【Ltech#23】Salesforceのシステム構成と最近の開発施策の共有

4.7K Views

February 21, 23

スライド概要

2023/02/21(火)に開催した
Ltech#23 LIFULLにおけるSalesforce活用事例について語ります
https://lifull.connpass.com/event/273924/
の資料です

profile-image

LIFULL HOME'Sを運営する株式会社LIFULLのアカウントです。 LIFULLが主催するエンジニア向けイベント「Ltech」等で公開されたスライド等をこちらで共有しております。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Ltech#23 Salesforceのシステム構成と 最近の開発施策の共有 株式会社LIFULL テクノロジー本部 コーポレートエンジニアリングユニット SF開発グループ 青木 直之 1 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

2.

~はじめに~ 2 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

3.

はじめに ・2023年2月21日(火) 「Ltech#23 LIFULLにおけるSalesforce活用事例について語ります」 にご参加いただき、誠にありがとうございます。 ・本資料はLtech#23用の発表資料です。 https://lifull.connpass.com/event/273924/ Salesforceのシステム構成と最近の開発施策の共有 株式会社LIFULLにおけるSalesforceシステム構成や開発事例を共有いたします。 画像の参照元 https://cloud.google.com/icons/?hl=ja Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

4.

はじめに ・この場を借りてのお礼ですが、 Salesforceに関わる全てのみなさまの多大なるご協力ご支援、 日々のデータ入力のおかげで、 Salesforce上のシステムは日々進化し続けております。ありがとうございます。 ・なお、本資料では社内の固有システム名称など、一部マスキングして記載しています。 画像の参照元 https://cloud.google.com/icons/?hl=ja Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

5.

青木 直之 (あおき なおひさ) ( https://qiita.com/na0AaooQ ) ・2015年4月中途入社。 ・LIFULLにはデータベース & インフラエンジニアとして中途入社、主にインフラ系プロジェクトを担当。 ・LIFULL HOME’Sデータベースサーバ等のインフラ設計~構築~管理。 ・LIFULL HOME’Sのオンプレミスサーバ群のAmazon Web Services(AWS)へのインフラ移行。 ・上記の完了後、未来のLIFULLを支える新しいデータベースの形を考えていた頃、Salesforceに出会う。 ・Salesforce開発を行う「SF開発G」という部署でグループ長とエンジニアを担当。 Salesforceを活用したSFA/CRM、PIS(個人情報管理システム) 等のシステム開発と普及に取り組む。 5 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

6.

本日のアジェンダ 1. はじめに 2. 本日のテーマ 3. システム構成、開発施策のご紹介 4. まとめ 6 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

7.

~本日のテーマ~ 7 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

8.

本日のテーマ Salesforceのシステム構成と 最近の開発施策のご紹介 8 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

9.

・本日ご紹介する機能です。 ・PIS/ログインユーザ認証情報 ・ログインユーザ認証情報とSalesforce Marketing Cloud連携 ・LIFULL HOME’S 活用レポート ・LIFULL HOME’S Contractサイト & オンライン請求機能 ・SFR/CRM開発の取り組み ・受注済み金額レポート、申込書システム、日報自動作成 ・Pardot、ForceForm、Slack連携 9 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

10.

~システム構成、 取り組みの概要~ 10 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

11.

Salesforceの大まかなシステム構成 LIFULL AuthBaseロ グ人画面 Salesforce本番環境 Service Cloud 認証ユーザ情報ブジ ェクト ログインユーザ認証 情報報 PIS反響個人情報オ ブジェクト PIS LIFULLの各サイト (LIFULL HOME’S 賃 貸/ 流通/分譲マンショ ン/分譲戸建/注文住宅/ 売却査定/不動産投資 等 ) お問い合わせ情報 (物件探しのお問い 合わせ情報 等) Salesforce上の各Webサ イト、問い合わせフォーム Marketing Clloudデータ 連携バッチ (Apex) エンドユーザ様向け メール配信 PIS反響属性情報オ ブジェクト クライアント様向け メール配信 社内から入力する様々なデータ ・営業活動情報(取引先、商談、注文等)、 工数、経費精算申請、etc 等 取引先等の様々なオ ブジェクト Salesforce系バッチプログラム、 システム処理結果をSlackで通知 myTrailHeadと学 習コンテンツ 各種レポート化とデ ータ分析

12.

