抗うつ薬はいつまで続ける?

359 Views

February 27, 22

スライド概要

うつ病の抗うつ薬による治療についてYouTubeで解説するのに使用した資料です。レクチャーでの使用OKです。

profile-image

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
2.

抗うつ薬は徐々に増やす

3.

抗うつ薬で うつ病が良くなった じゃあ その後はどうする?

4.

同量継続と 早期減量で 再発率に差 差があるのは 約一年間 Dawson et al., J Affect Disord 1998 PMID: 9574858

5.

SSRI (fluoxetine)で寛解したうつ病 直後/14週後/38週後/50週後のいずれかのタイ ミングでプラセボに変更 SSRI中止が 早いほど 再発率が 高かった Reimherr et al., Am J Psychiatry. 1998 PMID: 9734550

6.

うつ病を抗うつ薬するとき 寛解してから 最低半年~1 1年は 同量の抗うつ薬を継続

7.

うつ病の人が抗うつ薬で 楽になった →骨折の人が松葉杖で 歩けるようになった段階 →骨が治るまで待つ

8.

うつ病の人が抗うつ薬で 楽になった →症状が楽になった状態 で脳の回復を待つ

9.

離脱症状を避けるには SSRIを減らす際は「徐々に」 生じた離脱症状には SSRIを再開する または 待つ

10.

急な中止で 反跳性の増悪 止めるときは漸減

11.

急な中止で SSRI離脱症候群 が出ることとがある 止めるなら徐々に!

12.

初回うつ病 の寛解 約半数は 寛解を維持 約5割は2回目 の抑うつエピソード その約7割は3回目 の抑うつエピソード 約9割は 4回目 DSM-IV-TR

13.

症状が その後の その後の 消えるまで 半年~1年間 長期的治療 急性期 継続期 維持期 単回→急性期+継続期 反復→急性期+継続期+維持期

14.

33.1%がアドヒアランス不良 うつ病の Shigemura, Psychiatry Clin Neurosci., 2010 うつ病の 57%がアドヒアランス不良 Cantrell et al., Med Care. 2006 うつ病の 49%が早期に服薬中断 Melartin et al,. J Clin Psychiatry. 2005 44.3% 6ヶ月間服薬を続けたうつ病は Sawada et al,. BMC Psychiatry. 2009

15.

うつ病を薬で治療するとき 十分期間きちんと 服薬することが 重要

16.

•症状が消えてから脳が治る まで、半年~1年継続期治療 •止めるとしても漸減=ゆっくり減量 してからの中止