読者から主人公になる方法〜僕の3ヶ月ジャーニー

スライド概要

2018/6/27 DevLOVE

profile-image

はち@ メディア一筋のPM

@PassionateHachi

作者について:

メディア・エンタメ業界一筋のPM。全員副業チームのファウンダー、DevSumiコンテンツ委員なども少々。 ▼ Twitter https://twitter.com/PassionateHachi ▼ Youtube:はちの遊び場 https://www.youtube.com/channel/UCQyOowfPZBjLc798wYq6g1A ▼ note https://note.com/hiroki_hachisuka

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-04-17 13:30:00

各ページのテキスト

1. 読者から主人公になる方法〜僕の3ヶ月ジャーニー

2. ごめんなさい! 4ヶ月 経っちゃいました!

3. 読者から主人公になる方法〜僕の 4 ヶ月ジャーニー

4. 蜂須賀 大貴 @PassionateHachi 2012年 株式会社IMAGICA入社 お仕事: 主にプロジェクトマネージャー、プロダクトオーナー、セ ールスエンジニア、インフラエンジニア(AWS ソリューショ ンアーキテクト)など

5. 映像業界の 働き方を変えたい! 蜂須賀 大貴 @PassionateHachi 2012年 株式会社IMAGICA入社 お仕事: 主にプロジェクトマネージャー、プロダクトオーナー、セ 個人のスキルとセンスからチ ールスエンジニア、インフラエンジニア(AWS ソリューショ ンアーキテクト)など ームで働く業界に!

6.

7. まもなく 本編が 始まります

8. 8

9. 7

10. 6

11. 5

12. めんどくさい から始めます

13. 今日のテーマ

14. 読者から主人公になる方法〜僕の 4 ヶ月ジャーニー

15. 4ヶ月前って あの時期ですね。

16. 藤井聡太棋士 最年少 6段?

17. 貴乃花親方?

18. 仮想通貨 NEM流出?

19.

20. 2/15

21. それまでの私 ・スクラムで始めたプロジェクトのステークホルダー ・なんとなく良さそうだけど、よく知らない ・スクラム系で読んだ本…これだけ

22. 新井さんのスライドより https://speakerdeck.com/araitakeshi/kaizenziyani-bokugayue-jing-dekitawake?slide=1

23. うわー!! 熱いぜー!!! ジンジンきたー!!!!

24. ここから 私のジャーニーが 始まりました!

25. 第1部 一人から始める

26. 1. アウトプットする 1. 一人で始める 1. 知識をつける

27. 第1話 アウトプットする

28. 2/18 ブログを始めてみた http://passionate-po.hatenablog.com/

29. 2/18 Twitterを始めてみた @PassionateHachi

30. Why? ・未来の自分のためにログを残す → 業界を変えるためには自分の歩みを 発信(登壇)する必要がある。その時 の材料とするため

31. Why? ・発信することで、機会をもらえるかも しれない →機会をもらえることで、場が作られ る。乗り越えると勇気になり、経験 値になる。

32. Why? ・機会をもらうことで、社内外への影響 力が大きくなる →周りを巻き込みやすくなる。発言や 行動に説得力が生まれる。実践しや すくなる

33. Why? ログを 残す 発信する ・発信の材料 ・共感、発見 実践する ・自信、覚悟 ・勇気、経験 ・輝き、説得力 ・

34. 第2話 一人で始める

35. 2/17 一人でカンバン始めてみた

36. Why? ・まずは自分の経験値をつける →自分でやってみることでの気づきや 注意事項を体感、把握するため

37. Why? ・「何やってんだ?」と注目してもらう →あえて見えやすい位置で堂々とやる ことで、注目を集める。周りに気づ いてもらう

38. Why? ・「何やってるの?」を引き出し説明 →説明することでより一層興味を引 き、刺さったら次の展開へ巻き込む

39. Why? 派手に 始める ・目につくように ・気になるように 注目して もらう 実践に 繋げる ・説明のチャンス

40. 第3話 知識をつける

41. 本を読んでみた

42. 勉強会に色々出てみた

43. Why? ・単純に知識をつけたかった →書籍やWebではなく、実際のファシリ テーション方法をみて、自社で自分が やる場合を想像する

44. そして、運命を変える 一本のメッセージが…

45. 第2部 巻き込み、巻き込まれ

46. 第4話 巻き込まれ

47.

