Twilio Night Vol.2 - ローコードツールを用いて自動音声応答を実現

スライド概要

2022/03/03に開催したTwilio Night Vol.2の発表資料です。

Twilio Studioを利用し、ノーコード、ローコードで自動音声応答を実現する方法について解説しました。

profile-image

Daizen Ikehara

@Neri78

作者について:

Developer Evangelist @ Twilio

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-03-03 23:22:00

各ページのテキスト

1. Vol.2 - ローコードツールを用いて自動音声応答を実現 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2. アジェンダ 1 Twilioでできること Twilioのしくみ 2 ノーコード・ローコードで 自動音声応答を作成 3 動的な応答の実現方法 4 あえてコードを使うなら? © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

3. Twilioでできること © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

4. Twilioが提供するコミュニケーションサービス ソリューションプラットフォーム 管理 & ガバナンス コンタクトセンター Twilio Flex Eメール キャンペーン Marketing Campaigns 開発者向け ツール フィールドサービス自動化 Frontline ガバナンス アクセス制御 データの復元力 ユーザ同意の管理 Data classification Editions SDK デジタルチャネル Voice SMS/Messaging Email Video アイデンティティ Conversations Facebook Messenger WhatsApp Data Edition Admin Edition Security Edition Enterprise Edition 洞察・知見 CLI サービス ローコード & ノー コード サービス Authy Verify Lookup Studio TaskRouter AI/機械学習 Debugger Audience Predictions Language Intelligence Individualized Sending Functions Assets 主要インフラストラクチャ Super Network コミュニケーション・インフラ Phone Numbers Interconnect Short Codes SIP Trunking IoT Sync Segment CDP 顧客データ・インフラ Segment Connections Segment Personas AI: 人工知能、 CDP: 顧客データプラットフォーム、 SDK: ソフトウェア開発キット、 CLI: コマンドラインインタフェース 各種リソース プログラム Context Store Event Streams © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

5. © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

6. Twilio = 様々なコミュニケーションチャネルをクラウドを介し、 プログラム可能な状態で利用できるサービス © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

7. たとえば: 自動音声応答(IVR)として 「再配達の受付は 1を、担当者と話す 場合は2を押して ください。」 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

8. たとえば: サインイン時の認証インフラとして 電話・SMSで 認証コードを送信 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

9. たとえば: サーバーの死活監視の一部として サーバーの死活監視(午前2時の電話システム) © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

10. Twilioのしくみ Twilioが提供する電話番号 例: 050-xxxx-xxx 音声着信 応答をもとに 自動音声を再生 Twilioから リクエストを送信 アプリケーションの 応答 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

11. 番号購入方法についてはこちら! https://www.docswell.com/s/Neri78/5MV325-twilio-night-vol1#p13 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

12. ノーコード・ローコードで 自動音声応答を作成 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

13. [beta]

Twilio = 開発者向け?

require('dotenv').config();
const express = require('express');
const twilio = require('twilio');

const app = new express();

Twilioから
リクエストを送信

app.use(express.urlencoded({ extended: false }));

app.get('/twiml', (req, res) => {

res.setHeader('Content-Type', 'application/xml');
const twiml = new twilio.twiml.VoiceResponse();

アプリケーションの
応答

twiml.say({ language: 'ja-JP'}, 'お電話ありがとうございます。');

res.send(twiml.toString());

「お電話ありがとうございます。」

});

app.listen(3000, () => console.log('Listening Port 3000'));

© 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

14. Twilio Studio ローコード・ノーコードでコミュニケーションフローを デザイン、デプロイできるビジュアルインターフェース ビジュアルプログラミング ウィジェットのドラッグドロップ、接続、設定で コミュニケーションフローをデザイン、デプロイ 外部連携 REST APIエンドポイントの提供、Twilio Functions、 HTTPリクエストの送信など Studio REST API 既存フロー定義の取得や更新を実現 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

15. コールフローを「爆速」で構築 従来の方法を用いた 自動音声応答(IVR) 作成時間 3-4 hours 3-4時間 Twilio Studio を用いた IVR作成時間 5 mins 5 分(?!) © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

16. 豊富なウィジェット(一例) メッセージの送信 条件分岐 電話の接続 外部Httpリクエスト 自然言語 トリガー Twilio Functions 呼び出し © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

17. 作成したフローを電話番号に接続 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

18. フローの細分化(Subflow) © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

19. 動的な応答の実現方法 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

20. テンプレートの使用 テンプレートを定義しコンテンツを流し込める 発信者の選択情報 例: 入力した日時の確認 外部から受け取ったデータの流し込み 例: 電話番号から顧客名を取得し、再生 入力された日付は {{- widgets.gather_1.Digits | slice: 0,2 -}}月 {{- widgets.gather_1.Digits | slice: 2,2 -}}日です。 Liquid Templateを使用 - https://www.twilio.com/docs/studio/user-guide/liquid-template-language © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

21. あえてコードを使うなら? © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

22. コードを使うパターン 1 2 フローから 外部のサービスを 呼び出す場合 外部から フローを 呼び出す場合 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

23. 1. フローから外部のサービスを呼び出す場合 “Phone” : “080-XXXX-XXXX” 顧客 情報 “インフラ太郎様、ありがとうございます。 ” “インフラ太郎 ” “080-XXXX-XXXX” © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

24. Make HTTP Request / Run Function © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

25. Make HTTP Request Make HTTP Request ウィジェットで正しくパース するにはJSON形式のデータを受け取る必要がある レスポンスとして受け取ったデータを テンプレート機能を使い利用する © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

26. Run Function 呼び出し側 レスポンスとして受け取ったデータを テンプレート機能を使い利用する © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

27. 2. 外部からフローを呼び出す場合 外部発信・送信のシナリオで多く用いられる 送信元 050-XXXX-XXXX APP 送信先 080-XXXX-XXXX © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

28. [beta]

require('dotenv').config();
const twilio = require('twilio');

// 環境変数からTwilio認証情報およびTwilio番号を取得
const { TWILIO_ACCOUNT_SID,
TWILIO_AUTH_TOKEN,
TWILIO_NUMBER } = process.env;

const client = new twilio(
TWILIO_ACCOUNT_SID,
TWILIO_AUTH_TOKEN);

// Studio Flow SID
const flow_sid = 'FWxxxxxxxxxxxxxxxxxx';

// 発信先の番号
let phone_number_call_to = '+81xxyyyyzzz';

// フローを実行
client.studio.flows(flow_sid)
.executions.create({
from: TWILIO_NUMBER,
to:

phone_number_call_to, //発信先

})
.then (flow => console.log(flow.sid))
.catch(err => console.log(err));

© 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

29. まとめ・クロージング © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

30. まとめ • ノーコード、爆速で自動応答を構築するなら Twilio Studio! • テンプレート機能を使った動的コンテンツ 構築 • コード・APIの利用も可能 = 高い拡張性 © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

31. リソース • 製品ドキュメント https://www.twilio.com/ja/docs/studio • 日本語ハンズオン https://neri78.github.io/Twilio-HandsOn-Studio-JP/ • Blog: Twilio StudioフローとNode.jsを用いて外部にメッ セージを発信する方法 https://www.twilio.com/blog/twilio-studio-rest-api-jp © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.

32. Thank You! © 2022 TWILIO INC. ALL RIGHTS RESERVED.