ビジュアルスクリプティングシステムBoltを使ってみよう 2回目

103 Views

August 25, 20

スライド概要

Unityユーザーであればダウンロードして使用することができるようになったビジュアルスクリプティングシステムのBolt。実際にRoll a Ballチュートリアルをベースにいろいろ使って解説します。

profile-image

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 荒川 巧也

2.

内容 1.BoltをAsset Storeからダウンロードして追加する 2.Boltの基本的な設定 (とりあえず使ってみる) 1回目 1.~4. 3.ステージの配置 4.ヒヨコを動かす (アニメーション切り替え含む) 5.追従カメラ追加する 6.Item追加する 7.UI追加する 8.Navimeshを使う 9.カスタムイベントの作成 2回目 5.~9.

3.

本日はこちらの続きになる Youtube : https://www.youtube.com/watch?v=wmbrJC-z2TU&t=4s slideshare: https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan/bolt-1/1

4.

5.追従カメラ追加する

5.

MainCameraの位置を調整してSimple Camera Controllerを削除する

6.

MainCameraにFlow Machineを追加する

7.

変数 Offsetを追加する

8.

カメラがヒヨコを追従するようにする

9.

FollowPlayer全体の様子

10.

カメラが追従するようになった

11.

6.Item追加する

12.

Ringoを追加する

13.

RingoにSphere Colliderを追加して”Is Trigger”チェック Tagを”Item”にする(Item Tagを作成する)

14.

RingoにFlowMachineを追加しItem Macroを作る

15.

リンゴを回転させる Transform.Rotate(X,Y,Z)

16.

リンゴが回転するようになりました

17.

リンゴがPlayerに当たると消えるようにする

18.

リンゴに触れると削除されるようになった

19.

リンゴを複数配置した

20.

7.UI追加する

21.

テキスト “ScoreLabel” を追加する

22.

テキストを”0”とする

23.

空オブジェクト”GameController”作成してFlowMachine追加

24.

GameControllerに変数 ”ScoreLabel” 追加

25.

WinnerLabelを作成する

26.

GameControllerに変数 ”WinnerLabelObject” 追加

27.

GameControllerを開く クリックする。

28.

GameController:ScoreLabelにリンゴの数を表示 FindGameObjectsWithTag

29.

GameController:WinnerLabelObjectをリンゴ0で表示

30.

0になるとYOU WINと表示された!

31.

Itemが0になったらJumpアニメーション再生する

32.

HiyokoControllerを開く

33.

Jumpアニメーションを設定する Trigger型:Win Trigger型:Win Has Exit Time Jumpアニメーションを追加

34.

GameControllerにGameObject型変数 Hiyoko を追加

35.

Jumpアニメーションを再生するようにGameController設定 *ポイント アニメーション再生させる。

36.

8.Navimeshを使う

37.

niwatoriを追加する

38.

StageにNavigation Staticを入れてNavigation Window開く

39.

Bakeボタンをクリックする

40.

NiwatoriにNavimeshAgent追加 さらにFlowMachineを追加して変数Targetも追加

41.

Niwatoriのノードを組む

42.

NiwatoriにRunアニメーションを追加する

43.

にわとりが追っかけてくる

44.

9.カスタムイベントの作成

45.

TestTextを追加する

46.

カスタムイベントを作成する GameControllerマクロ

47.

”こんにちは”と表示された!

48.
[beta]
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
カスタムイベントをC#から呼び出す
using UnityEngine;
using Bolt; //BoltをC#で制御するための NameSpace
public class TestEvent : MonoBehaviour
{
public GameObject gameController;
// Start is called before the first frame update
void Start()
{
//第一引数 : 呼び出したいイベントを持つオブジェクト
//第二引数:呼び出したいカスタムイベント名
CustomEvent.Trigger(gameController, "ChangeText");
}
}

49.

”こんにちは”と表示された!

50.

おまけ

51.

Titleシーンを作る New SceneからTitleシーンを作成します。

52.

ボタンにStartGameを追加する

53.

ボタンを押すとシーンを呼び出す

54.

イベントを設定してシーンを登録する ボタンからイベントを呼び出す。

55.

ボタンを押すとシーン移行するようになった