.Insurance Vol.0 キーノート

>100 Views

July 11, 19

スライド概要

profile-image

大手SIerでの開発/運用、大規模プロジェクトマネジメントを経験した後、ミドルベンチャーでCTO、通信系事業会社でエンジニアリングマネージャー、国立大学で非常勤講師などを歴任。プロダクト開発や組織づくりに造詣が深い。 2003年からアジャイル開発を実践しており、社内外問わずいくつものチーム、組織の支援を行ってきた。現在は、株式会社レッドジャーニーで認定スクラムプロフェッショナル(CSP-SM/CSP-PO)としてDX支援、組織変革に邁進している。 日本XPユーザグループスタッフ。 BIT VALLEY -INSIDE-ファウンダー。 保険xアジャイルコミュニティ「.insurance」オーガナイザー。 アジャイル経営カンファレンス実行委員。 SWise株式会社、Pluslab株式会社外部顧問。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

保険 x Agile レバレジーズ株式会社 技術顧問 レバテック株式会社 CTO 森實 繁樹 2019/7/11 @イーデザイン損害保険株式会社

2.

自己紹介 レバレジーズ株式会社 技術顧問 / レバテック株式会社CTO 2

3.

自己紹介 レバレジーズ株式会社 技術顧問 / レバテック株式会社CTO プロジェクトマネージャ保護者会 侍塊s BIT VALLEY -INSIDE日本XPユーザグループ 3

4.

自己紹介 レバレジーズ株式会社 技術顧問 / レバテック株式会社CTO 4

5.

アジェンダ ❏ なぜアジャイルなのか ❏ アジャイルになるために必要なこと ❏ 今、アジャイルはどこにいるのか 5

6.

なぜアジャイルなのか 6

7.

なぜアジャイルなのか 1.市場の変化 7

8.

なぜアジャイルなのか 1.市場の変化 ● 情報スピードの加速 8

9.

なぜアジャイルなのか 1.市場の変化 ● 情報スピードの加速 ● 行動変化の加速 9

10.

なぜアジャイルなのか 1.市場の変化 ● 情報スピードの加速 ● 行動変化の加速 ● 市場変化の加速 10

11.

なぜアジャイルなのか 1.市場の変化 ● 情報スピードの加速 ● 行動変化の加速 ● 市場変化の加速 何倍に感じますか? 11

12.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 12

13.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 (t) 要件定義 開発工程 設計 開発 テスト 13

14.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 半年〜5年(経験上) (t) 要件定義 開発工程 設計 開発 テスト 14

15.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 何倍に感じますか? 15

16.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 何倍に感じますか? 10倍と仮定しましょう 16

17.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 18日 (t) 要件定義 開発工程 設計 開発 テスト 17

18.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 18日 (t) 要件定義 開発工程 設計 No Change? 開発 テスト 18

19.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 The Answer 19

20.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 重要 超重要! 20

21.

なぜアジャイルなのか 2.開発現場の変化 市場まで18日(仮)で出すために 現場で考えられたもの 21

22.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 22

23.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 何かをすれば「アジャイル」というわけではない 23

24.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 価値 まずこれを共有 原則 考え方としての方針 実践 具体的に現場ごとに作る 24

25.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは そうだ! アジャイルソフトウェア開 発宣言にあるようなことを しよう! 25

26.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは これを実践するための一つとしてスクラムを適用するケースが 増えているので、ご参考レベルに紹介だけしておきます。 26

27.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 3つの柱 ● 透明性 ● 検査 ● 適応 ロール ● プロダクトオーナー ● スクラムマスター ● 開発チーム セレモニー ● スプリントプランニング ● デイリースクラム ● スプリントレビュー ● プロダクトバックログリファインメント ● スプリントレトロスペクティブ 27

28.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 結論 28

29.

なぜアジャイルなのか 3.アジャイルとは 見える化して 行動を変革して 高みを目指すということ 29

30.

アジャイルになるために必要なこと 30

31.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 31

32.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 Sales Marketing ビジネスを作る人たちを4職種と仮定する Engineer Designer 32

33.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 Sales Marketing 専門職を外注するので距離がある状態 Engineer 外注 外注 Designer 33

34.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 Sales Marketing セクショナリズムが強く専門性の高い組織の距離感 Engineer Designer 34

35.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 Sales Marketing サービス志向が強く相互理解の強い組織の距離感 Engineer Designer 35

36.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 Sales Marketing アジャイルはこの方向に向かうこと 同じ船に乗れるのか!ということ Engineer Designer 36

37.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる人物像 Sales Marketing Engineer Designer 37

38.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる人物像 Sales Marketing Engineer Designer ● 自分の領域を囲わない人 ● コミュニケーションをいとわない人 ● 成長を止めない人 38

39.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる環境 Sales Marketing Engineer Designer 39

40.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる環境 Sales Marketing Engineer Designer ● 対等であること ○ ● 挑戦を認めること ○ ● 透明性があること ○ 40

41.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる環境 Sales Marketing Engineer Designer ● 対等であること ○ 自分事にするということ ● 挑戦を認めること ○ 失敗をすぐに改められること ● 透明性があること ○ 言うべきことが言えること ○ 成すべきことがわかること 41

42.

アジャイルになるために必要なこと 1.人 求められる環境 Sales Marketing Engineer Designer ● 対等であること ○ 自分事にするということ ● 挑戦を認めること ○ 失敗をすぐに改められること ● 透明性があること ○ 言うべきことが言えること ○ 成すべきことがわかること ⇒いわゆる心理的安全が高い状態 42

43.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 43

44.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 IDEAS LEARN BUILD DEVELOPMENT DATA PRODUCT MEASURE MARKETING ※機能軸マーケ (CRM、SEO、アフィリエイト、コンテンツ等) 44

45.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 IDEAS LEARN BUILD Agile DEVELOPMENT DATA PRODUCT MEASURE MARKETING ※機能軸マーケ (CRM、SEO、アフィリエイト、コンテンツ等) 45

46.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 Q.果たして開発現場がすばやく動けただけで市場に追いつけるのか? 46

47.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 Q.果たして開発現場がすばやく動けただけで市場に追いつけるのか? A.否、開発するための企画が早くなる必要がある! 47

48.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 Q.果たして企画を早くする問題は今発生したのか? 48

49.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 Q.果たして企画を早くする問題は今発生したのか? A.これも否、企画が常に市場を見て新しい施策を作ることは今に始まったこ とではない! 49

50.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 情報指向性を高め、企画を小さく すばやく市場に出して価値検証することが急務 50

51.

アジャイルになるために必要なこと 2.情報 情報指向性を高め、企画を小さく すばやく市場に出して価値検証することが急務 企画は開発のせいにはできなくなった 今こそ成すべきことをしよう!! 51

52.

アジャイルになるために必要なこと 3.意思決定 52

53.

アジャイルになるために必要なこと 3.意思決定 許可を求めるな、謝罪せよ! ● ● ● 権限の移譲 レポーティング 経営への見える化の一部分 File:Grace Hopper.jpg - Wikimedia Commons グレース・ホッパーさん 53

54.

今、アジャイルはどこにいるのか 54

55.

今、アジャイルはどこにいるのか https://www.slideshare.net/hiranabe/dx-agile-and-scrum-by-nonaka 55

56.

今、アジャイルはどこにいるのか みんなで3周目の波にのりましょう!! 56

57.

おしまい ご清聴ありがとうございました!! 57