カレーフェスティバルLP 企画書 — 5月4日 13.36.40

411 Views

September 03, 23

スライド概要

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

カレーフェスティバル(架空) 宣伝LP 企画書 栗生 栞里

2.

Agenda 01 サイト概要・目的 02 現状分析 クライアントについて Web制作をするメリット 03 設計案 ペルソナ デザインコンセプト

3.

01 サイト概要・サイトテーマ

4.

サイト概要・テーマ サイト概要 カレーフェスティバルの宣伝LP(架空) クライアント 高円寺カレーフェスティバル サイトテーマ ①フェスの魅力を伝えることで、知名度を上げる。 ②カレーに興味がなかった人でも、高円寺に訪れるきっかけ を作り、街の活性化につなげる。

5.

02 現状分析 クライアントについて webサイトを制作するメリット

6.

クライアントについて 名称 高円寺カレーフェスティバル 拠点地 東京都杉並区高円寺 歴史 2011年開始(今年で12回目) HP あり(開催時期になると毎年新規のwebサイトに変わる) 主催・ 運営 主催:高円寺カレー愛好委員会 運営:日本カレー愛好連合会

7.

クライアント分析① 客層 ・世代が若い方が、参加経験率がより高い。 ・「食フェス」の参加者で最も多いのが、女性20歳代で 27.0%の割合。 売上 ・40店舗出店時、7日間で2万人の来場者 開催場所 ・高円寺駅周辺、商店街の飲食店(カレー専門店以外も参加) コンセプト 「君は高円寺という町でカレー漬けになる。」 ・参加店舗数40店舗

8.

クライアント分析② 強み ・このフェスに向けて考案された新作、期間限定のカレーが食べられる。 ・一度に複数のカレーを食べ比べすることができる。 ・SNSで話題に上がる、インスタ映えができる。 ・スタンプラリーで豪華景品が狙える。 →期間中一度だけ訪れるのではなく、何度も足を運ぶ動機になる。 リピーターにつながる。 ・特設会場ではなく、街全体で開催されるため、町の住民と仲良くなれる。 →高円寺と交流を深めるきっかけに繋がる。

9.

クライアント分析③ 課題 ・カレーフェスは他のグルメフェスと比較すると市場規模、売上 共に小さい ↓ まだ魅力が浸透していないのではないか ・昨今グルメフェスが増えすぎて、どのフェスに行くべきか悩む ↓ 最近浸透してきた他のグルメフェスとの差別化が必要

10.

webサイトを制作するメリット 解決策 ・サイトを通じてフェスの開催を知らせる。 ・フェスの魅力・雰囲気を伝えることで カレーに興味がなかった人でもフェスに興味を持たせる。 ターゲット層 ・20、30代までの関東に居住している男女 ・美食家、食通な方 ・フェスやお祭りなど、イベントが好きなインフルエンサー 顧客メリット ・集客力、知名度のアップ →市場規模を拡大させるチャンスにつながる

11.

03 設計案 ペルソナ デザインコンセプト

12.

ペルソナ 北沢玲子(28) ・広告代理店勤務 ・独身、吉祥寺で一人暮らし ・ビールとレコードと本が好き ・休日でかける場所は中野、高円寺 ・音楽フェスによく行く。フェスの出店の雰囲気が好き で、グルメフェスにも今年は足を運ぼうと思っている が、どのフェスに行こうか迷っている。

13.

デザインコンセプト 色彩 フォント ターメリック(うこん)を基調としたカラーパレット 見出し 本文 英文 テイスト AB-quadra VDLアドミーン、游ゴシック superclarendon、PestoFresco フェスのダイナミックさからワクワク感、食欲をそそられる、 そして高円寺という町の温かさを感じさせる。

14.

Thank you.