仕事における後進教育のススメ

4K Views

January 16, 23

スライド概要

専門学校の常勤講師(学科長)を経験したWebディレクターが、現場に戻って効果があった教育手法、の話です。

詳細はコチラ↓
https://toksato.hatenablog.com/entry/koshinkyoiku-slide/

profile-image

某事業会社勤務のWebディレクター。つまり「なかのひと」やってます。 マニュアルとか取説専門の印刷会社でDTPオペレータ→ナントカ二十一ってところでWebディレクターに。そのあとは大手Webコンサル系?に一瞬だけいたり、突然専門学校の先生になったり、無名システム開発のWeb制作事業責任者になったり編集プロダクションにいたり。Web受託制作としては有名大手にも超無名にもいた変な経歴の人です。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

勉強会⽤スライド 「仕事における後進教育のススメ」 ~褒めて伸ばす/叱って伸ばす ではないのです~ ∧∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (,,゚Д゚)< はじまるよ! ⊂ ⊃ \_____ ~| | ,, し`J Webディレクター︓toksato ©toksato All rights reserved.

2.

⾃⼰紹介 ©toksato All rights reserved.

3.

今⽇のお話の前提 1. toksatoが専⾨学校の教員をやっていた頃に学んだことが中⼼です 2. それを、Web業界(など)の現場に戻って取り⼊れたこと 3. を、体系化してそれっぽくした感じ 4. そのため、これがすべてだとは思いません 5. あくまで”教育業界をかじった奴”が実践してみたまとめです 6. とはいえ、同じ思想を持った⼈に今まで⼀度も出会ったことがないので、 まとめてみました ©toksato All rights reserved.

4.

もくじ 1. 専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ 2. 「教育」の”⼿法”とは︖ 3. 教育⼿法の3つのキーワード 4. 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 5. 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 6. まとめ 7. おまけ(時間あれば) ©toksato All rights reserved.

5.

でははじめます ©toksato All rights reserved.

6.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ ≡ ∧_∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≡( ´∀`)< 本編お待たせ♪ ≡ ( つ=つ \_________ ≡| | |\ ≡(__)_)\ ≡ ◎ ̄ ̄ ̄ ̄◎ ©toksato All rights reserved.

7.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ 専⾨学校の常勤講師になって最初で最⼤の衝撃 ©toksato All rights reserved.

8.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ 専⾨学校の常勤講師になって最初で最⼤の衝撃 お前の授業は、わかりやすいだけだ︕ エー(´ω`)アカン︖ 先輩 ©toksato All rights reserved.

9.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ ■お前の授業は、わかりやすいだけだ︕ • おまえがやってるのは”ただのプレゼン”だ • 理解して”買ってもらう”ためならそれでいい 先輩 • 我々は「教育」をしているのだ • TV通販をしているんじゃない • ⼤事なのは、相⼿が成⻑することだ ©toksato All rights reserved.

10.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ ■お前の授業は、わかりやすいだけだ︕ • おまえがやってるのは”ただのプレゼン”だ • 理解して”買ってもらう”ためならそれでいい 先輩 • 我々は「教育」をしているのだ • TV通販をしているんじゃない • ⼤事なのは、相⼿が成⻑することだ 「わかりやすい」はこれに必要な1要素に過ぎない ©toksato All rights reserved.

11.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ 教 育 とは︖ ©toksato All rights reserved.

12.

専⾨学校の常勤講師(学科⻑)になって・・・︖ 知識や”やり⽅”を伝える 教 伝えたことを理解させる 育 理解したことを”できる”ようにさせる ⾃らそれを使って応⽤できる(ように導く) ※あくまでtoksatoの解釈です ©toksato All rights reserved.

13.

「教育」の”⼿法”とは︖ ∧__∧ ( ´∀`) はよ手法おしえろや〜 ( O┬O ≡◎-ヽJ┴◎ ©toksato All rights reserved.

14.

「教育」の”⼿法”とは︖ 教育の”⼿法”とは︖ 天才を育てる 全員に90点を取らせる (そもそも狙って育てられたら苦労はない・・・) 02.「響くナイスな企画(Web、デザイン、その資料)がつくれない」 (そのスキルが苦⼿な⼈だっている) ©toksato All rights reserved.

15.

「教育」の”⼿法”とは︖ 教育の”⼿法”とは︖ 天才を育てる 全員に90点を取らせる (そもそも狙って育てられたら苦労はない・・・) 02.「響くナイスな企画(Web、デザイン、その資料)がつくれない」 (そのスキルが苦⼿な⼈だっている) 40点の⼈を70点に、60点の⼈を90点に。 ©toksato All rights reserved.

16.

「教育」の”⼿法”とは︖ 教育の”⼿法”とは︖ 40点の⼈を70点に、60点の⼈を90点に。 02.「響くナイスな企画(Web、デザイン、その資料)がつくれない」 ©toksato All rights reserved.

17.

