Power Apps関数解説(Shuffle関数について)

>100 Views

August 22, 22

スライド概要

Shffle関数
Shuffle関数はテーブルのレコードをランダムに並び替えたテーブルを返す関数です。
例えばアプリ上でランダムに問題を出題する、ランダムでレコードを取得する場合に
使用すると便利な関数です。
詳しい解説はこちらから
https://youtu.be/m_YVy6sEugA

profile-image

非IT企業でコーポレートITをする傍ら個人事業主として、Power Platformを使用した業務改善提案等をしています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Power Apps関数解説 ~Shuffle関数編~ #業務ハックLab

2.

Shuffle関数とは? • テーブルのレコードをランダムに並び替える関数です。 Collection1 Collection1 Title Value Title Value A01 ABC A07 STU A02 DEF A02 DEF A03 GHI A04 JKL A04 JKL A01 ABC A05 MNO A05 MNO A06 PQR A06 PQR A07 STU A03 GHI #業務ハックLab

3.

Shuffle関数とは? • データソースにレコードを追加する関数です。 Shuffle( Collection1 ) ① ①:データソースまたはコレクション名 必須項目 #業務ハックLab

4.

Shuffle関数 DEMO #業務ハックLab

5.

Shuffle関数 Shuffle( Collection1 ) ランダムで問題を出題する、ランダムでレコードを取得 するなどの要件の際に使用する関数となります。 #業務ハックLab

6.

ご視聴ありがとうございました #業務ハックLab