daily tell adminp p da プロセス要求のスケジュールが毎日と設定されます。 tell adminp process delayed tell adminp p de プロセス要求のスケジュールが遅延として設定されます。 tell adminp process mail policy tell adminp p ma 影響を受けたユーザーのメールファイルにメールのポリシー を適用します。 tell adminp p re システム管理プロセスの再起動をシミュレートすることに よって、各スケジュールタイプのシステム管理プロセス要求 を必要に応じて処理および更新します。このサーバーコマン ドはあまり使用しません。tell adminp process all サーバー コマンドを使用して、新しい要求を実行できるためです。 tell adminp server restart 説明 即時、毎時、毎日、遅延の要求 (新規と修正済み) をすべて処 理します。このコマンドを実行しても、時間指定要求の実行 時間は無効になりません。 プロセス要求のスケジュールが即時または毎時として設定さ れます。

31.

サーバー文書に設定箇所があるのご存知? • 各種維持管理に必要な基 本的な設定が保持されてい る。 • サーバー文書なのでもちろん サーバー毎にパフォーマンス チューニングが可能です。 • ちなみにその他のタスクも幾 つかタブで見えますね。

32.

ユーザー名の変更 • システム管理プロセスを使用してユーザー名を変更できます。 • ユーザー名を変更するには、IBM(R) Lotus Domino(R) Administrator の ツールペインで [ユーザー] - [名前の変更] を選択します。 • Domino ディレクトリでユーザーの名前を変更するときに発生する一連のシ ステム管理プロセス要求を次のフローチャートに示します。 四角形の要素は 要求を表しています。 要求ごとに示されているタイミングはデフォルトの設 定によるものです。 • デフォルトの設定は、サーバー文書の [サーバータスク] - [Administration Process] セクションでカスタマイズできます。

34.

Domino ディレクトリからグループの削除 • システム管理プロセスを使用してグループ 名を削除できます。グループ名を削除す るには、IBM Lotus Domino ディレクトリ か IBM Lotus Domino Administrator で [グループの削除] アクションを実行しま す。 • 自動的に表示されたグループが 1 つ以 上のサブグループを持っている場合に、そ れを削除すると、下記のシステム管理プ ロセス要求が、元のグループ同様、各サ ブグループにも適用されます。

35.

サーバーを階層化する • IBM Lotus Domino Administrator で [サーバー名の変更] コマンドを使 用して、階層なしのサーバー名を階 層付きのサーバー名にアップグレード します。

36.

Domino ディレクトリ からユーザーの削除 • IBM Lotus Domino ディレクト リ、IBM Lotus Domino Administrator、Web サーバー 管理クライアントから IBM Lotus Notes の [ユーザーの削 除] アクションを実行すること により、ユーザー名をシステム 管理プロセスで削除すること ができます。

37.

サーバー間でメールファイルを移動する1

38.

サーバー間でメールファイルを移動する2

39.

サーバー文書でもう一つ確認して下さい • サーバー文書のセキュリティタブ • システム管理要求がレプリカを作 れるように権限を与える必要があ ります。 • これはウチのサーバー、組織をま たいで権限を与えています。

40.

こちらに書いてる • このような権限を正しく設 定しておくことでほぼセミ オートマチックにドミノの 運用管理が行えます。 • もちろん各ステップが正常 に実行されたかはシステム 管理要求DB上の実行依頼文 書のなんと!返答文書とし て記録が残ります。 • さすがノーツ!

41.

いかがでしたか? • ドミノ管理者でシステム管理要求を知らずに生きていくなんて、 キャンプでいちから道具を作る某横浜のキャンパーみたいなもの。 • それも生き方かも知れないけど、、、、 • 管理作業が間違いなく行われるよう準備された便利な機能 なのでせめてアクションの種類だけでも確認してみてはいかが。 • そしてヘルプはやはり良いこと書いてます。

42.

次回予告 イベントタスク 誰かがやってくれるでしょう