「教育」の”⼿法”とは︖ 教育の”⼿法”とは︖ 40点の⼈を70点に、60点の⼈を90点に。 02.「響くナイスな企画(Web、デザイン、その資料)がつくれない」 体系化された⼿法 をもとに (⼀定の期間に) 適切なアプローチ をして ある⼀定のレベルに 到達させる こと → “どんなに未熟な⼈でも必ず90点を取らせること”ではない(というかできない) → 特定のスキルを”教える”ことではない。”教え”て”育む”こと。⾝につけさせること。 ©toksato All rights reserved.

18.

教育⼿法の3つのキーワード | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | はよ教えろ!!! | |________| ∧∧ || ( ゚д゚)|| / づΦ ©toksato All rights reserved.

19.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード 「座学」 「演習」 「実践」 ©toksato All rights reserved.

20.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード 「座学」 「演習」 「実践」 教室などで、先⽣の講義を聞いたり、 教科書を読んでお勉強する時間。 ©toksato All rights reserved.

21.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード 「座学」 「演習」 「実践」 座学で学んだことを、練習問題などを 解くことで実際に⾃分で⾏ってみること。 ©toksato All rights reserved.

22.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード 「座学」 「演習」 「実践」 座学や演習で⾝につけたことを本当の現場 でやってみること。 ©toksato All rights reserved.

23.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード ココが ⼀番重要 シュートでありゴール 「座学」 「演習」 「実践」 座学や演習で⾝につけたことを本当の現場 でやってみること。 ©toksato All rights reserved.

24.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード ココが ⼀番重要 シュートでありゴール 「座学」 「演習」 「実践」 なぜ、実践が”最重要”か︖ 座学や演習で⾝につけたことを本当の現場 でやってみること。 ©toksato All rights reserved.

25.

教育⼿法の3つのキーワード ⼈が成⻑するタイミング ©toksato All rights reserved.

26.

教育⼿法の3つのキーワード ⼈が成⻑するタイミング プレッシャーを与えられ、それを乗り越えたとき。 ©toksato All rights reserved.

27.

教育⼿法の3つのキーワード ⼈が成⻑するタイミング いままで 学んだ知識は なんだったか 何度も繰り返した 練習を思い出せ プレッシャーを与えられ、それを乗り越えたとき。 ©toksato All rights reserved.

28.

教育⼿法の3つのキーワード ⼈が成⻑するタイミング 「実践」 いままで 学んだ知識は なんだったか 「座学」 何度も繰り返した 練習を思い出せ 「演習」 プレッシャーを与えられ、それを乗り越えたとき。 ©toksato All rights reserved.

29.

教育⼿法の3つのキーワード ⼈が成⻑するタイミング 「実践」 いままで 学んだ知識は なんだったか 「座学」 🔥総 動 員🔥 何度も繰り返した 練習を思い出せ 「演習」 プレッシャーを与えられ、それを乗り越えたとき。 ©toksato All rights reserved.

30.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) 「座学」 「演習」 「実践」 ©toksato All rights reserved.

31.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) 「座学」 オベンキョオベンキョ φ(゚ー゚〃)ホォホォ 「演習」 ヤッテミマショウ (〜'ω' )〜 オドッテミマス 「実践」 ガクガクブルブル ((((︔゚Д゚))))))) 知識 総動員ジャー!!! ©toksato All rights reserved.

32.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) 「座学」 オベンキョオベンキョ φ(゚ー゚〃)ホォホォ 「演習」 ヤッテミマショウ (〜'ω' )〜 オドッテミマス 「実践」 ガクガクブルブル ((((︔゚Д゚))))))) 知識 総動員ジャー!!! たくさんセミナー⾏ったり 本を読んでるのに成⻑しない⼈は、 現場で実践(挑戦)をやらない。 「座学」も「演習」も、プレッシャーのかかる「実践」という場があり、 本気で”どうにかしないと”と必死で考え、駆使するからこそ⾝に付く(学んだことが結実する) ©toksato All rights reserved.

33.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) 「座学」 「演習」 「実践」 とはいえ、「実践」だけをがんばらせても成⻑しない。 オベンキョオベンキョ ヤッテミマショウ ガクガクブルブル φ(゚ー゚〃)ホォホォ ((((︔゚Д゚))))))) (〜'ω' )〜 「座学」と「演習」がなければ、現場で戦えないのだから。 知識 総動員ジャー!!! オドッテミマス たくさんセミナー⾏ったり 本を読んでるのに成⻑しない⼈は、 現場で実践をやらない。 「座学」も「演習」も、プレッシャーのかかる「実践」という場があり、 本気で”どうにかしないと”と必死で考え、駆使するからこそ⾝に付く(結実する) ©toksato All rights reserved.

34.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) 「座学」 「演習」 「実践」 この3つを、ある⼀定の期間に、どんな内容で、どのようなタイミングで、組み込むのか。 これが、教育。 ©toksato All rights reserved.

35.

