ポジティブフィードバック ロールプレイング

349 Views

September 04, 22

スライド概要

Zoomでおこなっているポジティブフィードバック ロールプレイング会のスライドです。

profile-image

人を尊重して話を聞かせていただく「アクティブリスニング」エバンジェリスト『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』著者赤羽雄二氏公認 Clubhouseで本は読んで終わりじゃない行動するためのもの『アクションリーディング』実践 仲間と一緒に成長できる「親子のクオリティタイム」「最速ロールプレイング」「A4メモ書き」などのグループ運営中

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
2.

AL部|今回のテーマ 「ポジティブフィードバック」を深める 予定 時間 内容 6:40-6:45 5分 概要説明 6:45-6:50 5分 A4メモ書き(3枚) 6:50-7:10 20分 ロールプレイング 7:10-7:20 10分 感想・質疑応答

3.

概要

4.

ポジティブフィードバックとは + 肯定・感謝・承認を通じ て相手との関係を深める アクティブリスニング と両輪

5.

ポジティブフィードバックの5つの効果 ①やる気 ②自信 「信じてくれている」 「その期待に応えたい」 ピグマリオン効果 相手の行為に対して 「〇〇してくれたのが 良かったよ」 相手の強みや得意 成功体験の積み上げ ③人間関係 「単純接触」 の頻度を上げる +ポジティブであればあ るほど人間関係構築に 繋がる ④仕事への理解度 ⑤主体性 「何がどうよかったのか」 を明確にポジティブフィ ードバックすることで部 下は「会社の価値観・ やり方」を理解する 「その調子で」 「いいよ、続けて」 と頻繁に承認 「これでいいんだ」 という自信・判断軸 が蓄積される + ポジティブフィードバックをする自分の幸福度も上がる

6.

4つの承認 「ポジティブフィードバック」の土台は4つの承認 ①結果承認 ②行為承認 ③存在承認 成果・結果 に対して承認する 相手が行った行為 (結果が出てないも の含む)に対しての 承認 相手の存在を承認し 大切に扱う ④可能性承認 将来の可能性につい て信じ、期待し それを肯定的に応援 相手に「Yes」を与え続けるため、4つの承認を使い分ける

7.

どんな人にも効果がある ポジティブフィードバックは ■マズローの欲求5段階説 人間の根本的な欲求である 「承認(の欲求)」 を満たすもの 誰だって褒められたら うれしい!

8.

ポジティブフィードバックの実践ポイント 承認 肯定 感謝 相手の行動・存在を 承認する 肯定・思いやりを 持って接する 大切に思い 感謝する

9.

ポジティブフィードバック|具体例 躊躇せず ほめる

10.

A4メモ書き

11.

A4メモ書き|使用するもの ①A4用紙 3枚 ②ペン(書きやすいものを)

12.

A4メモ書き|基本フォーム A4用紙を横にして、1分以内に書きましょう タイトルとわか るように下線を 引く タイトル(書きたいテーマ) 2022-8-14 - 内容〇〇〇を書く 今日の日付 - 好きなように書く 写真 - 正直に思うままに書く - とにかく書く(考えない) - できるだけ文章にする(15-30字くらい)

13.

A4メモ書き|本日のテーマ 1 どうすれば躊躇、遠慮なく褒めることができるのか 2 計画していること(やりたいこと)は何か? 3 最近できたこと(又は嬉しかったこと)は何か? 2-3に関しては、今日ロールプレイングでお話しすることをイメージして書いてみて下さい

14.

ロールプレイング

15.

ロールプレイングとは 違う立場の方を演じることによって、 相手目線や感じ方を素早く理解したり、 気づきを得られることができる。 ロールプレイングで ポジティブフィードバック を実践

16.

ロールプレイング|ポジティブフィードバック トークテーマ:計画していること(やりたいこと)or最近できたこと 話し役 聞き役 オブザーバー 自由に! 何話してもOK! アクティブリスニング &ポジティブフィードバック 気づきをフィードバック (メモして3つ) ※4人グループはオブザーバー2名

17.

ロールプレイング|実践ポイント えい!でOK 自然体でOK カメラOFF カメラOFF 細かいことは気にしない とりあえずやってみましょう 感じるままに 役になりきってみましょう ※オブザーバー担当のみ、 任意です。 目の前のコミュニケーションに 集中できる環境作り 重要▶相手目線に立った時、どんな気付きがあるか

18.

ロールプレイング|実践方法 聞き役 内容 16分 15分+1分 所要 時間 ポジティブフィードバック - ・50音順で最初の人が話し役、聞き役、オブ ザーバーの順番 ②実践 2分 ・話し役:好きなことを聞き役に話して下さい ・聞き役:ポジティブフィードバック ・オブザーバー:タイムキーパーも兼ねて2分 測って下さい ③フィードバック 2分 気づきを3つ程話す (オブザーバー→話し役→聞き役の順) ①順番決め 話し役 好きなことを話す 50音順最初の人から オブザーバー タイムキーパー 気付きをメモ 詳細 ④交代 - 役割を変えて②③を実践

19.

Let’s Go ブレイクアウトルーム

20.

質疑応答&感想

21.

「気づき」のシェアタイム 感想・気付き・日常にどう取り入れていくか 前向きになれた 明日からどう取り入れる? 「相手」を尊重できた? できなかったかも?

22.

活動紹介 Clubhouse 1.親子のクオリティタイム https://bit.ly/3Rf8X6z 2.アクションリーディング https://bit.ly/3AwT70e Zoom 1.アクティブリスニング部 https://action-reading.peatix.com/ Facebookグループ 1.実践『アクションリーディング』自分を変える行動読書 https://www.facebook.com/groups/practiceactionreading 2.実践 最速ロールプレイング https://www.facebook.com/groups/551556716178832 3.実践『ゼロ秒思考』A4メモ書き https://www.facebook.com/groups/notewriting

23.

主催者情報 岡 大徳 「アクティブリスニング」エバンジェリスト 『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』著者赤羽雄二氏公認 https://b-t-partners.com/memo/9982 1.Facebook https://www.facebook.com/oka.hironori.1 SNS 2.Instagram https://www.instagram.com/daitoku0110/ 3.Twitter https://twitter.com/daitoku0110 ブログ 成長記録 https://daitoku.site/