マイクロソフト認定技術者試験(MCP) Microsoft Azure

169 Views

March 16, 20

スライド概要

Microsoft AzureのMCP試験についてのいろいろ

profile-image

トレノケート株式会社で、Windows ServerとAzureを中心に技術者向けトレーニングを担当

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

マイクロソフト認定技術者試験(MCP) Microsoft Azure 横山哲也 トレノケート株式会社 Trainocate, Japan Ltd

2.

自己紹介  横山 哲也 (トレノケート株式会社)  1994年~ マイクロソフト認定トレーナー  Microsoft Certified: Azure Fundamentals Azure Administrator Associate Azure Solutions Architect  AWS Certified Cloud Practitioner  EXIN Cloud Computing Foundation  著書: ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第  Blog: ヨコヤマ企画 http://yp.g20k.jp/

3.

マイクロソフト認定プロフェッショナル(M  マイクロソフト認定プロフェッショナル Microsoft Certified Professional = MCP  認定資格…1つ以上の決められたMCP試験に合格 Fundamentals…基礎 Associate…2年程度の職歴 Expert…2~5年の技術経験 Expert Associate Fundamentals

4.

Azure関連試験(主なもの)  Azure関連の認定資格 AZで始まる試験番号 主な認定資格  Azure Fundamentals (基礎知識) AZ-900: Azure Fundamentals  Azure Administrator Associate (実装) AZ-103: Azure Administrator  Azure Solutions Architect Expert (設計) AZ-300: Azure Architect Technologies AZ-301: Azure Architect Design

5.

AzureとAWSの試験対応 上 級 中 級 基 礎 Azure AZ-300 + 301 Solutions Architect Expert AZ-103 Administrator Associate AZ-900 Fundamentals AWS Solutions Architect Professional Solutions Architect Associate Cloud Practitioner  厳密な対応関係はない  ほぼ同等のレベルなので、似た問題が出やすい ※個人の感想です

6.

【PR】MCP試験の受験準備は  Microsoft Azure 基礎 (AZ-900T01) https://www.trainocate.co.jp/reference/course_details.aspx ?code=MSC0661V オンライン版開催予定あり  Microsoft Azure Administrator (AZ-103T00) https://www.trainocate.co.jp/reference/course_details.aspx ?code=MSC0660V オンライン版開催予定あり

7.

再受験ルール: 合格の場合 合格したら  同一試験科目での再受験禁止 不正行為を行なったら  主な不正 試験問題の漏洩 不正な方法で入手された試験問題の利用  最大のペナルティ 過去の全資格剥奪 将来の受験資格停止

8.

再受験ルール: 不合格の場合 不合格だったら  再受験は24時間以上後  2回目に不合格の場合 3回目の試験は2回目から14日以上あと 4回目の試験は3回目から14日以上あと 以下同じ 受験 24時間 1 2 14日 不合格 不合格 3 不合格 14日 4

9.

出題パターン(主なもの)  単一選択式  複数選択式(選択数は明記されていることが多い  連続出題  ドラッグ・アンド・ドロップによる並べ替え 順序(正解が1つとは限らない) 結びつけ(1対1対応とは限らない)  画面選択(ホットエリア)  ラボ試験  ケーススタディ https://www.microsoft.com/ja-jp/ learning/certification-exams.aspx

10.

連続出題(後戻りできない)  例1: AZ-900試験はAzureの設計能力を確認する a. 正 b. 誤  例2: AZ-900試験はAzureの実装能力を確認する a. 正 b. 誤  例3: AZ-900試験はAzureの基礎知識を確認する a. 正 b. 誤

11.

連続出題(後戻りできない)  例1: AZ-900試験はAzureの設計能力を確認する a. 正 b. 誤  例2: AZ-900試験はAzureの実装能力を確認する a. 正 b. 誤  例3: AZ-900試験はAzureの基礎知識を確認する a. 正 b. 誤

12.

ドラッグ・アンド・ドロップによる並べ替え  例: 左側の企業と本社所在地(または近郊都市) を対応付けなさい 複数個の対応が可能です まったく対応させないことも可能です AWS サンノゼ Google シアトル IBM ニューヨー ク ボストン Microsoft

13.

画面選択(ホットエリア)  AZ-900には含まれないかもしれない  適切な場所をクリックする  例: マイクロソフトアカウントでサインインする どこをクリックしますか。

14.

ラボ試験  AZ-900には含まれない  実際のクラウド管理画面が試験画面に表示され 課題一覧 Azure管理画面

15.

ケーススタディ  AZ-900には含まれない  状況説明をもとに、適切な回答を行なう 状況説明 問題

16.

ラボ試験とケーススタディの注意  いくつあるか最初に確認し、メモしておく  部分点あり  ラボ試験 キーボードレイアウト 回答中に作ったリソースはメモしておく フリーズしてもしばらくすると復帰すること 復帰する間に次の問題を読んでおく ここだけの話  ケーススタディ 要件を全部読んでから取りかかる方が早い?

17.

まとめ