教育⼿法の3つのキーワード 教育⼿法における3つのキーワード(リターンズ) ■お前の仕事は、授業じゃない︕ 「座学」 • 授業の全体カリキュラムを組み、 「演習」 「実践」 • 適切な演習を取り⼊れ、 先輩 • それらをどう、定期的なイベントで結実させるか。 この3つを、ある⼀定の期間に、どんな内容で、どのようなタイミングで、組み込むのか。 • お前の仕事は2年間でそのプロデュースをすることだ︕ これが、教育。 • とくに⼤事なのは、⽣徒が本気で緊張するイベントという ”実践”の場を、いかにうまく仕込めるかだ︕ イベントとはたとえば ・インターンシップでWeb制作 ・企業共催のコンテスト ©toksato All rights reserved.

36.

教育⼿法の3つのキーワード ちなみに・・・ 🏫 学校 「座学」 「演習」 「実践」 😊 😊 😰 🥶 🥶 😎 得意 🏢 会社 超苦⼿ 得意 超苦⼿ 苦⼿ 超得意 ©toksato All rights reserved.

37.

教育⼿法の3つのキーワード ちなみに・・・ 🏫 学校 「座学」 「演習」 「実践」 😊 😊 😰 得意 得意 苦⼿ だから、先輩はここがカギと⾔った 🏢 会社 🥶 超苦⼿ 🥶 超苦⼿ 😎 超得意 そもそも存在しないことがほとんど ©toksato All rights reserved.

38.

教育⼿法の3つのキーワード ちなみに・・・ 🏫 学校 「座学」 「演習」 「実践」 😊 😊 😰 教育どうする︖ 得意 得意 苦⼿ だから、先輩はここがカギと⾔った 🏢 会社 🥶 超苦⼿ 🥶 超苦⼿ 😎 超得意 そもそも存在しないことがほとんど ©toksato All rights reserved.

39.

「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 実践打つべし打つべし ∧_∧ ( ・ω・)=つ≡つ (っ ≡つ=つ ./ ) ババババ ( / ̄∪ ©toksato All rights reserved.

40.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 基本的に「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 ©toksato All rights reserved.

41.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 基本的に「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験のデザイン」 ©toksato All rights reserved.

42.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 基本的に「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験のデザイン」 ⇨ 「座学」と「演習」に⼤量の時間を割くことはできない ⇨ 「実践」は溢れるほどにある(=仕事や案件) ⇨ 「実践」をいかに上⼿く使って成⻑させるかが勝負になる ⇨ 実践させれば成功も失敗もする。そして⼈は、失敗から多くを学ぶ。 ©toksato All rights reserved.

43.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 基本的に「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験のデザイン」 ⇨ 「座学」と「演習」に⼤量の時間を割くことはできない ⇨ 「実践」は溢れるほどにある(=仕事や案件) ⇨ 「実践」をいかに上⼿く使って成⻑させるかが勝負になる もちろん 成功体験も⼤事 ⇨ 実践させれば成功も失敗もする。そして⼈は、失敗から多くを学ぶ。 ⇨ その実践で、どんな失敗体験をさせるのか。それによって何を学んでもらうのか。 ⇨ 失敗が⼤き過ぎてもダメ、⼩さ過ぎてもダメ。⽅向が合ってなくてもダメ。 ©toksato All rights reserved.

44.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その1 とにかくたくさん案件に参加させる(あとは勝⼿に学べ) ©toksato All rights reserved.

45.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その1 とにかくたくさん案件に参加させる(あとは勝⼿に学べ) n はて・・・⾃社の考え⽅はないんでしょうか︖ n ⾒てれば考え⽅もわかる︖(えっ、そんな簡単な考え⽅しかないの︖) n 勝⼿に学んで勝⼿に⾃⼰流でルールつくっちゃうよ︖ 「背中を⾒て学べ」 は教える技術がないだけ n 何を学ばせて、何を⾝につけて、どういう仕事ができる⼈にしたいの︖ n 考えてないでちゅね︖(ひどい) ©toksato All rights reserved.

46.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その1 とにかくたくさん案件に参加させる(あとは勝⼿に学べ) n はて・・・⾃社の考え⽅はないんでしょうか︖ n ⾒てれば考え⽅もわかる︖(えっ、そんな簡単な考え⽅しかないの︖) n 勝⼿に学んで勝⼿に⾃⼰流でルールつくっちゃうよ︖ 「背中を⾒て学べ」 は教える技術がないだけ n 何を学ばせて、何を⾝につけて、どういう仕事ができる⼈にしたいの︖ n 考えてないでちゅね︖(ひどい) こんなのはOJTではなく「ただの丸投げ」。⾃社の考え⽅や哲学、⼤切にしていることがあるはず。そ れに沿って段階的な教育(≒案件を渡して失敗を積む)をしないというのは、もはや教育以前の問題。 こんなことをするから「御社、⼈によって仕事の進め⽅が全然違うんですけど」とか⾔われる。 ©toksato All rights reserved.

47.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その2 とにかく⼤きな案件を任せれば良いと思っている(かわいい⼦には旅させろ理論) ©toksato All rights reserved.

48.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その2 とにかく⼤きな案件を任せれば良いと思っている(かわいい⼦には旅させろ理論) n えっと、⼦供にいきなり運転させたりするの︖ n 死ぬよ・・・︖ n ⼤⼈だって、失敗が⼤き過ぎたらメンタルやられるよね n 同じチームで働く先輩も困るよね・・・社員を潰す気なの︖ ©toksato All rights reserved.