Salesforceを用いて以下のような世界を目指し、開発しています。

13.

Salesforceを用いて以下のような世界を目指し、開発しています。

14.

・PIS(Personal Information System = 前述 個人情報DBの略称) 各LIFULL HOME'Sサイトのエンドユーザ様のお問い合わせ情報(お住まい探し の問い合わせ情報など)、いわゆる個人情報や属性情報を登録するSalesforce内 のテーブル(カスタムオブジェクト)です。

15.

・PIS 各サイトからお問い合わせ情報登録用API「PIS-API」を開発しました。以下が 構成です。現在、LIFULL HOME’S 不動産賃貸/流通/分譲マンション/分譲戸建 て/注文住宅/投資/売却査定サイト等のお問い合わせ情報をSalesforce内のPIS オブジェクト(詳細は後述)に登録するようにしています。

16.

・PIS 内部的にはSQSキューに登録されたお問い合わせ情報、AWS Lambdaファンク ション内からSQSキューメッセージを取得し、Salesforce REST APIを利用し て、Salesforce内のPISオブジェクト(詳細は後述)へ登録しております。

17.

・PIS

18.

・PIS

19.

・PIS PISオブジェクトに登録されたお問い合わせ情報を参照/更新するAPIもリリース しました。WebアプリケーションからSalesforceの標準REST APIを用いて、 例えば、以下のような画面などで、Salesforce内のPISカスタムオブジェクトに 登録されたお問い合わせ情報の表示、更新を行っております。

20.

・PIS PISオブジェクトに登録したお問い合わせ情報の「個人情報」は「PIS_反響ユー ザ個人情報」、属性情報にあたる情報は「PIS_反響ユーザ属性情報」に登録して います。 Salesforce本番環境 Service Cloud Salesfor ce本番環 境 Service Cloud Salesfor ce本番環 Salesfor 境 本番環 ce Service 境 Cloud Service Cloud Salesfor ce本番環 境 Service Cloud Salesfor ce本番環 境 Service Cloud

21.

・PIS_反響ユーザ属性情報とGoogle BigQuery PIS_反響ユーザ属性情報オブジェクトには大量の情報が登録されます。それらの 属性情報は、大量のデータ分析を得意とするGoogle BigQueryへデータ連携し ております。BigQuery上のクエリでデータ検索可能、また、BigQueryをデー タソースとしたTableauレポートによるデータ分析も可能です。

22.

・認証ユーザオブジェクト LIFULL HOME’S の以下のような ログイン画面 で、ユーザ登録いただいたエン ドユーザ様のログインユーザ認証情報を「認証ユーザ個人情報」オブジェクトに 格納しています。 Salesforce本番環境 Service Cloud Salesfor ce本番環 Salesfor 境 本番環 ce Service 境 Cloud Service Cloud

23.

・認証ユーザオブジェクト ログインユーザ情報を登録している「認証ユーザ個人情報」オブジェクトです。 S a l e s f Salesfor o ce本番環 境 r c Service Cloud e 本 番 環 Salesforce本番環境 境 Service Cloud S e r vi Salesd

24.

・認証ユーザオブジェクト ログイン画面でログインユーザ情報を登録すると、前述のPIS_反響ユーザ個人/ 属性情報オブジェクトにもその変更履歴情報が登録されます。 Salesd Sa Salesforce Sales

25.

・認証ユーザオブジェクト 認証ユーザオブジェクトの構成概略です。 Salesforce本番環境 Service Cloud AWS AWS

26.

