AWS CDK v1からv2へ

3.9K Views

June 11, 22

スライド概要

KoedoLUG 202206

profile-image

Georepublic / OSGeo.JP / Japan Unix Society / OpenStreetMap Foundation Japan

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

AWS CDK v1 から v2 へ 小江戸LUG 2022/06 Taro Matsuzawa @smellman

2.

自己紹介 • Georepublic Japan GIS Specialist / R&D / CISO • jus会長、OSGeo.JP理事、OpenStreetMap Foundation Japan メンバー • breakcore クラスタ • 来週ソロキャンデビュー <- New • 最近キャンプ飯ばっか作っています

3.

AWS CDKとは • AWSのCloudformation(YAML/JSONファイル)をプログラム(TypeScript/ JavaScript/C#/Java/Python)で記述するためのツールなどを指す • CloudformationはAWSで使われる構成管理の仕組み • AWS CDKを使うとプログラミングでシステム構築ができる • YAMLを意識しなくても良い

4.

経緯 AWSからのメール Hello, You are receiving this noti cation because you currently have at least one CloudFormation Stack deployed using version 1 of the AWS Cloud Development Kit (CDK). AWS CDK v1 is now in maintenance mode. During maintenance mode, AWS CDK v1 releases will contain new and updated resource level "L1" constructs, critical bug xes, and security updates only. CDK v1 will not receive higher-level "L2" construct updates for new or existing services while in maintenance mode. Maintenance mode has a duration of 12 months. After June 1, 2022, the AWS CDK team is focusing all e orts on adding new features and bug xes to CDK v2 only. To continue to receive API updates, new features and bug xes, migrate to AWS CDK v2 today. Check out the migration guide [1] to get started. fi ff fi fi fi On June 1, 2023, CDK v1 will reach end-of-support. After this date, the AWS CDK v1 will no longer receive updates or releases. Previously published releases will continue to be available via public package managers and the code will remain on GitHub. Use of a CDK version which has reached end-of-support is done at your own discretion. We recommend you upgrade to the new major version.

5.

ようはEoL前になんとかしろ

6.

v1からv2へのマイグレート手順 • cdkコマンドをアップグレード(npxでバージョンを分けてもよい) • package.json を更新 • npm install • importの仕方が変わってるので更新、削除されたメソッドなどを再実装 • 使われなくなったプロパティを削除 ff • cdk bootstrap; cdk di ; cdk deploy

7.

package.json の更新

8.

importの変更(1)

9.

importの変更(2)

10.

削除されたメソッドなどの対応(1)

11.

削除されたメソッドなどの対応(2)

12.

削除されたメソッドなどの対応(3)

13.

その他: 使われなくなったプロパティの削除

14.

あとはdeploy • cdk bootstrapは念のためやっておく • cdk di をして差分を確認する • v2で変わった所があるのでちゃんと確認する • bootstrapしろと怒られるけど無視する ff • cdk deployで、無事反映

15.

まとめ • AWS CDK v2への移行は簡単 • 削除されるメソッドはv1の時から警告が出ているので先に対応しておくと 良いかも • EoL対策は重要

\初めてのセミナーを開催します/

採用セミナー開催