49.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その2 とにかく⼤きな案件を任せれば良いと思っている(かわいい⼦には旅させろ理論) n えっと、⼦供にいきなり運転させたりするの︖ n 死ぬよ・・・︖ n ⼤⼈だって、失敗が⼤き過ぎたらメンタルやられるよね n 同じチームで働く先輩も困るよね・・・社員を潰す気なの︖ 「我が⼦を千尋の⾕に落とす」は教育ではなく、選別。それで成⻑したとしてもそれはその⼈がすごい だけ。教育じゃない。その⼈の成⻑に合った適切なサイズの案件に参加させないと、何も学べない。 戦闘⼒5のゴミ⼤切な⼈材を「私の戦闘⼒は53万です」って⾔う⼈がいる戦場に⽴たせてはならない。 ©toksato All rights reserved.

50.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その3 とにかくプレッシャーを取り除いて、⼿取り⾜取り丁寧に、わかりやすく︕ ©toksato All rights reserved.

51.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その3 とにかくプレッシャーを取り除いて、⼿取り⾜取り丁寧に、わかりやすく︕ n その⼈は、いつ、どこで⾃分で考える︖ n その案件(仕事)で何を学ぶ︖ n 本気で考えてないで使ったスキル、次も使える︖ n そもそもそれは”成⻑できるチャレンジ”と⾔える︖ ©toksato All rights reserved.

52.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その3 とにかくプレッシャーを取り除いて、⼿取り⾜取り丁寧に、わかりやすく︕ n その⼈は、いつ、どこで⾃分で考える︖ n その案件(仕事)で何を学ぶ︖ n 本気で考えてないで使ったスキル、次も使える︖ n そもそもそれは”成⻑できるチャレンジ”と⾔える︖ サッカーの監督や親が、ピッチに⽴った⼦供のプレーすべてに指⽰を出して、⼿⾜までぐいぐい引っ 張って。その⼦供は本当に「サッカーをプレーしてる」と⾔えるだろうか︖ピッチに⽴って、⾃分の判 断でプレーして、その先に勝利や敗北があるから成⻑する。失敗する権利を奪ってはいけない。 ©toksato All rights reserved.

53.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」のダメなデザイン例 × その3 とにかくプレッシャーを取り除いて、⼿取り⾜取り n その⼈は、いつ、どこで⾃分で考える︖ じゃあどうすりゃええのよ、ということで。 n その案件で何を学ぶ︖ n 本気で考えてないで使ったスキル、次も使える︖ n そもそもそれは”成⻑できるチャレンジ”と⾔える︖ サッカーの監督や親が、ピッチに⽴った⼦供のプレーすべてに指⽰を出して、⼿⾜までぐいぐい引っ 張って。その⼦供は本当に「サッカーをプレーしてる」と⾔えるだろうか︖ピッチに⽴って、⾃分の判 断でプレーして、その先に勝利や敗北があるから成⻑する。失敗する権利を奪ってはいけない。 ©toksato All rights reserved.

54.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」の良いデザイン例 ○ どんな失敗をするか予め考えて、そのうえで任せる n たとえば新⼈Webディレクターに簡単な資料作成を渡す n たぶん新⼈は⼀⽣懸命、作業に没頭する n 依頼者(⾃分)に確認してもらおうと思ったら、ぜんぜん席にいない n ⼀⽣懸命だから残業してなんとかしようとする n そのとき初めて「まず、予定を⽴て相⼿の時間を予約するのだ」と教える ©toksato All rights reserved.

55.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」の良いデザイン例 ○ どんな失敗をするか予め考えて、そのうえで任せる n たとえば新⼈Webディレクターに簡単な資料作成を渡す n たぶん新⼈は⼀⽣懸命、作業に没頭する 新⼈はここで初めて焦る (⼀⽣懸命考える) n 依頼者(⾃分)に確認してもらおうと思ったら、ぜんぜん席にいない n ⼀⽣懸命だから残業してなんとかしようとする 本気で焦って 挽回しようとしたからこそ 理解できる n そのとき初めて「まず、予定を⽴て相⼿の時間を予約するのだ」と教える ©toksato All rights reserved.

56.

04.UI設計の⼿法と実践(パターン) 「実践」しかない”会社”での教育において⼤事なこと。 「失敗体験」の良いデザイン例 ○ どんな失敗をするか予め考えて、そのうえで任せる n たとえば新⼈Webディレクターに簡単な資料作成を渡す n たぶん新⼈は⼀⽣懸命、作業に没頭する 新⼈はここで初めて焦る (⼀⽣懸命考える) n 依頼者(⾃分)に確認してもらおうと思ったら、ぜんぜん席にいない n ⼀⽣懸命だから残業してなんとかしようとする 本気で焦って 挽回しようとしたからこそ 理解できる n そのとき初めて「まず、予定を⽴て相⼿の時間を予約するのだ」と教える その仕事でどんな失敗をさせ、そこから何を学んでもらうのか計画しておく。そのうえで、最初からや り⽅を教えない。やる前から「まず、予定を⽴て相⼿の時間を予約するのだ」と教えても、なぜそれが 必要なのか理解できないから。洗濯をしたことがない者に、全⾃動洗濯機のありがたみはわからない。 ©toksato All rights reserved.

