Seknot_技育展

265 Views

October 15, 22

スライド概要

暗号資産「トークン」とは、誰でも発行できるデジタルトークンのことであり、高いセキュリティ、透明性、拡張性を有しています。トークンは、地域通貨、デジタルチケット、ゲーム内通貨、チート対策など、さまざまな活用が可能であることが紹介されました。ただし、トークンの発行にはブロックチェーンに関する知識が必要であることが強調されました。この問題を解決するために、容易にトークン発行・管理ができるツール「Seknot」が紹介されました。Seknotを活用した実際のサンプルアプリとして、Discordサーバー内でのトークン分配システムが紹介されました。また、今後はトークンの拡張性や他のサービスとの連携の可能性が示唆されています。

profile-image

電子工作などをやってる情報系の学生

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

あなただけの暗号資産で新しい世界を 平地 浩一 @k1h_tech 1

2.

自己紹介 電気通信大学2年 平地 浩一(ひらち こういち) ・SecHack365 21’ 修了生 ・技育展 21’ 登壇(コミュニケーション) ・今年ことは受賞するという目標達成! 普段はWeb開発や電子工作など Twitter: @k1h_tech HP: https://k1h.dev

3.

突然ですがトークンを 作ってみませんか?

4.

トークンってなんだ? DAO NFT Stable Coin 誰でも発行できる暗号資産 4

5.

トークン(ブロックチェーン)の特徴 高セキュリティ 強い耐改竄性を持ち セキュリティ対策への コストを削減 透明性 誰でも取引を確認可能 高い透明性を持つ 拡張性 別の暗号資産への 交換が容易 5

6.

トークンの活用方法

7.

大人数での合意形成や支払い手段に 地域通貨 コミュニティ通貨 7

8.

チケットやモノのデジタル化に デジタルチケット NFT 二次流通の管理や転売防止 デジタルアートなど作品の販売 8

9.

ゲームのアイテムや通貨にも ゲーム内通貨 トークンを活用したチート対策 9

10.

トークンの発行って何すればいいの?

11.

トークンを発行するまで Sign Service Create TX Node Smart Contract (Verify) Web2.0 Web3.0 (APIなど) (ブロックチェーンを軸とした 次世代の分散型Web) Blockchain ブロックチェーンに関する様々な知識が必要 11

12.

トークンを導入したアプリを作りたい人が 誰でも簡単にトークンを発行・活用できる世界を! 12

13.

Sign Service Create TX Web2.0 Node Smart Contract (Verify) Blockchain Web3.0 Web2.0とWeb3.0の結び目(Knot) 13

14.

主な機能 利用 API連携 取引の確認 User Service トークン発行 ウォレット管理 GAS Tank Blockchain接続 開発 トークン発行 Developer 14

15.

技術構成(Seknot) Amplify (管理ページ) 認証情報管理 Dynamo DB (User, Token) Developer User Service API Gateway Lambda Infura.io 15

16.

Seknotを活用したサンプルアプリ Discord Discordサーバーの発言量 に応じてTokenを分配 ちょっとしてDAOみたいなことも? Seknotなら1時間で実装可能 16

18.

これからの展望 ブロックチェーンをもっと手軽に! Web2.5  様々な形式のトークンの拡張 独自のトークンをカスタマイズできるように  他のトークンとの連携 別のサービスのトークンを使えるように 18

19.

最後に トークンの活用方法はあなた次第 是非、Seknotを活用したアプリ開発を! 19