・認証ユーザオブジェクト ログインユーザ情報はSalesforce上に開発したカスタムAPIとApexクラスにて 、データ登録リクエストを受け付けて、「認証ユーザ個人情報」オブジェクトに データを登録しております。

27.

・Salesforce Marketing Cloud(以下: SMCと表記)へのデータ連携 認証ユーザ個人情報オブジェクトに格納されたログインユーザ様の個人情報のう ち、LIFULLからのメール配信にご同意頂いたエンドユーザ様のメールアドレス について、SMCへ連携、SMCから物件ご案内メール配信を行っております。 Salesforce本番環 境 Service Cloud Salesforce本番 環境 Service Cloud Salesforce本番環 境 Service Cloud Salesforce本番環 境 Service Cloud

28.

・Salesforce Marketing Cloud(SMC)へのデータ連携 Service CloudからSMCへのデータ連携処理は、カスタマイズや拡張性を重視 し、Apexクラスで開発しております。

29.

・Salesforce Marketing Cloud(SMC)へのデータ連携 前述の機能を活用し、LIFULL HOME’S 新着物件メール配信機能において、 SalesforceからSMCへメールアドレスを連携、メール配信する機能も開始され ました。SMCのJourney Builderによりメール配信シナリオを作成し、メール 配信しています。 Salesforce本番環 境 Service Cloud Salesforce本番環境 Service Cloud

30.

・LIFULL HOME’S 活用レポート Tableau APIにより、各種月次レポートをPDF形式で抽出、LIFULL HOME’S PROサイトの「LIFULL HOME’S 活用レポート」画面に掲載する機能です。

31.

・LIFULL HOME’S 活用レポート LIFULL HOME’S PROサイト上の「LIFULL HOME’S 活用レポート」画面に 以下のようにPDFで抽出したTableauレポートを掲載、LIFULL HOME'S PROサイトをご利用の不動産会社様様がサイト上でレポートをご覧頂けます。

32.

・LIFULL HOME’S Contractサイトとオンライン請求機能 LIFULL HOME’S 住まいの窓口をご利用される不動産会社様向けに、エンドユ ーザ様からのお問い合わせ情報などのやりとりをWeb上で行えるWebサイトを 開発、運用中です。 LIFULL HOME’S Contractサイト ( https://homes.force.com/contract/ ) 現在、サイトを拡張し、住まいの窓口以外をご利用される不動産会社様向けにも サイトをご利用いただけるよう準備中です。 なお「住まいの窓口」におけるSalesforce活用については、2023年2月21日の Ltech#23の中で、弊社武田よりご紹介させて頂きます。 https://lifull.connpass.com/event/273924/ ・Salesforce Field Service Lightningによる不動産相談窓口サイトの開発立上げ

33.

・LIFULL HOME’S Contractサイトとオンライン請求機能 LIFULL HOME’S Contractサイトでは、LIFULLと不動産会社様との間でさま ざまな情報をやりとりする為に開発したWebサイトです。LIFULLからのお知ら せを掲載したり、エンドユーザ様のお問い合わせ情報など、相互に共有しあう等 に利用します。 Sal esf orc e本 番環 境 Ser vice Clo ud

34.

・LIFULL HOME’S Contractサイトとオンライン請求機能 オンライン請求機能とは、当該サイト上に、LIFULLから不動産会社様へのサー ビスご利用における請求書を掲載、LIFULL HOME'Sをご利用の不動産会社様が Webサイト上で請求書を確認いただける機能です。 Sal esf orc e本 番環 境 Ser vice Clo ud Salesd Cloud e Cloud

35.

・SFA/CRM開発の取り組み(受注済み金額レポート) Salesforceに登録いただいている各商談、注文について、受注確定した売上金 額データを確認できるレポートです。 2023年2月21日のLtech#23の中で、弊社市来よりご紹介させて頂きます。 https://lifull.connpass.com/event/273924/ ・SalesforceのデータをもとにTableauで月ごとの売上金額を表示 S

36.

