子どものインラインスケートを選ぶ3つのポイント

>100 Views

October 12, 22

スライド概要

子どものインラインスケートを選ぶ3つのポイントを紹介しています。
関連する記事は、こちら
https://daitoku.site/choose-inlineskate-for-kids/
https://daitoku.site/inlineskate-children-effect/
https://daitoku.site/inlineskate-good-children-activity-on-weekend/

profile-image

人を尊重して話を聞かせていただく「アクティブリスニング」エバンジェリスト『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』著者赤羽雄二氏公認 Clubhouseで本は読んで終わりじゃない行動するためのもの『アクションリーディング』実践 仲間と一緒に成長できる「親子のクオリティタイム」「最速ロールプレイング」「A4メモ書き」などのグループ運営中

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

子どものインラインスケートを選ぶ 3つのポイント

2.

インラインスケートとは アイススケートのブレード(刃)状に 細いウィールを縦一列に配置したスケート

3.

最初のインラインスケートはフィットネスタイプを選ぶ インラインスケートは ・フィットネス ・アグレッシブ ・レースタイプ などの種類があります。 フィットネスタイプは、滑走性もよく、価格も1万円台からあるため 楽しく始めるには最も良いからです。

4.

子どものインラインスケートを選ぶ3つのポイント 3つのポイントは ・ウィール(タイヤ)の質 ・ブーツ本体の強度 ・インナーの厚さ です。

5.

ウィール(タイヤ)の質 ウィール(タイヤ)を触って質感を確認します。 ウィールはゴムのものを選びます。 プラスチックのような固いものだと、地面を蹴 っても思うように前に進まないからです。

6.

ブーツ本体の強度 ブーツ本体の強度は、体重を支えることができ るかブーツのプラスチック部分を握って確認し ます。 押して柔らかいものでは体重を支えることが できず、ブーツ自体がゆがむので立つことが難 しくなります。

7.

インナーの厚さ インナーは分厚いものを選びます。 分厚いものはフィット感が良く、長時間の運動 も快適です。 薄いものはプラスチックが足にあたって痛いで す。

8.

インラインスケートは楽しい総合トレーニング 3つのポイントに気をつけて子どものインラインスケートを選ぶと 「遊び」がバランス感覚向上や柔軟性のあるコントロールを身につける トレーニングになります。 正しい道具選びをしましょう!

9.

スライド作成者 岡 大徳 Facebook https://www.facebook.com/oka.hironori.1 Instagram https://www.instagram.com/daitoku0110/ Twitter https://twitter.com/daitoku0110 成長記録 https://daitoku.site/ 関連する記事 https://daitoku.site/choose-inlineskate-for-kids/ https://daitoku.site/inlineskate-children-effect/ https://daitoku.site/inlineskate-good-children-activity-on-weekend/