57.

「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ∧,,∧ ( ‘ω’ )つ 大事なのは (m9 \ ここからだ! \ \ ))\ // \ \ (_) (_) ©toksato All rights reserved.

58.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ©toksato All rights reserved.

59.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「適切なフィードバック」 ©toksato All rights reserved.

60.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「適切なフィードバック」 ⇨ 「実践」は”現場でやってみた”だけの話 ⇨ ⼤事なのはそこから学んでもらうこと ⾃分はどうだったのか︖︕ があるからこそプレッシャーになる ⇨ それに必要不可⽋なのは「成功」したか「失敗」したかの判定 ⇨ さらに、「それはなぜなのか」を振り返ること ©toksato All rights reserved.

61.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「適切なフィードバック」 ⇨ 「実践」は”現場でやってみた”だけの話 ⇨ ⼤事なのはそこから学んでもらうこと ⾃分はどうだったのか︖︕ があるからこそプレッシャーになる ⇨ それに必要不可⽋なのは「成功」したか「失敗」したかの判定 ⇨ さらに、「それはなぜなのか」を振り返ること ⇨ それは、先輩や上司にしかできない。 すべての作業が売上や顧客に 直結するわけじゃない ⇨ なぜなら、全ての仕事で常に”⽬に⾒えた結果”が出てくるわけじゃないから ©toksato All rights reserved.

62.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「適切なフィードバック」 ⇨ 「実践」は”現場でやってみた”だけの話 ⇨ ⼤事なのはそこから学んでもらうこと ⾃分はどうだったのか︖︕ があるからこそプレッシャーになる ⇨ それに必要不可⽋なのは「成功」したか「失敗」したかの判定 ⇨ さらに、「それはなぜなのか」を振り返ること ⇨ それは、先輩や上司にしかできない。 すべての作業が売上や顧客に 直結するわけじゃない ⇨ なぜなら、全ての仕事で常に”⽬に⾒えた結果”が出てくるわけじゃないから 教える側こそが「あなたの点数を⾒せる=スコアボード」にならないといけない (どのくらいできたのか) ©toksato All rights reserved.

63.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その1 ちゃんとできたから、次の仕事(ステップ)の話をしてあげる ©toksato All rights reserved.

64.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その1 ちゃんとできたから、次の仕事(ステップ)の話をしてあげる n まず、今回の仕事の評価をすべき n “仕事のご褒美は次の仕事”はある意味で事実だけども・・・ n 「ご褒美」は「すごい︕ちゃんとできたね(評価)」の後に渡すもの n というかこういう上司に限って仏頂⾯だったりする(相⼿の話聞いてますか︖) n そして「なんで︖俺は評価してるから次の仕事を渡してるのに」と⾔ったりする ©toksato All rights reserved.

65.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その1 ちゃんとできたから、次の仕事(ステップ)の話をしてあげる n まず、今回の仕事の評価をすべき n “仕事のご褒美は次の仕事”はある意味で事実だけども・・・ n 「ご褒美」は「すごい︕ちゃんとできたね(評価)」の後に渡すもの n というかこういう上司に限って仏頂⾯だったりする(相⼿の話聞いてますか︖) n そして「なんで︖俺は評価してるから次の仕事を渡してるのに」と⾔ったりする うるせぇまずおまいは「フィードバック」をしろ。何がどのくらいできて、どの部分はできてなかった のか。それをきちんと本⼈に伝えずして、何を理解しろというのか、という話。ちゃんと「こういうと ころが良かったぞ(良くなかったぞ)」と伝えてこそ、次につながる=成⻑する。 ©toksato All rights reserved.

66.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その2 プロならこんなのできて当たり前。俺の要求は⾼いのだ(それが愛なのだ) ©toksato All rights reserved.

67.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その2 プロならこんなのできて当たり前。俺の要求は⾼いのだ(それが愛なのだ) n フーン( ´_ゝ`)スゴイッスネェ n 「誰」の「何のため」に教育をしているんでしたっけ︖ n いま、あなたがどれくらいできるかは関係ないはず n 「その⼈」は「いま」「どのくらい」できているべきですか︖ n それは、本⼈が超えられる⾼さですか︖(潰れませんか︖) ©toksato All rights reserved.

68.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その2 プロならこんなのできて当たり前。俺の要求は⾼いのだ(それが愛なのだ) n フーン( ´_ゝ`)スゴイッスネェ n 「誰」の「何のため」に教育をしているんでしたっけ︖ n いま、あなたがどれくらいできるかは関係ないはず n 「その⼈」は「いま」「どのくらい」できているべきですか︖ n それは、本⼈が超えられる⾼さですか︖(潰れませんか︖) そのひと本⼈のキャリアパスがあり、(とある未来の時点での)到達すべきレベルがあり。そこに到達 するために、どのようなステップを踏んでもらうべきなのか。そのために、いま必要なハードルの⾼さ はどれくらいなのか。フィードバックの前に、まず適切なハードル設定をすべき。 ©toksato All rights reserved.

