culture_jellness

1.8K Views

November 24, 22

スライド概要

profile-image

株式会社ジェイエルネスです。

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ウェルネス革命を、ともに。

2.

信念 人生の目的や夢中になれる何かを持っている人にとって 自分を大切にすることは、当たり前のことです。 彼らのような人たちは、周りにいい影響を与えるし 彼らのような人が、社会をより良くしてくれます。 なぜなら、彼らは自分の人生に価値があると知っているから 心や身体、そして社会に対してポジティブに関わるためです。 我々はそういった人々が好きだし、 何より我々がそうでありたいと考えています。

3.

使命 人生を余すことなく楽しめるひとを増やし、 wellnessが当たり前の世界を創る。

4.

私たちの視点 ① 超高齢化社会における、フィットネスの役割

5.

私たちの視点① 社会保障給付費の増大に伴って、 フィットネスの社会的価値が高まっている。 医療給付費が大幅に増加 診療費の1/3が生活習慣病 運動習慣と食生活の改善 2015年から2025年の10年間で医療給付費が 医科診療費の1/3が生活習慣病を占めていて、死因の 生活習慣病の原因の多くは、運動不足と食生活 18兆円増加する見通し。社会保障給付費全体で 50%以上が7大疾病(生活習慣病)と言われている。 にあると言われており、フィットネスが果たす はGDPの1.3倍の額となるため、子世代の社会で は保障費を減らすか税収を増やす可能性が高い。 べき社会的役割は年々高まっている。

6.

私たちの視点① 運動習慣や食生活の改善は、 質の高いフィットネス体験から始まる 無人運営・装置産業化 質の高い体験には、人が必要 フィットネス業界は人材不足 近年のフィットネス業界は低価格路線が進行し、 質の高いフィットネス体験を届けるためには、何より 今、フィットネス業界は店舗出店が続く成長期だが、 無人運営・装置産業化が否めない。しかし、 人によるサービスが不可欠。その役割を担うのが、 人の行動変容をうむためには、質の高い体験が 身体と心を熟知したパーソナルトレーナー。 必要不可欠。 人材不足。

7.

私たちの視点① 2ndPASSは、フィットネス業界の人事役 パーソナルトレーナー養成スクール 学校法人ではない、日本初の「民間」パーソナルトレーナー養成スクール2ndPASS。 20代前半から30代前半の転職検討層をメインのターゲットとしながら、学生や40代以上、医 療従事者、プロアスリート、現役トレーナー、ヨガインストラクターなど、様々な受講生から 選ばれています。今では、日本最大のトレーナースクールに成長。 累計受講者数 校舎数 全国 15 校舎 国際資格 認定 1500 提携ジム数 名 キャリア 支援 1000 店舗 ビジネス 支援

8.

私たちの視点 ② 超高齢化社会における、本当の課題

9.

私たちの視点② 単独世帯、自立生活者の増加によって 高齢者の社会孤立リスクが増している 高齢者の単独世帯が900万 意外と低い介護保険認定率 元気な高齢者が孤立するリスク 高齢者の単独世帯は年々増加しており、2040年には 令和4年1月月報によると、介護保険2以上の認定率 いかに自立生活を営んでいるとはいえ、高齢者は物理的な制 900万世帯によると言われている。 は65歳-70歳で1.6%、70歳-75歳で3.9%、75歳-80 約やリスクを抱えている。さらに単独世帯が急増しているこ 歳で5,4%、80歳-85歳で9.3%、85歳-90歳で13.2% と意外と低い。実は自立生活をしている高齢者がマジ ョリティーだということがわかる。 とを考えると、自宅で社会孤立するリスクが増している。

10.

私たちの視点② 高齢者の社会参加を阻むもの デジタルデバイド 移動範囲などの物理的制約 地域の過疎化・住居の都市化 総務省によると高齢者のスマホ普及率は60 自立生活が送れているとはいえ、長距離の移動などは 都市部への人口流出による過疎化によって地域コミュ 代で54%、70代で37%、80代で30%とな 身体的な制約などもあり難しい場合がほとんど。 っている。急速に普及しているものの、特定 の人とのコミュニケーションツール以上の使 い方ができていない現状もある。 ニティーが減少している。さらに、人口が密集するエ リアの住宅都市化によって地域コミュニティーが消失 している。

11.

私たちの視点② ココカラさんは、自宅から世界中と繋がるバーチャル公民館 自分の好きなクラスにリビングルームから参加して 共通の趣味を持つクラスメイトと盛り上がる 家庭用テレビをスマホ化する 専用デバイス シニアの生活を豊かにする コンテンツ

13.

チームメンバー

14.