・SFA/CRM開発の取り組み(申込書システム) 開発事例のうちいくつかをご紹介します。Salesforceには、申込書出力システ ムというものがあります。LIFULL社内の営業担当の方に、不動産会社様との商 談や注文情報をご入力いただき、受注申込書を出力したり、Salesforceと販売 管理用システム間で相互に受注情報を連携する機能です。 Salesforce 本番環境 Service Cloud Sal

37.

・SFA/CRM開発の取り組み(日報自動作成) 営業担当の方に営業商談や日報情報など、現状把握と振り返るを行えるようデー タ入力頂いておりますが、入力が増えれば増えるほど、商談活動そのものの時間 が減ってしまう課題が生じます。なので、商談作成時などに、日報も自動生成、 行動量を計測できるようにしました。 Sal Cloud Cloud

38.

・Pardot 不動産会社様向けのメール配信、フォームやランディングページ(LP)作成など toBマーケティングツールです。 Pardotを利用することで、指定したアドレスリストに基づいて不動産会社様へ メールを配信したり、特定のページを閲覧した方にメール配信したり、 (Engagement Studioによるシナリオ型メール配信)、問い合わせフォームや LP作成などを行えます。 Salesforc e本番環境 Service Cloud S al es fo rc e 本

39.

・Pardot 不動産会社様向けのメール配信、フォームやLP作成などのマーケティングツール です。 Sal esf orc Salesforce本番環境 e本 Service Cloud 番環 Salesforce本番環境 境 Service Cloud Ser vic e Clo ud

40.

・ForceForm エンドユーザ様向けにお問い合わせフォームを作成したい場合、開発不要でフォ ームを作成、公開できる機能です。問い合わせフォームより、ユーザ様からお問 い合わせ頂いた情報は、前述のPISオブジェクトに格納されます。 Service Cloud Service Cloud Service Cloud Service Cloud Service Cloud Service Cloud

41.

・ForceForm エンドユーザ様向けに問い合わせフォームを作成したい場合、開発不要でフォー ムを作成、公開できる機能です。問い合わせフォームのお問い合わせ頂いた情報 は、前述のPISオブジェクトに格納されます。

42.

・Slack連携 システムは常に正常に稼働し続けるわけではなく、異常が発生することを想定して開発しておくことが大切です ね。現在、Apexスケジューラジョブ、フロー、Salesforce系バッチプログラムのバッチ実行結果については、 メール または、Slack Incoming WebhookによりSlackへ通知するようにしております。 先日の Salesforce World Tour Tokyo(SWTT)等で、 弊社のSalesforce × Slack連携の取り組みを共有させていただきましたが、 https://ascii.jp/elem/000/004/120/4120824/ 今後、これらのSalesforce系バッチ実行結果のSlack通知方法、Slackアプリケーション「Sales Cloud for Slack」 または「Salesforce for Slack」経由での通知へ移行していく予定です。

43.

~まとめ~ 43 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

44.

・本日は時間の制約もありまして、全ての機能を紹介できませんでし たが、Salesforce上のシステムや機能、大別すると以下のような分 類になります。 ・エンドユーザ様向けの機能 (toC) ・LIFULL HOME'S ご利用の不動産会社様向けの機能 (toB) ・社内従業員のみなさま向けの機能 ・機能要望はQCD観点で検討・対応しつつも、システムや機能の肥大 化を避けたり、作り込みすぎて事業変化スピードに対応できない。とい ったことにならないよう、バランスを踏まえ、開発(開発したシステム の監視設計、リリース後の効果確認まで含む)しております。 44 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

45.

~最後に~ 45 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

46.

LIFULLは共に革進に挑戦してくれる仲間 を求めています。 LIFULLにご興味ありましたら、採用募集 ページからカジュアル面談、または面接の ご応募お待ちしております。 https://recruit.lifull.com/engineer/ https://hrmos.co/pages/lifull/jobs?category=1189386355046752256 46 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.

47.

本日はLtechへの ご参加ありがとうございました。 47 Copyright© LIFULL All Rights Reserved.