69.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その3 とにかく褒めて褒めて、相⼿のモチベーションをあげる ©toksato All rights reserved.

70.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その3 とにかく褒めて褒めて、相⼿のモチベーションをあげる n 会うたびに褒めるてくる⼈、信⽤できますか︖ n かといって(毎回じゃなく)気分で褒めてくる⼈、信⽤できますか︖ n 相⼿が気にしているのは「⾃分がどれだけできたか」 n モチベーションは「信頼している⼈」に「⾼い評価をもらった」とき n フィードバックはまず”信頼されてナンボ” ©toksato All rights reserved.

71.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その3 とにかく褒めて褒めて、相⼿のモチベーションをあげる n 会うたびに褒めるてくる⼈、信⽤できますか︖ n かといって(毎回じゃなく)気分で褒めてくる⼈、信⽤できますか︖ n 相⼿が気にしているのは「⾃分がどれだけできたか」 n モチベーションは「信頼している⼈」に「⾼い評価をもらった」とき(に上がる) n フィードバックはまず”信頼されてナンボ” ブレないハードルをもとに常に本⼈を観察して、都度フィードバックするからこそ「あの⼈はいつも ちゃんと⾒てくれている」「あの⼈が⾔うのなら、私にできることなんだ」となる。⼤事なのは、ちゃ んとその⼈を⾒て、チャンスを逃さず適確にフィードバックを返すこと。「褒める」は結果に過ぎない。 ©toksato All rights reserved.

72.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その4 やってもらったらちゃんとありがとう︕助かった︕と伝える ©toksato All rights reserved.

73.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その4 やってもらったらちゃんとありがとう︕助かった︕と伝える おk。 ©toksato All rights reserved.

74.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その4 やってもらったらちゃんとありがとう︕助かった︕と伝える おk。 それは「お礼」だ ©toksato All rights reserved.

75.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その4 やってもらったらちゃんとありがとう︕助かった︕と伝える おk。 それは「お礼」だ 「えっ オレちゃんと フィードバックしてるよ︖」 って⼈めっちゃ多い 「感謝」であって「評価」じゃない ©toksato All rights reserved.

76.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 ダメな「フィードバック」の例 × その4 やってもらったらちゃんとありがとう︕助かった︕と伝える おk。 では、フィードバックにおいて⼤事なこととは︖ それは「お礼」だ 「えっ オレちゃんと フィードバックしてるよ︖」 って⼈めっちゃ多い 「感謝」であって「評価」じゃない ©toksato All rights reserved.

77.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと ©toksato All rights reserved.

78.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと まずはこれ。 ここができないと話にならない。 (本⼈がめいっぱい背伸びしたら 届くぐらいがちょうどいい) 成⻑ステップに合わせた”適切なハードル設定”をすること(⾼すぎても低すぎてもダメ) ©toksato All rights reserved.

79.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと まずはこれ。 ここができないと話にならない。 (本⼈がめいっぱい背伸びしたら 届くぐらいがちょうどいい) 成⻑ステップに合わせた”適切なハードル設定”をすること(⾼すぎても低すぎてもダメ) どれくらいできたか(ハードルを超えたかどうか)をその都度、表現すること ©toksato All rights reserved.

80.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと まずはこれ。 ここができないと話にならない。 (本⼈がめいっぱい背伸びしたら 届くぐらいがちょうどいい) 成⻑ステップに合わせた”適切なハードル設定”をすること(⾼すぎても低すぎてもダメ) どれくらいできたか(ハードルを超えたかどうか)をその都度、表現すること きちんと話を聞いて、部分点をあげること 点数は0か100だけじゃない。 そのためには「どこまでできたのか」 をまず聞く⽿を持つ必要がある。 ※何かを教えるのはその後 ©toksato All rights reserved.

81.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと まずはこれ。 ここができないと話にならない。 (本⼈がめいっぱい背伸びしたら 届くぐらいがちょうどいい) 成⻑ステップに合わせた”適切なハードル設定”をすること(⾼すぎても低すぎてもダメ) どれくらいできたか(ハードルを超えたかどうか)をその都度、表現すること きちんと話を聞いて、部分点をあげること 点数は0か100だけじゃない。 そのためには「どこまでできたのか」 をまず聞く⽿を持つ必要がある。 ※何かを教えるのはその後 ドキドキ不安になる「実践」に対して「フィードバックをする」とは、 なるだけ正確に「ここまでできたね」「ここは改善点だね」を理解してもらうこと ©toksato All rights reserved.

82.