チームメンバー 経営メンバー 明治大学で産業心理学を専攻し、ジェイアール東日本企画に新卒入社。 退職後、株式会社ジェイエルネスを創業。2017年に2ndPASSを創業し3年で国内最大のトレーナースクール へ。toC領域の事業開発が好きで、一番尊敬している起業家はmixi創業者の笠原さん。 座右の銘は「人生の価値は、何を得たかではなく何と向き合ったかで決まる」 学生時代は教師を志しながら学生団体やインターンの活動を通じて、民間企業に身を置くことを決意。ベネ ッセコーポレーションに入社し、4年間、学校営業やプロダクト開発に従事。その後小学校教師に転職。旧 態依存の職場でのプロジェクトを通じて、組織文化の変革に挑戦。2ndPASS事業やジェイエルネスの組織フ ェーズに魅力を感じジョイン。組織改革を推し進めて売上170%、営利625%成長をリード。 歴10年以上のインフラエンジニア。UUUM株式会社にてインフルエンサーの個人経済圏を拡大するシステム の開発やマネジメント業務をリード。 CEOの思想や組織メンバーの声をプロダクト化することに喜びを感じるタイプで、ジェイエルネスが何より 重視する顧客体験をテクノロジーによって支えている。

15.

チームメンバー メンバー 古川祐樹 2ndPASS1期生。 トレーナー→セールス→ 事業統括 秋野大知 トレーナー→カスタマーサ クセス→セールス→マーケ ティング統括 嶋亮輔 県庁職員→セールス 江川啓太 ダイキン工業株式会社→カ スタマーリレーション統括 蛭田菜海 フィットネスインストラク ター→経営企画 戸田明宏 2ndPASS1期生。 トレーナー→SEOライター →総合マーケター 浦邉有菜 ジェイエルネス新卒入社 SNSマーケ→ブランド・広報 高塚慧 ジェイエルネス新卒入社 コンテンツマネジメント 坂下万里子 病院勤務→カスタマーリレ ーション 大山智弘 インターンにてクリエイテ ィブ製作を担当

16.

チームメンバー 組織図 CHRO 代表取締役CEO CTO 新見英人 樗澤一樹 岩波賢司 2ndPASS事業統括 古川祐樹 ブランド・広報 浦邉有菜 インターン 大山智弘 セールス・マーケ統括 秋野大地 WEBマーケティング 戸田明宏 セールス 嶋亮輔 ココカラさん エンジニアチーム カスタマーリレーション統括 江川啓太 コンテンツマネジメント 高塚慧 カスタマーリレーション 坂下万里子 ココカラさん コンテンツ開発チーム 経理 蛭田菜海

17.

カルチャー

18.

カルチャー 3つの行動指針 01 使命に集中する 人生の価値を決めるのは、何を得たかではなく何と向き合ったかで決まる。 我々は、たった一度の人生を投じるに値する使命に集中する。 02 誰よりも顧客を理解する 目の前の顧客は答えを持っていない。 だからこそ我々は、顧客を観察し心の声を聞き、誰よりも顧客を理解する。 03 ぶつかって磨いて讃え合う 我々は全てのアイディアを慎重に扱い、磨き抜く。 どんな結果になろうとも、そのプロセスを讃えあえるかどうかが重要だ。

19.

カルチャー 行動指針 01.使命に集中する 使命を果たすためのサイクル 「人生を余すことなく楽しめるひとを増やし、wellnessが当たり前の世界を創る」という使命の実現を達成するための事業に集中し ています。単に潮流を追いかけるのではなく、ジェイエルネスがやるからこそ意味がある課題に向き合っていきます。 社会構造の変化 一般心理の変化 自社の強み 蓄積したアセットを活かして、新規事業を生み出す

20.

カルチャー 使命を確認しあう活発なコミュニケーション CEOマガジン ミッション会議 散歩ミーティング 定期的に届くCEOマガジン。 年4回実施するミッション会議は、最も重要な ランチ後は仕事以外の話もする散歩mtgを 次にどこへ向かうのか、常に 会議体で、使命に向かって走れているか?スピ 行います。使命を果たすためには、メンバ 共有しています。 ードは今のままでいいのか?を確認し合います。 ー同士の理解度が必要不可欠です。

21.

カルチャー 行動指針 02.誰よりも顧客を理解する 認知から顧客成功まで一気通貫して行う 全ての工程で専門知識を持つマネージャー人材がいるからこそ、 少人数でも高い成果を生み出すことができます。 コンテンツ開発 プロダクトチーム 認知 検討 広報PR/WEBマーケティング/セールスチーム 購入 購入後 カスタマーリレーションチーム

22.

