MyInceptionDeck

>100 Views

August 25, 11

スライド概要

MyInception Deck Agile Samurai#2 中村 洋

profile-image

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

My Inception Deck Agile Samurai#2 中村 洋

2.

自己紹介 ■名前:中村 洋 『大泉洋』と同じ『よう』です。 ■ブログ サウスポーなSEの独り言 ■TwitterID @yohhatu

3.

自己紹介の続き ■スキ/キライ スキ:ファシリテーション、アジャイル開 発、価値の提供 キライ:空中戦な会議 ■仕事:社内向け開発基盤Xの開発や らなにやら

4.

そもそも… インセプションデッキ とは? http://www.flickr.com/photos/oberazzi/318947873/

8.

以上、1回目の@mah_labさんの 資料から、ぱく(ry

9.

【本題】 My Inception Deck

11.

『部門』のでも、 『グループ』のでも 『チーム』のでも ないです。 あくまで個人の想いです

12.

My Inception Deck-1(Why) (1)我々は何故ここにいるのか? (2)エレベータピッチ (3)パッケージデザイン (4)やらないことリストを作る (5)「ご近所さん」を探せ

13.

My Inception Deck-2(How) (6)技術的な解決案を描く (7)リスクを検討する (8)プロジェクトの期間を見極める (9)諦めるべきものをはっきりさせる (10)プロジェクトに何がどれだけ必要 なのかスポンサーに提示する

14.

http://www.flickr.com/photos/freakygoldie/5044175060/ My Inception Deck-1 (Why)

15.

(1)我々は何故ここにいるのか? 現場がシステム開発時に より利益を多く出せる Xを作るため

16.

(2)エレベータピッチ [PJの利益をより多く]したい、 [現場部門]向けの[X]というプロダク トは、[FWを含めた開発基盤]です。 これは[システム開発を早く、確実に 行うこと]ができ、[各PJ独自でやって いた時]とは違って、[すでにあるもの を利用できる特徴]が備わっている。

17.

(3)パッケージデザイン 「Xはあなたの願いを叶えます!」 パッケージデザインは削除 ・もっとお客様に価値を提供できます ・すぐに使えます ・無料です

18.

(4)やらないことリストを作る ・やる! 帳票 UI強化 全社完全公開 ・後で決める! 翻訳 他のFWとの統合 ・やらない! 社内標準との統 合 外販

19.

(5)「ご近所さん」を探せ ・現場部門の部長、アーキテクト、 PM/PL、メンバー ・法務、広報 ・テスト自動化チーム、VPJRチーム ・情報システム部門 ・部長

20.

My Inception Deck-2 (How)

21.

(6)技術的な解決案を描く 割愛

22.

(7)リスクを検討する ・組織(会社・部門・チーム)がつぶれる ・自分が情熱を失う ・キープレイヤーがいなくなる(辞める /他のチーム・部門に行く) ・開発拠点がこれ以上増えてスピード 感が落ちる ・現場から「No!」と言われる

23.

(8)プロジェクトの期間を見極める ・リリース時期 3ヶ月毎にリリースします。 特に2012年4月のリリースは 全社一般公開と位置づけています。

24.

(9)諦めるべきものをはっきりさせる トレードオフスライダー MAX MIN スコープ MAX MIN 予算 MAX MIN 時間 MAX MIN 品質 MAX MIN 使い勝手 効用 MIN MAX

25.

(10)プロジェクトに何がどれだけ必要 なのかスポンサーに提示する 割愛 すいません・・・ http://www.flickr.com/photos/57253910@N05/5278369014/

26.

以上がMy Inception Deckです