おまけ「実践」の後に、とても⼤事なこと。 「フィードバック」において⼤事なこと つまりそれは、 まずはこれ。 ここができないと話にならない。 (本⼈がめいっぱい背伸びしたら 届くぐらいがちょうどいい) このために フィードバックをする 成⻑ステップに合わせた”適切なハードル設定”をすること(⾼すぎても低すぎてもダメ) 体験を、経験に変える どれくらいできたか(ハードルを超えたかどうか)をその都度、表現すること きちんと話を聞いて、部分点をあげること 点数は0か100だけじゃない。 そのためには「どこまでできたのか」 をまず聞く⽿を持つ必要がある。 ※教えるのはその後 ということ ドキドキ不安になる「実践」に対して「フィードバックをする」とは、 なるだけ正確に「ここまでできたね」「ここは改善点だね」を理解してもらうこと ©toksato All rights reserved.

83.

まとめ | ゴロゴロゴロゴロ |r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩ |ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ ⊂(。Д。) ©toksato All rights reserved.

84.

おまけ まとめ まとめ︓⼤前提 教育⼿法の3つのキーワード ちなみに・・・ ! 学校 「座学」 「演習」 「実践」 ! ! " 得意 得意 苦⼿ だから、先輩はここがカギと⾔った " 会社 # 超苦⼿ # 超苦⼿ $ 超得意 そもそも存在しないことがほとんど ©toksato All rights reserved. ⼤前提︓本来必要な「座学」と「演習」の機会が乏しいという⾃覚を持つこと ※逆に⾔えば、「さすがにこれは座学が必要だ」という判断なら、研修や講座などを検討すべきということでもある。 ©toksato All rights reserved.

85.

おまけ まとめ まとめ︓「会社は実践の場」だからこそ意識すべきこと ©toksato All rights reserved.

86.

おまけ まとめ まとめ︓「会社は実践の場」だからこそ意識すべきこと 厳しいフィードバックばかりになるのならそれは、 ハードル設定が間違っている。本⼈が悪いのではない。 ⼤事 「失敗体験のデザイン」をすること(その間に成功体験も混ぜる) ⇨ プレッシャーのかかる場を⽤意すること(それがあるから、持ってるものを総動員する) ⇨ 失敗体験を奪わないこと(せっかく⽤意しても失敗を未然に防いだら意味がない) ⇨ 適切なハードル設定をすること(できもしない”実践”による失敗は本⼈が潰れるだけ) ©toksato All rights reserved.

87.

おまけ まとめ まとめ︓「会社は実践の場」だからこそ意識すべきこと 厳しいフィードバックばかりになるのならそれは、 ハードル設定が間違っている。本⼈が悪いのではない。 ⼤事 「失敗体験のデザイン」をすること(その間に成功体験も混ぜる) ⇨ プレッシャーのかかる場を⽤意すること(それがあるから、持ってるものを総動員する) ⇨ 失敗体験を奪わないこと(せっかく⽤意しても失敗を未然に防いだら意味がない) ⇨ 適切なハードル設定をすること(できもしない”実践”による失敗は本⼈が潰れるだけ) ⼤事 「失敗体験」に丁寧なフィードバックをすること ⇨ できたこと、できなかったことを伝えること(そこではじめて、さまざまなものが⾝に付く) ⇨ 気分や気まぐれでフィードバックしないこと(⽬的はおだてることでも凹ませることでもない) ⇨ 部分点をあげるために、まず聞くこと(詳細な評価をするためには、まず本⼈がなぜそうしたのかが⼤事) ©toksato All rights reserved.

88.

おまけ︓キャリアパスについて おまけ会見をはじめます! ∧_,,∧ (`・ω・´) Uθ U / ̄ ̄| ̄ ̄\ |二二二二二二二| | | パシャ パシャ パシャ パシャ ∧∧└ ∧∧ ( )】( )】 / /┘ / /┘ ノ ̄ヽ ノ ̄ヽ ©toksato All rights reserved.

89.

おまけ おまけ キャリアは「アップ」だけが道ではない 役職がついて昇進することだけが ”正しいキャリアパス”なわけじゃない。 引⽤︓「中堅Webクリエイティブ職のキャリアを考える」より ©toksato All rights reserved.

90.

おまけ おまけ キャリアは「アップ」だけが道ではない マネージャー、トレーナー、ジェネラリスト、 スペシャリスト、その⼈に合った道がある。 マネージャーと トレーナーを混同しがち 引⽤︓「中堅Webクリエイティブ職のキャリアを考える」より ©toksato All rights reserved.

91.

おまけ おまけ キャリアは「アップ」だけが道ではない そう、起こる︕︕︕(雑) (仕事がすべてではないし、どれくらい頑張りたいかも⼈それぞれ) 「挑戦したい」「がんばりたい」 を鵜呑みにしちゃダメ。 そんなことは誰でも⾔う。 “どれくらいがんばるか” を確認すべし。 引⽤︓「中堅Webクリエイティブ職のキャリアを考える」より ©toksato All rights reserved.

92.

おまけ おまけ キャリアは「アップ」だけが道ではない 管理職になるだけがキャリアアップではないし、トレーナーやジェネラリストの道もある。 そもそもキャリア”アップ”だけが⼈⽣じゃない。仕事の向き合い⽅=幸せのカタチも⼈それぞれ。 これを理解しないで接する⼈が、価値観の押し付け(≒⽼害)になる。 ©toksato All rights reserved.