カルチャー 顧客との深い関係性 卒業生とトレーニング 卒業生がオフィスに事業相談 2ndPASSでは卒業生にことを業界のパ 2ndPASSの卒業生とは繋がり続けます。事業 ートナーだと考えてます。だからこそ、 やキャリア相談をしに、オフィスにいらっし サービスの質を体験しフィードバックさ ゃる方々が非常に多いです。 せて頂いています。

23.

行動指針 03.ぶつかって磨いて讃えあう アイディアを磨き続けるプロセスで価値が生まれる 社外マネジメントの徹底 ジェイエルネスの使命に共感した多くの社 外メンバーと共にサービスの運営を行って います。ジェイエルネスが掲げる使命に共 感するチームだからこそ、意見をぶつけ合 い、磨き上げることが可能です。

24.

カルチャー 目的別の会議体制 全てはメンバーのwillから始まる 3ヶ月に1回 ミッション会議 前年度末に策定する年間ロードマップに基づいて 組織一丸となって実行していきます。 ロードマップの達成に必要なミッションを仕分けし 各メンバーがコミットします。そして、ミッションの進捗状況について は年4回のミッション会議・月1回のKPI会議・週1の進捗会議で細かく 確認をし合います。 また、CHROとの1on1は個人的な相談から能力開発の相談などなんでも 相談できる場として自由に活用することができます。 何より重視していることは、ロードマップ及び担当ミッションが、メン バー自身のwillから生まれていることです。 自由に受けられる CHROとの 1on1 事業推進 サイクル 毎週 進捗会議 月に1回 KPI会議

25.

カルチャー パフォーマンス高まる環境 ウェルネス空間なオフィス 働く環境が及ぼす生産性への影響は非 常に大きいです。緑が溢れ風通しがよ い湘南オフィスは、私たちにとって最 高の環境です。 業界人との交流 定期的に業界の方々や異業種の方をオフィス にお招きし、意見交換会を実施しています。 メンバーが積極的に質問をしたり議論に参加 し、成長のきっかけとなっています。 ビジネス映画鑑賞会 私たちは非言語的な一体感も重 視しています。ビジネスドキュ メンタリー映画などを中心にエ ンタメに触れて、価値観のシェ アを行っています。

26.

制度

27.

制度・福利厚生 就業時間 休暇・特別休暇 フレックスタイム制 完全週休2日(木/金)・年末年始休暇・夏季休暇・有給・出産休暇・その他 (コアタイム11:00~16:00) ウェルネス体験を受けることを目的としたウェルネス休暇(年合計6日間 (2日間 3回))が指定休日 手当・補助 資格取得補助・書籍購入補助・その他 家族サポート 産前産後休暇・母性管理休暇・育児休業・介護休業・子の看護 休業

28.

人事・評価制度 ミッショングレード制 ロードマップ確定 年間ロードマップに紐づく個人ミッションを確定し コミットするミッションのグレードに応じて 報酬を先に確定する制度です。 新ミッションに基づい た報酬決定 コミットする ミッション確定 新ミッションの確定 ミッションに基づいた 報酬決定 「仕事の報酬は仕事」の精神に則り、ミッション達成者は さらにグレードの高い仕事にコミットすることができます。 年2回の面談でミッション変更及び報酬交渉が行えます。 ミッション達成進捗 を個別評価

29.

採用

30.

ご応募可能なポジション 全方位採用中 ・パーソナルトレーナー養成スクール2ndPASS ・バーチャルクラスプラットフォーム「ココカラさん」 全職種で採用中です。 各ポジションの業務内容については、右記QRよりご覧ください。 採用情報はこちら

31.

ご入社までの流れ STEP 1 カジュアル面談 CEO樗澤とカジュアル面談を行っていただきます。あなたの人生を投じるに値する価値が、本当にジェイエルネスにあるか確かめてください。 ※カジュアル面談は合否に一切関係なく行っておりますので、お互いにフラットなコミュニケーションが行えますと幸いです。 STEP 2 書類選考 あなたが本当にジェイエルネスの選考に進みたいかどうか、お気持ちをお聞かせください。同時に、書類のご提出をお願いいたします。 STEP 3 一次面接 メンバーと面接を行っていただきます。その際、弊社メンバーの誰と話してみたいかご希望を伺うことが可能ですので、ぜひご希望を聞かせてください。 STEP 3 二次面接 弊社役員と面接を行っていただきます。あなたがジェイエルネスを通じてやりたいことと、私たちがあなたと一緒に取り組みたいことがマッチする瞬間を心より楽しみに しております。 STEP 4 オファー面談 内定の打診及び、入社時のミッションなどをオファーさせていただきます。

32.

株式会社ジェイエルネス お問合せ ウェルネス革命を、ともに。 ご応募は こちら ご応募を心よりお待ちしております。 本資料についてのお問い合わせは、下記よりお願いいたします。 0466-86-5240 [email protected]