48. むむむ・・・?

49. 3/27 DevLOVE運営メンバーに

50. コミュニティーの話は 今日は割愛

51. 第5話 巻き込み

52. プロジェクトにScrumの技を入れてみた 新機能の 優先度 どうする? 3/6 Oppotunity Canbus やってみよう

53. プロジェクトにScrumの技を入れてみた メンバーが追加 になった 3/8 インセプション デッキ 作ろう!

54. プロジェクトにScrumの技を入れてみた 新プロジェクト スタート 4/13 ドラッガー風 エクササイズや ってみよう!

55. プロジェクトにScrumの技を入れてみた プロジェクト Phase2へ 4/13 星取表 作ってみよう!

56. 社内エバンジェリスト活動やってみた 3/26 価値観ババ抜き 5/14 デリゲーションポーカー 5/7 マシュマロチャレンジ

57. 部署にスクラム勉強会をやってみた 第1回 スクラムって何?意味あるの? 第2回 スクラムのセレモニーと成果物 + マシュマロチャレンジ 第3回 スクラムの権限と役割 + デリゲーションポーカー 第4回 相対見積もりとストーリーポイント + プランニングポー カー 第5回 チームを知る、期待を知る + 価値観ババ抜き + ドラッ カー風エクササイズ 第6回 実践!Sprint0 (インセプションデッキ、ワーキングアグリーメント、Doneの 定義)

58. 社内勉強会開いてみた

59. 4/13 顧客とやってみた

60. 5/6 DNPさんでやってみた

61. Why? ・社内で派手に動いてみる →注目を集める。次のチャンスを自ら呼 び込む。ポジションを確立する

62. まとめ

63. イベント やってみたこと DevLOVE関連 Oppotunity Canbus DevLOVE参加 カイゼン・ジャ ーニー 一人から始める マシュマロ チャレンジ プランニング ポーカー体験会 スクラム勉強会 価値観ババ抜き (自部署) 一人でカンバン DevSumi 新入社員研修に スクラムの プラクティス 導入 CSPO研修 星取表 価値観ババ抜き 社内勉強会発足 ドラッカー風 エクササイズ スクラム勉強会 (他部署) LT Blog,Twitter PO祭り 登壇 価値観ババ抜き インストラクター 研修 DevLOVE運営に インセプションデッキ ~2018年2月 3月 4月 5月 6月

64. 先の世界を見たいなら、勇気を持って、 自分で一歩踏み出すしかない。 周りが背中を押すことはできても、 最後に足を踏み出せるのは自分だけ。

65. どんなに頭で考えていても、行動しなけ れば伝わらない。 行動は見える範囲にしか伝わらない。 発信していくことで、世界が自分を見つ けてくれる。

66. 自分の知らない世界を知ることで “刺激”と”憧れ”から”勇気”が生まれる。 ”勇気”を持ってチームに還元することで誰 かの心にも化学反応が起こるかもしれな い。

67. 「やりすぎ」「急ぎすぎ」は誰が言った のか?自分の中でブレーキを踏んでるだ けではないか。 グレーゾーン = 黒じゃない。 怒られたらやめればいい。

68. 組織や環境を変えるには「自分が変わ る」か「自分が変える」しかない。 99.9%お膳立てされても「やるか」「や らないか」最後の0.1%を決めるのは自分 である。

69. 映像業界の働きかた を変えたい!

70. 応援してください! https://crowdenergize.jp/challenges/6853640f

71. 応援してください!

72. 応援してください!

73. 応援してください!

74. 応援してください!

75. 応援してください!

76. つづく ありがとうございました! 次はあなたと一緒に登壇できることを願って…。