93.

おまけ︓「知識労働」の教育に重要なこと ∩_∩ (´ー`) ( ) | | | (___)__) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ | ちしき | | | < 労働 | | | | だるい | \_____/ ©toksato All rights reserved.

94.

おまけ おまけ デジタルマーケティングに限らず、会社仕事の⼤半は知識労働である ©toksato All rights reserved.

95.

おまけ おまけ デジタルマーケティングに限らず、会社仕事の⼤半は知識労働である ⇨ 「マーケティング戦略を練る」は⾔わずもがな ⇨ 説明資料の作成も「相⼿」に「伝わるよう」に考える必要がある ⇨ メールを1通送るのだって、⽂章を考えてつくらなければならない ⇨ デザインにしても、どの⾊に、どの形に、どんなサイズで・・・判断の連続 ⇨ ひとつひとつマニュアル化して「こうすればOK」なんて伝えていたら意味がない ©toksato All rights reserved.

96.

おまけ おまけ デジタルマーケティングに限らず、会社仕事の⼤半は知識労働である ⇨ 「マーケティング戦略を練る」は⾔わずもがな ⇨ 説明資料の作成も「相⼿」に「伝わるよう」に考える必要がある ⇨ メールを1通送るのだって、⽂章を考えてつくらなければならない ⇨ デザインにしても、どの⾊に、どの形に、どんなサイズで・・・判断の連続 ⇨ ひとつひとつマニュアル化して「こうすればOK」なんて伝えていたら意味がない 「思考⼒」 と 「判断⼒」 を養う必要がある ©toksato All rights reserved.

97.

おまけ おまけ デジタルマーケティングに限らず、会社仕事の⼤半は知識労働である ⇨ 「マーケティング戦略を練る」は⾔わずもがな ⇨ 説明資料の作成も「相⼿」に「伝わるよう」に考える必要がある そのために必要なのは︖ ⇨ メールを1通送るのだって、⽂章を考えてつくらなければならない ⇨ デザインにしても、どの⾊に、どの形に、どこサイズで・・・判断の連続 ⇨ ひとつひとつマニュアル化して「こうすればOK」なんて伝えていたら意味がない 「思考⼒」 と 「判断⼒」 を養う必要がある ©toksato All rights reserved.

98.

おまけ 「思考⼒」 と 「判断⼒」 おまけ を養うには ©toksato All rights reserved.

99.

おまけ 「思考⼒」 と 「判断⼒」 おまけ を養うには ・答えを教える(こうしろ) ・やり⽅を教える(こうやればできる) ©toksato All rights reserved.

100.

おまけ 「思考⼒」 と 「判断⼒」 おまけ を養うには ・答えを教える(こうしろ) ・やり⽅を教える(こうやればできる) ・⾃分でやり⽅を探せる「意欲」と「スキル」を持たせる ©toksato All rights reserved.

101.

おまけ 「思考⼒」 と 「判断⼒」 おまけ を養うには ・答えを教える(こうしろ) ・やり⽅を教える(こうやればできる) ・⾃分でやり⽅を探せる「意欲」と「スキル」を持たせる 意外と、教える側の ⾃分の論理も⽳がある ことに気づいたりする いきなり答えを⾔うのではなく「どうしてそう思ったの︖」と常に聞くこと。 そうして「⾃分で考えて、やってみること」のスキルと楽しさを感じてもらうこと。 ©toksato All rights reserved.

102.

おまけ 「思考⼒」 と 「判断⼒」 おまけ を養うには ・答えを教える(こうしろ) 「⿂を与えるのではなく、釣り⽅を教えよ」 は、たぶん現代にあわない。この裕福な時代では、もう飢えてないから。 釣り⽅を教えたって、飢えてないから釣りをする必要がない。 ・やり⽅を教える(こうやればできる) 教えなければならないのは、「釣り(=⾃分で考えて仕事をする)の楽しさ」。 ・⾃分でやり⽅を探せる「意欲」と「スキル」を持たせる 意外と、教える側の ⾃分の論理も⽳がある ことに気づいたりする いきなり答えを⾔うのではなく「どうしてそう思ったの︖」と常に聞くこと。 そうして「⾃分で考えて、やってみること」のスキルと楽しさを感じてもらうこと。 ©toksato All rights reserved.

103.

おまけ 「思考⼒」 「判断⼒」 と 真に必要なのは を養うには 🔥 ・答えを教える(こうしろ) 思考の おまけ ・やり⽅を教える(こうやればできる) (⾔われずとも)⾃ら考え、仮説を⽴て 必要なことは⾃ら調べ、常に観察をして (「あれがない」「これがわからないからできない」と⽌まらない) それらを⽇々、楽しんで⾏えるマインド 内燃機関 ・⾃分でやり⽅を探せる「意欲」と「スキル」を持たせる を持たせること いきなり答えをいうのではなく「どうしてそう思ったの︖」と常に聞くこと。 そうして「⾃分で考えて、やってみること」のスキルと楽しさを感じてもらうこと。 ©toksato All rights reserved.

104.

おしまい︕ ©toksato All rights reserved.