Power Apps関数解説(Rand,RandBetween関数について)

>100 Views

September 01, 22

スライド概要

Rand関数
Rand関数は0以上1未満の疑似乱数を返す関数です。
RandBetween関数
RandBetween関数は第一引数と第二引数の範囲で疑似乱数を返す関数です。
どちらも揮発性関数と呼ばれるもので、関数が評価されるたびに別の値が返ってきます。
詳しい解説はこちらから
https://youtu.be/S717dBPehDU

profile-image

非IT企業でコーポレートITをする傍ら個人事業主として、Power Platformを使用した業務改善提案等をしています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Power Apps関数解説 ~Rand、RandBetween関数編~ #業務ハックLab

2.

Rand関数とは? • 0以上1未満の疑似乱数を返す関数。 0.81040987 0.27587708 0.36071349 ・ ・ ・ ・ ・ #業務ハックLab

3.

Rand関数とは? • 0以上1未満の疑似乱数を返す関数。 Rand( ) Rand関数は引数はありません。 #業務ハックLab

4.

RandBetween関数とは? • 第一引数と第二引数の範囲で疑似乱数を返す関数。 範囲:1 ~ 20 39 42 49 ・ ・ ・ ・ ・ #業務ハックLab

5.

RandBetween関数とは? • 0以上1未満の疑似乱数を返す関数。 RandBetween( 1 , 20 ) ① ①:範囲の最小値 必須項目 ②:範囲の最大値 必須項目 #業務ハックLab ②

6.

Rand、RandBetween関数 DEMO #業務ハックLab

7.

Rand、RandBetween関数 Rand( ) RandBetween( 1 , 20 ) RandやRandBetweenを使うことで乱数を使った動作 をさせたいアプリなどで活用ができます。 #業務ハックLab